FC2ブログ

記事一覧

マスク生活 難聴者不安 さらに聞き取りにくく 特性知り会話に工夫を

難聴を知らせる張り紙をし、タクシー運転手の仕事をする斉藤現さんたむら・こういち。1952年長野県生まれ。日本医科大学大学院医学研究科修了。元東京逓信病院病理診断科部長、日本医科大学客員教授。40歳から進行性の感音難聴となり、人工内耳と補聴器を利用。現在は聴覚障害者4級。都内を中心に、自身の経験に基づいた聴覚障害の特性を伝える講演を行う。 10人に1人は聞こえに問題があるとの調査もある難聴。コロナ禍...

続きを読む

<ねぇねぇちょっと 特別編>難聴、知らせるべきか 「伝えて」心がきっと楽に 意思疎通もスムーズ(2021年2月17日配信『東京新聞』)

左耳が聞こえない女性が、かばんに付けている自作のマーク 読者の悩みに読者が答えるコーナー「ねえねえちょっと」(毎週土曜掲載)。片耳が聞こえなくなったことを家族に知らせるべきかどうか悩む愛知県の女性(56)の相談(1月16日)に対し、難聴の当事者らから多くの励ましの声が寄せられた。専門家は、周囲の人に伝えた方が自分の気持ちが楽になり、コミュニケーションも取りやすくなるとアドバイスする。 (細川暁子)...

続きを読む

日本ハム、難聴の石井打撃投手に寄り添うコミュニケーション 距離保ちマスクなしで会話(2021年2月5日配信『 スポニチ』)

スタッフの上條と話す石井打撃投手(右) 【新様式キャンプリポート最前線】耳が不自由でなければ、マスクを着用した生活でも声がこもってやや聞き取りづらい程度かもしれない。しかし、現役時代に「サイレントK」と呼ばれ、先天性難聴を抱える日本ハムの石井打撃投手は、コロナ下で生活がガラリと変わった。 「マスクで口を覆っているので、しゃべっている言葉が分からない」。両耳が難聴の石井打撃投手は、日常的に補聴器を使...

続きを読む

難聴の赤ちゃん早期療育 福岡県、支援センター開設(2021年2月3日配信『西日本新聞』)

イメージ 福岡県は、新生児聴覚検査で難聴の疑いがあると診断された赤ちゃんや家族を支援する「県乳幼児聴覚支援センター」を福岡市内に開設した。対応が必要な子どもの情報を一元的に管理して関係市町村に伝え、早期の精密検査や療育につなげる。九州で同様のセンター開設は宮崎県に次いで2例目。 新生児の千人に1~2人は生まれつき耳が聞こえないとされる。難聴児の言葉の発達を適切に促すためには早期に発見し、生後6カ月ごろ...

続きを読む

石山さん(喜多方東高1年)最優秀 東北家庭ク連ホームプロジェクトの部 難聴の弟支える研究評価(2021年1月24日配信『福島民報』)

全国大会出場を決めた石山さん(前列左)と、喜びを分かち合うるみ子さん(同右)、啓心君(同中央) 喜多方市の喜多方東高1年の石山心南(みなみ)さん(16)は、第68回東北ブロック高校家庭クラブ連盟大会のホームプロジェクトの部で最高賞の最優秀賞に輝いた。7月29、30の両日、徳島県で開かれる全国大会に出場する。 石山さんは「弟の自立をサポート~互いの将来を見据えて~」と題し、先天性両感音性難聴の弟啓心...

続きを読む

難聴に理解と配慮を 補聴器をつけても完全には聞き取れない 家族会、啓発アニメ製作へ資金募る(2021年1月8日配信『毎日新聞』)

岩尾至和さんと長女橙さん=岩尾至和さん提供 「補聴器をつけているから聞こえる」「大声で話せば大丈夫」――。そんな誤解を解きたいと、難聴の子の家族会「そらいろ」(福岡市)が啓発動画の製作費をクラウドファンディング(CF)で集めている。会長の岩尾至和(ゆきかず)さん(47)は「聞こえる人も聞こえない人も、誰もが気持ちよく過ごせるように」と協力を呼び掛けている。 日本補聴器工業会の2018年推計によると、...

続きを読む

心身共に疲弊した宮本浩次、突然の難聴に病院裏の神社に通い詰め…見いだした新たな境地(2020年12月26日配信『読売新聞』)

 「これ以上やったら、俺、死ぬんじゃないかっていう感じだったんだ」。宮本はうんうんと頷うなずきつつ、軽く笑みを浮かべた。2012年10月、急性感音難聴を発表。外リンパ瘻ろうという左耳の病だった。予定していたライブの中止を決めた。エレファントカシマシ30周年記念ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演(2018年3月17日) 宮本がフロントマンを務めるバンド・エレファントカシマシは、1997年の「今宵こ...

続きを読む

新型コロナ 飛沫気にせず対応 窓口に対話支援装置 綾部市 /京都(2020年12月16日配信『毎日新聞』)

卓上型対話支援装置を使う職員ら=京都府綾部市若竹町の市役所で、佐藤孝治撮影 綾部市は15日、新型コロナウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、窓口業務をする各課に卓上型対話支援装置を配備した。窓口にはアクリル板を設置しており、常時マスクを着用している職員や来庁者が、円滑に話せるように措置を講じたという。 市は難聴者との対話支援で既に同じ装置を7台導入している。アクリル板を挟んで設置することにより、...

続きを読む

クローズアップ県政<健康> 佐賀県政特集2020(2020年11月28日配信『佐賀新聞』)

健 康 佐賀県は、“元気で長生き”を目指す「さが健康維新県民運動」の一環として、「食事は野菜からよくかんで」を推奨する「サガ・ベジタブルスタートプロジェクト(ベジスタ)」を展開している。野菜をあと1皿分多く食べることで生活習慣病の予防に役立てる。 また、片耳だけ難聴の児童生徒への補聴器や人工内耳の購入補助、小児がんなどの治療で造血細胞を移植したことにより、移植前の予防接種で獲得した免疫がなくなった未...

続きを読む

難聴者と大画面で筆談できる「タブレットmimi」。話した言葉を素早く文字に(2020年11月11日配信『kaden.watch』)

河原塚 英 AIボイス筆談機「タブレットmimi(ミミ)」ソースネクストは、AIボイス筆談機「タブレットmimi(ミミ)」を12月4日に4,000台限定で発売する。価格は31,800円。レンタルの場合は月額2,980円。利用にはデータ通信が必要で、購入から2年間の通信は無料。延長時は有料契約手続きを行なう。8インチディスプレイに、話した言葉をスピーディーに文字で表示していく筆談専用機。電源を入れて話しかけるだけで、内容を瞬時に大きな文...

続きを読む

突然障害者に…葛藤や希望伝える 「劇団まちプロ一座」新作上演へ(2020年11月7日配信『中日新聞』)

中途障害者となった当事者として、主人公の青年役を演じる俥さん(中)=大津市大萱で 事故や病気により、突然に障害者となった「中途障害者」の気持ちを描く創作劇が14、15日の両日、大津市のスカイプラザ浜大津で上演される。障害者らでつくる「劇団まちプロ一座」(同市大萱)の新作。実体験を基に主役を演じる団員の俥好雄(くるますきお)さん(45)は、当事者のみが知る葛藤や希望など「いろいろな思いを伝えたい」と...

続きを読む

コーヒー移動販売の店舗開店へ支援呼び掛け 難聴の柴田さん

クラウドファンディングへの協力を呼び掛ける難聴の柴田さん=岡崎市戸崎町の「ワッツ!?コーヒー」で 難聴の障害がありながら移動コーヒー販売を手掛ける「ワッツ!?コーヒー」代表の柴田恭兵さん(27)=岡崎市明大寺町=はクラウドファンディング(CF)で、店舗開設への支援を呼び掛けている。期限は十月末。「支援の輪が少しでも広がってほしい」と話す。 (鈴木渉太) 支援金は、来年二月に岡崎市竜泉寺町でオープン...

続きを読む

感音性難聴の我妻ゆりかが明かす〝人生を変えたひと言(2020年9月10日配信『東京スポーツ』)

「2020年超福祉展」でトークイベントを行った我妻ゆりか タレントの我妻ゆりか(20)が6日に東京・渋谷で開催された「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」に出演。生まれつきの感音性難聴で両耳に補聴器をつけて芸能活動を行う我妻は、補聴器メーカーのイベントとしてオンライントークショーを行った。 イベントでは幼少時から使用する補聴器、周囲の音の聞こえ方、後方から声をかけられても気づかなかったり...

続きを読む

高齢者の難聴、心臓血管疾患でリスク増、富山大学など解明(2020年8月29日配信『毎日新聞』)

 敦賀市立看護大学看護学部の中堀伸枝助教、富山大学学術研究部医学系の関根道和教授が富山県認知症高齢者実態調査の結果を分析したところ、高齢者の心臓血管疾患が難聴のリスクを高めることを突き止めた。 富山県認知症高齢者実態調査は富山県が行ったもので、対象者が富山県内の65歳以上の高齢者から無作為で抽出された1,537人。この中で調査への同意を得られた1,303人のうち、認知症がある人や不完全な回答を除く1,039人を対...

続きを読む

函館・中野遥斗3安打、先天性の難聴も/南北海道(2020年7月11日配信『日刊スポーツ』)

函館対函館西 1回表函館1死二塁、中野は先制となる適時内野安打を放つ函館対函館西 1回表函館1死二塁、石川の右前適時打で生還する中野函館対函館西 7回表函館1死二塁、中野は適時三塁打を放つ<高校野球南北海道大会:函館6-3函館西>◇11日◇函館地区1回戦◇函館市千代台公園 函館の中野遥斗捕手(3年)が、初回の決勝打を含む3安打2打点と気を吐いた。 初回に二塁強襲適時打で先制点をたたき出すと、すかさず50メートル6秒5...

続きを読む

難聴伝える缶バッジ 上伊那要約筆記サークル(2020年6月19日配信『長野日報』)

「難聴です」「筆談対応します」などの言葉をあしらった手作りの缶バッジを掲げる上伊那要約筆記サークルまねきネコの会員 伊那市を活動拠点に難聴者や要約筆記者でつくる上伊那要約筆記サークル「まねきネコ」(中村禮子会長)は18日、外見では判断できない難聴者の立場が一目で分かる缶バッジ作りを伊那図書館で行った。参加した会員7人が、「難聴です」「筆談をお願いします」などの文字が入ったバッジを作製。今後、衣服など...

続きを読む

<ひと ゆめ みらい>難聴のまな娘にアプリ開発 吉岡英樹(よしおかひでき)さん(49)=世田谷区(2020年5月25日配信『東京新聞』)

アプリを開発した吉岡英樹さん=八王子市の東京工科大で リンゴは「赤い」「まるい」「甘い」-。幼い子どもは視覚だけでなく、両親やきょうだいから「言葉のシャワー」を浴びて耳から情報を受け取り、ものの名前や特徴を覚えていく。では、難聴の子は? まな娘のために、写真と文字を組み合わせて言葉を学べる携帯端末用の学習支援アプリ「Vocagraphy(ボキャグラフィー)!」を開発した。多くの人に役立ててもらおう...

続きを読む

難聴ファイター、無観客試合でプロデビュー「僕は(声援が聴こえないので)関係ないけど、顔が見えず寂しかった」(2020年4月5日配信『AbemaTIMES』)

デビュー戦で勝利を収めた古宮晴 K-1系格闘技イベント『KHAOS』が、4月4日に新宿FACEで無観客大会を開催した。 この『KHAOS』は若手選手を中心に、ファイトマネー総取りトーナメントなど企画性の高い大会を開催してきた。今回は2大会連続となる、K-1選抜と格闘代理戦争の対抗戦7vs7マッチだ。ここで格闘リアリティショー『格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR』出身選手たちがプロデビュー。K-1選抜選手と団体戦で激突した。 メインイベ...

続きを読む

抗生物質過剰投与で難聴 札幌医大に賠償、札幌地裁(2020年3月31日配信『産経新聞』)

 札幌医科大病院(札幌市)で、けがの手術後に抗生物質を過剰に投与され、副作用で聴覚障害を負ったとして北海道岩見沢市の男性(64)が大学に損害賠償を求めた訴訟で、札幌地裁は30日、過剰投与と障害の関係を認め、大学に約310万円の賠償を命じた。 判決によると、男性は平成26年に道路工事の作業中に高所から転落し骨折。同病院に救急搬送され手術を受けた。手術後、1日1回点滴投与すべき抗生物質「ゲンタマイシン...

続きを読む

認知症リスクある難聴進行防ぐ食生活 魚、レバーなどの摂取を(2020年3月15日配信『NEWSポストセブン』)

認知症リスクある難聴進行防ぐ食生活 魚、レバーなどの摂取を難聴予防には何がいい? 65歳の2~4割、75歳以上で約半数が悩まされる「難聴」。服薬や手術などで原因を取り除ければ、聴力は回復するケースもあるが、重要なのは難聴の進行を防ぐことだ。『あぶない! 聞こえの悪さがボケの始まり』の著者で、川越耳科学クリニック院長の坂田英明医師が解説する。「難聴は聴力のレベル(程度)によって、『軽度難聴』『中等度難聴』...

続きを読む

「難聴」は認知症の危険因子 うつ病リスク2.4倍とのデータも(2020年3月10日配信『 NEWSポストセブン』)

難聴が認知症やうつ病を招くことも 65歳の2~4割、75歳以上で約半数が悩まされる「難聴」。「歳を重ねれば、誰だって耳が遠くなる」と思っていないだろうか。しかし、難聴が様々な疾患につながっていくケースは少なくない。 老人性難聴が引き起こしやすい疾患としては、まず認知症が挙げられる。相手の話していることが聞き取りにくくなると、だんだん話すことが億劫になり、相手の話を聞かなくなってコミュニケーション能力の低...

続きを読む

佐賀県予算案、軽・中度難聴児支援拡充へ(2020年2月14日配信『佐賀新聞』)

片耳難聴や人工内耳にも 佐賀県は、障害者手帳の交付対象ではない軽度・中度難聴児(18歳以下)の補装具購入に対する支援を、来年度から拡充する。両耳難聴だけだった対象者を片耳難聴にも広げ、補聴器に加えて人工内耳の体外機の交換にも助成金を出す。従来の支援制度から漏れていた当事者の保護者らが声を上げ、行政を動かした。 県は2015年度、軽度・中度の難聴児が補聴器を購入する場合の助成制度を創設した。一般に1...

続きを読む

ヤマハが「聴覚ケア」機能付きワイヤレスイヤホンを開発した理由(2020年2月9日配信『特選街Web』)

WHOは近年、世界の若者(12~35歳)の約半数に当たる11億人が、長時間、大音量の音楽を聴き続けることにより聴覚障害になるリスクにさらされていると警告した。ヤマハの独自技術は、音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を抑えてくれる。そんな話題の商品を徹底解剖する!話題の商品徹底解剖!ヤマハ株式会社「TW-E7A」のキーパーソンに訊け!アップル「AirPods」の登場によって火がつき、大きな盛り上がりを見せている...

続きを読む

【これが耳栓!?】装着するだけで耳を守るイヤープロテクターLOOP(2020年2月9日配信『特選街Webe』)

モダニティは、ベルギー・LOOP社製のイヤプラグ「LOOP」の国内販売を開始した。スタイリッシュでデザイン性の高いニュータイプのイヤプロテクター(耳栓)が特徴。専門機関であるDynamic Ear Company社の理論と設計に基づいており、装着することで耳鳴りや難聴、聴覚障害のリスクを抑えられる。カラーは、ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、レッドの5色。LOOPLOOP●価格:3880円モダニティは、ベルギー・LOOP社製のイヤ...

続きを読む

高齢者にも聞き取りやすい話し方…40代記者が学ぶ(2020年2月5日配信『読売新聞』)

加齢性難聴を理解するため、坂本さん(右)の指導で発音練習を体験する野村記者 年をとると聞こえ方が悪くなる「加齢性難聴」は、症状が徐々に進むため、気づかぬうちにコミュニケーションに支障をきたすこともあります。周囲で手助けできることは何か。野村昌玄記者(46)が、京都光華女子大客員教授でオトデザイナーズ社長の坂本真一さん(55)を訪ね、高齢者にも聞き取りやすい話し方のポイントなどを学びました。加齢で「...

続きを読む

障害のある子と親 専門家に悩み相談 小松(2020年2月1日配信『中日新聞』-「石川版」)

和やかな雰囲気で親子の相談に応じる相談員=小松市第一地区コミュニティセンターで 難聴や吃音(きつおん)、発達障害などがある子どもや親を対象にした「小松加賀能美地区教育相談会」(北陸中日新聞後援)が、小松市第一地区コミュニティセンターであった。言語聴覚士や特別支援教育士が約20組の親子の相談を受けた。 難聴の子を持つ親らでつくる「県ことばを育む親の会」が毎年開いている。園児や小中学生を中心に個別面談...

続きを読む

ナナランド小日向麻衣、難聴治療のため4月に卒業(2020年1月12日配信『音楽ナタリー』)

ナナランドの小日向麻衣が4月19日をもってグループを卒業することを発表した。ナナランドのTwitter公式アカウントでは小日向の脱退理由について「難聴の治療に専念するため」と説明。3年前に難聴を発症したという小日向は、可能な限りアイドルを続けたいという意思で活動を継続してきたが、病状や今後の活動について周囲を相談を重ねた結果、完治を目指して一度芸能活動を休止するという決断を下した。なお小日向の卒業ライブが4月...

続きを読む

難聴は認知症の「予防可能な最大因子」だった…耳が遠いと脳にも影響が出る理由(2020年1月1日配信『アエラドットコム』)

NILS-LSA(国立長寿医療研究センター・老化に関する長期縦断疫学研究)から/NILS-LSAの無作為抽出による難聴者を含む2400人対象の12年間におよぶ知能検査(ウェクスラー成人知能検査簡易版)における調査結果。「20世紀にラジウムを発見しノーベル賞を取った科学者は?」など一般的な事実を聞かれる「知識」、数字の見本となる記号を書き写す「情報処理能力」を含めた4項目で検査をおこなった 難聴は高齢期においてもっとも頻度...

続きを読む

GNヒアリングジャパン、聞こえに関する意識調査(2019年11月20日配信『認知症ねっと』)

同社の無料オンラインツール「きこえのチェック」を活用デンマークに本社を置く補聴器のトップメーカー、GNヒアリングの日本法人GNヒアリングジャパン株式会社(神奈川県横浜市)は、無料オンラインツール「きこえのチェック」を無料公開するとともに、同チェックを活用した聞こえに関する意識調査を行いました。「きこえのチェック」は、デンマーク本社と共同で音声に従ってイラストや数字をクリックして聞こえのチェックをし、難...

続きを読む

医師がすすめる「難聴」防ぐOK習慣、音楽はどんどん聴くべし(2019年11月20日配信『女性自身』)

「近視や遠視などで、ものが見えづらくなるのと同様に、なんらかの原因で聞こえづらくなるのが『難聴』。特別な病気などではなく、誰でもなる可能性があるのです」そう語るのは、これまで3万人以上の治療をおこなってきた日本リバースの今野清志院長。そもそも難聴とは、「音がほとんど聞こえない」のではなく、「聞こえづらい」状態を指す。いっぽうで、自分の視力(見え方)はある程度具体的に答えられる人が多いのに対し、自分...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ