FC2ブログ

記事一覧

声を上げれば社会は変わる。勇気…(2020年4月1日配信『山陽新聞』-「滴一滴」)

 声を上げれば社会は変わる。勇気づけられる人は多いかもしれない。日本航空(JAL)がきょうから女性の客室乗務員らの靴の規定を見直した▼これまではヒールの高さ3~4センチのパンプスとしていたが、ヒールなしも認め、さらに黒色であればローファーやウオーキングシューズも可能にした。社内ワーキングチームで検討し、社員の多様な意見を反映させたという▼背景には「#KuToo(クートゥー)」運動がある。俳優でライタ...

続きを読む

「声を上げれば、政治も社会も動く」(2020年3月27日配信『しんぶん赤旗」-「潮流」)

 豪華な衣装を身にまとい、見下ろすような視線。白絹のタイツをはいた脚の先には、かかとの赤いヒール靴。フランスのルーブル美術館に所蔵されているルイ14世の肖像画です▼靴の名は「ルイヒール」。400年以上も前に登場し、男性が脚線美を誇示していたルイ王朝に愛用されました。『靴の事典』によると、それが現在のハイヒールの原型になりました▼その後ナポレオン戦争がはじまり、戦場を駆け回る男性は機能性を重視するよう...

続きを読む

共産・小池氏が首相答弁に「感動した」 与野党が拍手

参院予算委で質問する共産党の小池晃書記局長(右端)。前列左端は安倍晋三首相=2020年3月3日午後参院予算委で質問する共産党の小池晃書記局長=2020年3月3日午後参院予算委で、共産党の小池晃書記局長の質問に答弁する安倍晋三首相=2020年3月3日午後 犬猿の仲で知られる「政敵」が国会論戦で意気投合――? 3日の参院予算委員会で共産党・小池晃書記局長と安倍晋三首相の見解が一致し、与野党議員たちから満場の拍手を浴び...

続きを読む

「#KuToo」パワハラ指針に反映を 足元の自由化 広がり欠く(2019年12月4日配信『東京新聞』)

記者会見する「#KuToo」運動を進める石川優実さん(手前)=3日午後、東京・霞が関の厚労省で(坂本亜由理撮影) 働く女性がヒールの高い靴などの着用を強制されることに反対する「#KuToo(クートゥー)」運動で、取り組みを先導してきた石川優実さん(32)が3日、企業への規制を導入するよう求める要望書を厚生労働省に提出した。今年の流行語にも選ばれるなど、足元から働きやすい環境を考えるこの運動への関心...

続きを読む

「#KuToo」と「女子相撲」 今年の女性100人に日本から2人(2019年10月17日配信『NHKニュース』)

イギリスの公共放送BBCが選ぶ世界の人たちに影響を与えた「ことしの女性100人」に、日本からはヒールのある靴の着用に異議を唱えた女性と、女子相撲で活躍する大学生の2人が選ばれました。イギリスのBBCは毎年、世界の人たちに影響を与えた女性100人を発表していて、ことしは、日本から2人が選ばれました。このうち、グラビア女優でライターの石川優実さんは、職場や就職活動で女性がヒールのある靴の着用を強制されること...

続きを読む

「#KuToo(クートゥー」)(2019年9月3日配信『東奥日報』ー「天地人」)

 「ぜいたくは敵だ」という標語が声高に叫ばれていた戦時中、歌手の淡谷のり子さんにこんな逸話がある。毛髪を染め、マニキュア、ハイヒール姿の彼女は、憲兵隊に何度も呼び出され始末書も書かされた。それでも服装を変えなかったのは「これは私の戦闘服。ぜいたくではない」との信念があったからだ。 女性が職場で履く靴を巡る議論が注目されている。長時間使用で外反母趾(ぼし)や腰痛などに苦しむ女性が少なくないパンプスや...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ