fc2ブログ

記事一覧

フランス語翻訳者が指摘する日本の男女格差と「魔女狩り」の共通点(2022年6月26日配信『毎日新聞』)

2019年に伊藤詩織さんの著書「Black Box」をフランス語訳したエラリーさん。シモーヌ・ヴェイユなどフランスの哲学者らの書籍を愛読する=高松市南新町で2022年6月10日午後4時22分、西本紗保美撮影 性暴力被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織さんの著書「Black Box」をフランス語訳したエラリー・ジャンクリストフさん(52)=高松市。翻訳業の傍ら、「剣道とジェンダー」について研究するエラリーさんは、日本の男女間格差が...

続きを読む

福島・聖光学院高生、目指すは「手話甲子園」 部員6人が表現力磨く(2022年6月26日配信『福島民友新聞』)

全国大会への出場を目指し、練習を重ねる部員 聖光学院高手話部の部員は、9月に開かれる「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」への出場を目標に練習に励んでいる。手話部は今年4月に発足したばかり。未経験だった部員6人が動画審査を突破しての全国大会出場を目指し、表現力に磨きをかけている。 手話甲子園とも呼ばれる大会は、手話で歌や演劇を披露して表現力や正確性を競う。部員たちは、同校と交流のある聴覚障害者でモデ...

続きを読む

参議院選挙に向け 与野党9党 憲法改正めぐり議論 NHK日曜討論(2022年6月26日配信『NHKニュース』)

7月10日に投票が行われる参議院選挙に向けて、NHKの「日曜討論」では、与野党9党の幹部が、争点の1つとなっている憲法改正について意見を交わしました。自民党の茂木幹事長は「自民党は4項目の条文イメージを示して、国民への説明も全国各地で行っている。時代の転換点にあって、緊急事態条項をはじめ、新しい時代にふさわしい憲法のあり方を、国民に選択肢として示すのは国の役割だ。この選挙後、できるだけ早いタイミングで憲法...

続きを読む

足踏みする参院改革 目標26項目で実現したのは一つだけ(2022年6月26日配信『毎日新聞』)

国会前で安保法案反対を訴える人たち=東京都千代田区で2015年9月14日午後7時31分、喜屋武真之介撮影 参院は何のためにあるのか。衆院だけの1院制で十分ではないか。衆院を通過した法律をそのまま通す「カーボンコピー」と皮肉られ、不要論すら取り沙汰される参院だが、改革に踏み出そうと自ら動いたこともあった。それはポーズだったのか。それとも、若い世代からの期待に今度こそ応えるのか。22年前の有識者懇は「アリバイ作り...

続きを読む

「原発、コロナとトリプルパンチ」福島で聞いた、物価高と原発再稼働への不安<くらし直撃~2022参院選>(2022年6月26日配信『東京新聞』)

桃の成育状況を確認する佐藤孝仁さん=22日、福島市で 物価高は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興途上にある被災地の人も苦しめている。◆肥料の値段は1.5倍、燃料も…厳しい農家 「原発事故、新型コロナ禍ときて物価高。トリプルパンチを食らった気分です」。岸田文雄首相(自民党総裁)が参院選の第一声を放った福島市内で桃などを生産する「佐藤果樹園」の佐藤孝仁たかひとさん(45)は肩を落とした。 コロナ...

続きを読む

リニア工事「国策」で幸せ壊さないで 地下にトンネル 不安募る沿線住民(2022年6月26日配信『東京新聞』)

リニア中央新幹線ルート近くの多摩川河川敷で不安を口にする小川優香さん=東京都大田区で 東急東横線の多摩川駅から1キロほど西の多摩川河川敷には、白や黄のチョウが舞っていた。「幸せを壊さないでほしい。それだけ」。小川優香さん(50)=東京都大田区田園調布=がつぶやいた。 河川敷の地下深くをリニア中央新幹線のトンネルが通る予定だ。近くに建つ小川さんの自宅はルートの真上ではないが、20メートルも離れていな...

続きを読む

7月選挙の敵は気象? 2000年代は過半数の選挙期間中に大雨災害 今年はどうなる? 自治体はやきもき…(2022年6月26日配信『東京新聞』)

 参院選は大雨シーズンの7月実施が多い。2001〜19年の7回のうち4回は選挙期間中に大きな災害が起きている。今回の投開票日は7月10日。自治体の選挙担当者は、災害を警戒しながら作業を進めている。 01年参院選の公示日は7月12日。その前後の11〜13日、日本海に停滞した梅雨前線の影響で、九州北部で1時間に50ミリを超える非常に激しい雨を記録し、住家の一部損壊5棟、床上浸水66棟、床下浸水687棟の被害が発生した。07年も7月12...

続きを読む

首都圏の新規感染者数は微増傾向も、屋外・会話なし・距離取れればマスク外して(2022年6月26日配信『東京新聞』)

<コロナ1週間・6月18~24日> 政府は新型コロナウイルスと熱中症の対策の両立に向け、屋外では近距離で会話する場合を除きマスクを外すよう促している。東京都の新規感染者数は下げ止まったとの分析もあり、今後の動きに注意が必要だ。◆ワクチン接種から時間経ち免疫減衰か 厚生労働省のまとめによると、全国の新規感染者数(1週間平均)はこの1週間(18〜24日)、1万4000人前後で推移し、ほぼ横ばいだった。 首都圏の1都3...

続きを読む

「男性の皆さん、私たちの首を踏みつけている、その足をどけて…(2022年6月26日配信東京新聞『』-「筆洗」)

 「男性の皆さん、私たちの首を踏みつけている、その足をどけてください」。19世紀の米国で女性参政権運動家として活動したサラ・グリムケの言葉だが、有名にしたのは米連邦最高裁判事を務めたルース・ベーダー・ギンズバーグさんだろうサラ・グリムケ氏ルース・ベーダー・ギンズバーグ氏▼ギンズバーグさんが弁護士時代の1973年、女性の権利をめぐる裁判の中で引用し広まった。その後、米連邦最高裁判事となり、女性を踏み...

続きを読む

週のはじめに考える 「参院議員」を選びたい(2022年6月26日配信『東京新聞』-「社説」)

 例えば、ただ「少々、気にかかる」と言えばいいのに、わざわざ「サルの小便で、少々、木(気)にかかる」とか、「思い思いに」と言う時、「石屋の引っ越しで、重い(思い)重い(思い)に」と言ったりする。この手の言葉遊びは古くからたくさんありますが、中には、こんなパターンも。 「雨の降る日は天気が悪い」 しゃれでも何でもなく、ただ当たり前のことをもっともらしく言うというナンセンス。「犬が西向きゃ、尾は東」も...

続きを読む

映画「PLAN75」

劇場の一部で7月3・4日に日本語字幕上映解説これが長編デビュー作となる早川千絵監督が、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」の一編として発表した短編「PLAN75」を自ら長編化。75歳以上が自ら生死を選択できる制度が施行された近未来の日本を舞台に、その制度に翻弄される人々の行く末を描く。少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本。満75歳から生死の選択権を与える制度「プラン75」が国会...

続きを読む

(論)参院選に関する社説・コラム(2022年1月6日・3月16日・4月21・22・26日・5月17・22・25・28日・6月1・10・11・14・15・16・17・19・20・21・25・26日)

立憲民主党・泉代表㊨の内閣不信任案の趣旨弁明を聞く岸田首相ら(9日、衆院本会議場)2022参院選 外交・安全保障 専守防衛に反せぬ議論を(2022年6月26日配信『北海道新聞』-「社説」) ロシアによるウクライナ侵攻を受け、参院選では外交と安全保障が主要な争点となっている。 国際秩序を揺るがす暴挙に対し、岸田文雄首相は日米関係を基軸にした上で、先進7カ国(G7)の結束を重視する。 米国は対中競争を...

続きを読む

(論)東京五輪の最終報告に関する社説・コラム(2022年6月25・26日)

東京五輪の最終報告 国民の感覚とずれている(2022年6月26日配信『毎日新聞』-「社説」) お手盛りの総括では、国民の納得は到底得られない。 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が最終報告をまとめた。大会経費は総額1兆4238億円にのぼり、招致段階で公表した7340億円の2倍近くに膨らんだ。 道路整備など関連経費を含めると3兆円を超すとの試算もある。大会に絡む事業の線引きがあいまいで、全容は分かって...

続きを読む

食材に「~してあげる」 擬人化してどうする(2022年6月26日配信『毎日新聞』)

松尾貴史さん作 自動車を運転しているとき、装備されているテレビで、料理番組が流れていることがある。わざわざチャンネルを合わせるわけではないが、ニュースを「聞いていた」流れで、つい放置してしまうのだ。車が動いているときには画面は非表示だが、音声だけを聞きながら、料理が出来上がる様子を想像する。 最近のこの手の番組でよく聞かれるようになった「切り込みを入れてあげてください」「水に浸しておいてあげると30...

続きを読む

「節電の夏」を賢く過ごす 家庭の電力消費抑えるコツは?(2022年6月26日配信『毎日新聞』)

「節電の夏」コツは何? 「節電の夏」が迫ってきた。電力需給逼迫(ひっぱく)を受け、政府は家庭や企業に対して「生活や経済活動に支障がない範囲で、できる限りの節電」を要請する。期間は7月1日から3カ月間。各家庭では具体的に何をすればいいのだろうか。生活情報サイト「All About」で節約方法を発信している家事アドバイザー、矢野きくのさんに具体的な方法や心構えを聞いた。【聞き手・平塚裕介】――政府の節電要請は7年ぶ...

続きを読む

認知症やその疑いでの行方不明者 過去最多1万7600人(2022年6月26日配信『NHKニュース』)

認知症やその疑いがあり行方不明になった人は去年、全国で延べおよそ1万7600人とこれまでで最も多くなったことが警察庁のまとめで分かりました。警察庁によりますと、認知症やその疑いがあり、はいかいなどで行方不明になったとして去年、届け出があったのは延べ1万7636人で、統計を取り始めた2012年以降で最も多くなりました。都道府県別に多い順に、▽大阪が1895人▽埼玉が1875人▽兵庫が1804人▽神奈川が1604人▽愛知が1542人などと...

続きを読む

(論)メモリーカード紛失事件に関する社説・コラム(2022年6月25・26日)

個人情報が入ったUSBの紛失について陳謝する「ビプロジー(旧日本ユニシス)」の幹部ら=24日午後、尼崎市役所記者会見でUSBの紛失事案について説明する稲村和美市長=24日夕、尼崎市役所これからは「飲んだら乗るな」ではなく「飲んだら持つな」 尼崎市のUSBメモリー紛失事件でわかった人間の浅はかさ(2022年6月26日配信『サンケイスポーツ』-「甘口辛口」)■6月26日 「酒、飲めないんです」と言う前か...

続きを読む

尼崎市「46万人個人情報USB紛失」見落としがちな問題と教訓にすべきネットリテラシー(2022年6月26日配信『日刊ゲンダイ』)

SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。SALLiA「トレンドなるままに」尼崎市「46万人個人情報USB紛失」見落としがちな問題と教訓にすべきネットリテラシー市民の個人情報...

続きを読む

刑法初の大改正 「懲役刑」がなくなる意味を知っていますか?【「表と裏」の法律知識】(2022年6月26日配信『日刊ゲンダイ』)

法務省(C)日刊ゲンダイ【「表と裏」の法律知識】#140 刑法の大改正が行われました。1907年以降、初めてのことです。トー横ボランティア団体代表が16歳淫行で逮捕 「悪い大人から子どもを救う」と熱弁の笑止 これまで刑務所に入所させる刑罰は「懲役刑」「禁錮刑」の2つでしたが、これらを廃止し「拘禁刑」という新たな刑罰へ一本化されました。拘禁刑は、受刑者を刑事施設に拘置した上で「改善更生を図るため、必要な作業を行...

続きを読む

(論)核軍縮(拡散防止条約(NPT)に関する社説・コラム(2022年1月3・4・5・6・7・8・9・10・11・15・17・22・23・24・25・日・3月1・28・30日・4月4・7・14・18・19日・6月5・7・12・19・20・21・25・26日)

首相がNPT会議出席へ、歴代初 核軍縮「現実的取り組み」(2022年6月21日配信『共同通信』) 松野博一官房長官は21日の記者会見で、岸田文雄首相が8月に米ニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議に出席すると発表した。出席すれば日本の歴代首相で初めてとなる。首相は、核兵器保有国と非保有国の双方の橋渡し役として核軍縮への「現実的な取り組み」を進める方針だ。政府関係者によると、会議が...

続きを読む

「令和版マドンナ候補」26人当選圏で旋風再び? 家計直撃と女性醜聞が89年参院選と酷似(2022年6月26日配信『日刊ゲンダイ』)

「山が動いた!」(土井たか子委員長=1989年参院選)/(C)共同通信社「マドンナ旋風」の再来となるか。過去最多181人の女性が立候補した今回の参院選(7月10日投開票)。故・土井たか子委員長率いる旧社会党が大躍進した1989年参院選の女性候補者数(146人)を33年ぶりに上回った。岸田政権へ吹き始めた逆風が、過去最多の女性議員を生む可能性は大だ。【写真】安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し! ◇ ...

続きを読む

影山優佳、手話を披露しながらWEリーグの取り組みに感激「選手にしかできないこと」(2022年6月26日配信『TVerプラス』)

記事画像6月25日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25~)は、初年度のシーズンを終えた女子プロサッカーのWEリーグを特集。WEリーグの岡島喜久子チェアと、日向坂46の影山優佳をゲストに迎え、日本初の女子サッカープロリーグの1年目を振り返った。岡島喜久子チェア影山優佳さん去年の9月に開幕し、今年の5月まで熱戦が繰り広げられた初年度のWEリーグ。初優勝を果たしたINAC神戸レオネッサがリ...

続きを読む

(論)沖縄戦(2021年4月1・2日・5月4・31日・7月30・31日・12月21日・2022年3月31日・4月1・2日・6月15・26日)

太平洋戦争当時は報道できなかった沖縄戦の…(2022年6月26日配信『河北新報』-「河北春秋」) 太平洋戦争当時は報道できなかった沖縄戦の実態を伝える「新聞」がある。戦後60年企画として琉球新報社(那覇市)が発行した『沖縄戦新聞』だ。沖縄戦が事実上終結した1945年6月23日の出来事を載せた紙面には、「追い詰められる住民」の見出し▼「ありったけの地獄を集めた」と形容される沖縄戦。米軍の沖縄本島上陸や...

続きを読む

<小野花梨>23歳にして名バイプレーヤー? 「カムカム」「恋マジ」で絶妙な存在感 “共感を呼ぶ”女優(2022年6月26日配信『MANTANWEB』)

連続ドラマ「ロマンス暴風域」に出演する小野花梨さん(C)「ロマンス暴風域」 製作委員会・MBS 「なぜか印象に残る」「親しみやすくて共感」とその演技が評判になっている女優、小野花梨(おの かりん)さん。4月まで放送されていたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ(カムカム)」ではヒロインの岡山時代の幼なじみ、今月20日に最終回を迎えた連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)」(カ...

続きを読む

社民党が政治団体“格下げ”崖っぷち 福島瑞穂党首も危機感「大変だから助けて」(2022年6月26日配信『スポーツ報知』)

都内での街頭演説で支持を呼び掛ける社民党の福島瑞穂党首 第26回参院選(7月10日投開票)で、社民党が政党としての存続危機に直面している。現職の国会議員は衆参各1人で、今回の選挙で政党要件を満たすには3人の当選が必要だが、直近3回の参院選では当選者は1人だけ。もう一つの条件である「得票率2%以上」をクリアできなければ、政治団体に“格下げ”となる。自身も改選を迎える福島瑞穂党首(66)は「私も社民党も...

続きを読む

福知山市の合計特殊出生率なぜ高い 大学生が調査 出身者と転入者で違う傾向(2022年6月26日配信『両丹日日新聞』)

 京都府福知山市福知山市西小谷ケ丘、福知山公立大学医療福祉経営学科4年生の柴田青衣礼さん(22)が、本州3位を誇る福知山の合計特殊出生率をテーマに調査した。25歳~39歳の市民103人のアンケートを基に、市出身者と転入者に分けて性別役割分担への考え方や女性の就労形態などで分析した。 合計特殊出生率は、人口に対して生まれた子の数を表す指標で、1人の女性が一生の間に産む子どもの数に相当する。福知山市の最新値(2013...

続きを読む

定年後67歳で愕然「1300万円のローン残債」が払えなくなった…35年ローンの「落とし穴」(2022年6月26日配信『現代ビジネス』)

親がローンを払えなくなった〔PHOTO〕iStock 義男さん(仮名、67歳)は元会社員、妻の弘美さん(仮名、62歳)、それと別に暮らす一人娘の江美さん(仮名、35歳、会社員)のご家族がいる。自宅を売って1000万円で「美しい農村」に引っ越し、夫婦は崩壊した 今回は、FPである私のもとに、娘の江美さんから相談があった。「親が住宅ローンを払えなくなった。肩代わりを頼まれたのだが大丈夫だろうか」という相談だった(FP相談を元にしてあ...

続きを読む

参院選 1票に何託す? 必需品値上げの6月、年金が減額 74歳女性「これ以上、どこを節約すれば」 外出減らし節電、野菜作り…それでも貯金は減る一方「国民生活よく見て」(2022年6月26日配信『南日本新聞』)

高齢者に届いた年金引き下げの通知書 7月10日投開票の参院選は最初の週末を迎え、各候補者が繰り広げる舌戦は熱を帯びる。鹿児島県内の有権者はコロナ禍や物価高など山積する課題に何を感じ、政治に何を求めるのか。1票に託す思いを紹介する。【写真】通知書には、年金の0・4パーセント減額が記されていた 「物価が上がれば年金も増えると思っていたのに」。薩摩川内市の住宅地に夫と暮らす女性(74)は声を曇らせた。生...

続きを読む

日本の富裕層はわずか「2%」という現実。お金持ちとふつうの人の3つの違いとは(2022年6月26日配信『LIMO』)

写真:LIMO [リーモ]ボーナスのシーズンを迎える中、貯蓄についていろいろ考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。【お金持ちの5段ピラミッド】 日本の世帯を貯蓄金額別に5段階で区分け。あなたの家庭はどこに位置する?貯蓄を増やすには、年収や生活スタイルなど、様々なことが影響してきます。今回は、資産1億円以上の割合を振り返ったうえで、元銀行員である筆者が富裕層の方々を見て気づいた「お金持ちの人の特徴」...

続きを読む

今井絵理子の選挙事務所にハシケンが出入りか 沖縄県連から嫌われている理由とは(2022年6月26日配信『デイリー新潮』)

今井絵理子氏 誰しも建前と本音が違うように、人間には表と裏の顔がある。沖縄出身だからとて、地元から好かれているかというと……。再選を期する今井絵理子氏(38)がなぜか地元から塩対応を受けている。そのワケとは。【写真】橋本健と新幹線車内でしっかり手を握る今井絵理子参院議員。2人は仕事に同伴する形だったが、ホテルの同室に消えた *** 今井氏が構える都内の選対事務所には“あの男”が出入りしているともっぱらである...

続きを読む

米分断、司法も揺るがす 中絶禁止・規制に世論二分(2022年6月25日配信『』)日本経済新聞

【ワシントン=中村亮】米連邦最高裁判所は24日に下した判決で、半世紀ぶりに人工妊娠中絶の禁止を認める立場へ転じた。米世論を二分する問題で保守派寄りの判決が出た背景には、党利党略を優先し、米社会の分断の深刻化もいとわない政治手法が問題として浮かび上がる。最高裁は24日、中絶を合衆国憲法が認める権利と位置づけた1973年の「ロー対ウェード判決」を無効とする判断を示した。全米統一のルールがなくなり、中絶の是非は...

続きを読む

「アイスが5秒で溶けた」…熱中症で90代男性死亡・都内では126人搬送(2022年6月25日配信『読売新聞』)

 6月としては観測史上初めて40度を超える地域が出るなど、猛烈な暑さに見舞われた25日の日本列島。梅雨時にもかかわらず、真夏さながらに噴水に涼を求める親子連れや、アイスクリームを頬張る若者の姿が見られた。一方、熱中症による搬送も相次ぎ、気象庁は注意を呼びかけている。気温が37度を超えたことを知らせる「大温度計」(25日午後2時10分、埼玉県熊谷市で)=木田諒一朗撮影 群馬県伊勢崎市は午後3時頃に4...

続きを読む

6月なのに記録的な猛暑の理由は…梅雨前線が押し上げられ、関東甲信内陸でフェーン現象も(2022年6月25日配信『読売新聞』)

 この時期に猛烈な暑さとなったのは、日本列島の南側にとどまっている太平洋高気圧が北へ強く張り出し、西日本から東北を暖かい空気が覆ったからだ。関東甲信地方の内陸部は「フェーン現象」の影響もあったとみられる。 気象庁によると、25日は高気圧の張り出しで梅雨前線が押し上げられ、夏の気圧配置になって、日射量が増加。特に関東は、上空1500メートル付近に18度以上の真夏並みの暖かい風も流れ込み、地上に一足早...

続きを読む

「私の当選は無理です」ポスターに敗北宣言? 少数政党の戦略とは(2022年6月25日配信『神戸新聞』)

参院選の掲示板に張り出されたある候補者のポスター。「私の当選は無理です」のフレーズが目にとまった 街頭の参院選ポスター掲示板を見ていて、ある政党の候補者が目にとまりました。正方形のポスターの下部には、目立つようにこう書いてありました。「私の当選は無理です」。当選を目指して立候補したはずでは。いきなり敗北宣言とは、どういうことでしょうか。【表】今さら聞けない参院選…衆院との違いは? 専門家に聞くと、...

続きを読む

岸田首相「賃上げ」訴え 野党、反転攻勢狙う 参院選最初の週末【22参院選】(2022年6月25日配信『時事通信』)

参院選候補者の街頭演説に耳を傾ける有権者ら=25日午後、東京・JR吉祥寺駅前 参院選公示から最初の週末を迎えた25日、与野党党首は各地を訪れ、7月10日の投開票に向けて支持を訴えた。 岸田文雄首相(自民党総裁)は物価高を受け、賃金引き上げに最優先で取り組む姿勢をアピール。立憲民主党の泉健太代表ら野党側は、報道各社の序盤情勢調査で与党優勢が伝えられたことを踏まえ、反転攻勢を狙った。 首相は東京・JR吉祥寺...

続きを読む

ウクライナから日本に避難してきた大学生が「車いすダンス」に挑戦 夢の実現に涙「私はハッピーです」(2022年6月25日配信『東京新聞』)

四本信子さん(左)の押す車いすに乗り、四本紀代美さん(右)と踊るマルタさん=東京都港区で ロシアによる侵攻が続くウクライナから、車いすの大学生マルタ・イヴァシェンコさん(20)が、東京都内に避難した。在日ウクライナ大使館から「初めての車いすの避難民」と言われたといい、母国に残る父親の身を案じながらも、夢だった「車いすダンス」を体験すると喜びの涙があふれた。(加藤益丈) 港区内の公共スタジオで11日に...

続きを読む

距離取ってノーマスク、握手も…コロナ下の選挙戦、模索続く陣営(2022年6月25日配信『毎日新聞』)

マスクなしで街頭演説する参院選候補者(手前)と、耳を傾ける有権者ら=東京都目黒区で2022年6月24日午後0時9分、手塚耕一郎撮影 新型コロナウイルスの流行下で実施される2回目の国政選挙となる今回の参院選。街頭演説や選挙事務所での「密」に神経をとがらせていた2021年10月の衆院選とは様相が変わり、重症化への不安が軽減されたことや、コロナとの「共存」への慣れから、少しずつ従来の選挙戦も戻りつつある。とはいえ、各陣...

続きを読む

障害がある人も投票しやすい環境を 点字がない公報、字幕がない政見放送…進まない法改正(2022年6月25日配信『東京新聞』)

 7月10日投開票の参院選に向け、障害者が投票しやすい環境づくりを求める声が相次いでいる。点字つきの選挙公報が行き届かなかったり、政見放送に手話通訳や字幕がないケースがあったりして、障害者が投票先を決める際の「壁」になっているためだ。当事者団体は「一票の権利は重い」として法改正や運用改善を訴える。(大野暢子) 認定NPO法人「日本障害者協議会(JD)」は投票時に感じた不自由さの実態把握のため、心身...

続きを読む

参議院選挙 公示後初の週末 各党の党首が政策など訴え(2022年6月25日配信『NHKニュース』)

参議院選挙が公示されて初めての週末。各党の党首は、人が多く集まる繁華街や駅前で街頭演説を行い、実現を目指す政策などを訴え支持を呼びかけました。自民党総裁の岸田総理大臣は、東京 武蔵野市で街頭演説し「日本の未来に向けて、最優先に考えなければならないのは、賃金・所得の引き上げだ。賃金引き上げのための税制や、介護や保育などの現場の皆さんの所得を政府の責任で引き上げるなど、呼び水となる政策で、賃上げの流れ...

続きを読む

辞書通りには訳せない 大学生50人が伝える胎内被爆者のコトバ(2022年6月25日配信『毎日新聞』)

胎内被爆者の体験集を英訳した関西学院大の貞岩しずくさん(中央)ら(撮影時のみマスクを外しました)=大阪市北区の関西学院大学大阪梅田キャンパスで2022年4月25日午後5時、井手千夏撮影 母親のおなかの中で被爆した人の苦悩を世界に伝えたい――。全国10大学の学生約50人が胎内被爆者の体験集1冊を約5カ月かけて英訳した。「今もって行方不明」「原爆忌」「無縁者供養塔」。こんな言葉をどう正確に英語に置き換えるか。学生たち...

続きを読む

桜を見る会とサントリー

山崎 雅弘@mas__yamazaki戦史/紛争史研究家。政治問題の論考も新聞・雑誌に寄稿。主な著書『未完の敗戦』『第二次世界大戦秘史』『歴史戦と思想戦』『沈黙の子どもたち』『戦前回帰』『「天皇機関説」事件』『日本会議』。『歴史群像』誌に毎号寄稿。著書→http://amzn.to/2cs7181 過去ツイ→http://twilog.org/mas__yamazaki安倍政権と日本会議は、なぜ「日本国憲法」を憎むのか。欧米メディアが「日本最大の右翼組織」と報じる日...

続きを読む

弁護団を増強し情報開示訴訟…国が「訳のわからんこと」を言う理由とは(相澤冬樹)(2022年6月25日配信『日刊ゲンダイ』)

相澤冬樹【森友遺族・夫の死を巡る法廷闘争記】大阪地裁に入る新弁護団(撮影)相澤冬樹真実を求める闘いに、心強い味方が現れた。財務省の公文書改ざん事件で命を絶った赤木俊夫さんの妻、雅子さん。財務省に情報開示を求める裁判で、弁護団に3人が参加し5人になった。これまでの松丸正弁護士、生越照幸弁護士に加え、森友事件の追及で知られる阪口徳雄弁護士と高須賀彦人弁護士、それに情報公開に詳しい坂本団(まどか)弁護士。6...

続きを読む

女性候補に「出産してないくせに」「交際して」…票ハラ「笑顔で受け流すしかない」(2022年6月25日配信『読売新聞』)

街頭演説に臨む女性候補(24日)=宇那木健一撮影 政治を志す人や議員への嫌がらせ「票ハラスメント(票ハラ)」対策が課題となる中、参院選には、過去最多の181人の女性が立候補した。有権者が投票の見返りに候補者に様々な要求をする票ハラは、女性や若者らの政治参加の障害になるとも指摘されており、国や地方議会が対策に乗り出している。【動画】注目の4選挙区、ベテラン記者が分析握手や撮影で 「笑顔で受け流すしか...

続きを読む

“自民党の鬼門”は消費税減税 やらない理由は嘘ばかりz(2022年6月25日配信『日刊ゲンダイ』」

勝たせていいのか(C)日刊ゲンダイ 予想通りだとはいえ、愕然とした有権者も多いのではないか。22日に公示された「7.10参院選」は、自民党の圧勝ムードではじまっている。 朝日新聞の調査(22~23日)によると、自民党は現有の「改選55議席」から大きく議席を伸ばし、66議席に達する勢いだという。共同通信の情勢調査(22~23日)でも、自民党は32ある1人区で優位に戦いを進め、60議席台に届きそうだとしている。 しかし、は...

続きを読む

女性のための無料電話相談 全国で DVやハラスメントなど対応(2022年6月25日配信『NHKニュース』)

DV=ドメスティック・バイオレンスや離婚、職場でのハラスメントなど、女性からの電話相談に弁護士などが無料で応じる「女性の権利ホットライン」が東京など各地で行われています。この電話相談「女性の権利ホットライン」は、今月23日からの男女共同参画週間に合わせて全国各地で行われていて、都内では25日、3つの弁護士会が共同で実施しています。午前中は夫と別居している女性から、家族で共有しているクレジットカードが使え...

続きを読む

7.1一斉値上げで「岸田インフレ」さらに加速! 庶民の“怒りの一票”が参院選を揺さぶるか(2022年6月25日配信『日刊ゲンダイ』)

【一斉値上げの一覧】/(C)日刊ゲンダイ 7.10参院選の大きな争点のひとつは、間違いなく物価高騰だ。選挙期間中もそれは止まらない。7月1日には再び一斉値上げが実施される予定。庶民の怒りが岸田政権を揺さぶらなければおかしい。焦り出した岸田首相…参院選公示前に日銀黒田総裁と「会談アピール」の姑息 ◇  ◇  ◇ 投開票日までに実施予定の主な価格改定は<別表>の通り。食品、外食、文房具、おもちゃと多岐にわたる。...

続きを読む

コロナ療養中なのにオンラインで授業をした…教員不足が深刻 「現場はぎりぎり」「残業100時間超」(2022年6月25日配信『東京新聞』)

 「5月の残業時間は100時間を超えた」。都内公立中学校に勤務する40代男性教員は苦笑する。新型コロナウイルス禍が落ち着き、宿泊を伴う校外教室や運動会など大型行事が続いた。部活動も復活し、業務量が一気に増えたという。(小松田健一)【関連記事】参院選2022特設ページ◆東京都は不足ゼロ? 現場は「実感とは異なる」 「午後6時半までは部活動で生徒に接するので、昼間できなかった校務はそれ以降になる」。日付が...

続きを読む

パーティー問題「怒り」爆発=与党補選惨敗、首相の責任追及―英(2022年6月25日配信『時事通信』)

 【ロンドン時事】英国で23日に行われた2選挙区の下院補選で、ジョンソン首相率いる与党保守党が全敗した。新型コロナウイルス規制違反の官邸パーティー問題や物価高の対応をめぐり、有権者の政権への怒りと不満が爆発。保守党内では動揺が広がっており、首相の責任を追及する声が一層強まりそうだ。ジョンソン英首相=23日、キガリ(AFP時事) 補選は中部ウェイクフィールド選挙区で最大野党・労働党が、南部ティバート...

続きを読む

参議院選挙、公示後初の週末 与野党が各地で訴え(2022年6月25日配信日本経済新聞『』)

参院選公示後、初めての週末を迎えた25日、与野党の党首らは7月10日の投開票に向けて各地で支持を訴えた。岸田文雄首相(自民党総裁)は甲府市で、立憲民主党の泉健太代表は福岡市でそれぞれ街頭演説した。首相は「暮らしを守るため全力で物価対策を進めていく」と強調した。山梨のほか東京、埼玉の各選挙区を回る。2016年参院選で議席を取れなかった改選定数1の山梨は重点区のひとつだ。夜から主要7カ国首脳会議(G7サミット)な...

続きを読む

生活保護費訴訟の判決 厚労省の引き下げ手法に疑問符 「専門家の検討経ずに独自判断」(2022年6月25日配信『東京新聞』)

 生活保護費引き下げ処分の取り消しをなどを巡る訴訟で東京地裁は、引き下げを違法として処分を取り消す判決を下した。今回を含め、原告側が勝訴した3件の判決がいずれも不合理だと判断したのが、物価下落を根拠に一律に4.78%を減額した「デフレ調整」だ。平均引き下げ幅が6.5%と大きくなった要因となったが、専門家に議論を諮ることなく、独自の手法で生活保護費引き下げを正当化した厚労省に、あらためて疑問が突きつ...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ