FC2ブログ

記事一覧

住みたい町吉祥寺の雑貨店、障害者の商品らしからぬ「独自ルール」(2019年12月17日配信『ウィズニュース』)

金澤 ひかり 朝日新聞記者金澤 ひかりツイッター➡ここをクリック(タップ)開店当時から付き合いのある施設で作られている吹きガラスの器記事INDEX・ビジネス目線で見つけた商品に驚き・「そんなに高く売れない」?・価値は誰が決めるのか吉祥寺にという障害者が作る雑貨ばかり専門に販売しているおしゃれなショップがあります。「マジェルカ」➡ここをクリック(タップ)障害者の概念を一変するすごいお店です。是非取材してくだ...

続きを読む

ミュージカルで可能性拡げ NPOが障害者の自立支援(2019年12月13日配信『タウンニュース』ー「藤沢版」)

今回上演されたオリジナルミュージカル「続ザ・ドリーム」の1コマ。ネコのフレンドと小鳥のカトリーヌがくりひろげる友情の話 湘南大庭公民館で1日、120人を超える観客を前に知的障害者音楽ユニット、「GREENとふぇありーないん」はオリジナルミュージカルを演じきった。会場からは万来の拍手、感動に涙する人もみられた。 「最高のステージでした」と話すのは、出演者が通う障害者自立支援施設NPO法人ミュージック...

続きを読む

あいちゃんクッキー今年も食べて! 町田の精神障害者施設であすから販売(2019年11月30日配信『東京新聞』)

あいちゃんクッキーを作る利用者ら=町田市で クリスマスに向け、クッキーを製造販売する町田市忠生の精神障害者就労施設の富士作業所で、市社会福祉協議会のイメージキャラクター「あいちゃん」の顔をあしらったハート形のクッキー作りが始まっている。12月1日から作業所内のベーカリーなどで販売する。 あいちゃんは市ゆかりの漫画家みつはしちかこさんがデザイン。あいちゃんのクッキーは作業所の人気商品として定着してい...

続きを読む

障害者支援のランドセル 福岡市の団体、寄贈へ募金(2019年11月22日配信『西日本新聞』)

 障害者の自立を支援する一般社団法人「障がい者の明日(あした)を考える会」(福岡市東区)は、子どもや親に障害がある家庭にランドセルを届ける募金を始めた。購入費が負担となる家庭を支援する目的で、法人と個人から来年1月末まで寄付を募る。代表理事の荒牧功一さん(69)は「新しいランドセルを背負い笑顔で小学校生活をスタートする、そのお手伝いを一緒にしましょう」と呼び掛けている。 ランドセルを贈るのは、県内で...

続きを読む

さをり織り200点ずらり 姫路の工房が小野で展示販売(2019年10月21日配信『神戸新聞』)

自作のかばんを手にする女性。ご祝儀袋などユニークな作品も並ぶ=喫茶アートギャラリー「風の森」 兵庫県小野市樫山町の喫茶アートギャラリー「風の森」で、さをり織りの手芸作品約200点が展示販売されている。障害福祉サービス事業所「さをり工房ゆう」(同県姫路市北条宮の町)の通所者が、ポーチやマフラーなど色鮮やかな手作りの品を出展している。31日まで。 同工房は姫路市内3カ所で一般向けの教室などを運営。風の...

続きを読む

19日、佐賀市で「ハートフルカフェ」(2019年9月17日配信『佐賀新聞』)

 佐賀市を拠点に障害者の自立支援に取り組む「○○な障がい者の会(内田勝也会長)」は19日、障害者や高齢者など「誰もが暮らしやすいまち」をテーマにしたイベント「ココロつながるハートフルカフェ~やさしさのカタチとは?~」を佐賀県庁で開く。内田さんは「相互理解のなかで自分に出来る『やさしさのカタチ』を考える機会にしてほしい」と呼び掛ける。 北九州市出身の落水洋介さんが講演。落水さんは、2013年に徐々に身...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ