FC2ブログ

記事一覧

孤独感じない居場所を 病気や障害持つ子どものきょうだい支援 NPOが横浜でシンポ 1月9日 /神奈川(2021年1月4日配信『毎日新聞』)

 病気や障害のある子どもの兄弟・姉妹(きょうだい児)の支援について考えるシンポジウム「きょうだい児支援の広がりと繋がり」が9日、横浜市神奈川区のかながわ県民センターで開かれる。NPO法人「スマイルオブキッズ」が主催し、支援団体のつながりや関係機関との連携などをテーマに、講演やパネルディスカッションがある。 病気や障害がある子どものきょうだいは、親や周囲が病児の治療やケアに意識が向く中で、複雑な思い...

続きを読む

障害児者の“きょうだい(兄弟姉妹)”の声を届ける!弁護士がゼロから飛び込んだロビイング(2020年11月6日配信『Yahooニュー』)

明智カイト | 『NPO法人 市民アドボカシー連盟』代表理事提供:藤木 和子氏 今回は市民アドボカシー連盟の正会員で、弁護士の藤木 和子さんより、障害児者の“きょうだい(兄弟姉妹)”の活動やロビイングについてお話を伺いました。明智 では、まず自己紹介をお願いします。藤木 「障害児者のきょうだい」の立場で活動しております弁護士の藤木 和子と申します。3歳下の聞こえない弟と一緒に育ちました。弁護士としては家族、聴...

続きを読む

障害者のきょうだい支援団体「CAN」 疎外感、悩み、福祉の知識共有 

2019年末、兄と横浜に出かけた持田さん(本人提供)法人化で活動安定 中、高生に新事業も 障害者のきょうだい支援をしてきた任意団体「ケアラーアクションネットワーク(CAN)」が一般社団法人になり、都内で事業説明会を開いた。法人化で他機関との連携や安定した活動を目指し、中、高生支援など新しい事業も展開するという。代表理事の持田恭子さん(53)は「障害のある本人だけではなく、家族介護者(ケアラー)のサ...

続きを読む

障害者「きょうだい児」の結婚を後押し 岡崎の相談所(2020年1月14日配信『中日新聞』-「愛知版」)

仙田陽子さん(細谷真里撮影)結婚相談所「ハローマリー」=愛知県岡崎市で(細谷真理撮影) 愛知県岡崎市の結婚相談所「ハローマリー」が、障害者が兄弟姉妹の中にいるきょうだいを意味する「きょうだい児」を対象にした相談プランを今月から始めた。全国的にも珍しい取り組み。きょうだい児の母親でもあるスタッフが常駐し「きょうだい児ならではの悩みや不安を解消し、幸せな結婚ができる手伝いができれば」と意気込む。 「き...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ