FC2ブログ

記事一覧

2021年3月3日は第66回「耳の日」

「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により1956(昭和31)年に制定された。 日本耳鼻咽喉科学会では毎年「耳の日」に、都道府県ごとに、難聴で悩んでいる方々の相談や、一般の人びとにも耳の病気のことや、健康な耳の大切さを知っていただくための活動を行っている。なお、3月3日は、電話の発明者であり、ろう教育者...

続きを読む

冬至 12月21日

 二十四節気のひとつで、北半球では太陽が1年で最も低い位置にきて、夜が一番長くなる日。 夏至の日と比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差がある。 冬至の食べ物といえばかぼちゃ。かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜。新鮮な野菜が少なくなる時期、これからの冬を乗り切るためにも、冬至という節目の日に「かぼちゃを味わって...

続きを読む

12月13日は「ビタミンの日」

  ビタミンは、人間の三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質などと同様に人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素。 東京帝国大学の鈴木梅太郎教授(帝国学士院会員。文化勲章受章者)が、米ぬかの中に脚気(かっけ)を予防する成分があることを発見したことを、1910(明治43)年、12月13日の東京化学会例会で発表。「オリザニン」(当初は「アベリ酸」と命名した。 オリザニンは後に、ポーランド人科学者のC.フンク氏が発...

続きを読む

対米英開戦(太平洋戦争開戦)記念日 12月8日

    臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍部、12月8日午前6時発表。帝国陸海軍は、本8日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。ラジオ局(日本放送協会)でその発表を読み上げたアナウンサーは館野守男。     1941年12月8日未明、旧日本陸軍は英国領だったマレー半島(現在のマレーシア)に上陸し、海軍は米国ハワイ・真珠湾にあった米軍の太平洋艦隊基地を空...

続きを読む

「シルバーラブの日」 11月30日

1948年11月30日。「老いらくの恋」から72年。「老いらくの恋」 川田 順   若き日の恋は、はにかみて おもて赤らめ、壮子時(おさかり)の 40歳(よそじ)の恋は、世の中に かれこれ心配(くば)れども、 墓場に近き老いらくの 恋は、怖るる何ものもなし。(「恋の重荷」序 ) 1948年(昭和23年)のこの日、妻を亡くした歌人の当時、66歳だった川田順(かわだ じゅん、1882~1966年)が弟子の京都大...

続きを読む

議会制度130年 国会で記念式典 天皇皇后両陛下も出席(2020年11月29日配信『NHKニュース』)

日本で議会制度が始まって、29日で130年になるのを記念して、天皇皇后両陛下も出席されて、国会で式典が行われました。日本の議会は、第1回帝国議会の開院式が明治23年に行われてから、29日で130年になります。これを記念する式典が参議院本会議場で行われ、天皇皇后両陛下と、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまも出席されました。29日は国会議員の出席者を大幅に絞るなど新型コロナウイルス対策もとられました。 式典で天皇陛下が、...

続きを読む

勤労感謝の日 11月23日

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日糊口の為のみにあらず(2020年11月23日配信『北海道新聞』-「卓上四季」)文学は糊口(ここう)の為になすべき物ならず。おもいの馳(は)するまま、こころの趣くままにこそ筆は取らめ。生活のため筆を執ることが文学とは言えない。樋口一葉が悩み抜いた末の結論である▼父則義が事業に失敗して死んだのは一葉が17歳の時。本郷の借家に移り住み、内職で生計...

続きを読む

「いい夫婦の日」に夫婦岩で相手への思い叫ぶ 三重(2020年11月22日配信『NHKニュース』)

11月22日は「いい夫婦の日」です。三重県伊勢市の観光名所「夫婦岩」では、夫婦などが相手への思いを叫ぶイベントが開かれました。伊勢市二見町にある夫婦岩は、2つの岩が大しめ縄で結ばれ、縁結びや夫婦円満を願う観光名所として知られています。「いい夫婦の日」にちなんで、地元のまちおこしグループが開いたイベントでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、参加者の募集が減らされ、ことしは夫婦など9組が参加しました...

続きを読む

コロナ禍で2割の夫婦関係が改善…“今してはいけないこと”を「いい夫婦の日」に考える(2020年11月22日配信『FNNプライムオンライン』)

今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、生活スタイルも大きく変わった。11月特集「夫婦のカタチ」では、そうした変化が夫婦関係に与える影響も探っているが、家庭にはどんな傾向が見られるのだろう。こうした中、気になる調査結果が11月22日の「いい夫婦の日」を前に公開された。緊急事態宣言中などには“コロナ離婚”という言葉も話題となったが、実は意外にもコロナ禍で夫婦仲がよくなった人が増えているというのだ。コロナ禍...

続きを読む

いい夫婦の日 11月22日

   2020年度 第15回いい夫婦 川柳コンテスト➡ここをクリック「いい夫婦の日」佐賀で暮らす夫婦5組の日常、パネルで紹介 唐津の浜辺で企画展(2020年11月22日配信『毎日新聞』)波戸岬海水浴場そばの広場に設置されたパネル=佐賀県提供 11月22日は「いい夫婦の日」。新型コロナウイルスの感染拡大で、バルーンフェスタや唐津くんちなどイベントが次々と中止になる中、佐賀の魅力を考える機会にしてもらおうと、...

続きを読む

国際男性デー 11月19日

「国際男性デー」は、男性の鏡となる人物を称え、ジェンダーに対する偏見に対抗し、とくに男性に影響する男女平等についての取り組みを訴える日。1999年からカリブ海の小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島とトバゴ島の2島と属領からなる共和制国家のトリニダード・トバゴにて始まり、その記念日の設立とそれに関するイベントは、オーストラリア、カリブ海、北アメリカ、アジア、ヨーロッパおよびアフリカで様々な個人お...

続きを読む

介護の日 11月11日

「介護の日」について厚生労働省においては、“介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日”として、「11月11日」を「介護の日」と決めました。「11月11日」を「介護の日」とする理由・2008年7...

続きを読む

立冬 11月7日

冬の始まりに(2020年11月7日配信『北海道新聞』-「卓上四季」) 詩人萩原朔太郎は冬を「蕭条(しょうじょう)とした自然の中におののいてゐる、人間の果敢ない孤独さを思はせる」と書いた。はるか遠い昔を想像し「鈍暗とした空の下で、自然は氷にとざされて居た。死と。眠りと。永遠の沈黙と」と、その荒涼さを描写した(「冬の情緒」筑摩書房)▼冬というとどんよりした空や雪に覆われた厳しい世界をイメージしがちだ。...

続きを読む

(論)読書週間に関する論説(2020年10月28・29・31日)

2020読書週間ポスター大 賞(賞金10万円)  なかいかおりさん(東京都)【作者のことば】思うように旅ができない世の中になってしまいましたー本は、未知なる場所へ連れて行ってくれる、いちばん身近な移動手段かもしれません。今年もいつもと変わらず、素敵な本との出会いがありますように。読書週間 ひもとけば心の免疫にも(2020年10月31日配信『産経新聞』-「主張」) 人が生きていくのに読書はやはり必要だ。コ...

続きを読む

手話言語の国際デー 9月23日

 2017年12月19日、国連総会において、9月23日が「手話言語の国際デー(International Day of Sign Languages)」とすることが決議された。 これは、世界ろう連盟が、カリブ海に浮かぶ国家アンティグア・バーブーダをはじめとした国連加盟国に働きかけた結果、半数を超える98カ国が共同提案者となって無投票で承認されたもので、決議文では、「手話言語の国際デー」を通して、手話言語が音声言語と対等であることを認めるとともに...

続きを読む

秋彼岸 9月22日

秋彼岸(2020年9月22日配信『中国新聞』-「天風録」) 墓参りに向かう途中、花を買おうと近所のスーパーに寄ると、おはぎがたくさん並んでいる。お彼岸と言えば、やはり欠かせない一品。先祖の後にいただこうと、おいしそうなのを選ぶ▲先祖や自然への感謝を込めて供え、食べられたようだ。小豆の赤っぽい色が悪いものを追い払う―として食べたともいわれる。祖母の家で手作りした遠い日が懐かしいが、今ではすっかり店で買...

続きを読む

秋の彼岸の入り 2020年9月19日

 彼岸(ひがん)とは、日本の雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた各7日間である。 2020年(令和2年)秋のお彼岸(秋彼岸)の時期は以下の通り。彼岸入り・・・・・9月19日(土)中日(秋分の日) ・・9月22日(火)彼岸明け ・・・・・9月25日(金) 秋の彼岸の頃に咲く花といえば「彼岸花」。別名は「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」。 サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味で、おめでたい事が起こる兆しに赤い花...

続きを読む

処暑(しょしょ)  8月23日

 1太陽年を日数あるいは太陽の黄道上の視位置によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付した「二十四節気の」一つ。 立秋ののち15日で、8月22、23日ごろにあたる。する意で、太陽の黄経が150度の時、現行の太陽暦の8月23日の頃。 暑さがやむ(暑気止息=しょきしそく)の意で、朝夕しだいに冷気が加わってくる。このころは日本は台風来襲の一つの特異日にあたっており、暴風や大雨にみまわれることが少なくない...

続きを読む

立秋 おくらの日 8月7日

 二十四節気のひとつで、この日から立冬の前日までが秋。とはいえまだまだ暑い盛りで、「暦の上では秋ですが・・・」というおなじみのフレーズが聞かれる。 暦の上ではこの日が暑さの頂点となり、翌日からの暑さを「残暑」と言う。時候の挨拶も残暑のことばが使われ、立秋を過ぎたら「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変わる。 岩手県盛岡市八幡町で青果業を営む「やおやささき」が、8月7日にオクラを食べると短冊に書いた願い...

続きを読む

タクシーの日 8月5日

 タクシーが我が国に誕生したのは、1912(大正元)8月5日。現在の東京・有楽町マリオン(千代田区有楽町2-5)に設立された「タクシー自働車株式会社」が、タクシーメーターを装備したT型フォード6台で営業を開始した。T型フォード 株主には福澤諭吉の婿養子で日本の電力王といわれた福沢桃介などの大物財界人や、政友会の代議士などが顔を揃えたという。 料金は最初の1哩(約1.6km)が60銭で半哩増すごとに10銭。当時としてはかな...

続きを読む

箸の日 8月4日 

「箸を正しく使おう」という民俗学者の提唱で、割箸(わりばし)組合が1975年に制定。「は(8)し(4)」(箸)の語呂合せ。大山咋神(おおやまくいのかみ)をご祭神とする東京・千代田区の日枝神社(ひえじんじゃ)では、神前に長さ1mの大きな箸を供え、古い箸を焼いて供養する箸供養祭が行われる。人が食べるために必要な「はし」に対し、日ごろの感謝、延命長寿と無病息災を祈願し、はし供養を行う祭り。箸のマナー(2020年8月4...

続きを読む

「おやつの日」 8月2日

  公式サイト➡ここをクリックおやつの日(2020年8月2日配信『中国新聞』-「天風録」) 学校から帰ると柱時計の前に座り、3時を打つのを待つ。戸棚に用意された2、3種のおやつを楽しみに―。作家向田邦子さんの回想である。動物ビスケット、カステラ、板チョコ、かりんとう…。戦前の中流家庭というが豪華な品ぞろえ▲柱時計の鳴る時刻におやつの語源がある。1日2食だった江戸時代、午後2時から3時ごろにあたる「八(...

続きを読む

水の日 8月1日

「水の日」及び「水の週間」について(国土交通省)  水資源の有限性、水の貴重さ及び水資源開発の重要性について国民の関心を高め、理解を深めるため、毎年8月1日を「水の日」、この日を初日とする1週間(8月1日~7日)を「水の週間」として、ポスターによる啓発や講演会の開催などの行事を地方公共団体その他関係団体の緊密な協力を得ながら、全国的に実施してまいりました。 平成26年に施行された水循環基本法において、...

続きを読む

かき氷の日 7月25日

日本かき氷協会が制定。七(な)2(ツー)五(ご)でかき氷のかつての名前「なつごおり」(夏氷)の語呂合せと、この日に日本の最高気温が記録されたことから。公式サイト➡ここをクリックかき氷の日(2020年7月25日配信『宮崎日日新聞』-「くろしお」)  明けそうでなかなか明けない梅雨。最後のひと暴れとばかりに、またも一昨日から西日本に大雨をもたらしている。一方、晴れたら晴れたで猛暑に。21日には宮崎市で、全国で最...

続きを読む

土用丑(うし)の日 7月21日

 「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉。 「土用の丑の日」とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しており、「季節の変わり目」を意味する。 土用は毎年異なるため、土用の丑の日も毎年変わり、立夏・立秋・立冬・立春にそれぞれに土用がある。 なお、土用の丑の日と土曜日とは関係ない。 2020年の土用の丑の日は、1月23日、4月16日、4月28日、7月21日、8月2日、10月25日、11月6日。 2...

続きを読む

検疫記念日 7月14日

 「野口英世よこはま顕彰会」は細菌学者、野口英世が検疫所にいたころの施設の保存などに取り組むNPO法人である。田中常義(つねよし)理事長は言う。「検疫官は社会が健康を保つための目立たぬ防波堤です。若き野口もその一人でした」▲1899(明治32)年、横浜海港検疫所(現横浜検疫所)に採用されたばかりの野口は、入港した船員からペスト菌を見つける。当時22歳。この出来事が彼の名を高め、日本の検疫水準を世界...

続きを読む

鷗外忌 7月9日

 軍医・小説家・評論家。1862‐1922(文久2‐大正11)。石見国津和野(現・島根県)生れ。名は林太郎、別号に鴎外漁史・千朶山房主人・観潮楼主人等。1881年に最年少で東大医学部を卒業。陸軍軍医としてドイツに留学、衛生学等を学ぶ傍ら文学・美術に親しむ。 帰国後は公務の一方で評論・翻訳に力を注ぎ、また小説家としても活躍した。代表作に『舞姫』『山椒大夫』『高瀬舟』等がある。陸軍軍医総監・帝室博物館総長・帝国美術院院長...

続きを読む

七夕 川の日 7月7日

毎年、7月7日は七夕。七夕(たなばた)は、織姫と彦星が1年に1度だけ、天の川で会える日。※仙台や北海道など、8月7日に七夕を行うところもあるという。七夕に関する言い伝え(一説)昔あるところに、神様の娘の織姫と、若者の彦星がいました。織姫は機織りの仕事をしていて働き者。彦星は牛の世話をしているしっかり者でした。やがて2人は結婚しました。すると、今まで働き者だった2人は急に遊んで暮らすようになり、全く働かなく...

続きを読む

梅雨入り(2020年6月12日配信『京都新聞「凡語」)

 江戸時代の本草学者で儒学者の貝原益軒が「養生訓」に書いている。人は風や寒暑を恐れるが、湿気には無頓着だ。でも湿気に当たると奥深く身体に入り込んで容易に治らない。だから湿気から早く遠ざかるがよい、と▼確かにじめじめと蒸し暑い梅雨時は、頭痛やだるさ、食欲不振、むくみ、うつなど心身の不調が起きやすい。汗をかいても乾きにくく、熱が逃げにくくなるので熱中症のリスクも高まる。健康管理が大切な時季だ▼日本予防医...

続きを読む

日本全国一斉にシークレット花火

 今夜(6月1日)の夜8時から、「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up 花火プロジェクト」の企画で日本全国一斉にシークレット花火が打ち上がる。 新型コロナウイルス感染拡大により、各地で中止や延期が相次ぐ花火大会。苦境にあえぐ業者も出る中、「大曲の花火」で知られる秋田県大仙市の団体が、事前告知をせずに全国各地で同じ時間に花火を上げる。 業者を支援するだけでなく、コロナ禍で疲弊する人々が笑顔を取り戻す願いも込...

続きを読む

ベートーベンの「第九」がアジアで初めて演奏された日 6月1日

 第1次世界大戦中の1918年6月1日は、徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で、ドイツ兵の捕虜たちよって、ベートーベンの「第九」の全曲演奏会がアジアで初めて行われた。 同市では、この歴史を後世に伝えようと、地元NPO法人が毎年6月の第1日曜日に演奏会を開催。今年は同収容所の閉鎖から100年の節目だが、7日に予定していた第39回ベートーヴェン「第九」交響曲演奏会は新型コロナで来年3月14日に延期された。板東俘虜収容所での第...

続きを読む

世界禁煙デー

世界禁煙デー(2020年5月31日配信『佐賀新聞』-「有明抄」) 20年ほど前、ある町の教育長と禁煙の話になった。筆者は当時、1日1箱のヘビースモーカー。元中学校の教師だったその教育長も、若い頃は1日2箱吸っていたという◆禁煙できた理由を尋ねると、休み時間にたばこを吸った生徒を叱っていたら、「先生はたばこを吸うから、先生の授業前ならばれないと思った」との言葉が返ってきた。「これはいけないと思ってね...

続きを読む

48年目の復帰の日 5月15日

 沖縄は15日、日本敗戦後の米国施政権下から本土に復帰して48年を迎えた。県内には今も在日米軍専用施設の約70%が集中する。米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事も進む中、玉城デニー知事はコメントを発表し「過重負担などの解決に全身全霊を注ぐ」と表明した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、本土復帰の日に合わせて毎年行われる「平和行進」などの恒例行事は中止になった。参加を予定していた沖縄平...

続きを読む

「看護の日」 ナイチンゲール生誕200年

「看護の日」(2020年5月12日配信『東奥日報』-「天地人」) わら製のベッド、汚物まみれの病室、軍服姿で硬い床に寝かされた患者…。1854年、女性看護師38人を連れクリミア戦争に従軍した英国のナイチンゲールは、野戦病院の惨状に絶句する。 台所や洗濯場を設けて不衛生な環境を一新、栄養価の高い食事を提供して昼夜の別なく救護した。灯火を手に毎夜病棟を見回り「ランプの貴婦人」と呼ばれる。着任直後43%だった患...

続きを読む

母の日 思い新たに(2020年5月10日配信『東京新聞』)

◆「野球ができたことに感謝」 ロッテ・佐々木朗ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手=写真、球団提供=が「母の日」を翌日に控えた9日、感謝の思いを口にした。 小学3年生の時に東日本大震災で父功太さん(当時37歳)と祖父母を亡くし、自身を含めた3兄弟は母陽子さん(46)に女手一つで育てられた。球団広報を通じて「こうやってプロ野球で野球ができているのは母のおかげだと思っている。本当に感謝している」...

続きを読む

愛鳥週間

 愛鳥週間は、1894年(明治27年)アメリカ合衆国ペンシルバニア州 オイルシティー市の教育長バブコック氏が、森林の保護者である小鳥を 守ろうと、「バードデー」を考えたのが始まりです。その後、アメリカ 全土に拡大し、毎年4月10日が「バードデー」となりました。 日本では 1947年(昭和22年)に鳥類保護の推進母体として日本鳥類保護連盟が 結成された際に、国民の愛鳥保護思想を高めるため、毎年4月10日が「バードデー...

続きを読む

こどもの日

異例の「こどもの日」(2020年5月5日配信『東奥日報』-「天地人」) 手洗いは30秒程度かけて水とせっけんで丁寧に。発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。公共交通機関を利用するときは会話は控えめに。食事は対面ではなく横並びで座る。会議も名刺交換もオンラインを活用。 政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の延長を表明したきのう、専門家会議は長丁場に備え感染拡大を予防する「新しい生活...

続きを読む

100年目のメーデー(2020年5月1日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)

声を上げれば道は開かれる きょうは第91回メーデーです。今年は1920年に日本で第1回メーデー集会が開かれてから100年の節目にあたります。新型コロナウイルスの感染拡大で中央メーデー集会は中止となり、中央式典がインターネットを通じ全国に配信される異例の形の開催です。今こそ労働組合の出番 賃金の大幅減で苦しんでいる。解雇・雇い止めにあった。フリーランスで仕事が無くなり生活の見通しがない―。コロナ危機...

続きを読む

パンの記念日 4月12日

パンの記念日(2020年4月12日配信『愛媛新聞』-「地軸」) サクランボやコケモモなど果 実のほか薬草、グラジオラス、バラ水といった想像がつかない ものも。約400年前にドイツで出版された書物に、混ぜる食材などが異なる78種類のパンが載っている(舟田詠子著「パンの文化史」)▲オレンジやアーモンドは「金持ち用」、炒(い)り麦パンは「古い麦についた害虫を焼いた麦でつくる」といった断り書きが付く。古代か...

続きを読む

駅弁(えきべん)の日 4月10日

  駅弁のおいしさ、楽しさをより多くの人に知ってもらうのが目的で、日本鉄道構内営業中央会が1993(平成5)年に制定。 駅弁の需要拡大が見込まれる行楽シーズンの4月と、弁当の当(とう)から4月10日としたもの。 また、弁当の弁の字がアラビア数字の『4』と漢数字の『十』の合成に近いことが日付け決定の理由ともなっている。 なお、駅弁とは、鉄道駅や列車内で販売されている鉄道旅客向け弁当を指すし、1885(明治18)...

続きを読む

「新聞をヨム日」 4月6日

新聞をヨム日(2020年4月6日配信『高知新聞』-「小社会」) 新聞の読者の中には「社説はあまり読まない」という人もいるかもしれない。社説の読者は全国の新聞社で執筆に当たる論説委員の数だけしかいない―。業界内にはそんな自虐的な話も伝わっている。 社説が読者に向かってものを言うのではなく、政府や政治家らに批判的な意見を述べることが多いからだろうか。近寄りがたい意見に一般読者は何となく寂しい気持ちにな...

続きを読む

「清明」 4月4日

 きょうは二十四節気の一つ「清明」。万物が清らかで、生気にあふれるころとされる。暦の通り、降り注ぐ陽光や咲き誇る桜がまぶしい▼季節の移ろいを約15日ごとに区切った二十四節気をさらに細かく約5日ずつに分けた七十二候では「玄鳥(げんちょう)至る」のころだ。玄鳥はツバメ。今年もさっそうとした姿で飛び交う様子が見られるようになった。春に南方から渡ってくる理由の一つとされるのが繁殖だ▼子育てするためには、自ら...

続きを読む

自閉症啓発デー 4月2日

自閉症啓発デー(2020年4月2日配信『福島民友』-「編集日記」) 画用紙に書かれたパソコンのキーボードと同じ配列のアルファベットを1文字ずつ指さし、言葉を紡ぐ。「人と話をしようとすると言葉が消えてしまうのです」。会話が困難な重度の自閉症の作家東田直樹さんが、自らの気持ちや考えを伝えるために会得した表現の手法だ ▼東田さんが13歳の時、自身の心の声を分かりやすい言葉で記した「自閉症の僕が跳びはねる理由...

続きを読む

「生きて虜囚の辱めを受けず」(2020年3月26日配信『日本経済新聞』-「春秋」)

 あれは東日本大震災の翌年だったろうか。東京・赤坂のレストランで、日本での永住生活を始めたドナルド・キーンさんを囲むメディア関係者の集いがあった。戦時中、海軍の情報将校としてハワイの日本人捕虜収容所に勤務していた際の心に響くエピソードを聞いた。▼戦争末期。捕虜のなかに、マリアナ諸島に派遣された同盟通信の従軍記者がいた。「サイパン特派員の見た玉砕の島」という戦記を残した高橋義樹さんだ。彼はベートーベ...

続きを読む

国連「世界水の日」

水を掬(すく)いたい、人を救いたい(2020年3月22日配信『東京新聞』-「筆洗」) 「水を持ってきてくれる人はそのいれものをこわす人でもある」。アフリカのガーナのことわざだそうだ▼水を手に入れるのが容易ではない地域である。井戸や川まで長い距離を歩いて水をくみにいく。重労働である。それを厭(いと)わず何度もくみにいく勤勉な人はその機会が多い分、容(い)れ物を壊しやすいのだろう。ことわざは努力する人...

続きを読む

3.1ビキニデー  3.1独立運動(韓国)

ビキニの海(2020年3月1日配信『北海道新聞』-「卓上四季」) 66年前のきょう、マグロ漁船第十三光栄丸は南太平洋のマーシャル諸島東方沖で操業していた。「甲板での作業中に水平線の向こうでピカッと光ったように思う」「シャワーは全部海水で、食事のおかずは釣ったばかりの魚だった。放射能に汚染されていたとは皆知らなかった」。乗船していた谷脇寿和さんの証言だ▼米国は1954年3~5月に、同諸島ビキニ環礁な...

続きを読む

うるう日(2020年2月29日配信『北海道新聞』-「卓上四季」)

「兵に告ぐ。勅命が発せられたのである」。早朝、反乱兵たちに原隊帰還を呼びかけるラジオ放送が流れ、二・二六事件が鎮圧されたのは、1936年(昭和11年)2月29日のことだ▼4年に1度しか巡ってこない「うるう日」だが、案外、歴史的な出来事が起きてきた。国の重要文化財である日銀本店が完成したのも二・二六事件から40年さかのぼった1896年(明治29年)のこの日だった▼設計したのは、東京駅赤れんが駅舎など数...

続きを読む

84年目の二・二六事件

 二・二六事件(2020年2月1日配信『日本経済新聞』ー「春秋」) 84年前のこの日の早朝、2人の「和子さん」が軍人の放つ銃弾のなか、命の危険に身をさらしていた。1人は吉田。戦後に首相となった茂の三女である。当時20歳。祖父で伯爵の牧野伸顕と神奈川県の湯河原にいて、祖父を逃す際、顔を何発も弾がかすめたと証言した。▼もう1人は渡辺。陸軍教育総監の次女だ。東京・荻窪の私邸で、父親が撃たれ切りつけられて絶命する...

続きを読む

雨水(うすい) 2月19日

 雨水(うすい)は、二十四節気の第2。 現在広まっている定気法(ていきほう)では太陽黄経が330度のときで、立春から数えて15日目ごろの2月19日ころから啓蟄(けいちつ)の3月4日から5日ころまで。 空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきた。また、春一番が吹くのもこのころ。 しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降っ...

続きを読む

建国記念の日 2月11日

建国をしのび、国を愛する心を養う日「建国記念の日」(2020年2月11日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)神話復活は史実と憲法に背く きょう2月11日は「建国記念の日」です。祝日法第2条で「建国をしのび、国を愛する心を養う」日とされています。戦前の「紀元節」を復活させたものです。 「紀元節」は、明治政府が1873年、天皇の支配を権威づけるために、天照大神(あまてらすおおみかみ)の子孫とされる架空の人...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ