FC2ブログ

記事一覧

強制不妊、異例の国会調査開始 人権侵害容認の立法経緯究明へ(2020年6月17日配信『共同通信』)

旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、立法経緯などの調査を指示する(右から)衆院厚労委の盛山正仁委員長、参院厚労委の園田修光委員長=17日午後、国会 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、衆参両院の事務局は17日、立法経緯や被害状況の調査を開始した。障害者への人権侵害を容認してきた旧法の制定過程や背景にどこまで迫れるかが焦点だ。衆参両院が...

続きを読む

強制不妊救済法1年

強制不妊救済法1年 認定広げる努力をさらに(2020年4月27日配信『毎日新聞』-「社説」) 旧優生保護法のもとで不妊手術を強いられた障害者の救済法施行から1年が過ぎた。 行政や医療機関に手術記録が残る約7000人のうち生存者は推定で約3400人とされる。申請は900件近くで、3月末現在で529人に一律320万円の支給が認定された。 認定者は生存者の15%にとどまっている。認定を広げるうえで鍵を握...

続きを読む

旧優生保護法の被害者救済法が成立し、強制不妊手術の被害者たちは“救済”されるのか(2020年4月12日配信『仙台放送』)

FNSドキュメンタリー大賞2019わずか20年ほど前まで、法律によって子どもを産むことを許されなかった人たちがいる。「不良な子孫の出生を防止する」と謳った旧優生保護法により、遺伝性とされた病気を持つ人や知的障害のある人は、不妊手術を強いられていた。戦後最大級の人権侵害といわれる旧優生保護法下での不妊手術。1996年に優生保護法が母体保護法に改正されるまで、その手術を受けたのは全国で2万4991人といわれている。後編...

続きを読む

16歳で不妊手術を強いられた。旧優生保護法が2万4991人の生殖機能を奪った理屈(2020年4月11日配信『仙台放送』)

FNSドキュメンタリー大賞2019わずか20年ほど前まで、法律によって子どもを産むことを許されなかった人たちがいる。「不良な子孫の出生を防止する」と謳った旧優生保護法により、遺伝性とされた病気を持つ人や知的障害のある人は、不妊手術を強いられていた。戦後最大級の人権侵害といわれる旧優生保護法下での不妊手術。1996年に優生保護法が母体保護法に改正されるまで、その手術を受けたのは全国で2万4991人といわれている。不妊...

続きを読む

被害者「産む、産まないは自由。なぜメス入れた」 旧優生保護法国賠訴訟結審(2020年3月17日配信『毎日新聞』)

北三郎さん=横浜市神奈川区で2020年1月11日 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都在住の北三郎さん(76)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟の口頭弁論が17日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)で開かれ、北さんが「正義、公平な判断を」と意見陳述して結審した。判決は6月30日に言い渡される。 北さんは中学2年時に不妊手術を受けた。法廷では「子どもを産む、産まないは本人の自由。なぜ(国は)メスを入...

続きを読む

旧優生保護法 強制不妊の実態知る(2020年2月23日配信『新潟日報』)

新潟で考える会 旧優生保護法(1948~96年)下で、障害者らに不妊手術が強制された問題を考える学習会が22日、新潟市中央区で開かれた。市民らが、不妊手術を強いられた当事者の体験に耳を傾けた。 県内の人権団体関係者らでつくる「優生保護法を考える新潟の会」が主催し、約50人が参加した。 学習会では、14歳で不妊手術を強いられ、国家賠償請求訴訟の原告として活動する北三郎さん(76)(仮名)=東京=が「...

続きを読む

旧優生保護法を問う なぜ強制不妊被害者に救済策が知らされていないのか 立ちはだかる壁とは(2020年2月15日配信『毎日新聞』)

個別通知の作業について語る鳥取県福祉保健課の藤本晶さん=鳥取市の鳥取県庁で2020年1月27日午後3時56分 プライバシーの保護と被害の個別通知は両立するのかしないのか――。毎日新聞が行った全47都道府県調査からは、両立を実践した自治体と、両立したくてもできない自治体のそれぞれの事情が浮かび上がった。「一人でも多くの救済」を目指す担当者たちは、両立のためには法制度の整備が必要だと指摘した。「プライバシーの保護と...

続きを読む

「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給」に関して、

・診断書作成時に医療機関へご理解いただくための手紙医師のみなさまへのお願い(医療機関にご理解いただくためのお手紙)➡ここをクリック・「旧優生保護法一時金支給請求書」の記載例請求書の記載(例)➡ここをクリック...

続きを読む

「旧優生保護法一時金支給法」パンフレット(育成会作成)

大阪手をつなぐ育成会ウェブサイト掲載 PDF形式➡ここをクリック...

続きを読む

不妊手術規定廃止後も手術強制 男女2人が日弁連に人権救済申し立て(2020年1月30日配信『毎日新聞』)

 1996年に旧優生保護法が母体保護法に改正され障害者らへの不妊手術に関する規定が撤廃されたにもかかわらず、精神障害などを理由に手術を強制されたとして、男女2人が30日、日弁連に人権救済を申し立てた。代理人の小笠原基也弁護士は「国は優生思想の間違いを広報しなければならなかったはずだ。その責任を判断してほしい」としている。 申し立てたのは、岩手県北上市の片方司さん(69)と東京都八王子市の米田恵子さん(42)...

続きを読む

旧優生保護裁判 控訴審始まる(2020年1月20日配信『NHKニュース』ー「東北」)

 旧優生保護法のもとで、障害を理由に強制的に不妊手術を受けさせられた県内の女性2人が国に賠償を求めた裁判の控訴審が仙台高等裁判所で始まり、原告の女性は、時間の経過を理由に訴えを退けた1審判決を強く批判しました。 旧優生保護法をめぐっては、「不妊手術を強制的に受けさせられた」として、国に賠償を求める裁判が各地で起こされています。 このうち、仙台地方裁判所は去年5月、全国で初めて判決を出し、「旧優生保...

続きを読む

賠償請求認めなかった1審判決「承服できません」 旧優生保護法控訴審で被害者訴え(2020年1月20日配信『毎日新聞』)

仙台地裁判決を受け、国会前で開かれた緊急集会=東京都千代田区で2019年6月5日午後1時34分 旧優生保護法(1948~96年)に基づき10代で不妊手術されたとして、宮城県の60代と70代の女性2人が起こした国家賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が20日、仙台高裁であった。原告の一人で飯塚淳子の名で被害を訴える70代女性はこの日の意見陳述で、「旧法のことも国が違法行為をしていたことも当時は知りませんでし...

続きを読む

優生思想や地域移行考える 共生社会目指し横浜で集会(2020年1月8日配信『神奈川新聞』)

障害者が地域で生きる社会をテーマに開かれた集会=横浜市中区の神奈川県民ホール 神奈川県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件の初公判を8日に控え、障害者団体などが7日、横浜市中区の県民ホールで集会を開いた。事件を契機に浮かび上がった大規模施設の是非や社会に根付く優生思想、障害者の地域生活といった観点から「ともに生きる社会」のありようを探った。 「『ともに生きる社会』を...

続きを読む

福岡の聴覚障害夫婦が提訴 旧優生法下で強制不妊手術(2019年12月24日配信『産経新聞』)

旧優生保護法を巡り、国を提訴するため福岡地裁に向かう原告夫婦の支援者と弁護団=24日午前、福岡市 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、聴覚障害のある福岡県の80代の男性と、その70代の妻が24日、損害の一部として、国に計2千万円の賠償を求める訴えを福岡地裁に起こした。 訴状によると、夫婦は共に聴覚障害がある。男性は60年代、結婚する約1週間前に、父親の依頼...

続きを読む

【新書】ナチス・ドイツの優生思想

中西喜久司 /著2,420円(税込)316ページ  文理閣 (2019/11/18)40万人の障害者が不妊手術を強制された「断種法」、重度障害者30万人以上が犠牲となった「安楽死」政策=「T4作戦」。その根底に横たわるナチス・ドイツの優生思想を本邦初資料をもとに検証、糾弾する。著者の中西喜久司氏は1965年財団法人全日本聾唖連盟理事、同連盟機関紙『日本聴力障害新聞』編集長。2002年9月没。はじめに1 ハーケンクロイツの旗のもとに――嵐の...

続きを読む

強制不妊の救済 被害者への周知策を探れ(2019年12月18日配信『山陽新聞』ー「社説」)

 心配された通りの低調さだ。制度が始まったことが伝わっていない当事者も少なくないのではないか。旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術が繰り返された障害者らの救済である。 この問題を巡っては、被害者に一時金320万円を支払うことを柱とする救済法が4月に成立、施行された。だが、11月末までの半年余で一時金の支給認定を受けた人は274人にとどまっている。国が本年度予算に計上した3400人分の1割足...

続きを読む

強制不妊で聴覚障害夫婦が国提訴 手話で「怒り感じる」 仙台地裁判決後は初(2019年12月13日配信『毎日新聞』)

手話で記者会見する原告の女性=大阪市北区で2019年12月13日午後2時28分 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたとして、聴覚障害のある大阪府内の女性(70代)が13日、夫(同)と共に国へ計2200万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。弁護団によると、旧法を巡る訴訟は全国7地裁で起こされており、原告は計22人になった。 訴状によると、いずれも耳が聞こえない夫婦は74年に結...

続きを読む

優生手術の救済 当事者に届かなくては(2019年11月30日配信『信濃毎日新聞』ー「社説」)

 多くの被害者が声を上げられずに埋もれてしまわないか。当初からの懸念が現実になっている。救済制度を設けても当事者に届かなくては意味がない。 旧優生保護法の下で不妊手術を強いられた障害者らへの一時金の支給である。救済法の成立から半年で、支給の認定を受けた被害者は260人余にとどまる。本年度の予算に計上した3400人分の1割に満たない状況だ。 支給を受けるには被害者本人の申請が要る。厚生労働省は、存命...

続きを読む

強制不妊被害の一時金支給進まず(2019年11月29日配信『共同通信』)

半年で264人、想定の8% 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、今年4月に救済法が成立してから10月末までの半年間で、一時金320万円の支給認定を受けた被害者は計264人にとどまっていることが28日、厚生労働省のまとめで分かった。本年度予算では3400人分の支給経費を計上したが、想定の約8%と大きく下回る。 国はプライバシーの観点などから被害者への個別通知はしないと決めている。このた...

続きを読む

強制不妊一時金、61人支給認定 2人は認めず3人保留、厚労省(2019年10月28日配信『共同通信』)

 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、手術記録が残っていない人への一時金支給の可否を判断する厚生労働省の認定審査会は28日、会合を開き、徳島県などの66人を審査して61人の支給を認定した。要件を満たさないとして2人は支給を認めず、判断材料が不足している3人を保留とした。 一時金320万円の支給を認めたのは、21都道府県で受け付けた39人と厚労省で受け付けた22人。年代別では5...

続きを読む

社会変えるプレーヤーにも 旧優生保護法めぐる取材から(2019年10月23日配信『朝日新聞』)

遠藤大志 毎日新聞仙台支局記者 2017年10月、さいたま支局から生まれ故郷の仙台支局に赴任した私は、以前仕事でお世話になった取材先にあいさつの電話をかけた。そこで言われた一言だ。「ユウセイの弁護団が結成される。いいときに来たね」。 はじめは何を言っているのか分からなかった。「郵政」? 「優勢」? 詳しく聞くと、どうやら「優生」保護法のことらしい。 世間からは、記者は何でも知っていると思われがちだ。「聞...

続きを読む

強制不妊問題 県が1人の所在確認、個別通知へ(2019年10月17日配信『神戸新聞』)

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、兵庫県は17日、県が氏名を把握している65人のうち所在を確認できたのは1人だけだったと発表した。近く職員が訪問し、一時金320万円を支給する救済法について説明する。 国は「家族に知られたくない場合がある」として個別通知はしない方針だが、井戸敏三知事は「分かっているのに通知しないのはおかしい」とし、県は独自に通知することを決めた。 県によると県...

続きを読む

強制不妊訴訟で難聴傍聴者向けに要約筆記者(2019年10月15日配信『共同通信』)

難聴傍聴者向けに「要約筆記者」 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、札幌市の小島喜久夫さん(78)が国に損害賠償を求めている訴訟で、札幌地裁の広瀬孝裁判長が18日の口頭弁論で、難聴の傍聴者に配慮し、法廷のやりとりをパソコンの画面に表示する「要約筆記者」の同席を認めたことが15日、弁護団や地裁への取材で分かった。 弁護団によると、裁判で傍聴者向けに要約筆記者が配置されるのは珍しい。要約筆記者...

続きを読む

病院へ拉致され「不妊手術」をされた元ヤクザ・小島喜久夫さんの絶望(2019年9月11日配信『現代ビジネス』)

「当たり前でしょ。障害者なんだから」佐藤 光展ジャーナリスト 2018年の初めごろから、メディアが盛んに報じるようになった優生保護法(1948~1996年)による「障害者」への強制不妊手術。日本では、おぞましい優生思想が戦後も生き残り、約2万5000人(「同意を得た」とされているものも含む)が子どもを作れない体にされてきた。 この問題は、私が所属するジャーナリズムNGOワセダクロニクルの探査報道が口火となり、報道が拡大した...

続きを読む

優生保護法東京地裁 第7回期日 8月30日(金)

...

続きを読む

強制不妊の女性が一時金申請へ 聴覚障害、結婚後2カ月で手術 名古屋(2019年8月261日配信『毎日新聞』)

愛知県聴覚障害者協会の関係者と協議する長嶋啓一さん、恵子さん夫妻(手前で腕が写る2人)=名古屋市中区で2019年7月29日午後0時20分 聴覚障害があり、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた名古屋市の女性が毎日新聞の取材に応じた。子どもを産み、育てられなかったことへの思いを、同じ障害を持つ夫とともに手話通訳を通して訴えた。愛知県聴覚障害者協会などは、救済法に基づく一時金申請などに向けて支援を始めた...

続きを読む

強制不妊訴訟 妊娠中手術の女性「悲しみ消えない」 神戸地裁(2019年8月22日配信『神戸新聞』)

口頭弁論後の報告集会に夫の宝二さん(右)と出席した小林喜美子さん。「本当なら孫がいて、ひ孫もいる年齢」と訴えた=22日午後、神戸市中央区橘通1、兵庫県弁護士会館 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術を繰り返したのは憲法違反として、兵庫県内の被害者5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の第4回口頭弁論が22日、神戸地裁(小池明善裁判長)であった。 聴覚障害があり、妊娠中の1...

続きを読む

東京優生保護法第7回公判期日 8月30日

。傍聴券の配布・抽選は、一週間前を目処に裁判所サイトに掲載される。傍聴券の配布・抽選サイト➡ここをクリック(タップ)...

続きを読む

兵庫優生保護法第4回口頭弁論期日 8月22日

第4回口頭弁論期日及び報告集会のお知らせ期日:2019年8月22日(木)①13時45分 集合(神戸地裁西側道路付近)②13時55分 入庁行動開始(神戸地裁前道路)③14時00分~14時20分傍聴席抽選整理券配布(神戸地裁敷地内西側駐輪場北側)※上記時間内に列に並んだ方にのみ、整理券が配布されます。※抽選に当選した方のみ、裁判期日を傍聴することができます。※介助が必要な方が当選された場合、介助者1名を同行することが可能です(介助者...

続きを読む

兵庫訴訟第4回期日のお知らせ 第4回口頭弁論期日及び報告集会のお知らせです。2019年8月22日(木) 

兵庫訴訟第4回期日のお知らせ第4回口頭弁論期日及び報告集会のお知らせです。2019年8月22日(木)①13時45分集合(神戸地裁西側道路付近)②13時55分入庁行動開始(神戸地裁前道路)③14時00分~14時20分傍聴席抽選整理券配布(神戸地裁敷地内西側駐輪場北側)④14時45分頃当選整理番号発表、傍聴券交付(神戸地裁庁舎内)⑤15時30分~16時30分頃裁判期日(神戸地裁大法廷(1階101号法廷))・原告(聴覚障害者)口頭意見陳述・代理人意見...

続きを読む

強制不妊の一時金支給、対象者に個別通知へ 兵庫県(2019年8月10日配信『朝日新聞』)

 旧優生保護法のもと、障害のある人たちが不妊手術を強いられた問題で、今春成立した一時金支給法に基づく320万円を被害者に支給するため、兵庫県は9日、特定できた対象者へ個別に通知する方針を決めた。国がプライバシー保護を理由に個別通知をしない中で、独自に判断した。 家族や周囲に手術を受けたことを伏せている被害者もいるとみられるため、通知は最終的に本人と直接会って行う方向。県は当初、国と歩調を合わせてい...

続きを読む

「記録なし」初の不認定2人 強制不妊手術の一時金(2019年8月9日配信『共同通信』)

 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、手術記録が残っていない人への一時金支給の可否を判断する厚生労働省の認定審査会は9日、36人について検討し、要件を満たしていないとして2人の支給を認めなかった。不認定は初めて。 一方、北海道や宮城県などの40~90代の男女30人には認めた。残る4人は判断材料が足りず保留とした。 不認定の理由について、審査会の菊池洋一会長は「本人の陳述や記録などを総合...

続きを読む

やさしくわかる!「旧優生保護法」裁判学習会

...

続きを読む

強制不妊、「記録なし」を初認定 一時金支給で22人(2019年7月22日配信『共同通信』)

強制不妊問題で、一時金支給の可否を判断する「認定審査会」の初会合=22日午前、東京・霞が関 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者に不妊手術が繰り返された問題で、厚生労働省は22日、救済金の支払いの可否を判断する認定審査会の初会合を開いた。都道府県や医療機関に明確な手術の実施記録が残っていない27人を審査し、22人を認定、5人を保留とした。被害者の高齢化が進む中、審査会は「できるだけ迅速に審査を進める」とし...

続きを読む

強制不妊手術「補償のあり方は?」東北大生が候補者に公開質問状(2019年7月9日配信『毎日新聞』)

集まり始めた回答を分析する鴫原宏一朗さん(中央)ら東北大の学生たち=仙台市青葉区で2019年7月8日午後3時8分 東北大学の学生有志が、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた障害者らへの補償の在り方などを尋ねる公開質問状を、強制手術件数が多い10都道府県の参院選挙区から立候補した計81人に送付した。回答期限は12日で、投開票前の16日に分析結果を公表する。学生たちは「4月施行の一時金支給法(救済法)は...

続きを読む

被害者に個別通知を 仙台弁護団、救済制度で県に要望(2019年7月18日配信『毎日新聞』-「宮城版」) /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた被害者に一時金320万円を支給する救済法を巡り、当事者を支援する仙台弁護団(新里宏二弁護団長)が被害者に制度を個別通知するよう県へ要望書を提出した。提出は16日付。 強制不妊手術被害者への個別通知を巡っては、村井嘉浩知事は当事者へのプライバシー配慮などを理由に「実施しない」と消極的な姿勢を示している。...

続きを読む

質問“見える化”で聴覚障害者を支援へ 加東のコンビニ(2019年7月17日配信『神戸新聞』)

コンビニエンスストアに配られた「コミュニケーションシート」=加東市松尾 耳の不自由な人を支援しようと、兵庫県加東市は市内にある21カ所のコンビニエンスストアに簡易な質問と絵柄を記したA4判の「コミュニケーションシート」を配布した。情報を絵にすることで理解を助ける試み。市社会福祉課は「ちょっとした音の情報を『見える化』することで、助かる人も多いのでは」と話す。 兵庫県聴覚障害者協会(神戸市中央区)に...

続きを読む

旧優生保護法;被害者情報の開示求める(2019年7月14日配信『朝日新聞』)

◆旧優生保護法 岐阜県弁護士会、岐阜市に 旧優生保護法のもと、強制不妊手術を受けた被害者への対応をめぐり、県弁護士会は岐阜市へ申し入れを行った。県からの協力要請に応じて、被害者の戸籍謄本や住民票を開示することを求めている。 県優生保護審査会の記録に基づき、県は64人の被害者について、戸籍謄本や住民票の開示を、県内の12市町村に求めていた。県弁護士会が各市町村に行ったアンケートによると、県の求めに対...

続きを読む

強制不妊訴訟で賠償棄却の仙台地裁判決を原告側批判(2019年7月10日配信『毎日新聞』)

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県内の男女3人が国家賠償を求めた訴訟の第3回口頭弁論が10日、仙台地裁(小川理佳裁判長)であった。原告側が意見陳述し、旧法を違憲としつつも国の賠償責任を認めなかった5月の仙台地裁判決を批判。「声を上げられなかった当事者に目を向けて」と訴えた。 意見陳述したのは、原告の70代男性。宮城県内の職業訓練施設に入所していた10代の頃に手術された。 別...

続きを読む

「当然」と強制不妊弁護団 ハンセン病訴訟控訴断念に(2019年7月9日配信『共同通信』)

 ハンセン病家族訴訟で損害賠償を命じた熊本地裁判決を国が受け入れる方針を示したことについて、旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る全国被害弁護団の共同代表の新里宏二弁護士は「政府の対応を注目してきた。筆舌に尽くしがたい被害が家族にもあった中で、国が控訴を断念するのは当然と言える」と指摘した。 不妊手術を強いられた宮城県の女性2人が国に賠償を求めた訴訟は5月、仙台地裁が請求を棄却し原告側が控訴した。新里弁...

続きを読む

強制不妊手術 手話で被害状況説明 弁護士ら鳥取で学習会(2019年7月9日配信『毎日新聞』-「鳥取版」)

手話で講演する藤木和子弁護士(中央奧)=鳥取市富安2で、阿部絢美撮影 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、聴覚障害者の被害の背景や優生思想に基づく旧法などを考える学習会が7日、鳥取市総合福祉センター(同市富安2)であった。 約60人を前に、全国優生保護法被害弁護団の藤木和子弁護士(36)が旧法を巡る裁判の経過を手話で説明した。...

続きを読む

強制不妊手術 6人が一時金請求 鳥取県内被害者の申請進む(2019年7月8日配信『毎日新聞』-「鳥取版」)

 旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた被害者への、救済法に基づく一時金320万円の申請受け付けが鳥取県内でも進んでいる。 鳥取県によると3日現在、接触できた被害者ら14人のうち6人から一時金の請求を受けた。この6人については、厚生労働省の認定などを得られれば一時金が支給される。知事定例記者会見(2019年5月20日)●知事 旧優生保護[法]についてでございますが、これについては法律[旧優生保護法に基づく優生...

続きを読む

旧優生保護法による被害の全面回復を求める仙台弁護士会会長声明

 1948年に成立した旧優生保護法は、「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」ことを「目的」とし、同法が母体保護法に改正された1996年までの約50年間に、不妊手術約2万5000件、人工妊娠中絶約5万9000件合計約8万4000件にも達する優生手術を行わせ、多くの被害者の尊厳を奪った。 1996年、国会は「障害者差別に当たる」として同法の優生条項を廃止したが、被害者への謝罪や補償を行わなかっ...

続きを読む

旧優生保護法一時金、県内の請求は2カ月で4人(2019年6月22日配信『朝日新聞』ー「長崎版」)

 旧優生保護法(1948~96年)のもとで障害者らが不妊手術を強制された問題で、県が4月に成立した法律に基づいて受け付けている320万円の一時金支給の請求が、21日までの約2カ月間で4件にとどまっていることが、県への取材で明らかになった。 国の求めで実施した県の調査で、県内で本人の同意なしに手術を強いられたことが確認できているのは、男女51人。当時の資料で個人を特定できる例は全国的に少ないが、県内...

続きを読む

強制不妊問題 兵庫県、本人への通知検討 一時金支給制度の周知図るa(2019年6月18日配信『神戸新聞』)

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき、障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、兵庫県の井戸敏三知事は18日の定例会見で、国が見送っている対象者への個別通知を検討する意向を示した。井戸知事は「分かっているのに連絡しないのはおかしい。(プライバシーに)十分配慮した上で、何ができるか考えたい」と述べた。 不妊手術を受けた人に一時金320万円を支給する法律が4月に施行。全国では約3千人分の手術記録...

続きを読む

<強制不妊救済法>岩手県の一時金申請低調 県の消極姿勢に疑問の声 冊子だけ置き相談待ち(2019年6月16日配信『河北新報』)

岩手県庁の一時金申請窓口。積極的に申請を働き掛けることはしないという 旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた被害者に支給する救済一時金の申請を巡り、岩手県の消極姿勢が際立っている。厚生労働省の統計では、県内で478件の不妊手術が行われたとみられるが、対応は窓口に冊子を置いただけ。県の受け身体質を疑問視する声も上がっている。<資料は処分> 県への一時金申請は14日時点で1件。相談は...

続きを読む

強制不妊救済で「原告の会」兵庫県に対応申し入れ(2019年6月11日配信『毎日新聞』)

兵庫県の担当者に申し入れ書を手渡す弁護団の藤原精吾団長(左)と原告支援団体のメンバー(中央)=神戸市中央区の兵庫県庁で2019年6月11日 旧優生保護法下の強制不妊手術に対する救済法が4月に施行されたことを受け、兵庫県内の国家賠償請求訴訟の原告5人でつくる「優生保護法被害原告の会」などは11日、県に対し制度の周知徹底や、一時金320万円の申請があった場合のきめ細かな対応などを求める申し入れ書を提出した。 井戸敏三知...

続きを読む

旧優生保護法での優生手術被害を考える学習会

...

続きを読む

東京訴訟第6回期日のお知らせ

...

続きを読む

被害者一時金、周知改善を 強制不妊手術で兵庫弁護団(2019年6月11日配信『共同通信』)

 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術問題で、神戸地裁に提訴した原告や弁護団が11日、被害者が一時金320万円を受け取れることを広く周知するため、兵庫県に対して広報手段の改善や窓口での丁寧な説明などを求める申し入れ書を提出した。県内では現時点で65人しか被害者が特定されておらず、申請は1件だけだとして再調査も求めた。 申し入れ書では「被害者の多くが高齢で、コミュニケーションに支援が必要」と指摘。被害...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ