FC2ブログ

記事一覧

日本版カジノ、ポーカーやバカラなど9種類OK 政府管理委が案(2021年4月2日配信『毎日新聞』)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者などを管理・監督する政府のカジノ管理委員会は2日、日本で解禁されるカジノで認めるゲームについて「ポーカー」や「バカラ」など9種類とする施行規則案を公表した。5月9日まで行うパブリックコメント(意見公募)を経て、カジノの施行規則が決定する。 規則案によると、9種のゲームは、バカラ▽トゥエンティワン(ブラックジャックなど)▽ポーカー▽ルーレット▽シックボー▽クラップス▽...

続きを読む

実態把握難しいギャンブル依存症、秋田県が対策推進計画策定へ(2021年3月28日配信『秋田魁新報』)

 ギャンブル依存症の患者とその家族を支援するため、秋田県は「ギャンブル等依存症対策推進計画」の策定を進めている。2021年度以降、相談体制の充実や回復支援プログラム普及に取り組む。専門家は「ギャンブル依存症は病気という点がまだ知られていない。県民への啓発が求められる」と指摘する。 ギャンブル依存症はパチンコ、競馬、競輪などにのめり込むことで、日常生活や社会生活に支障が生じている状態を指す。県障害福...

続きを読む

IR広報姿勢に批判 市側と野党会派が激論 横浜市議会(2021年3月20日配信『毎日新聞』)

横浜市議会で議論の的となった広報よこはま特別号。右下に「税金を使わずにIRが整備される」という女性の吹き出しがある 横浜市議会で19日、予算に関する特別委員会があり、市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)を周知するための広報の文言について激しい議論が展開された。市が発行する広報紙を巡り、野党系会派から「メリットだけが書かれている」と批判が上がる一方、反対意見を尊重することを求められた林...

続きを読む

(論)IR(カジノ)に関する論説(2020年11月16日・12月21日・2021年1月27日・3月4日)

IRと地域振興 カジノ頼み脱却の時だ(2021年3月4日配信『北海道新聞』-「社説」) カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の整備に不透明感が増している。 大阪府と大阪市は実施方針案を先月修正した。2027~28年度としてきた全面開業の時期は明記されず、事実上の白紙となった。 横浜市では米大手ウィン・リゾーツが参入を断念した。 新型コロナ禍による事業者の業績悪化が主な要因とされるが、日本事...

続きを読む

カジノ誘致は「市民に判断を委ねる問題ではない」 横浜市議会が住民投票条例案を否決 市民団体「残念無念」(2021年1月9日配信『東京新聞』)

 横浜市会(議会)は8日の臨時会本会議で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の賛否を問う住民投票条例案を、自民党・無所属の会と公明党の反対多数で否決した。市民団体が法定数の3倍を上回る約19万3千人分の署名を集め、直接請求した住民投票は実施されないことになった。◆自民党や公明党の反対多数で否決 採決前の討論で、自民は「軽々に市民に判断を委ねるような問題ではない」、公明も「制度上に課題を抱え...

続きを読む

横浜IR誘致 賛否問う住民投票条例案を「否決」(2021年1月8日配信『テレ朝ニュース』)

 横浜市が誘致を進めるカジノを含むIR(統合型リゾート)について、賛否を問う住民投票を実施する条例案が市会(議会)で否決されました。 横浜市では、先月、市民団体が19万人分の署名とともに誘致の賛否を問う住民投票を実施する条例案の制定を市に請求していました。 8日に市議会で採決が行われ、「施設の詳細が出る前に住民投票を実施するべきではない」などとする自民・公明の反対多数で住民投票の条例案は否決されました...

続きを読む

『立憲民主党・無所属フォーラム横浜市会議員団』も参加した『IR・カジノ誘致の是非を問う住民投票条例制定を求める署名活動』により住民投票条例の可否を決める市会臨時会が招集の見通し(2020年12月24日配信『PRタイムス』)

 私たち『立憲民主党・無所属フォーラム横浜市会議員団』(団長 こんの典人、横浜市・緑区)は、本日12月23日に『カジノの是非を決める横浜市民の会』(共同代表 小林節氏 藤田みちる氏、神奈川県横浜市)が横浜市に対して行った『IR・カジノの是非を問う住民投票条例の制定を求める直接請求』を受けて2021年1月に招集される、横浜市会臨時会において、多くの市民の意見を原動力に、林文子市長だけでなくすべての市会議員に、住...

続きを読む

「横浜をばくち都市に変える決断、市民に」IR誘致問う住民投票、市民団体が市長に条例制定を要求(2020年12月24日配信『東京新聞』)

IR誘致の賛否を問う住民投票の実施を求め、横浜市役所に向かう市民団体のメンバーら=横浜市中区で カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の横浜市への誘致を巡り、市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」は23日、誘致の賛否を問う住民投票を実施するための条例制定を林文子市長に直接請求した。林市長は地方自治法に基づき20日以内に市議会に条例案を提出する。 (丸山耀平)◆署名20万人条例制定請求書を手渡す...

続きを読む

横浜IR誘致、住民投票で決着を 反対派、必要数の3倍の署名提出(2020年11月13日配信『共同通信』)

選挙管理委員会の担当者に署名を手渡す市民グループのメンバー柴田智悦さん(左から2人目)=13日午後、横浜市 横浜市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)に反対する市民グループ「カジノの是非を決める横浜市民の会」は13日、誘致の賛否を問う住民投票条例の制定を求め、集めた約20万6千人分の署名を市内18区の選挙管理委員会に提出した。条例制定の請求に必要な約6万2千人分の3倍以上となった。...

続きを読む

カジノ反対ハマのドンほえた「自民党は全員落とす」(2020年11月13日配信『日刊スポーツ』)

10カ月ぶりに公の場に姿を見せた“ハマのドン”藤木幸夫横浜港ハーバーリゾート協会会長。「自民党全員アウトです。私が落とします」とほえた「ハマのドン」藤木幸夫横浜港ハーバーリゾード協会会長(90)が13日、「今日ははっきり申し上げます。自民党は全員アウト。私が落とします」とカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を推進する首長、議員はすべて落選させると言明した。 カジノ絶対反対の藤木氏は23年間トップとして君臨し...

続きを読む

横浜市、カジノは「害悪」発言削除前の動画に差し替え 「信頼損ねる行為だった」(2020年11月10日配信『東京新聞』)

IRを巡る発言が削除された合同部会の一場面=横浜市のホームページから藤野一夫氏 横浜市が新たな劇場整備を巡り設置した有識者会議の様子を記録した動画から、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に関連した委員の発言を削除して公開していた問題で、市は9日、「市民の信頼を損ねる行為だった」とし、削除していない動画を公開した。(丸山耀平) 市は5日、10月26日に開かれた「横浜市新たな劇場整備検討委員会基本...

続きを読む

「公営ギャンブルは必要悪ではなく害悪」 横浜市がカジノ関連発言をHP動画から削除(2020年11月7日配信『東京新聞』)

 横浜市が、林文子市長が意欲を示すオペラやバレエを主体とする劇場の整備を巡り設置した有識者会議の様子を記録した動画をホームページに公開した際、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に関連した委員の発言を削除したことが分かった。議事録からも削除する方針。市幹部は「市民を刺激する可能性があった」と説明するが、発言した委員は「残念だ」としている。(丸山耀平)IRを巡る発言が削除された合同部会の一場面=横浜...

続きを読む

横浜市のIR誘致 是非問う住民投票に必要な署名数 大幅に超える(2020年11月4日配信『NHKニュース』)

横浜市が誘致を目指すカジノを含むIR=統合型リゾート施設をめぐり、その是非を問う住民投票の実施を求めている市民らの団体は、住民投票の請求に必要な数を大幅に上回る、およそ15万6000人の署名が集まったことを明らかにしました。横浜市は横浜港へのIR施設の誘致を目指していますが、反対する市民らで作る団体は、是非を問うために住民投票を実施すべきだとして、4日までの2か月間の日程で署名活動を行っています。4日、横浜市...

続きを読む

横浜、住民投票次第でIR撤回も 林市長「反対多数なら」(2020年10月28日配信『共同通信』)

 横浜市の林文子市長は28日の定例記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致是非を巡って市民団体が求めている住民投票が実現し、反対が多数となった場合には誘致を撤回する考えを明らかにした。 市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」は反対の立場から署名活動を進めており、既に住民投票条例制定の請求に必要な署名数を確保したという。ただし、条例案を審議する市議会はIR誘致に賛成する自民、公...

続きを読む

9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進(2020年10月27日『日刊ゲンダイ』)

ニュース深読み伊藤博敏ジャーナリスト1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テク...

続きを読む

>要のカジノは風前の灯…経済効果はいまだに明示されず

吉富有治ジャーナリスト1957年、愛媛県生まれ。大阪在住。金融専門誌、写真週刊誌「FRIDAY」の記者などを経てフリー。地方自治を中心に取材し、テレビのコメンテーターや雑誌などに寄稿。著書に「大阪破産からの再生」など。予定地の人工島「夢洲」(手前)は”悪夢洲”に(C)共同通信社 いわゆる大阪都構想が目指すものは成長戦略と二重行政の解消、そして住民に近い基礎自治体、この3つだ。 この成長戦略は経済成長...

続きを読む

フジテレビが「お台場カジノ」開発を計画していた! 安倍政権がIR推進法を強行採決した時期に…メディアにあるまじき利権狙い(2020年10月23日配信『リテラ)

フジテレビ公式HPより 日本学術会議の任命拒否問題に絡み、『バイキングMORE』で平井文夫・上席解説委員が「この人たちは学士院に行って年間250万円の年金を税金で死ぬまでもらえる」などとデマを喧伝するなど、菅政権になっても御用っぷりに磨きがかかっているフジテレビ。そのフジテレビをめぐって、とんでもない事実が判明した。 なんと、フジテレビは2016年12月から2018年3月にかけて「お台場カジノ」の開発計画提案書を東京...

続きを読む

横浜市はカジノ誘致中止を(2020年10月22日配信『しんぶん赤旗』)

野党6党代表と市民の会要請懇談する(テーブル左側の手前2人目から奥へ)はたの、阿部、(奥3人目から手前へ)藤田、小林の各氏ら=21日、横浜市役所 「カジノの是非を決める横浜市民の会」(共同代表=藤田みちる、小林節の各氏)と野党6党の代表は21日、横浜市役所で、林文子横浜市長にあて公開質問状を提出し、横浜へのカジノを中核とした統合型リゾート(IR)誘致を直ちに中止するよう求めました。政府が、自治体から...

続きを読む

林・横浜市長の解職求め署名開始(2020年10月5日配信『共同通信』)

カジノ反対団体、12月5日まで林文子横浜市長のリコールを求め署名活動する、IR誘致に反対する市民団体のメンバーら=5日午後、横浜市 横浜市が進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に反対する市民団体「一人から始めるリコール運動」は5日、林文子市長のリコール(解職請求)に向け、署名活動を始めた。12月5日まで。 昨年8月末から街頭やウェブサイトなどで募集した受任者は、4日現在で4万6492人に上る。 「一人...

続きを読む

菅首相の恩人“横浜のドン”藤木会長が、カジノ誘致反対で立憲民主党・枝野代表と連携!?(2020年9月21日配信『ハーバー・ビジネス・オンライン』)

“横浜のドン”と枝野代表が「横浜にカジノはいらない」と連携 150人規模の合流新党となった「立憲民主党」の枝野幸男代表が、「ミスター叩き上げ」こと菅義偉首相との対決姿勢を露わにしている。 国民民主党との合流新党の代表選前日の9月9日には、カジノ推進の旗振り役である菅首相(神奈川2区=横浜市西区・南区・江南区)の地元横浜に乗り込み、カジノ候補地の山下ふ頭を視察。“横浜のドン”と呼ばれ、「カジノなしの再開発計画...

続きを読む

IRと新劇場、事業費見直しも 横浜市長、コロナで財政難(2020年9月18日配信『神奈川新聞』)

 横浜市の林文子市長は18日、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せず、厳しい財政状況が見込まれる中、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致推進事業や新たな劇場整備事業について、本年度当初予算に計上した関連費の減額や来年度の事業費見直しの可能性を示唆した。 市によると、現時点で来年度に970億円の収支不足が見込まれている。感染症の影響で特に法人市民税が大幅に落ち込み、市税収入全体が本年度当初比...

続きを読む

安倍退陣とカジノ(2020年9月12日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」)

賭博政治そのものを終わりに カジノを中核とする統合型リゾート(IR)を「成長戦略の目玉」といって推進してきた安倍晋三首相が退陣します。新型コロナウイルス危機の中でカジノは完全に時代遅れのビジネスとなっており、安倍政権のカジノ解禁路線の行き詰まりは明白でした。安倍首相辞任を契機に、カジノ断念を迫るたたかいが求められます。執着する推進派の政治家 安倍首相辞意表明の8月28日、カジノ誘致に執着している松...

続きを読む

コロナとカジノ 計画の前提が崩れている(2020年9月8日配信『毎日新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、カジノを含む統合型リゾート(IR)を整備する計画が行き詰まっている。 整備地域の選考基準などを示す政府の基本方針は、策定が遅れている。目標とされた2020年代半ばの開業は困難だ。 安倍政権は成長戦略の目玉としてIR整備を推し進めてきた。訪日観光客の増加による経済効果や税収増が見込めるという触れ込みだが、その前提は崩れている。 にもかかわらず、政府も誘致自治体もIR...

続きを読む

林・横浜市長、IR誘致過程の議事録なしは「決まりに準拠。問題ない」(2020年9月3日配信『毎日新聞』)

IR誘致を表明する横浜市の林文子市長=横浜市中区で カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致表明に至る議事録を横浜市が作成していなかった問題で、林文子市長は2日の定例記者会見で、「決まりに準拠してやっている」と述べ、問題はないとする認識を示した。一方、今後の対応については「必要なところはきちっと議事録に残したい」と言及した。 この問題は毎日新聞の情報公開請求で判明。IRの誘致表明に関する林氏や幹部...

続きを読む

横浜市のIR誘致、議事録作成せずに決定 市長と幹部の協議内容、検証できず(2020年8月25日配信『毎日新聞』)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を表明している横浜市が、誘致決定に至った林文子市長と幹部らの打ち合わせ記録や会議の議事録を作成していないことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。IR誘致は予算規模が大きいうえに賛否が分かれる重要な政策にもかかわらず、その意思決定過程を市民が検証できなくなっている。 同市が横浜港山下ふ頭への誘致を表明したのは2019年8月22日。直後に市民から反対の声が上がり、現在も...

続きを読む

コロナ禍でカジノの先行き見えず…誘致表明から1年、横浜市のいま(2020年8月23日配信『東京新聞』)

「カジノを断念せよ」と声を上げプラカードを掲げる市民ら=22日、横浜市中区で 横浜市がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を表明してから、22日で1年となった。東京都などに先んじて首都圏で最初に名乗りを上げたが、昨年末に発覚したIR事業を巡る汚職事件や新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、市は、目指すIRの要件を示す実施方針公表を延期するなど構想は大きく崩れた。計画が進まない中、反対派の市...

続きを読む

初陣で「IR汚職」3人逮捕 新特捜部長が許した黒幕逃走(2020年8月21日配信『文春オンライン』)

 特捜検察の「エース中のエース」と言われ、2年10カ月もの長期にわたって東京地検特捜部長に就いていた森本宏氏(52)が、7月31日付で三重・津地検の検事正に栄転。後を継いだ新河隆志・新特捜部長(56)は就任からわずか5日目に、秋元司衆院議員(48)が収賄罪で起訴されたIR汚職事件に絡んで3人の身柄を取り、脚光を浴びている。堅実な仕事が評価されてきた新河氏 新河氏は茨城県出身で早大卒。1994年に検事に任官後、大阪、東...

続きを読む

IR汚職 証人買収資金のうち現金1000万円を秋元議員が用意か(2020年8月21日配信『NHKニュース』)

IR=統合型リゾート施設の汚職事件をめぐり、秋元司衆議院議員が贈賄側に偽証を持ちかけたとして逮捕された証人買収事件で、共犯とされる会社役員が東京地検特捜部の調べに対し「贈賄側に渡そうとした現金のうち1000万円は秋元議員が用意した」と供述していることが関係者への取材で分かりました。特捜部は、秋元議員が買収工作を主導したとみて実態解明を進めているものとみられます。衆議院議員の秋元司容疑者(48)は、みずか...

続きを読む

秋元議員再逮捕(2020年8月21日配信『佐賀新聞』-「論説」)

 日本でカジノを解禁する統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で収賄罪で起訴され、自民党を離党した衆院議員秋元司容疑者が組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の疑いで、再び東京地検特捜部に逮捕された。贈賄罪で起訴された中国企業側に裁判で虚偽の証言をするよう依頼し、報酬の提供を持ち掛けた疑いが持たれている。 秋元容疑者は2012年に衆院議員となり、3期目。IR汚職では事業を担当する内閣府副大臣を務め...

続きを読む

秋元司議員側 議員会館の面会否定するよう贈賄側に働きかけか(2020年8月21日配信『NHKニュース』)

IR・統合型リゾート施設の汚職事件をめぐる証人買収事件で逮捕された秋元司衆議院議員側が議員会館で現金300万円の賄賂を渡したことを認めていた贈賄側に「議員会館では会っていないと証言してほしい」などと働きかけていた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。東京地検特捜部は一連の買収工作の実態解明を進めています。衆議院議員の秋元司容疑者(48)はみずからが起訴されたIR・統合型リゾート施設の汚職事件を...

続きを読む

秋元議員の知人男に逮捕状 IR汚職証人買収疑い(2020年8月21日配信『東京新聞』)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件に絡み、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で再逮捕された衆院議員秋元司容疑者(48)の知人の50代男について、東京地検特捜部が同法違反の疑いで逮捕状を取ったことが21日、関係者への取材で分かった。秋元議員は保釈後に男と連絡を取っており、特捜部は、議員と男が証人買収行為に主体的に関与した疑いがあるとみて調べる。 男は東京都内にある経営コンサ...

続きを読む

公判控える現職衆院議員が買収工作関与か 秋元容疑者逮捕 前代未聞の事態に(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

家宅捜索が行われる秋元司衆院議員の事務所前に集まった報道陣=東京都江東区で2020年8月20日午後5時35分、西夏生撮影 カジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、贈賄側の被告に虚偽証言を依頼した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は20日、衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄罪で起訴=を、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の疑いで逮捕した。自身の公判を控える現職国会議員が、保釈中に自ら事件関係者...

続きを読む

IR汚職事件、秋元衆院議員を逮捕…証人買収を主導した疑い(2020年8月20日配信『読売新聞』)

東京拘置所に入る秋元被告を乗せたとみられる車両(20日夜、東京都葛飾区で)=早坂洋祐撮影 カジノを中核とする統合型リゾート(IR)を舞台とした汚職事件を巡る証人買収事件で、東京地検特捜部は20日、収賄罪で起訴され、保釈中だった秋元司・衆院議員(48)を組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕した。秋元被告の逮捕は3度目で、保釈後の国会議員の逮捕は極めて異例だ。特捜部は、秋元被告の地元事務所(東京...

続きを読む

衆院議員の秋元司容疑者を逮捕 証人等買収の疑い 東京地検特捜部(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

 カジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、贈賄側の被告に虚偽証言を依頼した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は20日、衆院議員の秋元司容疑者(48)=収賄罪で起訴=を、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の疑いで逮捕した。IR汚職、秋元衆院議員を再逮捕 証人買収疑い、東京地検特捜部(2020年8月20日配信『共同通信』) カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件に絡み、東京...

続きを読む

横浜市、IR方針公表を再延期 国の策定遅れやコロナで(2020年8月20日配信『東京新聞』)

統合型リゾート施設(IR)の実施方針の公表延期を発表した横浜市の林文子市長=19日午後、横浜市役所 横浜市の林文子市長は19日の定例記者会見で、市が8月に予定していた統合型リゾート施設(IR)の要件を定める実施方針の公表を延期すると発表した。当初は6月に公表予定で、2度目の延期となる。 林市長は、IR整備地域の選定基準を示す国の基本方針の策定が遅れていることや、新型コロナウイルスの感染収束が見通せ...

続きを読む

秋元司衆院議員の立件検討 東京地検、近く聴取 IR汚職証人買収事件(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

秋元司被告=川田雅浩撮影 衆院議員の秋元司被告(48)が収賄罪で起訴されたカジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、東京地検特捜部が、近く秋元議員から事情を聴く方針を固めたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。秋元議員本人も何らかの形で証人買収に関与していた可能性があるとして、立件の可否を検討している模様だ。秋元議員「任意なら応じないかも」 特捜部は4日、いずれも会社役員の佐藤...

続きを読む

IR汚職事件;秋元衆院議員の弁護人に弘中氏(2020年8月18日配信『共同通信』)

弘中惇一郎弁護士 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄罪で起訴された衆院議員秋元司被告(48)の弁護人を弘中惇一郎弁護士が務めることが18日、分かった。弘中氏が報道陣に明らかにした。秋元被告は公判で無罪を主張する見通し。 秋元被告の支援者らが4日に逮捕された証人買収事件の発覚を受け、それまでの弁護人が辞任。元検事の郷原信郎弁護士が引き継いだが、弁護方針の違いを理由にすぐに辞任...

続きを読む

IR汚職 証人買収の容疑者、保釈の秋元議員と定期面会 主張内容入手か(2020年8月7日配信『毎日新聞』)

保釈され東京拘置所を出る衆院議員の秋元司被告(中央)=東京都葛飾区で2020年2月12日午後7時23分、竹内紀臣撮影 衆院議員の秋元司被告(48)が収賄罪で起訴されたカジノを含む統合型リゾート(IR)汚職を巡る証人買収事件で、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕された会社役員の淡路明人容疑者(54)が、秋元議員が2月に保釈された後、定期的に面会していたことが、関係者への取材で判明した。淡路容疑者は秋元議員の支援者とされ、...

続きを読む

カジノ汚職偽証依頼 淡路容疑者とは(2020年8月6日配信『しんぶん赤旗』)

マルチ商法192億円首相との写真活用 被害拡大 衆院議員の秋元司被告=自民党離党=が収賄罪で起訴されたカジノを中核とする統合型リゾート(IR)をめぐる汚職事件で東京地検特捜部は、淡路明人容疑者(54)ら3人を組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕(4日)しました。淡路容疑者が経営していたマルチ企業は、被害者から提訴されるなど問題になっています。マルチ商法の勧誘に活用されたのが淡路容疑者と安倍晋...

続きを読む

秋元議員の弁護士との面会、贈賄側に要請 何者かが2容疑者に指示か IR汚職偽証依頼(2020年8月5日配信『毎日新聞』)

 衆院議員の秋元司被告(48)が収賄罪で起訴されたカジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件に絡み、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕された会社役員の佐藤文彦容疑者(50)が、虚偽証言を持ちかけた贈賄側の被告に、秋元議員の弁護人を交えた打ち合わせを要請していたことが、関係者への取材で判明した。宮武和寛容疑者(49)も似た提案をしており、いずれも何者かから指示を受けてこうした要請を...

続きを読む

記者が見た偽証工作 那覇の高級ホテル最上階 袋の中には1000万円の束二つ IR汚職

紺野昌彦被告(左)と会話する佐藤文彦容疑者。佐藤容疑者の足元に、2000万円が入ったとみられる白い袋が置かれていた=那覇市内で7月22日、二村祐士朗撮影 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件で、公判を控えた贈賄側の被告の供述を誘導する工作が、水面下でなされていた疑いが発覚した。4日、東京地検特捜部に組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕された会社役員の佐藤文彦容疑者(50)らは、収...

続きを読む

安倍昭恵夫人のウズハウス出資者を東京地検特捜部がIR汚職に絡んで逮捕! 「桜を見る会」にも特別扱いで参加していたマルチ経営者(2020年8月4日配信『リテラ)

安倍昭恵夫人のウズハウス出資者を東京地検特捜部がIR汚職に絡んで逮捕! 「桜を見る会」にも特別扱いで参加していたマルチ経営者の画像しんぶん赤旗 日曜版(3月1日号)より 安倍首相をめぐるさまざまな不正の発信源となってきた昭恵夫人だが、今度は自分の事業の出資者がIR汚職に絡んで逮捕されるという事態が起きた。 本日、東京地検特捜部が、衆議院議員・秋元司被告のIR汚職事件で贈賄側の中国企業顧問の被告に裁判で虚偽...

続きを読む

白須賀議員、受領金で数十万円高級バッグ…カジノで使用も(2020年7月15日配信『読売新聞』)

白須賀貴樹・衆院議員 カジノを中核とした日本の統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件に絡み、中国への視察旅行中に中国企業側から100万円を受け取った白須賀しらすか貴樹たかき・衆院議員(45)(自民、千葉13区)が、その現金でお土産の高級ブランドバッグを購入していたことが関係者の話でわかった。カジノでも使用し、余りは日本に持ち帰っていた。 関係者によると、白須賀氏は2017年12月27~29日、秋元司...

続きを読む

IR汚職、白須賀衆院議員が100万円受領…中国企業側から視察中に(2020年7月14日配信『読売新聞』)

中国・深センの「500」社本社を視察した際に撮影された写真。(左から)白須賀貴樹・衆院議員、勝沼栄明・前衆院議員、秋元司・衆院議員、同社の潘正明・最高経営責任者(当時)、同社日本法人元役員の鄭希被告(2017年12月27日撮影) カジノを中核とした日本の統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件に絡み、白須賀貴樹・衆院議員(45)(自民、千葉13区)が2017年12月、秋元司・衆院議員(48)(収賄罪で...

続きを読む

「骨太」からカジノ消える(2020年7月10日配信『しんぶん赤旗』)

導入の根拠失う? 政府の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)が8日示した経済財政運営の指針「骨太方針」の原案で、これまで毎年取り上げられてきたIR(カジノを中核とする統合型リゾート)についての記述が消えました。 同「方針」では、安倍首相が「IRは日本の成長戦略の目玉」と発言した2014年に「検討を進める」という記述が初めて盛り込まれて以降、毎年IRを取り上げてきました。 前年の19年の版では「訪...

続きを読む

IR事業 推進する根拠もうない(2020年6月28日配信『北海道新聞』-「社説」)

 新型コロナ禍でカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)を取り巻く環境が激変している。 誘致を目指す自治体が感染防止に追われる一方、IR事業者は各国でカジノ営業の休止や制限を余儀なくされ、業績が低迷している。 横浜市が進めるIR構想の有力候補だった米大手ラスベガス・サンズが撤退を決めるなど、日本進出を断念する動きも出ている。 IRは安倍晋三政権が成長戦略の一つに掲げるが、刑法で禁じている賭博の...

続きを読む

カジノへの態度は? 公開質問状回答(2020年6月27日配信『しんぶん赤旗』)

宇都宮候補 誘致きっぱり反対小池候補 いぜん態度表明せず東京連絡会会見 弁護士や司法書士、主婦連合会などの個人や団体でつくる「カジノいらない!東京連絡会」が26日、都庁内で記者会見し、都知事選の争点であるIR(カジノを中核とする統合型リゾート)東京誘致への態度を各候補者にきいた公開質問状への回答状況を公表しました。 日本弁護士連合会元会長の宇都宮けんじ候補は誘致に「反対」と明言。「人の不幸を踏み台...

続きを読む

イージス・アショア配備停止 米高官 “計画撤回ではない”(2020年6月19日配信『NHKニュース』)

日本政府が新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止したことについてアメリカ国防総省の高官は、計画は撤回されたわけではないとの認識を示したうえで、今後の対応を決めるため日本側と技術的な協議を行っていることを明らかにしました。「イージス・アショア」について防衛省は、山口県と秋田県にある自衛隊の演習場への配備を計画していましたが、15日、迎撃ミサイルを発射する際に使う推進補助装置を安...

続きを読む

行き詰まるIR(2020年6月7日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」)

「アベノカジノ」断念しかない 新型コロナウイルス感染拡大で、世界各地でカジノに閉鎖や営業停止が広がっています。ところが安倍晋三政権は「日本の成長戦略の目玉」と位置付けるIR(カジノを中核とする統合型リゾート)計画を変更しないとしています。いつまでも「アベノカジノ」に固執するのはやめるべきです。失敗でもやめぬ政権 日本のカジノへの参入を画策してきた世界最大のカジノ運営企業、ラスベガス・サンズが5月中...

続きを読む

コロナ禍がカジノ整備計画を直撃 政府は推進の姿勢崩さず(2020年6月1日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大が、安倍政権によるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の整備計画を直撃している。感染拡大で大幅減益となった米カジノ大手が日本進出を断念。誘致を表明した自治体も感染症対策に追われ、スケジュールに遅れが出始めている。だが、IRを成長戦略の目玉に位置付ける政権は推進の姿勢を崩していない。 ■撤退 「今後、日本以外での成長機会に注力する」。米カジノ大手のラスベガス・サンズの...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ