FC2ブログ

記事一覧

「激辛カレー」強要容疑など 神戸・東須磨小の加害教諭4人を起訴猶予 懲戒処分など理由に(2020年3月27日配信『毎日新聞』)

神戸市立東須磨小学校での教員いじめ問題で、懲戒処分について説明する長田淳・市教育長(右から2人目)ら=神戸市役所で2020年2月28日午後5時34分 神戸市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚からいじめや暴力を受けた問題で、神戸地検は27日、兵庫県警に強要や暴行の容疑で書類送検された4人について、不起訴処分(起訴猶予)にした。地検は、4人が市教委による懲戒処分など社会的制裁を受けている点や、被害教諭の処罰感情も踏ま...

続きを読む

職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」(2020年3月21日配信『毎日新聞』)

問題発覚直後の記者会見で質問に答える神戸市立東須磨小の仁王美貴校長=神戸市中央区で2019年10月9日午後5時40分 2018年夏、神戸市立東須磨小学校に保護者から一本の電話があった。「先生たちの間でいじめが起きているのではないでしょうか」。女性教諭E(40)が児童の前で男性教員Y(20代)を厳しく叱責したと知り、不安視していた。 1年以上たった19年10月、東須磨小では教員同士で激辛カレーを無理やり食べさせるなど過激な...

続きを読む

いじめ加害教諭4人を書類送検、起訴求めない「寛大処分」意見付く 兵庫県警(2020年3月11日配信『産経WEST』)

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、兵庫県警は11日、強要と暴行の疑いで、加害側の4人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。4人はすでに神戸市教委から懲戒処分を受け、いじめへの関与が強いとされた男性2人は懲戒免職となっている。 捜査関係者によると、書類送検されたのは、蔀(しとみ)俊元教諭(34)=懲戒免職▽柴田祐介元教諭(34)=同▽女性教諭(45)▽男性教諭(37)。4...

続きを読む

神戸教員間いじめ 対岸の火事で済ませるな(2020年3月2日配信『徳島新聞』-「社説」)

 「闇がある、と思った」。第三者の調査委員会が調査結果とともに示した所見は、教育界全体に向けられた警句と言えるのではないか。 神戸市立東須磨小学校で起きた教員間のいじめ問題で、市教委が設置した弁護士らの外部調査委員会が報告書を公表した。 報告書が認定した暴力や暴言などの悪質な行為は125件に及び、日常的に繰り返されていたという。信じがたい頻度だ。 30~40代の教諭4人が同僚の男性教諭(25)に行っていたのは...

続きを読む

加害教員の処分/構造的な問題に向き合え(2020年3月1日配信『神戸新聞』-「社説」)

 神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で、加害教員らに処分が下された。 男女4人の加害教員のうち、悪質なパワハラやセクハラが数多く認定された男性2人は懲戒免職、そのほかは女性が停職3カ月、男性が減給10分の1(3カ月)となった。 管理職への厳しい処分も当然である。 威圧的な言動で部下へのパワハラが認められた前校長は停職3カ月、被害者から相談を受けながら解決できなかった現校長は減給10分の1(...

続きを読む

神戸の教員暴力報告書 許す温床、社会にないか(2020年3月1日配信『中国新聞』-「社説」)

 神戸市立小学校の教員4人が同僚にパワハラやセクハラを繰り返していた問題で、弁護士による調査委員会が報告書を公表した。激辛カレーを食べさせるといった計125項目にも上る暴行や暴言など嫌がらせ行為があったと認定した。 これが教育現場かと、目を疑わせる実態に改めて言葉を失う。加害教員の意識や行為は子どもの「いじめ」と同一構造だと、報告書は断じてもいる。 市教委は関係者を処分し、学校巡回を増やすなどして...

続きを読む

神戸・東須磨小 別の教員同士のいじめでも処分 ハラスメントが同時多発(2020年2月29日配信『毎日新聞』)

 神戸市立東須磨小学校で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、市教委は28日、懲戒免職や停職、減給にした4教諭のほかに、別の男性教員に嫌がらせをしていた40代の女性教諭を文書訓戒とした。弁護士3人による調査委員会がまとめた最終報告書に沿った処分だが、校内で教員間の人間関係が壊れ、ハラスメントが同時多発していた職場環境が浮かび上がった。 報告書や市教委によると、この女性教諭は2018...

続きを読む

蚕のさなぎ食べさせる 神戸市立学校で新たな教員間いじめ 教室で丸刈り、頭に七味も(2020年2月28日配信『毎日新聞』)

 神戸市教委は28日、市立東須磨小学校とは別の学校で、複数の先輩教員が後輩教員に対し、蚕のさなぎを食べさせるなどの集団ハラスメントがあったと発表した。40代男性教諭を減給10分の1(3カ月)、30代男性臨時講師を戒告の懲戒処分とした。市教委は「(後輩に)被害感情がなく、公表を望んでいない」として、校名や校種を明かさなかった。 市教委によると2016~18年度、加害側の2教員が後輩の男性教員に、蚕のさなぎを食べさせ...

続きを読む

教員間いじめ 神戸の教訓生かさねば(2020年2月27日配信『京都新聞』-「社説」)

 神戸市立東須磨小の30~40代の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、弁護士らの調査委員会は125項目の暴行や暴言などの嫌がらせ行為があったと認定し、報告書を公表した。 加害教諭らのハラスメントは、休職に追い込まれた25歳男性教諭を中心に20代の同僚4人に及び、前校長の強圧的な言動もハラスメントと認定した。 その内容は、「くず」「死ね」などの暴言を浴びせる、金づちでわざと指を打つ、職員室や廊下でビ...

続きを読む

神戸教員いじめ報告書 信頼の回復へ再発防止に全力を(2020年2月26日配信『愛媛新聞』-「社説」)

 子どもたちにいじめをしないよう指導し、いじめを防ぐべき教育現場で、教員間に人権を軽視する暴力や暴言が横行していた事実が改めて示された。あってはならない事態だ。 神戸市立東須磨小学校の教員が同僚をいじめていた問題で、弁護士による調査委員会が報告書を公表した。30~40代の教員4人が、欠勤に追い込まれた男性教員ら20代の4人に対し、激辛カレーを食べさせるなど計125項目の嫌がらせ行為をしたと認定して...

続きを読む

江戸城のいじめ(2020年2月25日配信『宮崎日日新聞』-「くろしお」)

 江戸城警備などを担当する書院番の伝統的いじめとして知られているものがある。紋付きの紋を墨で塗りつぶす。弓の射場で手元が狂ったふりをして鼻先に矢をかすめさせる。刀のさやに火箸で穴を開ける。 いじめられた新参者が引き起こした刃傷沙汰があった。被害者は33歳の旗本松平外記(げき)。古参の連中が外記の弁当を盗んで食べ、馬ふんを詰めた。外記は抗議したがしらを切られ、横を向いて笑われ、さらに愚弄(ぐろう)さ...

続きを読む

神戸教員いじめ報告書 再発防止の手立て全国で(2020年2月23日配信『毎日新聞』-「社説」)

 子どもの教育に責任を持ち、本来いじめを防ぐべき学校で、いじめや暴力など125件に及ぶハラスメント行為が教員間で日常的に繰り返されていた。その事実に慄然(りつぜん)とする。 神戸市立東須磨小学校で起きた教員間のいじめ問題の解明にあたった外部調査委員会が、事実関係や原因をまとめた報告書を発表した。 年上の加害教員4人によるハラスメントは、被害者である25歳の男性教員に「激辛カレー」を強引に食べさせて...

続きを読む

神戸教員いじめ、少なくとも男性教諭1人を懲戒免職へ 校長らも処分へ 市教委(2020年2月22日配信『毎日新聞』)

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けた問題で、市教委が少なくとも30代の男性教諭1人を懲戒免職処分にする方向で検討していることが22日、明らかになった。他の3人と前校長、現校長についても懲戒処分を検討する。いずれの処分も2月中に決定する。 市教委が設置した調査委員会の最終報告書は21日、教諭4人の計123件のハラスメント行為を認定した。懲戒免職が検討されている男性...

続きを読む

教員間暴力/教育現場は真摯に反省を(2020年2月22日配信『神戸新聞』-「社説」)

 神戸市立東須磨小学校で起きた教員間の暴行・暴言問題できのう、調査結果が公表された。市教育委員会が設けた弁護士らの外部調査委員会が、聞き取りを重ねてきた。 浮かび上がったのは、幼稚で卑劣なハラスメントが執拗(しつよう)に繰り返され、それを改善するどころか助長させた職員室の異様な雰囲気である。これが教育現場なのかと、改めて強い憤りを感じる。 30~40代の男女4人の教員による加害行為は、休職に追い込...

続きを読む

神戸教諭いじめ 調査委「筆舌に尽くしがたい」 前校長関与も125件を認定(2020年2月21日配信『産経新聞』)

教諭いじめ問題をめぐり開催された調査委員会=21日、神戸市中央区 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、弁護士3人による調査委員会は21日、市教育委員会に調査報告書を提出し、概要を公表した。主に被害に遭った男性教諭(25)や同僚らに対する計125項目の暴行・暴言などをハラスメント行為と認定、前校長による暴言2件もこれに含めた。市教委はこれを受け、月内にも関係者を懲戒処分する方針。 ...

続きを読む

加害教員4人を2月中に懲戒処分へ 神戸・東須磨小 教員間暴力問題(2020年2月19日配信『朝日新聞』)

神戸市教育委員会=神戸市中央区東川崎町1 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は19日、2月中にも加害教員4人を懲戒処分にする考えを明らかにした。同日の市議会文教こども委員会で説明した。 弁護士による外部調査委員会は21日に報告書を公表する予定で、調査を通じて認定された加害行為や問題の背景などが盛り込まれる見通し。市教委幹部はこうした日程を踏まえ、「(報告書の公...

続きを読む

本紙に一報「先生がいじめられている」 教員間暴力の衝撃(2020年2月3日配信『神戸新聞』)

神戸市立東須磨小を巡る問題の主な経緯(発覚後) それは、一本の電話から始まった。 2019年10月の午後、神戸新聞報道部。いらだちを抑えられない声だった。 「先生を、別の複数の教師がいじめている。いじめられている先生は学校を休んでいます」 電話の主は、東須磨小学校の保護者、と名乗った。「学校には裏切られた思い」。通話は数分で切れた。 同じ日、数時間後。関係者から記者に連絡があった。 「神戸市立東須...

続きを読む

ハラスメント調査結果を報告 神戸市教育委員会会議/兵庫県(2020年1月14日配信『サンテレビ』)

神戸市教育委員会が開いた会議 神戸市教育委員会は1月14日に会議を開き、教員間のいじめ問題を受けて実施された学校内のハラスメントに関する調査結果などが報告されました。 兵庫県の神戸市立東須磨小学校の教員間のいじめ問題を受け、2019年の10月に全ての教職員を対象に実施された学校内のハラスメント調査では、ほぼ全員のおよそ1万2000人が回答し、その中の1600人ほどが何らかのハラスメントがあったと答えています。 14日...

続きを読む

神戸教諭いじめ 市教委、被害教諭の手紙を提出せず 調査報告越年も(2019年12月17日配信『毎日新聞』)

 神戸市須磨区の市立東須磨小で男性教諭(25)が先輩教諭らからいじめを受けた問題で、市教委は17日、男性教諭が被害の内容を訴えた手紙やメモなど資料10点を調査委員会に提供しないミスがあったと発表した。調査委は年内に報告書を公表する予定だったが、追加調査が必要となり、越年する可能性もある。 市教委は10月に弁護士3人からなる調査委を設置し、調査委が資料や関係者からの聞き取りを基に事実関係の解明を進め...

続きを読む

神戸 教諭いじめ問題で冬のボーナス増額見送り 校長ら300人余(2019年12月4日配信『NHKニュース』)

神戸市の公立小学校での教諭によるいじめ問題を受け、「教育委員会全体の責任だ」として教育委員会の幹部や学校の校長ら300人余りについて、予定されていたこの冬のボーナスの増額は見送られることになりました。神戸市の公立小学校で起きた教諭によるいじめ問題を受け、市は「教育委員会の対応にも問題があり、全体の責任だ」として、教育委員会の幹部職員や学校の校長らの冬のボーナスの増額を見送る給与条例の改正案を市議会に...

続きを読む

40代、20年で半分以下 公立小教諭のいびつな年齢構成 教員間暴力の背景か(2019年11月24日配信『神戸新聞』)

 兵庫県内の公立小学校に勤務する教員の年齢構成が、ここ20年ほどの間に急激な変化を見せている。3年に1度の「学校教員統計調査」によると、1998年には中堅の40代が5割近くを占めていたが、2016年には2割に減少。逆に若手の20代は1割弱から2割に増えた。いびつな年齢構成は神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題でも背景の一つに指摘されており、対策が求められそうだ。 東須磨小の問題で加害行為を主...

続きを読む

人権感覚の欠如(2019年11月1日配信『しんぶん赤旗』-「潮流」)

子どもに人間の尊厳を教えるべき教員の間で、重大な人権侵害・暴力事件が起きたことが多くの人に衝撃を与えました。神戸市の小学校で起きた教員間の「いじめ」。被害にあい休職に追い込まれた教員への手厚い対応と、事件で傷ついた同校の子どもたちへのケアが求められています▼激辛カレーを無理やり食べさせるなどの悪質なパワハラを、なぜ誰も止められなかったのか。当時の校長は容認していた様子さえうかがえます。徹底して事実...

続きを読む

神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ(2019年11月18日配信『毎日新聞』)

 神戸市須磨区の市立東須磨小で男性教諭(25)が先輩教諭4人からいじめを受けた問題で、兵庫県警が加害教諭から任意で事情聴取したことが、関係者への取材で判明した。男性教諭は首を絞められ呼吸困難になるなどしたとして10月に県警に被害届を出しており、県警は動画や写真などの証拠も調べ、暴行などの容疑で立件できるか判断する。 加害側の4人は30~40代の男性3人、女性1人。関係者によると、18日までに少なくとも1人から事...

続きを読む

給与差し止め/乱用防ぐ仕組みは十分か(2019年11月9日配信『神戸新聞』ー「社説」)

 神戸市立東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で、市教育委員会は加害側の教員4人を分限休職処分とし、給与の全額を差し止めた。 これに先立ち、弁護士らでつくる市教委の分限懲戒審査会が開かれ、「処分は不相当」と結論づけた。それを押し切っての決定である。 諮問した市教委は、審査会の意見に拘束力はないと会見で言い切った。久元喜造市長は審査会に対する詳細な反論コメントを出した。いずれも異例の反応といえる。 加...

続きを読む

教員間暴力「加害」1人が審査請求 「休職処分は不服a(2019年11月8日配信『朝日新聞』)

 神戸市立東須磨小学校の教員間暴力・暴言問題で、加害側の1人とされる30代の男性教諭が、市教育委員会による10月31日付の分限休職処分を不服として、市人事委員会に審査請求したことが関係者への取材でわかった。 市は一連の問題を受けて市条例を改正。分限休職処分の要件を拡大し、懲戒処分の決定前でも給与支給を止められるようにした。外部有識者らの審査会は、処分が「起訴のおそれがある」などの要件を満たしていな...

続きを読む

いじめで給与停止 教員組織の体質改革急げ(2019年11月5日配信『産経新聞』-「主張」)

 教諭のおぞましいいじめ行為に、厳正な処分は当然である。組織の体質改革にも真剣に取り組まなければならない。 神戸市立小学校で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、市教育委員会は加害教諭への給与を差し止める分限休職処分とした。 当たり前だろう。4人は10月1日から有給休暇の扱いで休んでいた。市民らから批判の声が出たのはもっともである。懲戒処分にする前に給与を停止できる制度がなかったため、市が改正条例案...

続きを読む

神戸教員間暴力 「強行」処分の危うさ(2019年11月4日配信『朝日新聞』ー「社説」)

 許しがたい行為をした職員は厳正に処分すべきだ。しかし、急ごしらえの規定をあてはめ、有識者審査会の反対を押し切った処分は危うく、公正の原則を揺るがしかねない。 神戸市立東須磨小での教員間の暴力・暴言問題で、市教委は加害側の4人を「分限休職」処分とし、給与の支払いを止めた。4人が問題発覚後、教委の指示で有給休暇をとる形で謹慎していたことに市民らから批判が殺到。久元喜造市長は職員処分に関する条例の改正...

続きを読む

神戸の教員間暴力問題、前校長が異動 市教委が経緯調査(2019年10月30日配信『朝日新聞』)

 神戸市立東須磨小学校での教員間暴力・暴言問題で、市教育委員会は30日、被害教員側への対応が不適切だったとの指摘を受けていた芝本力・前校長について、11月1日付で現在校長を務めている別の市立小から市教委総務部に異動させる人事を発表した。 前校長は2016年度に教頭として東須磨小に着任。18年度に校長となり、今春異動した。教頭時代に被害教員に飲み会参加を強要し、校長時代の18年末にも被害教員が加害教...

続きを読む

給与差し止め条例改正案が可決、成立 神戸・教員間暴行問題(2019年10月29日配信『神戸新聞』)

害教員の給与差し止めを可能にする条例改正案を賛成多数で可決する神戸市会=29日午前、神戸市中央区 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題を受け、職員を「分限休職処分」にした上で給与を差し止められる条例改正案が29日、市会本会議で起立多数で可決、成立した。市は30日にも改正条例を公布、施行する方針。施行を受け、市教育委員会が加害教員4人の分限休職処分の手続きを進める。 条例改正では...

続きを読む

加害教諭の有給に批判、給与差し止め改正条例成立(2019年10月29日配信『共同通信』)

 神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題に関連し、起訴の恐れがある職員の給与を差し止める改正条例が29日の市議会で賛成多数で可決、成立した。加害教諭が有給休暇扱いになっていることに批判があり、市が提案していた。 これまで職員の処分に関する条例では、休職させられるのは起訴された場合や病気の場合などに限られていた。改正条例では「重大な非違行為があり、起訴される恐れ」がある職員も休職とし、給与...

続きを読む

神戸教諭いじめ 給与不払い条例案が市議会委通過 29日本会議成立へ(2019年10月29日配信『毎日新聞』)

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分 神戸市須磨区の市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚の教諭4人からいじめや暴行を受けた問題で、神戸市の久元喜造市長は28日、加害教諭4人への給与支給を差し止めるための条例改正案を市議会に提案した。付託を受けた市議会総務財政委員会は賛成多数で承認したが「条例の恣意(しい)的な運用を防ぐ手続きが必要...

続きを読む

緊急報告 東須磨小教員暴行(上・下)(2019年10月25・26日配信『神戸新聞』)

【上】職場環境(2019年10月28日配信『神戸新聞』) 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題は、発覚から3週間。取材で新たに浮かび上がったのは、被害に遭った男性教員(25)への嫌がらせが赴任1年目には始まっていたことだった。加害教員4人の行為はエスカレートする一方だったが、当時の校長が深刻に受け止めた様子はかけらもない。それどころか、「いじめられてないよな」と決めつけるような...

続きを読む

緊急報告 東須磨小教員暴行【上】職場環境(2019年10月25日配信『神戸新聞』)

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題は、発覚から3週間。取材で新たに浮かび上がったのは、被害に遭った男性教員(25)への嫌がらせが赴任1年目には始まっていたことだった。加害教員4人の行為はエスカレートする一方だったが、当時の校長が深刻に受け止めた様子はかけらもない。それどころか、「いじめられてないよな」と決めつけるような発言すらあったという。ハラスメントが許され、SOSは封じ...

続きを読む

保護者「加害者教壇去って」元教師「教員志願者が失望」 神戸・教員暴行で本紙に投稿(2019年10月24日配信『神戸新聞』)

教員間の暴行・暴言問題で説明会に集まった保護者ら=16日夜、神戸市須磨区堀池町1、市立東須磨小学校 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題を巡り、神戸新聞社が双方向型報道「スクープラボ」で意見を募ったところ、保護者や教員、読者などさまざまな立場から約160件の投稿が寄せられた。加害教員4人への厳しい非難や、歴代校長や市教育委員会の責任を問う声の一方、精神的に不安定になり療養を余儀...

続きを読む

加害教員の給与差し止めへ 神戸市、条例整備を検討(2019年10月24日配信『神戸新聞』)

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、神戸市が有給休暇の扱いとなっている加害教員4人の給与の支払いを差し止めるため、条例の整備を検討していることが23日、関係者への取材で分かった。条例案がまとまれば、開会中の市会定例会に提案したい考え。 同市教育委員会は4人の暴行や暴言の事実を確認した上で、今月1日以降、有給休暇の扱いで休ませている。有給休暇は年20日与えられ、翌年まで繰り...

続きを読む

教員間のいじめ 放置した学校の責任重い(2019年10月21日配信『徳島新聞』ー「社説」)

5:00  教師の資格をうんぬんする前に、人間として許されない。 神戸市の市立小学校で30~40代の男女4人の教諭が、20代の男性教諭にいじめを繰り返していた問題である。 熱湯の入ったやかんを顔に押し付ける。首を絞めて呼吸困難にさせたり、焼き肉のたれやドレッシングを大量に飲ませたりもしていた。羽交い締めにして激辛カレーを食べさせる様子は動画に残っている。いじめは50種類を超え、別の同僚数人にも暴言やセクハラを...

続きを読む

神戸・教員のいじめ]教育者と呼べぬ所業だ(2019年10月21日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 子どもを教育する教諭としてあるまじき行為だ。憤りを禁じ得ない。 神戸市の市立小学校で男性教諭(25)が昨年から同僚の教諭4人に激辛カレーを食べさせられたり、尻をたたかれみみず腫れができるなどのいじめを受けていた。無料通信アプリLINE(ライン)で女性教員に性的メッセージを送るよう強要されてもいた。教諭は精神的に不安定になり、9月から欠勤している。 今月16日に開いた保護者説明会で加害教諭らは「い...

続きを読む

教諭いじめに影響は…独自の人事異動「神戸方式」(2019年10月20日配信『読売新聞』)

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人によるいじめ問題で、市教育委員会の設置した外部調査委員会が実態解明に乗り出した。兵庫県警に被害届を出した男性教諭(25)への陰湿ないじめ行為が次々と明らかになったほか、一部の児童が不登校となるなど、現場では深刻な影響が広がっている。 ■50項目訴え 「信じがたいことが、なぜ学校で起きていたのか。なるべく広範囲に背景や組織風土も含めて調べたい」 18日に開かれた調査委...

続きを読む

教員のいじめ 本分忘れた許し難い暴走(2019年10月20日配信『新潟日報』ー「社説」)

 子どもの教育という自らの職責を忘れた、信じられない暴走である。あまりの荒廃ぶりにあぜんとする。 これでは、子どもも保護者も学校に不信と不安を抱く。再発を防ぐためにも、なぜ問題が起きたのか、歯止めを掛けられなかったのかを徹底的に解明しなければならない。 神戸市立小学校の教諭4人が同僚に対して、度重なるいじめ行為をしていた。加害者は30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人である。 集中的に被害に遭...

続きを読む

教員の「いじめ」 特異な事案で済ますな(2019年10月18日配信『京都新聞』ー「社説」)

 子どもたちに、何と説明すればいいのか。 神戸市立東須磨小の教諭4人が若い後輩教諭をいじめていた問題である。羽交い締めにして激辛カレーを食べさせるなど、いじめの度を越している。暴行と言っていい。 教室では児童たちに「いじめはダメ」と教える立場なのに、これでは逆だ。 被害届を受けて警察が暴行容疑で捜査する見通しで、刑事事件に発展しそうだ。一方、市は第三者の調査チームを発足させた。経緯や動機の解明にと...

続きを読む

「予断を排して原因解明努める」 神戸教諭いじめで調査委初会合(2019年10月18日配信『産経新聞』)

教員いじめ問題神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題で市教委が設置した調査委員会の初会合=18日午前、神戸市 神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、市教育委員会が設置した弁護士3人による調査委員会の初会合が18日、三宮研修センター(同市中央区)で開かれた。第三者委は市教委から市長部局に権限が委任され、年内にも調査結果をまとめる。 会合の冒頭、長田淳教育長は「このような不祥事が二度と発生し...

続きを読む

自分は最低な人間・被害者をかわいがってきただけにつらい…加害4教諭が謝罪コメント(2019年10月18日配信『読売新聞』)

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人が後輩の男性教諭(25)にいじめや暴行を繰り返していた問題で、16日夜、同校で保護者向けの説明会が開かれた。仁王美貴校長らがいじめの具体的な内容や、今後の学校の対応などについて説明し、加害教諭4人の謝罪コメントも読み上げられた。 説明会は非公開。保護者ら約400人が出席し、午後7時から2時間40分にわたって行われた。関係者によると、保護者からは「説明が不十分だ」「加...

続きを読む

教諭いじめ問題 保護者から批判相次ぐ 神戸(2019年10月17日配信『NHKニュース』)

 神戸市の公立小学校で複数の教諭が同僚にいじめを繰り返していた問題で、16日夜、保護者への説明会が開かれました。「なぜもっと早くいじめをやめさせられなかったのか」などと、学校や教育委員会の対応を批判する声が相次ぎました。 4人の教諭が同僚の男性教諭らに悪質ないじめを繰り返していた神戸市の市立東須磨小学校では、16日夜、保護者への説明会が開かれ、およそ400人が出席しました。 この中では、校長や市教育委員...

続きを読む

教諭いじめ問題 保護者から批判相次ぐ 神戸(2019年10月17日配信『NHKニュース』)

神戸市の公立小学校で複数の教諭が同僚にいじめを繰り返していた問題で、16日夜、保護者への説明会が開かれました。「なぜもっと早くいじめをやめさせられなかったのか」などと、学校や教育委員会の対応を批判する声が相次ぎました。4人の教諭が同僚の男性教諭らに悪質ないじめを繰り返していた神戸市の市立東須磨小学校では、16日夜、保護者への説明会が開かれ、およそ400人が出席しました。この中では、校長や市教育委員会の担...

続きを読む

女性教諭が「カス」「犬」、男性教諭はプロレス技…後輩いじめ新たに20項目(2019年10月17日配信『読売新聞』)

 神戸市立東須磨小学校の教諭4人によるいじめ問題で、市教育委員会が新たに約20項目のいじめ行為を認定したことが市教委への取材でわかった。後輩の男性教諭(25)らに、プロレス技をかけたり、「お前カスやなあ」などと暴言を浴びせたりしていたといい、いずれも市教委の調査に加害教諭が事実と認めたという。市教委は週内にも外部有識者による調査チームを発足させ、実態解明を進める。 市教委のこれまでの調査で、加害教...

続きを読む

神戸教諭いじめ 児童4人がショックで不登校に 保護者説明会で謝罪コメント(2019年10月17日配信『毎日新聞』)

いじめ問題で頭を下げる神戸市立東須磨小の仁王美貴校長(右)ら=神戸市中央区の同市役所で2019年10月9日午後5時1分 神戸市立東須磨小で20代の男性教諭が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、同小の保護者説明会が16日夜に開かれた。仁王(におう)美貴校長らが、問題でショックを受けて休んでいる児童がいることなどを説明。「いけないこと(は何か)を教える立場の私が、加害者の側に立った」などとする4人の謝罪...

続きを読む

学校の前で加害教師に“生電話”?Youtubeで投稿…「単なる悪ノリにしか思えない」(2019年10月16日配信『まいどなニュース』)

学校の校門を背に「加害教員に電話してみた」といって投稿された動画の一場面(Youtubeより・一部を加工しています)  神戸市立小学校で起きた教員間暴力をめぐる報道は、次々に痛ましい加害行為が明らかになり、過熱化の一途をたどっています。こうした中、ネット上では加害者とされる教員の氏名や写真を「特定した」として一方的に拡散させる「ネット私刑」ともいえる行為が拡大。また、学校の校門を背に「加害教員に電話してみ...

続きを読む

教諭いじめ、別の女性教員にも暴行か…「腕つかまれ引きずられた」(2019年10月16日配信『読売新聞』)

 神戸市立東須磨小学校の教諭によるいじめ問題で、兵庫県警に被害届を提出した男性教諭(25)以外にも、20歳代の女性教員が「暴行を受けてけがをした」と市教育委員会に訴えていることがわかった。 女性教員は、昨年の運動会で、男性教諭に腕をつかまれて引きずられ、手首にけがをしたり、着ていたジャージーが破れたりしたという。「体形をからかわれるなどのセクハラ発言も日常的にされていた」とも説明している。 加害教...

続きを読む

神戸の教員間暴力 現場のモラルの再徹底が必要だ(2019年10月16日配信『愛媛新聞』ー「社説」)

 教育者失格の行為だ。神戸市の市立小学校で、20代の男性教諭が先輩教諭4人からさまざまな暴行や暴言を受け、欠勤している問題が明らかになった。 加害者は30~40代の男性教諭3人と女性教諭1人。学校運営の中心的存在で、子どものいじめ防止の取り組みに関わっていたというから、信じがたい。保護者の不信感、子どもの心の傷の大きさは察するに余りある。市教育委員会は速やかに経緯や責任の所在を調査し、再発防止を図...

続きを読む

文科副大臣「厳正処分を」 教諭いじめ、教育長と面談(2019年10月15日配信『共同通信』)

 神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、文部科学省の亀岡偉民副大臣らが15日、市教育委員会を訪れて長田淳教育長と面談し、早期の事実解明と加害者の厳正な処分を求めた。 神戸市教育委員会の長田淳教育長(左手前から3人目)らと面談する文部科学省の亀岡偉民副大臣(右端) 亀岡氏は冒頭で「いじめをなくす指導をすべき教師がこのような事態を起こし信じがたい」と述べた。非公開の協議では、関係者の聴取が...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ