FC2ブログ

記事一覧

パワハラ防止法指針 就活生ら対策義務見送り 公募意見反映されず(2019年12月24日配信『東京新聞』)

 厚生労働省の審議会は23日、職場でのパワハラやセクハラを防止するための女性活躍・ハラスメント規制法(パワハラ防止法)の施行に向けた指針を正式決定した。原案へのパブリックコメント(公募意見)には「就活生らを(保護の)対象とすべきだ」などの声が多く寄せられたが、指針には反映されなかった。  厚労省が先月示した指針の最終案に対する公募意見は1139件。労働政策への公募意見は通常数十件で、関心の高さを映...

続きを読む

<働き方改革の死角>政府のハラスメント対策指針 就活生も義務化を 緊急座談会(2019年12月15日配信『東京新聞』)

就活中のハラスメントについて話す大学生(左から町田さん、Nさん、Kさん)=東京・内幸町で 政府が今月下旬にも決定するパワハラ防止法の指針を「これでは就活セクハラが収まらない」と大学生らが批判している。修正を求める学生団体は政府のパブリックコメント(意見公募)に若者の声を反映させようと全国の学生に呼びかける運動も展開中。3人の学生が緊急座談会で「いま必要な対策」を語った。 Kさん(4年生・被害体験者...

続きを読む

就活ハラスメント 国は対策を 「彼氏つくらないと」「2人で飲みに」(2019年12月3日配信『東京新聞』)

就活ハラスメント防止についてサングラスをかけて対策の必要性を訴える学生。右は対馬尚さん=2日、東京・霞が関の厚労省で 厚生労働省の審議会が11月にまとめたハラスメントの防止指針では就活生へのセクハラ、パワハラ防止に実効性を欠くとして、東京都内の6つの大学の学生らでつくる有志団体「セーフ・キャンパス・ユース・ネットワーク」の学生らが2日、都内で記者会見を開き、文部科学省に声明文を提出した。指針の修正...

続きを読む

面接官から「化粧が濃い」「ハキハキと話すのが気に入らない」…就活ハラスメント対策求め署名約1万人(2019年11月12日配信『毎日新聞』)

就活ハラスメントへの対策を求める会見に臨んだキュカの片山玲文さん(右端)や小島慶子さん(左端)ら=東京都千代田区で2019年11月12日午後2時20分 就職活動中の学生が受ける「就活ハラスメント」の対策が不十分だとして、ハラスメント相談のウェブサイト運営会社「キュカ」(東京都)のメンバーらは12日、厚生労働省に要望書と計1万1333人分の署名を提出した。国主導の実態調査や、就職活動中の学生をハラスメント規制の保護対...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ