FC2ブログ

記事一覧

「桜」の安倍前首相秘書 復職(2021年4月11日配信『しんぶん赤旗』)

責任取り辞職は“ウソ”「赤旗」日曜版のスクープに反響安倍晋三事務所にはいる安倍晋三前首相の元公設第1秘書、配川博之氏=3月29日午前、山口県下関市 「桜を見る会」前夜祭をめぐり東京地検特捜部が政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴した安倍晋三前首相の元公設第1秘書・配川博之氏が、現在も安倍事務所に私設秘書として勤務している―。「しんぶん赤旗」日曜版(4月4日号)のスクープが反響を呼んでいます。 複数の...

続きを読む

(論)桜を見る会前夜祭に関する論説(2020年11月24・25・26・27・28・29・30・12月2・4・7・19・21・22・23・24・26・27日・2021年1月17・18・24・3月22日・4月5日)

「桜を見る会」疑惑(2021年4月5日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」)うそと国政私物化 放置できぬ 「桜を見る会」疑惑でだんまりを決め込む安倍晋三前首相と菅義偉首相の姿勢を見過ごすことはできません。安倍前首相は2020年12月末に衆参両院の議院運営委員会に出席して以降、国民に説明していません。菅首相も国会での野党の質問にまともにこたえず、疑惑解明に背を向けています。「桜」疑惑で浮き彫りになった政権...

続きを読む

安倍前首相元秘書に不起訴不当の議決 東京の検察審査会(2021年3月19日配信『NHKニュース』)

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で略式起訴された安倍前総理大臣の元公設第1秘書について、東京の検察審査会は政治資金収支報告書の原本が廃棄されていることを理由に、刑事告発された容疑の一部を検察が不起訴にしたのは納得できないとして「不起訴は不当だ」と議決しました。「桜を見る会」の前日夜の懇親会をめぐっては、平成27年からおととしまでの5年間の費用の総額がおよそ2300万円に上り、このうち80...

続きを読む

「桜を見る会」報道に早稲田ジャーナリズム大賞 都内で贈呈式(2021年3月11日配信『毎日新聞』)

早稲田ジャーナリズム大賞の贈呈式で賞状を受け取る日下部聡・毎日新聞統合デジタル取材センター副部長(右)=東京都内で2021年3月11日 優れたジャーナリズム活動を顕彰する早稲田大の第20回「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」の贈呈式が11日、東京都内で開かれた。「桜を見る会」追及報道と「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」の出版により、公共奉仕部門の大賞を受賞した毎日新聞取材班を代表し、日下部聡・統...

続きを読む

議員辞職すべきなのは山ほどいる その筆頭は安倍晋三(2021年2月2日配信『日刊ゲンダイ』)

 公明党の遠山清彦衆院議員(51)が議員辞職し、政界に衝撃が走っている。大新聞テレビも大々的に報じている。 しかし、議員を辞めるのは当たり前のことだ。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないため、政府与党は「店を閉めろ」「出歩くな」「リモートワークしろ」と、自分たちの無策を棚に上げて、国民に自粛生活を半ば強制している。さらに、法律を改正し、飲食店が時短営業を守らなかったり、陽性者が保健所に協力しな...

続きを読む

桜を見る会「安倍氏は刑事責任を負うべき」 弁護士グループ「起訴相当」求め申し立て(2021年2月2日配信『弁護士ドットコム』)

桜を見る会で挨拶する安倍前首相「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会をめぐる問題で、安倍晋三前首相が不起訴となったことなどについて、全国の弁護士などでつくるグループが2月2日、検察審査会に対して「起訴相当」の議決を求める申し立てをおこなった。申し立てたのは、「『桜を見る会』を追及する法律家の会 」。同グループは昨年5月、政治資金規正法違反(不記載)と公職選挙法違反(寄附)の疑いで、安倍氏(当時首相)と後援...

続きを読む

「『桜』は説明尽くした」と菅首相 世論調査大半は「納得せず」(2021年1月27日配信『東京新聞』)

 菅義偉首相は27日の参院予算委員会で、安倍晋三前首相の政治団体が主催した「桜を見る会」前日の夕食会を巡る問題について「安倍前首相は衆参の議院運営委員会で、できる限りの説明はされた」と述べた。 報道各社の世論調査では安倍氏の説明や対応に「納得できない」「不十分だ」とする回答が6~8割を占めている。立憲民主党の石橋通宏氏は世論調査の結果に触れて「これだけの国民が納得できないと言っている」として、首相...

続きを読む

領収書未提出は違法(2021年1月27日配信『しんぶん赤旗』)

「桜」前夜祭、上脇氏が告発東京地検 安倍晋三前首相の後援会が開いた「桜を見る会」前夜祭の費用を安倍氏側が補填(ほてん)した問題で、上脇博之・神戸学院大学教授(政治資金オンブズマン共同代表)は26日までに新たな告発状を東京地検に提出しました。前夜祭で支出した経費の領収書に関するものと、ホテル側の値引きによる違法な企業献金の受領に関するものです。 政治資金規正法は、政治団体などが5万円以上の支出をした...

続きを読む

一言のおわびですまない(2021年1月19日配信『しんぶん赤旗』)

首相施政方針「桜を見る会」前夜祭 米倉洋子弁護士の話一言のおわびですまない 安倍晋三前首相の元公設第1秘書が東京簡裁から罰金100万円の略式命令を受けた「桜を見る会」問題。前首相とともに国会で虚偽の答弁をした菅義偉首相ですが、施政方針演説で触れたのは「おわびする」との一文のみ。安倍氏らを刑事告発した法律家の一人、米倉洋子弁護士は「これで済む問題ではない」と指摘します。 施政方針演説では、「桜を見る...

続きを読む

再燃する安倍前首相の「桜を見る会」買収疑惑。下関市長選や次期総選挙への影響も(2021年1月14日配信『HARBOR BUSINESS Online』)

再燃した「桜を見る会」疑惑について安倍前首相を直撃「桜を見る会」前夜祭補填問題再燃で昨年の12月24日に記者会見に臨んだ安倍前首相だが、秘書に責任を押しつけて評判はガタ落ち(写真は首相時代のもの) 1月18日招集の通常国会で野党は、吉川貴盛・元農水大臣の収賄疑惑とともに「桜を見る会」前夜祭の補填問題を徹底追及しようとしている。菅政権は年内決着で幕引きをはかろうとしたが、略式起訴された公設第一秘書の“トカゲ...

続きを読む

安倍政権から菅政権に引き継がれた「説明責任無視」の姿勢、「虚偽答弁」徹底追及で是正を(2021年1月1334日配信『Yahooニュース』)

郷原信郎 | 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士参院議院運営委員会 安倍前首相、「桜」問題で謝罪(写真:つのだよしお/アフロ) コロナに明け、コロナに暮れたように思える昨年は、一方で、首相の国会での「虚偽答弁」に始まり、その「虚偽答弁」についての「国会説明」で終わった年でもあった。 新型コロナ感染対策や東京五輪開催をめぐって、多くの失敗を繰り返してきた安倍政権が終焉、それを受けての自民党総裁...

続きを読む

「桜」前夜祭疑惑で安倍事務所 またもや“回答拒否”(2021年1月13日配信『しんぶん赤旗』)

記者会見する田村智子(左)、黒岩宇洋の両氏=12日、国会内 安倍晋三前首相の事務所は12日、野党の「総理主催『桜を見る会』追及本部」の質問状に対し、ふたたび文書で回答しました。しかし、すでに記者会見や国会答弁などで回答ずみだとして、ホテルが発行した「前夜祭」の明細書や領収書の提出要求にも応じないなど、「回答拒否」の姿勢を示しました。 同本部が昨年12月28日に衆院第1議員会館内の安倍事務所に質問状...

続きを読む

政治家秘書「泥をかぶって先生を守る」時代に変化? 日米で異なる“責任逃れ”事情(2021年1月7日配信『AERA.com』)

安倍晋三前首相は会見の冒頭で、「私の公設第1秘書が政治資金収支報告書不記載の事実により略式起訴され」と説明。「私が知らない中で行われていた」と続けた/12月24日、議員会館で うんざりする言葉「秘書が……」は、政治家の間で脈々と受け継がれてきた。責任逃れともとれるが、泥をかぶる当の政治家秘書にも「変化」があるという。政治家と秘書の関係について取り上げたAERA 2021年1月11日号の記事を紹介する。*  *  *...

続きを読む

蓮舫氏「桜を見る会」問題で「ホテル明細書ない」と回答の安倍事務所に「嘘がすぎるでしょう…ホテルに再発行依頼を」(2021年1月7日配信『スポーツ報知』)

蓮舫氏 立憲民主党の蓮舫参院議員が7日、自身のツイッターを更新した。 蓮舫氏は、「安倍事務所『ホテル明細書ない』」と題したネット記事をアップした。記事は「立憲民主党など野党が6日、「桜を見る会」前日の夕食会費用補填問題を巡り、会場のホテルが発行した明細書や領収書の提示を安倍晋三前首相の事務所に昨年末求めた結果、「事務所にはない」との回答が文書であったと明らかにした」ことを伝えている。 蓮舫氏は、事...

続きを読む

安倍事務所「領収書は再発行できない」 「桜」回答、野党再質問へ(2021年1月6日配信『毎日新聞』)

参院議院運営委員会の冒頭、「桜を見る会」前夜祭の費用補塡問題に関する首相在任中の国会答弁を訂正して謝罪し、厳しい表情を見せる安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後4時9分、竹内紀臣撮影 立憲民主党など野党4党の「桜を見る会」追及本部は6日、前夜祭の疑惑を巡り、昨年12月末に安倍晋三前首相に送った質問状に対する回答を5日に受け取ったと明らかにした。前夜祭の会場となったホテルが発行した明細書や領収書の提...

続きを読む

「桜を見る会」問題で安倍前首相が国会での答弁を修正し謝罪 当時の対応に首をかしげる側近も(2021年1月5日配信『AERA.com』)

衆院議院運営委員会で、立憲民主党の辻元清美議員の質問を聞く安倍晋三前首相/2020年12月25日、国会内 (c)朝日新聞社「桜を見る会」問題で追及を受ける安倍晋三前首相が、自らの答弁について修正を求め、謝罪した。釈然としない部分が多い安倍前首相の答弁だが、その対応には側近も首をかしげている。AERA 2021年1月11日号では、同問題について取り上げた。「安倍晋三後援会」が訂正した収支報告書はこちら*  *  * 7...

続きを読む

「安倍氏は自分の言葉でご飯論法を使いこなせないタイプ」 法政大・上西教授(2020年12月29日配信『毎日新聞』)

インタビューに答える上西教授=東京都千代田区で2020年1月22日午後2時28分、内藤絵美撮影 繰り返される「深く反省」「責任を痛感」という言葉を、本気と感じた人はどれだけいただろうか。安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用補塡(ほてん)問題を巡り、安倍氏は25日の衆参両院の議院運営委員会で首相在任中の国会答弁の誤りを認め、謝罪した。しかし、野党側が求める資料提出には応じず、議員辞職も否定...

続きを読む

明細書・領収書 提出迫る(2020年12月29日配信『しんぶん赤旗』)

「桜」前夜祭 安倍氏に野党側4項目要求 追及本部記者会見する「桜を見る会」追及本部の役員。(左から)宮本、田村、黒岩、石垣のりこ、山井和則の各氏=28日、国会内衆院議運委員長あての要望書を提出する「桜を見る会」追及本部の役員。右から2人目は宮本徹衆院議員=28日、国会内 野党の「総理主催『桜を見る会』追及本部」は28日、「桜を見る会」前夜祭疑惑の真相を解明するため、ホテルが発行した明細書や領収書、安倍...

続きを読む

安倍前首相を検審申し立て 「桜」不起訴で市民団体―東京(2020年12月28日配信『時事通信』)

 「桜を見る会」前夜に東京都内のホテルで開催した夕食会の費用補填(ほてん)をめぐり、不起訴処分となった安倍晋三前首相について、政治資金規正法違反容疑などで告発した市民団体のメンバーは28日までに、東京地検特捜部の処分を不服として検察審査会に郵送で審査を申し立てた。 特捜部は24日、安倍氏の後援会代表を務めた元公設第1秘書を、4年分の夕食会収支約3000万円を記載しなかったとして政治資金規正法違反(...

続きを読む

「疑念は晴れるどころか深まっている」 野党、安倍氏に「桜」前夜祭明細提示を要求(2020年12月28日配信『毎日新聞』)

参院議院運営委員会で「桜を見る会」前夜祭の費用補塡問題についての共産党の田村智子氏の質問に答える安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後4時19分、竹内紀臣撮影©  立憲民主、共産など野党4党でつくる「桜を見る会」追及本部は28日、桜を見る会前夜祭に関する明細書などを提示するよう安倍晋三前首相宛てに文書を送付した。4党は25日の衆参両院議院運営委員会で安倍氏が答弁した内容では前夜祭を巡る疑惑解明が進まなか...

続きを読む

安倍前首相は国会で答弁を「訂正」するはずではなかったのか?(2020年12月28日配信『ハーバー・ビジネス・オンライン』)

事実と異なる部分があるので答弁を「訂正」したいとみずから国会に求めて立ったにも関わらず、なにがどう間違っていて事実はどうだったのかを説明せずに答弁を終え、「説明責任を果たした」と嘯いた安倍前首相(衆議院インターネット審議中継より)© HARBOR BUSINESS Online 提供 事実と異なる部分があるので答弁を「訂正」したいとみずから国会に求めて立ったにも関わらず、なにがどう間違っていて事実はどうだったのかを説明せず...

続きを読む

元村有希子氏 安倍前首相の“疑惑”説明に「分からないことが多いので証人喚問という手続きが必要」(2020年12月27日配信『スポニチアネックス』)

 毎日新聞論説委員の元村有希子氏が27日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。安倍晋三前首相が25日の衆参両院の議院運営委員会で、前日24日の記者会見に続いて「桜を見る会」の夕食会費補てん問題について釈明したことについて言及した。 安倍前首相は「深い反省」「おわび」の言葉を繰り返したが、従来の答弁の訂正に至った詳細な根拠は示さず、追及をかわし続けた。さらなる真相究明にも消極的な姿勢を崩さな...

続きを読む

(2020年12月26日配信『デイリースポーツ 』)

安倍晋三氏 安倍晋三前首相が、「桜を見る会」前日の夕食会費用補填問題に関して、24日に1時間会見、25日に衆参両院の議院運営委員会で釈明を行った。「私が知らなかった中で行われた」と主張。道義的責任はあるとしながらも「秘書が」「秘書が」を連発し、議員辞職を拒んだ。もはや民間では通用しない、いわゆる「秘書がやりました釈明」が令和の時代に公然と発され、失笑が広がっている。 安倍氏の発言を受け、ネット上に...

続きを読む

安倍氏近づくな…衆院異例の文書配布「追従取材認めない」(2020年12月26日配信『日刊ゲンダイ』)

「説明責任を果たすことができた」のか「説明責任を果たすことができたのではないか」――と、ぬけぬけと記者団に語った安倍前首相。桜疑惑はまったく解明されていないのに、国会で“説明”したことでジ・エンドにするつもりだ。「安倍サイドは、桜疑惑を幕引きにする腹です。もちろん証人喚問にも応じないし、記者会見も開かない。国民に説明したアリバイにするために、NHKと読売新聞の個別インタビューには応じるかもしれません」...

続きを読む

満天下にさらされたデタラメ 安倍菅コンビはもう逃げ切れない(2020年12月26日配信『日刊ゲンダイ』)

「#安倍前首相の議員辞職を求めます」――。フザけた答弁の最中から、ツイッター上では、このハッシュタグが猛拡散。一気に「トレンド入り」したことからも、国民の不満がうかがえる。 安倍前首相が25日、衆参両院の議院運営委員会に出席。「桜を見る会」前夜祭の費用補填を巡り、虚偽答弁を重ねたことをわびた。 むろん、謝罪は形だけ。24日の会見に続き、「私の知らない中で行われてきたとはいえ」「結果的に」などと言い訳...

続きを読む

安倍前首相がヒタ隠す 領収書と明細書に何が記されている(2020年12月26日配信『日刊ゲンダイ』)

大きな不織布マスクで表情隠し“弁明”を重ねたことで疑惑は一層深まった。安倍前首相は25日、衆参両院の議院運営委員会に出席。桜疑惑について謝罪と反省の言葉を繰り返したが相変わらず口先だけで、罰金100万円の略式命令を受けた秘書らに責任をなすりつけ。野党が重ねて求めた会場ホテル発行の領収書の提出を確約せず、明細書については「ない」の一点張り。なぜ、かたくななのか。  ◇  ◇  ◇「私が知らない中で行われ...

続きを読む

安倍前首相、「すべて秘書が」で逃げ切れるか 検察は不起訴処分でも削がれる政治的影響力(2020年12月26日配信『東洋経済オンライン』)

泉 宏12月25日の衆議院議員運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相(右手前、写真:時事)© 東洋経済オンライン 12月25日の衆議院議員運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相(右手前、写真:時事) 安倍晋三前首相が12月25日、いわゆる「桜」疑惑で国会招致に応じ、同疑惑をめぐる国会での「事実に反する答弁があった」と虚偽答弁を認めて訂正・謝罪した。 国会での首相答弁の全面的な訂正、謝罪は前代未聞のことで、安倍...

続きを読む

こんなに違う!「桜を見る会」とロッキード事件の国会対応(2020年12月26日配信『日刊ゲンダイ』)

国際ジャーナリストの春名幹男氏 桜疑惑をめぐり、国会で大嘘をつき続けてきた安倍前首相に対し、野党は証人喚問を要求しているが、自民党は応じる気はない。あろうことか、議院運営委員会で公開での“説明”で幕引きを図ろうとしているのだから、国民をなめるのにもほどがある。 そんな折、改めて、注目すべきは45年前にはじけたロッキード事件だろう。このほど国際ジャーナリストの春名幹男氏が15年の歳月を費やした大著「ロ...

続きを読む

安倍首相「説明責任果たした」も嘘の上塗り発覚! 訂正した政治資金報告書に「ポケットマネーから支出」記載なく裏金疑惑も浮上(2020年12月26日配信『リテラ)

衆議院TVインターネット審議中継より 安倍晋三・前首相は昨日25日、衆参議院運営委員会で「桜を見る会」前夜祭問題について説明をおこなったが、終了後、記者団に「説明責任を果たすことができた」と胸を張り、さらには来年の衆院選出馬の意向を示した。あんな説明で国民が納得すると本気で思っているのだから、国民を舐めているとしか思えない。 そもそも今回の衆参議院運営委員会での説明は、本人からの「答弁を正すための機会...

続きを読む

「118回ウソ」証拠なき弁明 安倍氏「後援会が契約」認める 「桜」答弁訂正(2020年12月26日配信『東京新聞』)

 安倍晋三前首相は25日、「桜を見る会」前日の夕食会を巡る首相在任中の国会答弁について衆参両院の議院運営委員会で「事実に反するものがあった。国民の信頼を傷つけた」と陳謝し、夕食会参加者の費用を補填ほてんしていたことを認めた。自らが不起訴になったことを理由に公職選挙法が禁じる地元有権者への利益供与は否定。衆院調査局の調査で「虚偽答弁」は118回に上るが、疑惑解明のための明細書提出も拒むなど十分に説明...

続きを読む

安倍氏、マスクの下で冷笑「選挙9回圧勝、利益供与必要ない」 国会招致で居直る(2020年12月26日配信『西日本新聞』)

安倍晋三氏 首相当時そのままに、独り善がりの理由を並べて追及をかわした。「桜を見る会」前日に開かれた夕食会費用補填(ほてん)問題で事実と異なる国会答弁を繰り返し、謝罪と修正を迫られて衆参両院の議院運営委員会に出席した安倍晋三前首相。疑惑に正面から向き合わず、逃げ切りを図るかのような姿勢に真剣な反省はうかがえず、政治不信を強める国民感情との深刻な落差を見せつけた。 安倍氏の「虚偽答弁」は首相在任中の...

続きを読む

安倍氏、説明尽くす姿勢乏しく 「桜」問題、なお残る疑問―年明けも尾を引く可能性(2020年12月26日配信『時事通信』)

参院議院運営委員会で、質問を聞く安倍晋三前首相=25日午後、国会内首相在任中の国会答弁の誤りが明らかになったことを受け、衆院議院運営委員会で答弁を訂正し、謝罪する安倍晋三前首相=25日午後、国会内後援会主催の「桜を見る会」前夜祭をめぐり首相在任中の国会答弁の誤りが明らかになったことを受け、衆院議院運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相(右手前)=25日午後、国会内 25日の衆参議院運営委員会。安...

続きを読む

安倍前首相、「すべて秘書が」で逃げ切れるか(2020年12月26日配信『東洋経済オンライン』)

12月25日の衆議院議員運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相(右手前、写真:時事) 安倍晋三前首相が12月25日、いわゆる「桜」疑惑で国会招致に応じ、同疑惑をめぐる国会での「事実に反する答弁があった」と虚偽答弁を認めて訂正・謝罪した。 国会での首相答弁の全面的な訂正、謝罪は前代未聞のことで、安倍氏の政治的・道義的責任は極めて重大だ。菅義偉首相らは「これで『桜疑惑』には政治的区切りがついた」と幕引きモー...

続きを読む

安倍前首相、不起訴を逆手に潔白主張 資料示さず理由も語らず(2020年12月26日配信『東京新聞』)

参院議院運営委を終え頭を下げる安倍前首相=25日、国会で 「桜を見る会」前日の夕食会を巡り、安倍晋三前首相は25日、衆参両院の議院運営委員会で、国会の場で事実と異なる答弁を繰り返していたことを正式に認めた。だが、夕食会の費用を確認できる明細書など新たな資料の提出はなく、なぜ政治資金として扱わなかったのかの理由も語らずじまい。前日の記者会見で誓った「一点の曇りもない透明性」には程遠く、東京地検特捜部...

続きを読む

安倍事務所が「ホテル側に圧力」の情報 国民民主がただす 安倍氏は否定(2020年12月25日配信『毎日新聞』)

衆院議院運営委員会で立憲民主党の辻元清美氏の質問に答えるため挙手をする安倍晋三前首相=国会内で2020年12月25日午後1時36分、竹内紀臣撮影 「桜を見る会」前夜祭の疑惑を巡り、安倍晋三前首相が出席して25日に開かれた衆院議院運営委員会で、国民民主党の浅野哲氏が、会場となったホテル側に対して、安倍氏周辺から発言の強要を受けたとの情報が、同党に寄せられたとして、安倍氏に事実関係をただした。安倍氏は「存じ上げな...

続きを読む

「嘘100回以上。会社の社長だったら辞職」。辻元清美議員の指摘に安倍晋三前首相は...(2020年12月25日配信『ハフポスト』)

虚偽答弁を繰り返したことについて「議員辞職に値すると思いませんか」と質問。安倍氏は自らに「道義的責任がある」としたが、議員辞職は否定した。辻元清美議員、安倍晋三前首相「桜を見る会」前夜祭をめぐる問題で不起訴処分となった安倍晋三前首相への質疑が12月25日、衆議院の議院運営委員会で行われた。立憲民主党の辻元清美議員は、虚偽答弁を繰り返したことについて「議員辞職に値すると思いませんか」と質問。安倍氏は自ら...

続きを読む

秘書が勝手に差額補填... それでも安倍前首相が「告訴しない」理由(2020年12月25日配信『J-CASTニュース』)

衆院の議院運営委員会に出席した安倍晋三前首相。「前夜祭」費用を補填した秘書に対する刑事告訴には否定的な姿勢を見せた(写真は衆院インターネット中継から) 首相主催の「桜を見る会」の前日に安倍晋三前首相(66)の後援会が「前夜祭」として開いた夕食会の費用を補填(ほてん)していた問題で、安倍氏は2020年12月25日に衆参両院の議院運営委員会に出席し、与野党議員の質疑に応じた。 安倍氏は「道義的責任を痛感している...

続きを読む

安倍氏と首相「同じ穴のむじな」地元や著名人も批判(2020年12月25日配信『日刊スポーツ』)

衆院の議院運営委員会に出席した安倍前首相(ロイター)安倍晋三前首相(66)は25日、衆参両院の議院運営委員会にそれぞれ出席し、後援会主催の「桜を見る会」前日の夕食会費用補てん問題をめぐり、計118回とされる事実と異なる答弁を訂正し、陳謝した。安倍氏は「説明責任は果たした」と話す一方、野党は「これまでの答弁と変わらない」「納得できない」と一斉に批判。地元・山口県の有権者や作家、芸能人ら幅広い分野からも不満...

続きを読む

片山善博氏、安倍前首相の虚偽答弁118回に「時の総理大臣としておかしいんじゃないかと、みんな思ってますよ」(2020年12月25日配信『スポーツ報知』)

 25日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、安倍晋三前首相(66)が「桜を見る会」前日の夕食会費用補填(ほてん)問題を巡り、この日、衆参両院の議院運営委員会で過去の答弁を訂正することになったことを特集した。 安倍氏が衆院議員辞職や自民党離党は否定。東京地検特捜部も嫌疑不十分で同氏を不起訴としたことについて、コメンテーターで出演の前鳥取県知事・片山善博氏(68)は「今回、目...

続きを読む

安倍前首相「事実に反するものあった」衆参の議運委で謝罪(2020年12月25日配信『NHKニュース』)

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐり、安倍前総理大臣は、衆議院の議院運営委員会に出席し、過去の国会答弁について「結果として、答弁の中には、事実に反するものがあった。すべての国会議員に深く心よりおわび申し上げる」と述べ、謝罪しました。安倍前総理大臣は「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐり、当時の秘書が略式起訴されたことを受けて、午後1時から開かれた衆議院の議院運営委員会に出席し...

続きを読む

【一問一答】安倍前首相「説明責任果たせた…来年の選挙で国民の信を問いたい」(2020年12月25日配信『東京新聞』)

衆院議運委に臨む安倍晋三前首相(中) 安倍晋三前首相は25日午後、衆院と参院の議院運営委員会に出席し、「桜を見る会」前日に開かれた夕食会の費用補塡問題について国会で事実と異なる説明をしたことを謝罪した。終了後、安倍氏は報道陣の取材に「説明責任を果たすことができた」と質疑を振り返った上で「来年の選挙には出馬をし、国民の信を問いたい」と語った。 ー衆参議運委員会終えてどのような受け止めか? 今回、衆院...

続きを読む

【LIVE】福山氏「118回の虚偽答弁、最もうそをつかれた1人だ」 安倍氏まともに答えず 参院議院運営委員会(2020年12月25日配信『東京新聞』) 

 安倍晋三前首相は25日午後、衆院議院運営委員会に出席した。「桜を見る会」前日に開かれた夕食会の費用補塡(ほてん)問題で、事実と異なる説明をしたことについて、陳謝、訂正した。その後、参院でも同様の形式で委員会が始まった。 随時更新します。衆院議運委の冒頭、謝罪する安倍前首相16:40 最後に登壇したのは共産党の田村智子議員。「不足分のお金は結局あなたのポケットマネーから出ているのでは」との問いに、安倍氏...

続きを読む

【安倍前首相国会説明】(2020年12月25日配信『産経新聞』)

議院運営委員会に臨む安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)衆院議院運営委員会で、桜を見る会前夜の夕食会費補填について、答弁を訂正し謝罪する安倍晋三前首相=25日午後、国会・衆院第1委員室立民・黒岩氏「世間知らずのお坊ちゃま」と批判黒岩宇洋氏(市川雄二撮影) 安倍晋三前首相は25日、衆院議院運営委員会に出席し、自身の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用を補填(ほ...

続きを読む

自民・石破氏「国会で費やした時間は何だったのか」 安倍氏問題に(2020年12月25日配信『産経新聞』)

自民党・石破茂元幹事長(春名中撮影) 自民党の石破茂元幹事長は25日、TBSのCS番組収録で、安倍晋三首相の後援会が「桜を見る会」前夜に主催した夕食会の費用を補填していた問題をめぐり「(安倍氏がこれまでの国会答弁を)『そうではなかった』といわれると、あの費やした時間は何だったのか。社会保障や財政、新型コロナウイルスを議論した方が国家、国民のためだったという残念な思いだ」と述べた。 安倍氏が24日の...

続きを読む

泉澤章弁護士「安倍氏が関わっていたとしか考えられない」(2020年12月25日配信『日刊ゲンダイ』)

「『桜を見る会』を追及する法律家の会」の世話人を務める泉澤章弁護士(東京合同法律事務所)/(C)日刊ゲンダイ 安倍前首相の後援会が主催した「桜を見る会前夜祭」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は24日、後援会の政治資金収支報告書に約3000万円の収支を記載しなかったとして、安倍氏の公設第1秘書を略式起訴し、安倍氏本人については不起訴とした。安倍氏は同日、会見を開き、「(担当者が)記載すべき...

続きを読む

会見も国会説明も 嘘つき前首相がペテン弁明の国民愚弄(2020年12月25日配信『日刊ゲンダイ』)

「国民がバカにされている。嘘をついてもどうせ忘れるだろうと。絶対許してはいけない」 安倍前首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用を補填していた問題で、24日、東京地検特捜部が、安倍の公設第1秘書を政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴し、罰金100万円の略式命令が下った。検察は、安倍本人については嫌疑不十分で不起訴にした。冒頭の発言は、安倍らを刑事告発していた弁護士の憤りの言葉...

続きを読む

安倍氏不起訴と会見に抗議ツイート続々(2020年12月25日配信『日刊スポーツ』)

「桜を見る会」前日の夕食会の費用補てん問題を巡り、安倍晋三前首相を不起訴処分とした東京地検特捜部の処分や安倍氏の記者会見に対し、ツイッター上では抗議の声が相次いだ。 大半は議員辞職を求めたり、発言を批判したりする内容。ツイッターでは24日午後11時時点で、「#安倍晋三の不起訴処分に抗議します」というハッシュタグ(検索目印)を付けた投稿が21万件以上になり、その後も増え続けた。「国会で軽く謝罪して幕引きか...

続きを読む

安倍前首相、「秘書」「事務所」に責任転嫁 「桜」前夜祭、幕引き不透明(2020年12月25日配信『時事通信』)

「桜を見る会」前夜祭をめぐる問題で不起訴処分となり、記者会見する安倍晋三前首相(中央)=24日午後、東京・永田町 安倍晋三前首相は24日の記者会見で、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭の費用補填(ほてん)問題をめぐり、秘書や事務所に責任を転嫁する姿勢に終始した。野党は強く反発しており、政府・与党が期待する年内の幕引きにつながるかは不透明だ。 「国民と国会議員に深く深くおわびする」。安倍氏は...

続きを読む

“首相答弁はウソ”確定 「桜」前夜祭(2020年12月25日配信『しんぶん赤旗』)

公設秘書を略式起訴安倍氏不起訴も責任重大 安倍晋三前首相の政治団体が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐり東京地検特捜部は24日、「安倍晋三後援会」代表の配川博之・公設第1秘書(61)を政治資金規正法違反(不記載)の罪で東京簡裁に略式起訴しました。簡裁は同日、罰金100万円の略式命令をだし、即日納付されました。安倍氏は嫌疑不十分で不起訴処分になりました。他方、前夜祭を説明した安倍氏の国会答弁は虚偽だ...

続きを読む

安倍氏への質疑、衆参ともたった1時間ずつの予定(2020年12月25日配信『日刊スポーツ』)

「桜を見る会」前日の夕食会をめぐる費用補てん問題で、安倍晋三前首相に対する質疑が、25日午後、衆参両院の議院運営委員会で行われるが、実施時間はともに1時間ずつ、計2時間と、あまりにも短い。衆院で7人、参院で6人の計13人が質問に立つ。与党の自民、公明の持ち時間は合計して衆院15分、参院10分。野党側に多くの時間が割かれているとはいえ、最大の立憲民主党でも衆院は30分、参院は23分。「桜」の問題を昨年11月、国会で最...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ