FC2ブログ

記事一覧

精神指定医取り消し要請 患者虐待病院の元院長(2021年3月25日配信『共同通信』)

入院患者を虐待したとして元看護師ら6人が有罪判決を受けた精神科病院「神出病院」(神戸市西区)の院長(当時)について、神戸市は25日までに、精神保健指定医の資格を取り消すよう要請する報告書を国に提出した。市は、同病院の他の医師についても取り消しを要請する方針。同病院を巡っては、入院患者同士でわいせつな行為をさせるなどの虐待をしたとして、準強制わいせつなどの罪で元看護師らが有罪判決を受けた。市は事件や調...

続きを読む

(論)障害(2020年12月22日・2021年2月28日・3月12日)

コロナと障害者 課題に取り組む機会に(2021年3月12日配信『東京新聞』-「社説」) コロナ禍のしわ寄せは社会的弱者に集中している。障害者も例外ではない。長く放置されてきた問題が背景となり、事態が深刻化している例が目立つ。この災いを課題に取り組む機会にしたい。 身体、知的、精神の区分を問わず、コロナ禍は障害者たちにも厳しい日常生活を強いている。 例えば、視覚障害者。外出先で声をかけてくれる人が減...

続きを読む

障害者施設の虐待年3件「再発防止策、不十分」 体触りパワハラも 大崎(2021年2月7日配信『河北新報』)

障害者就労継続支援事業所「すずかけの里」虐待についての内容が記された県の開示文書 社会福祉法人おおさきさくら福祉会(大崎市)が運営する障害者就労継続支援事業所「すずかけの里」で2017年7月以降、2人の幹部職員が障害のある利用者を怒鳴るなどの行為を繰り返したとして、行政側から1年間で計3回、虐待事案と認定されていたことが6日、分かった。専門家は「改善策が不十分なため再発を防げなかった」と対応を批判...

続きを読む

福祉現場から見た「第三者の目」の重要性とは? 障害者施設に設置される虐待防止委員会に期待すること(2021年1月27日配信『おたくま経済新聞』)

虐待のイメージ 知的・精神的な障害などがある人たちが利用する福祉施設では、障害者がケアを受けながら自立のための訓練や労働を行います。しかし、施設職員が利用者である障害者を虐待してしまうケースが後を絶ちません。厚生労働省は障害者施設でのより強い虐待防止策として、2022年度から事業所に虐待防止委員会設置を義務付けました。 ■ 障害者を支援するはずの施設でなぜ虐待が起こるのか 2020年12月、愛知県東浦町の障...

続きを読む

浮かび上がった課題、障害者施設側は全く疑わず…入所者虐待容疑で元臨時職員逮捕(2020年12月19日配信『毎日新聞』)

事件が起きた障害者のグループホーム「なないろの家」=愛知県東浦町で2020年12月4日、高井瞳撮影 愛知県東浦町の障害者施設で知的障害がある男性に暴行し重傷を負わせたとして、元臨時職員の水野有幸容疑者(45)が12月4日、傷害容疑で逮捕された。施設では2018年9月以降、入所者3人が計7回救急搬送され、腸に穴が開いていると診断されていたが、施設側は虐待の可能性を全く疑っていなかった。事件からは高い密室性や被害当事者...

続きを読む

病院長の「精神保健指定医」取り消しへ 入院患者への虐待が相次いだ神出病院(2020年10月24日配信『MBSニュース』)

 入院患者への虐待が相次いだ神戸市の神出病院について、神戸市は、患者の人権を侵害したとして病院長の「精神保健指定医」の資格を取り消すよう国に求める方針を決めました。 神出病院では、精神障害のある入院患者同士で無理やりキスをさせるなどの虐待を繰り返したとして、元看護助手ら6人が有罪判決を受けています。また、患者4人を同じ部屋に2週間閉じ込めるなどの不適切な管理が行われていたことがわかっています。 こ...

続きを読む

精神指定医取り消し要請へ 神戸、患者虐待事件の病院長(2020年10月22日配信『共同通信』)

 入院患者を虐待したとして元看護師ら6人が有罪判決を受けた精神科病院「神出病院」(神戸市西区)の院長の「精神保健指定医」資格を取り消すよう、神戸市が国に要請する方針を固めたことが22日、市への取材で分かった。 指定医は精神障害がある患者を強制的に入院させる必要性などを判断できる。法律違反や「著しく不当な行為」があった場合、厚生労働相が資格を取り消したり、職務停止を命じたりできる。 同病院では、入院患...

続きを読む

障害者への虐待通報義務で意見書(2020年10月20日配信『NHKニュース』)

 神戸市の精神科病院での虐待事件を受けて、市議会は、病院の職員などが障害者への虐待を発見した際に自治体への通報を義務づける必要があるとして、国に法改正を求める意見書を採択することになりました。 神戸市西区の精神科病院「神出病院」では、おととしから去年にかけて、看護師ら6人が患者に対し虐待行為を繰り返していましたが、別の事件がきっかけで発覚するまで、職員などからの虐待の通報はありませんでした。 こう...

続きを読む

院長独裁」神戸の精神科病院 利益優先、患者退院させず(2020年10月17日配信『神戸新聞』)

神戸市の神出病院=3月(共同通信社ヘリから) 看護師らによる入院患者への虐待事件があった神戸市の精神科病院「神出病院」で以前働いていた看護師が共同通信の取材に応じ、「患者への不適切な身体拘束や隔離を医師が容認していた」「院長の経営が独裁的で、病院の利益のためベッドを埋めておこうと、患者を退院させなかった」などと証言した。 認知症患者の受け入れが増え、現場に余裕がなくなったことが拘束や隔離、虐待を招...

続きを読む

精神疾患の入院患者虐待 元看護助手に懲役4年 首謀者とは認めず 神戸地裁判決(2020年10月12日配信『毎日新聞』)

 神戸市西区の神出(かんで)病院で起きた入院患者への虐待事件で、準強制わいせつや監禁などの罪に問われた元看護助手、和田元規被告(27)に対し、神戸地裁(小倉哲浩裁判官)は12日、懲役4年(求刑・懲役7年)の判決を言い渡した。一連の事件では和田被告を含めて元看護師ら計6人が逮捕・起訴され、検察側は被告が事件を主導したと主張していたが、小倉裁判官は首謀者とまでは認めなかった。ただ「関与の度合いは大きい」と指...

続きを読む

精神科病院「B棟4階」のおぞましい虐待(2020年9月10日配信『共同通信』)

看護師らが法廷で明かした真相とは患者への虐待事件があった神出病院=神戸市西区 神戸市内の精神科病院「神出(かんで)病院」で今年3月、看護師ら男6人(現在は全員退職)が患者に虐待をしていたとして、準強制わいせつや監禁などの容疑で兵庫県警に逮捕された。その後、神戸地裁で開かれた公判では常態化した患者虐待のおぞましい実態が次々と明らかになった。だが、浮かび上がった問題はそれだけではなかった。(共同通信=...

続きを読む

精神疾患患者への虐待 人の尊厳、損なう行為だ(2020年3月9日配信『中国新聞』-「社説」)

 神戸市の病院で精神疾患のある男性入院患者3人に虐待行為を繰り返したとして、元看護助手や看護師の計6人が兵庫県警に逮捕された。 ベッドを逆さにして閉じ込めたり、患者同士に口づけさせたりした監禁や準強制わいせつの疑いである。虐待の様子をスマートフォンで撮影した動画の一部を無料通信アプリLINE(ライン)で情報共有したことも明らかになった。 人間の尊厳を著しく損なう行為だ。決して許されない。 動画約3...

続きを読む

障害者への虐待20件 昨年度認定、雇用主からが最多(2019年12月31日配信『読売新聞』ー「鹿児島版」)

 鹿児島県は2018年度の県内での障害者に対する虐待状況のまとめを公表した。県や市町村などへの通報・届け出があったのは80件(前年度比5件増)で、うち虐待と認定されたのは20件(同3件増)だった。 20日の発表によると、虐待と判断されたうち、職場の雇用主による虐待が9件(同8件増)と最も多かった。次いで家族などの養護者が7件(同3件減)、福祉施設の職員が4件(同2件減)となった。 虐待の類型別(複...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ