FC2ブログ

記事一覧

ブログで伊藤詩織氏を侮辱、訴訟相手方の弁護士戒告(2021年3月31日配信『共同通信』)

 愛知県弁護士会は31日までに、ジャーナリスト伊藤詩織氏をブログで侮辱したとして、同会所属の北口雅章弁護士を戒告処分にした。30日付。北口弁護士は、伊藤氏が性暴力を訴えた民事訴訟で、相手方の元TBS記者山口敬之氏の代理人だった。北口弁護士プロフィール(公式サイト➡ここをクリック) 県弁護士会や北口弁護士によると、ブログで、伊藤氏の訴えは「全くの虚偽・虚構に過ぎず、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損(きそ...

続きを読む

【動画】伊藤詩織さん「イラストは私の魂を傷つけた」 はすみとしこ氏を訴えた裁判始まる(2020年11月17日配信『東京新聞』)

東京地裁前で報道陣の取材に応じる伊藤詩織さん=17日午前(共同) 性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)が、自身を誹謗ひぼう中傷するイラストをツイッターに投稿されたとして、漫画家はすみとしこさんに550万円の損害賠償と投稿の削除などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、東京地裁(小田正二裁判長)であった。伊藤さんは「今でも忘れられない。イラストは私の魂を深く傷つけた」と意見陳述した。...

続きを読む

伊藤詩織さん「セカンドレイプする人大勢いる」 漫画家への賠償請求訴訟で初弁論(2020年11月17日配信『毎日新聞』)

塩田彩東京地裁前で法廷で読み上げた意見陳述書について語る伊藤詩織さん(左)=東京都千代田区で2020年11月17日午前11時29分、塩田彩撮影 ツイッターで中傷的なイラストなどを投稿され名誉を傷つけられたなどとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が漫画家のはすみとしこ氏らに計770万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が17日、東京地裁(小田正二裁判長)で開かれた。伊藤氏は意見陳述で、「性被害の被害者をセカン...

続きを読む

取材される側の「消耗」経験した伊藤詩織さん 「後悔はない」と言える今(2020年11月5日配信『毎日新聞』)

インタビューに答えるジャーナリストの伊藤詩織さん=東京都千代田区で2020年10月23日、内藤絵美撮影 性暴力を巡る国内外の動きを追ってきた伊藤詩織さん。インタビュー後編は、その中で見えた日本社会の課題や、ジャーナリストとしての仕事について語った。【明珍美紀/編集編成局、塩田彩/統合デジタル取材センター】海外に目を向けて気づいた日本の課題 ――これまで海外の性暴力被害者の話を聞いたり、各国の性暴力被害者支援に...

続きを読む

伊藤詩織さん中傷、初弁論 元東大特任准教授争う姿勢(2020年11月2日配信『産経新聞』)

伊藤詩織さん 性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)がツイッターで中傷され、精神的苦痛を受けたとして、大沢昇平元東大特任准教授に110万円の損害賠償と投稿削除を求めた訴訟の第1回口頭弁論が2日、東京地裁(藤沢裕介裁判長)で開かれ、大沢氏側は争う姿勢を示した。 訴状によると、伊藤さんが6月、漫画家はすみとしこさんを相手に名誉毀損訴訟を起こした後、大沢氏はツイッターに「男にとって敵でし...

続きを読む

伊藤詩織さんが「虚偽告訴」「名誉毀損」? 「書類送検」報道を考える(2020年11月1日配信『毎日新聞』)

伊藤詩織さん=木許はるみ撮影 元TBS記者の山口敬之氏から性暴力を受けたと訴えるジャーナリストの伊藤詩織さんが、山口氏から名誉毀損(きそん)の疑いで告訴され、書類送検されたというニュースがネット上で流れている。今後は検察庁が起訴するか不起訴にするか判断するが、ネット上では「私は初めから、あの女性の言っていることは変だと思ってました」などと名誉毀損の成立を決めつけるような誤った書き込みが多くみられる。...

続きを読む

伊藤詩織さん、書類送検…元TBS記者が虚偽告訴などで刑事告訴(2020年10月26日配信『弁護士ドットコム』)

ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之さんから性暴力被害を受けたと訴えた事件に関連して、伊藤さんが書類送検されていたことがわかった。関係者によると、まだ最終的な処分は出ていないという。●現在、民事訴訟がおこなわれている伊藤さんは、2015年4月に山口さんから性暴力を受けたと被害を訴えて、山口さんが同年8月、準強姦罪(当時)の疑いで書類送検されたが、山口さんは2016年7月、嫌疑不十分のため不起訴処...

続きを読む

伊藤詩織さんが名誉毀損訴えた裁判 杉田衆院議員が棄却求める(2020年10月21日配信『NHKニュース』)

 性的暴行の被害を訴えているジャーナリストの伊藤詩織さんが、自民党の杉田水脈衆議院議員に対し、誹謗中傷のツイートに繰り返し「いいね」を押され名誉を傷つけられたと訴えた裁判が始まり、杉田議員は訴えを退けるよう求めました。 性的暴行の被害を訴えているジャーナリストの伊藤詩織さんは、不特定多数の人が投稿した誹謗中傷のツイートを自民党の杉田水脈議員に繰り返し「いいね」を押されて10万人を超えるフォロワーに拡...

続きを読む

伊藤詩織さん「衝撃、恐怖」杉田議員の『いいね』(2020年10月21日配信『日刊スポーツ』)

伊藤詩織さん(19年12月撮影) ジャーナリスト伊藤詩織さん(31)が誹謗(ひぼう)中傷のツイートに対して「いいね」を押され名誉感情を侵害されたとして、自民党の杉田水脈衆院議員(53)に220万円の損害賠償などを請求した訴訟の第1回口頭弁論(武藤貴明裁判長)が21日、東京地裁で開かれた。杉田氏側は請求棄却を求めた。杉田氏は出廷せず抗弁書を提出した。 伊藤さんは15年に元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(54)と会食...

続きを読む

「伊藤詩織さん」が「TIME」の100人に選出 “逮捕もみ消し”は菅総理の側近で…(2020年10月7日配信『デイリー新潮』)

 いくら闇に葬り去ろうとしても、世界は犯された罪を忘れない。そう思わせる快挙である。9月23日、米「TIME」誌は、2020年版の「世界で最も影響力のある100人」にジャーナリストの伊藤詩織さん(31)を選んだ。発端となった事件の逮捕状がもみ消された当時、政権中枢にいた菅義偉総理たちの胸中は如何に。世界が味方に!(新潮社)現場の高級ホテル *** 日本から選出されたのは、詩織さんとテニスの大坂なおみ選手(22)の二人...

続きを読む

「世界で最も影響力のある100人」(2020年9月26日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流」)

 それは、長く奥底に抑え込んできた心の叫びでした。昨年末に地方都市の駅前で開かれたフラワーデモ。30代の女性は声をふるわせ、学生のときに受けた性暴力を語りました▼いままで、自分も悪いと無理に閉ざしてきたいまわしい過去。決して消えない傷を家族以外にはじめて打ち明けました。そのきっかけの一つに、彼女はある女性の存在をあげました。それが伊藤詩織さんでした▼ときの権力者に近しい男性ジャーナリストから望まない...

続きを読む

伊藤詩織さんが「TIME」誌の100人に…一方で菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼していた疑惑(2020年9月23日配信『リテラ)

首相官邸HPより伊藤詩織さん(2020年9月23日配信『毎日新聞』) 本日、アメリカの「TIME」誌が、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」(TIME100)を発表し、日本からはジャーナリストの伊藤詩織さんとテニスの大坂なおみ選手が選ばれた。 周知のとおり、伊藤さんは2017年に「安倍首相にもっとも近いジャーナリスト」と呼ばれていた元TBS記者・山口敬之氏からの性暴力を告発、民事訴訟では一審の東京地裁...

続きを読む

伊藤詩織さん、TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる 大坂なおみ選手も(2020年9月23日配信『ハフポスト』)

「世界で最も影響力のある100人」に、ジャーナリストの伊藤詩織さんや大坂なおみ選手らが選ばれました。Jun Tsuboike 坪池順生田綾ジャーナリストの伊藤詩織さん(2019年12月撮影)アメリカの雑誌「TIME」は9月23日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、ジャーナリストの伊藤詩織さんとテニスの大坂なおみ選手が選ばれた。TIME誌に掲載された伊藤さんの紹介文は、社会学者で東京大学名誉教授の上野千鶴子さんが執...

続きを読む

「政治は希望であってほしい」 親安倍派からバッシング受け続けた伊藤詩織さんの新政権への思い(2020年9月22日配信『AERA.com』)

伊藤詩織さん(31)/ジャーナリスト。元TBS記者を準強姦容疑で告訴し、逮捕状が出たが執行されず官邸によるもみ消しが疑われた。元記者は否定。執行されなかった経緯は安倍政権が残した疑惑の一つに(撮影/編集部・小田健司) 性暴力被害を訴えた伊藤詩織さんの事件で、準強姦容疑で告訴された元TBS記者に逮捕状は出たが、執行されず官邸によるもみ消しが疑われた。執行されなかった経緯は安倍政権が残した疑惑の一つになって...

続きを読む

【動画あり】伊藤詩織さん、杉田議員を提訴 SNS中傷への「いいね」は名誉侵害とt(2020年8月20日配信『東京新聞』)

伊藤詩織さん 性暴力被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織さん(31)は20日、名誉を傷つけられたとして、自民党の杉田水脈衆院議員と大沢昇平・元東大大学院特任准教授に慰謝料など計330万円と投稿の削除を求め、東京地裁に提訴した。 伊藤さんは元TBS記者の山口敬之氏から性暴力被害を受けたとして東京地裁に提訴。同地裁は昨年12月、訴えを認めて山口氏に330万円の賠償を命じている。 訴状などによると、杉田...

続きを読む

伊藤詩織氏、杉田水脈衆院議員を提訴 中傷ツイートに繰り返し「いいね」(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

伊藤詩織さん=東京都中央区で2020年6月8日、北山夏帆撮影 ツイッターで自分を中傷するツイートに繰り返し「いいね」を押されたことで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が20日、自民党の杉田水脈衆議院議員(53)に220万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。杉田水脈氏 SNS上での中傷が社会問題になるなかで、ツイッターでの「いいね」に法的責任を問えるかが焦点になる。訴状によると、国会議員で...

続きを読む

伊藤詩織さんが杉田水脈議員を提訴 「『いいね』が集団的ないじめのような構造を呈している」(会見詳報)(2020年8月20日配信『ハフポスト』)

精神的な負担を考慮し、伊藤詩織さん本人は会見を欠席した。生田綾中村 かさね (Kasane Nakamura)代理人弁護士の佃克彦氏、山口元一氏、西廣陽子氏ジャーナリストの伊藤詩織さんは8月20日、Twitterで伊藤さんを誹謗中傷する複数の投稿に「いいね」を押して名誉感情を侵害されたとして、自民党の杉田水脈衆院議員を提訴した。同日、代理人弁護士の佃克彦氏、山口元一氏、西廣陽子氏が都内で会見を開いた。精神的な負担を考慮し、...

続きを読む

伊藤詩織さん、衆院議員の杉田水脈氏、Daisy大澤昇平社長を提訴。「いいね」押した責任問う(2020年8月20日配信『BUSINESS INSIDER JAPAN』)

杉田水脈氏・大澤昇平氏に対して名誉毀損の訴えを起こしたジャーナリストの伊藤詩織さん。ジャーナリストの伊藤詩織さんは8月20日、衆議院議員の杉田水脈氏と元東京大学特任准教授でAIベンチャーDaisy社長の大澤昇平氏を相手取り、Twitter上で名誉を毀損されたとして、それぞれ約220万円(杉田氏)、約110万円(大澤氏)の損害賠償を求め東京地方裁判所に提訴した。大澤氏に対しては、投稿の削除も請求する。伊藤さんは6月、イラス...

続きを読む

「いいね、は集団いじめ」 法的責任問えるかが焦点 伊藤詩織氏、杉田水脈議員ら提訴(2020年8月20日配信『毎日新聞』)

SNS上で誹謗中傷を受けたとして提訴し、記者会見の会場に入る伊藤詩織さん(中央)=東京都中央区で2020年6月8日午後2時、北山夏帆撮影 ツイッターで自分を中傷するツイートに「いいね」を押されたことで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が20日、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(53)に220万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。伊藤氏の代理人は20日、記者会見を開き「多くの人がよってたか...

続きを読む

伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向(2020年7月7日配信『毎日新聞』)

伊藤詩織さんに関する投稿の分析を担った評論家、ラジオパーソナリティーの荻上チキさん=東京都千代田区で2020年6月19日、 自分に関する70万件もの書き込みがインターネット上に存在し、その中に多くのデマやバッシングが含まれていたとしたら、あなたはどう感じるだろうか。ジャーナリストの伊藤詩織さんが6月、ツイッター上に投稿されたイラストなどで名誉を傷つけられたとして漫画家のはすみとしこさんらを提訴した際、自身に...

続きを読む

連載・伊藤詩織「アルビニズムの少年少女の人身売買が行われるアフリカの闇市」(2020年6月27日配信『プレジデントオンライン』)

アフリカ・シエラレオネに住む、アルビニズムのサロミ(右)と母のアリス(2018年6月、著者撮影)。■アフリカで襲われる、アルビニズムの少年少女 彼女に出会った日はよく晴れた日だった。赤道にほど近いシエラレオネの日差しが肌に突き刺すように降り注ぐ。その紫外線はアフリカに住むアルビニズムの人々の命に関わる大敵でもある。メラニン色素合成の減少や欠損で起きる遺伝性疾患のアルビニズムは世界で2万人に1人の確率で起こ...

続きを読む

性被害者をおとしめるセカンドレイプそのもの(2020年6月16日配信『沖縄タイムス』-「大弦小弦」)

 本紙総合面に載る砂川友弘さんの「時事漫評」を見ると、毎回口元が緩む。基地問題や政局、今ならコロナ禍の社会情勢を読み解き、権力への批判をユーモアにくるんでちくりと刺す。これぞ風刺漫画の醍醐味(だいごみ)だ▼ツイッターで拡散された、こちらのイラストは風刺とは呼ばない。一個人をターゲットにした悪質な誹謗(ひぼう)中傷でしかない▼性暴力被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織さんが、漫画家はすみとしこ氏を相...

続きを読む

新聞の政治漫画や芸能人の似顔絵で一時代を築いた針すなおさん…(2020年6月13日配信『西日本新聞』-「春秋」)

 新聞の政治漫画や芸能人の似顔絵で一時代を築いた針すなおさん。かつて故郷の佐賀市で創作の極意をこう語った。「笑いと風刺が原点です」▼好例が2013年の森喜朗元首相とロシアのプーチン大統領の会談を題材にした針さんの政治漫画。柔道着姿の2人が左手で相手をつかみ合い、右手でこっそり握手していた。表向きの友好を演出しつつ北方四島返還が進まぬ現状への皮肉であろう。漫画が載った新聞を見て、当のプーチン氏も思わず笑っ...

続きを読む

山口敬之に月80万円支払い「OKWAVE」社外取締役に安倍首相と親密な女性実業家! 経営企業で安倍政権が推進する“性暴力電話相談”を受注(2020年6月11日配信『リテラ)

山口氏出世作『総理』(幻冬舎刊) ジャーナリスト・伊藤詩織さんが漫画家のはすみとしこ氏らを提訴したことで、あらためて浮き彫りになったのが、この国の性暴力被害者が置かれた状況だ。本来、被害者は救済を受けるべき存在であり、その主張は広く社会で共有されるべきなのに、日本では逆に被害者のほうに落ち度があったとか、トラップを仕掛けたとか、理不尽に責め立てられる。 しかも伊藤さんの場合は、加害者が安倍首相御用...

続きを読む

伊藤詩織さんが提訴の漫画家、ツイッターでは自らへの「誹謗中傷」訴える ヘッダーは問題の画像(2020年6月10日配信『J-CASTニュース』)

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(31)が名誉棄損で提訴した漫画家が、ツイッターで発言を繰り返している。 提訴の影響で自らにも「誹謗中傷が殺到している」といい、自虐的な内容の投稿もしている。どんな状況になっているのだろうか。■「私が木村花さんの様にならないよう、最新の注意を」「生理も来ていない更年期」「とっとと消えろ」「人殺し」「クズ」「交通事故で死ね」...。 漫画家のはすみとしこさんは2020年6月9日、提...

続きを読む

SNSに風刺画や「枕営業」…伊藤詩織さん中傷の漫画家ら提訴(2020年6月9日配信『東京新聞』)

提訴の記者会見をする伊藤詩織さん=8日、東京都中央区で ツイッターで悪質な書き込みやイラスト投稿で名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(31)は8日、漫画家はすみとしこさんに550万円の損害賠償と投稿の削除、謝罪広告を求めて東京地裁に提訴した。投稿をリツイート(転載)した男性2人にも計220万円の損害賠償を求めた。 訴状などによると、伊藤さんは元TBS記者の山口敬之氏(54)から...

続きを読む

伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴! はすみ氏に同調して伊藤氏を攻撃、山口敬之擁護していた自民党・安倍親衛隊議員の責任(2020年6月9日配信『リテラ)

杉田水脈公式webサイトより ジャーナリスト・伊藤詩織さんが、ツイッターに投稿されたイラストなどが名誉毀損にあたるとして漫画家のはすみとしこ氏らを提訴した。 伊藤さんは、安倍首相と昵懇の元TBS記者・山口敬之氏から意識がないなかで性行為を強要されたとして1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、2019年12月に勝訴。 その際の会見でも、伊藤さんが被害を実名顔出しで告発して以降、自身に向けられた「セカンドレイプ」...

続きを読む

異例の提訴 伊藤詩織さんが「セカンドレイプ」と訴えた中傷ツイートの拡散力(2020年6月9日配信『毎日新聞』)

NS上で誹謗中傷を受けたとして提訴し、記者会見で質問に答える伊藤詩織さん(右)=東京都中央区で2020年6月8日午後2時33分 性暴力被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織氏(31)が8日、ツイッター上の侮辱的なイラストや言葉で名誉を傷つけられたとして、漫画家はすみとしこ氏とはすみ氏の投稿をリツイートした2人を相手取り、計770万円の慰謝料、弁護士費用の支払いを求めて東京地裁に提訴した。 伊藤氏側は、性暴力被害を訴え...

続きを読む

伊藤詩織さん、漫画家はすみとしこさんら3人を提訴。「枕営業」などツイートめぐり(2020年6月8日配信『ハフポスト』)

伊藤詩織さん=2019年12月18日、都内ジャーナリストの伊藤詩織さんは6月8日、Twitterに投稿されたイラストなどが名誉毀損に当たるとして、漫画家のはすみとしこさんら3人に計770万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。 訴状によると、はすみさんは2017年6月~2019年12月、元TBS記者の山口敬之さんから性行為を強要されたと訴えていた伊藤さんを「枕営業」などと揶揄したり、被害経験などを綴った著書『BLACK BOX』について「...

続きを読む

「真実にふたはできない」声を上げた伊藤詩織さんの覚悟(2020年5月31日配信『東京新聞』)

<あの人に迫る>性暴力被害を公表したジャーナリスト 性暴力の被害に遭ったことを3年前に公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)の行動は、日本の「#MeToo」運動の先駆けとなった。その後、多くの女性たちが声を上げるようになり、性暴力に対する社会の意識は変わり始めた。準強姦(ごうかん)容疑で伊藤さんに刑事告訴された山口敬之・元TBSワシントン支局長(54)は不起訴となったが、民事訴訟では12月に伊...

続きを読む

「真実にふたはできない」声を上げた伊藤詩織さんの覚悟(2020年5月31日配信『東京新聞』)

<あの人に迫る>性暴力被害を公表したジャーナリスト写真・稲岡悟 性暴力の被害に遭ったことを3年前に公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(31)の行動は、日本の「#MeToo」運動の先駆けとなった。その後、多くの女性たちが声を上げるようになり、性暴力に対する社会の意識は変わり始めた。準強姦(ごうかん)容疑で伊藤さんに刑事告訴された山口敬之・元TBSワシントン支局長(54)は不起訴となったが、民事訴訟で...

続きを読む

伊藤詩織さんも出演NHK『バリバラ』の再放送が突如、差し替え! ネトウヨや自民党・小野田議員が抗議、官邸からの圧力説も(2020年4月26日配信『リテラ)

Eテレ『バリバラ』(番組HPより) 先日本サイトでも紹介した、4月23日放送のNHK『バリバラ』(Eテレ)の、「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~」。25日深夜にも再放送が予定されていたのだが、突如再放送が中止になった。 昨晩25日深夜0時から再放送される予定だったにもかかわらず、放送開始わずか30分前の25日23時30分に、番組公式アカウントが以下のようにツイート。〈「バリバラ」Eテレ4/26(日)午前0時から...

続きを読む

NHK「バリバラ」再放送が直前差し替え 伊藤詩織さんら出演分が別の回に(2020年4月26日配信『毎日新聞』)

放送30分前に番組の差し替えを発表したNHK「バリバラ」のホームページ NHKの障害者をテーマにした情報バラエティー番組「バリバラ」で、23日夜放送の「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴(うたげ)第1部」の再放送が、26日午前0時から放送予定だったのが、放送直前に急きょ差し替えられた。 この回は、昨年度にバリアフリーや多様性に携わった人を招き、お花見形式でトークするという内容。顔と実名を公表して性暴力...

続きを読む

警察庁ナンバー2栄転は「忖度か?」 質問に、菅氏「適材適所だ」(2020年1月18日配信『東京新聞』)

 菅義偉官房長官は、17日の記者会見で、ジャーナリスト伊藤詩織さん(31)が性被害を訴えた元テレビ記者への逮捕状執行取り消しを指示した警察庁の中村格官房長を同日付で同庁ナンバー2の次長に昇進させた理由について「人事というのは適材適所で行われている」と答えた。警察庁の中村格官房長が次長に 菅氏は、記者の「総理やマスコミへの配慮や忖度があったのではないかと国内外の世論の批判があるが、なぜ栄転させたのか...

続きを読む

山口敬之逮捕を握り潰した中村格が警察庁ナンバー2に!『報ステ』に圧力、安倍秘書の息子の喧嘩にまで介入した“官邸の忠犬”(2020年1月15日配信『リテラ』)

警察庁ナンバー2に中村格が!(警察庁HP) ついに、あの“官邸の忠犬” “政権の爪牙”が警察庁ナンバー2の座に就く。昨日14日、警察庁長官に松本光弘次長、警視総監に斉藤実副総監が昇格する人事が閣議で承認されたが、同時に警察庁次長に中村格官房長が就くことがわかったからだ。 次長というと長官のたんなる補佐役のように受け取られがちだが、実際にはその権力は絶大で、指揮監督は全国におよび、事実上、警視総監以上の権限を...

続きを読む

伊藤詩織さん性暴力訴訟で元TBS記者山口氏が控訴(2020年1月6日配信『日刊スポーツ』)

 ジャーナリスト伊藤詩織さん(30)が元TBS記者山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして損害賠償を求めた訴訟で、山口氏は6日、330万円の支払いを命じた東京地裁の判決を不服として控訴した。 2人は15年4月、すし店で会食。酩酊状態の伊藤さんはタクシーで山口氏のホテルに連れて行かれ、性行為をされた。裁判では合意の有無が争点になったが、昨年12月18日の地裁判決は伊藤さんの供述を信用できると判断し「意識がない伊藤さ...

続きを読む

伊藤詩織氏の勝訴受け、豊島区議「少子化が加速」 ネットで批判高まる(2019年12月30日配信『THE PAGE)

 元TBS記者の山口敬之氏から性暴力を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏が1100万円の損害賠償を求めていた裁判で、東京地裁は12月18日、伊藤氏の訴えを認めて、山口氏に330万円の支払いを命じました。山口氏は逆に伊藤氏に対して、著書などで被害を公表したことで名誉を傷付けられたとして1億3000万円という巨額の賠償を求めていましたが、この訴えは棄却されました。 性暴力を受けたという伊藤氏の主...

続きを読む

性被害 泣き寝入りさせないよう(2019年12月29日配信『京都新聞』ー「社説」)

 性暴力被害への意識を変えるきっかけになるだろうか。 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者から性暴力を受けたとして損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は330万円の支払いを命じた。 判決は「酩酊(めいてい)状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定した。実名での被害公表も「公益目的」と認め、元記者が訴えた名誉毀損(きそん)には当たらないとした。 元記者は控訴する方針で、判決...

続きを読む

伊藤詩織さん勝訴 開き直ったネトウヨ言論人のおぞましさ

それでもバカとは戦え適菜収 作家1975年生まれ。作家。ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。山口敬之氏 元TBS記者山口敬之による伊藤詩織さんのレイプ事件。東京地裁は「酩酊状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為...

続きを読む

安倍官邸が性暴力裁判の山口氏をアメリカへと逃した卑怯な手口(2019年12月27日配信『MAG2ニュース』)

新恭(あらたきょう)『国家権力&メディア一刀両断』先日掲載の「伊藤詩織さん勝訴も山口氏の信じ難い暴言を糾弾せぬメディアの恥」でもお伝えした通り、性犯罪を巡る民事裁判で敗訴するも、判決後の会見等で伊藤さんに対し侮辱的とも言える暴言を放つなど、強気の姿勢を崩さない山口敬之氏。その山口氏と安倍首相との間に、適切とは言えぬある「ひとつの事実」が浮上しました。元全国紙社会部記者の新 恭さんは今回、自身のメル...

続きを読む

伊藤詩織さんの裁判 性被害者を守れる社会に(2019年12月27日配信『毎日新聞』-「社説」)

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力を受けたとして、元TBS記者の山口敬之氏を訴えた民事裁判で東京地裁は山口氏に賠償を命じた。 判決は、深酔い状態で意識のない伊藤さんに対し、山口氏が合意のないまま性行為に及んだと認定した。 伊藤さんは準強姦(ごうかん)容疑で警視庁に告訴したが、東京地検は不起訴にした。検察審査会も不起訴を相当としたため、民事裁判を起こしていた。 厳密な立証を求める刑事事件と異なり...

続きを読む

安倍首相が伊藤詩織さんへのセカンドレイプ繰り返す「Hanada」に堂々登場! あの山口敬之と山口擁護の小川榮太郎と表紙で“共演”(2019年12月26日配信『リテラ』)

安倍首相が伊藤詩織さんへのセカンドレイプ繰り返す「Hanada」に堂々登場! あの山口敬之と山口擁護の小川榮太郎と表紙で共演の画像1飛鳥新社ホームページより 伊藤詩織さんとの民事裁判に全面敗訴した元TBS記者・山口敬之。この「安倍首相に近いジャーナリスト」を徹底的に擁護し、伊藤さんへの「セカンドレイプ」を執拗に繰り返すメディアがある。花田紀凱編集長率いる「月刊Hanada」(飛鳥新社)だ。 周知のように、官邸御用...

続きを読む

詩織さんの不服を却下 アベ友「不起訴」検察審査会の疑惑(2019年12月25日配信『日刊ゲンダイ』)

ジャーナリストの伊藤詩織さん 伊藤詩織さんが元TBS記者・山口敬之氏からのレイプ被害を訴え、勝訴した民事訴訟。東京地裁が「合意のない性行為」と事実認定したことを受け、東京地検の不起訴処分に批判が集まっている。山口氏が“アベ友”だったため、逮捕に続き、起訴も免れたのではないか。起訴して刑事裁判で白黒ハッキリさせるべきだ――。そんな声が湧き起こっているのだ。 だが、検察自ら腰を上げ起訴する「再起」の道はあ...

続きを読む

詩織さん勝訴 「黒箱」の中が見えない(2019年12月24日配信『東京新聞』-「社説」)

 性暴力被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織さんが民事訴訟で勝訴した。「#MeToo(ミートゥー)」の声が高まる契機にもなった事件だが、ブラックボックスの中はまだ見えない状況だ。 勝訴の報は海外メディアでも大きく取り上げられた。米国のワシントン・ポストは「日本人女性の権利の勝利」と。CNNテレビも、英国のBBC放送なども一斉に報道した。台湾などでも同じだ。伊藤さんの著書「Black Box」は、中...

続きを読む

詩織さん重要発言 安倍首相に山口氏“海外逃亡”根回し疑惑(2019年12月23日配信『日刊ゲンダイ』)

19日の会見で語るジャーナリストの伊藤詩織さん同じく19日、会見にのぞむ元TBSワシントン支局長の山口敬之氏 ジャーナリスト・伊藤詩織さんと元TBS記者の山口敬之氏のレイプ民事裁判。東京地裁が山口氏に330万円の支払いを命じ、詩織さんの“完勝”に終わった。大手メディアは報じていないが、詩織さんは19日の会見で重要な発言をしている。安倍首相が、山口氏の“海外逃亡”に手を貸した疑いがあるというのだ。 詩織さんに...

続きを読む

性暴力の告発 被害者に寄り添う社会に(2019年12月23日配信『山陽新聞』ー「社説」)

 性暴力の被害をためらわずに告発できる社会をつくるための議論を、深める契機としたい。 ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力被害を訴え、元TBS記者に損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は「酩酊(めいてい)状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、330万円の支払いを命じた。元記者側は控訴する意向を明らかにしている。 刑事手続きでは元記者は嫌疑不十分で不起訴となっており、結論が分...

続きを読む

詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報! 安倍首相の講演の見返りに米シンクタンクにねじ込みr(2019年12月21日配信『リテラ』)

外国特派員協会で会見する山口敬之氏(日本外国特派員協会オフィシャルサイトFCCJchannelチャンネルより) 一昨日19日、伊藤詩織さんの主張が認められた東京地裁判決を受けて、元TBS記者・山口敬之氏と伊藤さんがそれぞれ日本外国特派員協会で会見をおこなった。最初におこなわれた山口氏の会見では伊藤さんも記者のひとりとして参加していたのだが、山口氏は本人が目の前にいるというのに「彼女は嘘つきの常習犯」などと醜い主張...

続きを読む

必ず知っておきたい「性的同意」の話。紅茶におきかえた動画を見てみよう 「相手が紅茶を要りませんと答えたなら、紅茶をいれるのをやめてください」 生田綾(2019年12月21日配信『ハフポスト』)

伊藤詩織さんの民事裁判など、性犯罪をめぐる裁判で争点になることが多い「性的同意」。相手が、性行為に同意しているか、していないのか。どう判断すればいいのでしょうか?ここに、「紅茶」にたとえて性的同意をわかりやすく伝える動画があります。「相手が要らないと答えたなら、紅茶をいれるのをやめてください」。イギリスの警察が公開した動画に、デザイナーのMina(@mlookslike_)さんが字幕をつけ、2017年にTwitterで紹介...

続きを読む

詩織さん全面勝訴を報じても山口敬之氏と安倍首相の関係には触れないテレビ局! 踏み込んだのは玉川徹だけ(2019年12月21日配信『リテラ』)

詩織さん全面勝訴を報じても山口敬之氏と安倍首相の関係には触れないテレビ局! 踏み込んだのは玉川徹だけの画像1テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』12月19日放送より「本当にこの2年間、いろいろなことが変わって報道のされ方も大きく変わったなと思っています」伊藤詩織さんは山口敬之氏との裁判で全面勝訴を勝ち取ったあと、その性暴力をはじめて実名告発したときの反応と比較するかたちでこう語った。 たしかに、2年前の...

続きを読む

性暴力とゆがんだ社会構造(2019年12月21日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

 フィンランドの女性の首相マリーン氏(34)を「レジ係」と呼んだ上で中傷した閣僚がいる。エストニアのヘルメ内相(70)だ。マリーン氏のかつての仕事を指した発言とみられる▼「レジ係」という職種までおとしめており看過できない。相手が男性なら同じ言葉を投げつけただろうか。ヘルメ内相は自国の大統領を「感情的に怒る女性」と呼び問題になった▼セクシャルハラスメントの責任は加害者だけにとどまらない。女性を取り巻く社会...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ