FC2ブログ

記事一覧

障害配慮義務付け法案を閣議決定 企業に対し、3年以内に施行(2021年3月9日配信『共同通信』)

 政府は9日、障害がある人の移動や意思疎通を無理のない範囲で支援する「合理的配慮」を提供するよう、企業に義務付ける障害者差別解消法改正案を閣議決定した。施行日は法律の公布から3年を超えない日とし、現時点では未定。今国会での成立を目指す。 合理的配慮は、車いすを使う人の通行のため段差にスロープを設けたり、人が介助したりすること。聴覚障害者と筆談で会話するなどの対応も当てはまり、費用負担が過度にならな...

続きを読む

自民、障害配慮法案を了承 差別解消が企業義務に2021年2月25日配信『産経新聞』)

 自民党の内閣第1部会などの合同会議は25日、障害者差別解消法の改正案を了承した。障害がある人の移動や意思疎通を可能な範囲で支援する「合理的配慮」を企業に義務付ける。政府が3月上旬に閣議決定し、今国会での成立を目指す。合理的配慮は、段差のある所へのスロープの設置や、聴覚障害がある人との筆談でのやりとりが想定される。 障害者差別解消法の改正に盛り込む事項(案) 1 事業者による合理的配慮の提供...

続きを読む

障害者配慮、民間も義務化へ…スロープ設置や手話対応(2020年12月26日配信『読売新聞』)

 政府は、民間の企業や店舗に対し、障害者の社会生活上のバリア(障壁)を負担が重すぎない範囲で取り除く「合理的配慮」の提供を義務付けるため、障害者差別解消法を改正する方針を固めた。来年1月召集の通常国会に同法改正案を提出する方向で調整している。 東京五輪・パラリンピックを来年に控え、障害のある人もない人も互いに認め合いながら共に生きる「共生社会」の実現を目指す狙いがある。 同法は2016年4月に施行...

続きを読む

「障害者差別解消法」施行から4年、“施行前よりよくなっている”との声が着実に増加(2020年10月25日配信『PRタイムス』)

アイメイトとともに街へ出かける様子盲導犬を理由とした“入店拒否”の状況を尋ねるアンケート調査(2016〜2020)の推移日本初の国産盲導犬チャンピイを育成した公益財団法人アイメイト協会(東京都練馬区、代表理事:塩屋隆男)は、全国の現役アイメイト(盲導犬)使用者を対象に、2016年から2020年まで毎年実施してきた計5回のアンケート調査の推移をまとめ、報告書として公表しました。以下、ポイントを抜粋してお知らせいたしま...

続きを読む

残念ながら悪用も! 駐禁エリアに駐車できる「駐車禁止等除外標章」とは(2020年6月28日配信『Auto Messe Web』)

「駐車禁止等除外標章」の適切な使用を「駐車禁止等除外標章(身体障害者等用)」は、歩行が困難な人のクルマ移動をサポートする制度 病気の人や身体に障害を持つ人がクルマを利用する場合、クルマから降りてからの移動にさまざまな障壁がある。そこで用意されているのが各都道府県で交付される「駐車禁止等除外標章(身体障害者等用)」だ。この標章が交付されクルマに掲示することで駐車禁止エリアへの駐車が可能になり、歩くの...

続きを読む

ユニバーサル・ショッピングとい…(2020年2月4日配信『山陽新聞』-「滴一滴」)

 ユニバーサル・ショッピングという言葉を先日の本紙作州ワイド版の記事で知った。年齢や障害の有無にかかわらず、誰でも使いやすい環境をつくるユニバーサルデザインを買い物に適用した考え方のようだ▼スーパーで市民対象の体験会を行ったのは津山市のNPO法人である。車いすに乗ったり、視覚の障害を体験するアイマスクを着けたりして買い物をした。通りにくい箇所や取りづらい商品、困っている人への声の掛け方などが分かり...

続きを読む

障害者配慮 企業も義務 内閣府が意見書案(2020年1月28日配信『東京新聞』)

 内閣府の有識者委員会は27日、障害がある人の社会参加を推進するため、負担が過重にならない範囲で障壁を取り除く「合理的配慮」を企業に義務付けることを検討すべきだとの意見書案を示した。障害者差別解消法の見直しを協議しており、委員会は2月に正式な意見書としてまとめる方針。現在、企業は自発的行為を促す努力義務規定にとどまっている。 障害の有無で分け隔てられることがないよう取り組むべき措置を定めた同法には...

続きを読む

障害者配慮、企業も義務 内閣府、検討求める意見案(2020年1月27日配信『共同通信』)

 内閣府の有識者委員会は27日、障害がある人の社会参加を推進するため、負担が過重にならない範囲で障壁を取り除く「合理的配慮」を企業に義務付けることを検討すべきだとの意見書案を示した。障害者差別解消法を巡り、一層の社会参加に向けた見直しを協議していた。現在、企業は努力義務にとどまっている。 委員会が2月に意見書をまとめる。合理的配慮については、同法に規定があり、国や自治体は既に義務化されている。企業...

続きを読む

障害のある人も美術館を利用しやすく(2020年1月14日配信『日テレニュース24』)

 障害のある人たちが、もっと利用しやすい美術館を目指そうと、富山県美術館は、美術館スタッフに研修を行いました。 この研修会は、県美術館が職員やボランティアなどおよそ100人を対象に、初めて開きました。研修では、県の専門相談員が障害者差別をなくすために不利益な取り扱いをしないことや、障害者から配慮を求められたとき、その人に応じた手助けをする「合理的配慮」を提供することを説明しました。 参加者は、障害...

続きを読む

差別か否か「線引き」せず、対話を促し(2019年12月26日配信『西日本新聞』

福岡県障がい者差別解消専門相談員の多田眞哉さん。2人態勢で、電話のほかメールでも相談に応じる=20日、福岡県庁木箱(配慮)を等しく配ると、背が低い人は景色を見られない木箱(配慮)を背が低い人ほど多く配れば、全員が同じ景色を楽しめるバリアフリーの現在地 障害者差別解消法とは実際、どんなルールなのだろう。福岡県の相談窓口を訪ねた。応対してくれた「障がい者差別解消専門相談員」の多田眞哉(しんや)さん(63)...

続きを読む

山口市、障害者への窓口対応研修 140人「合理的配慮」学ぶ(2019年11月28日配信『毎日新聞』-「山口版」) 

 窓口対応を担当する職員に障害者への合理的配慮について周知しようと、山口市役所で27日、全所属の課長補佐級以下職員約140人を対象にした研修があった。要約筆記者らが講師となり、聴覚障害者への対応方法などをレクチャーした。 配慮が必要な人を想定した窓口対応研修の一環で、市社会福祉センター「しらさぎ会館」の手話通訳者と要約筆記者が講師になった。要約筆記者の河村弥生さんが、筆談の際は短くまとめるなどのポ...

続きを読む

駅無人化でJR九州を提訴へ 障害者団体「合理的配慮を欠く差別」

大分市内8駅の無人化計画を巡り、JR九州を提訴する方針を決めた「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」のメンバー=19日夜、大分市内 大分市内8駅の無人化計画を巡り、JR九州を提訴する方針を決めた「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」のメンバー=19日夜、大分市内 JR九州が大分市内で進めている駅の無人化は障害者への差別に当たるとして、障害のある人や支援者でつくる市民団体が19日、同社に...

続きを読む

とっさの介助、どこまで グレーゾーン、判断難しく 障害者「合理的配慮」悩む現場(2019年11月6日配信『東京新聞』)

 「家まで連れて行って」-。駅で障害者や高齢者から介助を求められた場合、どこまで対応すればいいのか。ある鉄道会社の駅員から、そんな苦悩をつづった手紙が生活部に寄せられた。2016年施行の障害者差別解消法は行政機関や事業者に、障害者から支援を求められた際に対応する「合理的配慮」を義務づけた。ただ、障害者のニーズや状況はさまざま。不慮の事故で責任を問われる可能性もあり、現場で悩む人も少なくない。●車い...

続きを読む

障害者差別解消法、改正を(2019年10月14日配信『共同通信』)

 札幌市で開かれた障害者差別解消法について考える集会=14日午後 障害者差別解消法について考える集会が14日、札幌市で開かれた。講演した障害者団体「DPI日本会議」の崔栄繁議長補佐は、健常者との垣根をなくすため、現在は努力義務にとどまっている「民間企業による合理的配慮」を義務化するべきだと改正を訴えた。 同法は2016年4月に施行され、行政と民間企業に障害者への差別を禁止し、行政には「合理的配慮」...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ