FC2ブログ

記事一覧

災害の日録(2019年10月20日配信『中日新聞』ー「天風録」)

 記事を読み返すたび、切なさに胸が突き上げられる。福島県いわき市で台風19号による洪水の濁流にのまれる間際、86歳の男性がお連れ合いに言葉を掛けたという。「長いこと世話になったな」▲真夜中に、それも自宅で溺れようとは誰だって思うまい。腰痛もあって男性は移動がままならず、逃げ遅れた。手を取り合う夫婦二人。腰から胸、首元へと、見る見る水かさが増す。不意に迫られた永(なが)の別れの情景が、こちらのまな裏...

続きを読む

「長いこと世話になったな」(2019年10月20日配信『東京新聞』-「筆洗」)

 白鳥は死の間際に最も美しい声で鳴く。西洋で古代から語り継がれる「白鳥の歌」の伝説である。辞世や絶筆、生前最後の言葉の例えとして、文芸などの世界で使われてきた▼論語の中にも似た一節がある。「鳥のまさに死なんとする、その鳴くや哀(かな)し。ひとのまさに死なんとする、その言や善し」。死に臨んだときに口にする言葉は、純粋で真実に満ちている▼その方の哀しい最後の言葉も、短い中に多くの思いが満ちていよう。「長...

続きを読む

まずまずの災厄(2019年10月20日配信『北海道新聞』-「卓上四季」)

 「あれが阿多多羅(あたたら)山 あの光るのが阿武隈川」。高村光太郎が詩集「智恵子抄」でうたった亡き妻の故郷は、福島県中部の町だった。その川は濁流と化し、堤を越えて家々をのみ込んだ  ▼台風19号で最も多くの犠牲者を出したのは、原発事故の傷なお癒えぬ福島県。海沿いのいわき市では、高齢で体の不自由な夫が寝室の浸水から脱出できず、握った妻の手を離れ冷たくなった。「長いこと、世話になったな」の言葉を残し...

続きを読む

「長いこと世話になったな」(2019年10月19日配信『神戸新聞』ー「正平調」)

 福島県いわき市生まれの詩人に草野心平さんがいる。日の光に輝く雪景色を見ては「きれいだねぇ」と言っていた母は、草野さんが小学生のときに亡くなった。母を詠んだ詩がある◆「生きたい・生きる」と題した詩の一節。〈私が憶えている母の最後の言葉。/(きれいだねぇ。)は。しかし不思議に。/自分に悲しみでなく勇気をくれる。〉。寂しさに凍える心を、温めてくれたのだろう◆台風19号の洪水にのまれたいわき市の86歳、関...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ