FC2ブログ

記事一覧

(論)70歳まで就業(2021年4月5・8・9日)

70歳就業法施行 労働意欲持てる環境を(2021年4月9日配信『秋田魁新報』-「社説」) 改正高年齢者雇用安定法が今月から施行された。既に義務化されている65歳までの就業機会の確保に加え、さらに70歳まで働けるよう企業に努力義務を課した。制度を浸透させていくには、意欲ある高齢者が働きやすい環境を整備していくことが欠かせない。 減少が進む労働力の確保と膨らむ社会保障費の抑制が政府の狙いだ。2022年...

続きを読む

【70歳就業法】安心して働ける制度を(2020年4月7日配信『高知新聞』-「社説」)

 高齢者が使い勝手の良い労働力として利用されないよう、安心して働ける制度を確立すべきである。 希望する人が70歳まで働けるよう企業に就業機会確保の努力義務を課す関連法が国会で成立した。2021年4月から実施される。 少子高齢化が進み、このままでは社会保障制度が先細りしていく。現役世代が急速に減り、多くの職場は人手不足に窮している。 全世代型社会保障改革を掲げる安倍政権が、人手不足を解消し、社会保障...

続きを読む

<働き方改革の死角>高齢フリーランス、安全網ないまま 高年法改正で不安定就労加速(2020年3月15日配信『東京新聞』)

喜彦さんは設備会社社長にショートメールで、工期の厳しさを繰り返し訴えたが、一度も返信はなかったという=喜彦さんの遺品のスマートフォン(一部画像処理) 70歳までの就労を進めるため、政府が提出した高年齢者雇用安定法(高年法)改正案の国会審議が今週にも本格化する。人手不足や社会保障財源ひっ迫を受け、高齢者にも担い手になってもらう狙いだが「高齢フリーランス」量産の懸念をはらむ。  警察の遺体安置所に横た...

続きを読む

70歳雇用の改正法案 安心できる環境作れるか(2020年2月20日配信『毎日新聞』-「社説」)

 70歳までの雇用確保を企業に求める高年齢者雇用安定法などの改正案が、今国会に提出された。雇用確保の対象を65歳から引き上げる。 少子化の進行で、将来にわたる人手不足が懸念されている。企業の努力義務にとどめたものの、65歳以上の高齢者も働き手となってもらうことが政府の狙いだ。 高齢者の働く意欲は高まっており、雇用環境の整備は理解できる。ただ、今の制度が抱える問題を解決することが先決だ。 現在の雇用...

続きを読む

65歳以上の活動 北海道が本格支援へ 就労や社会参加の機会紹介(2020年2月17日配信『北海道新聞』)

 北海道は2020年度、仕事や趣味に意欲的な65歳以上の高齢者「アクティブシニア」の社会参加に向けた支援を本格化させる。人手が不足する介護分野の仕事やボランティア活動などを紹介するセミナーを道内14カ所で開催。また地域活躍支援コーディネーターを各地に配置し、アクティブシニアと活動の場とのマッチングを進める。事業費は2千万円を見込み、新年度予算案に計上する方針。 鈴木直道知事は、21日に発表する新年...

続きを読む

70歳就業法案 安心して働ける仕組みを(2020年2月9日配信『信濃毎日新聞』-「社説」)

 希望すれば70歳まで働けるよう機会を確保することを企業の努力義務とした法案が今国会で審議される。 安倍晋三政権が掲げる全世代型社会保障改革の目玉政策だ。来年4月の実施を目指し、高年齢者雇用安定法などの改正案が閣議決定された。 総務省の2019年労働力調査によると、65歳以上は就業者が892万人を数え、4人に1人が仕事に就いている。 少子高齢化が加速する中、元気な高齢者に長く働いてもらうことで、社...

続きを読む

70歳就業へ法案 働く人の保護に残る懸念(2020年2月8日配信『山陽新聞』-「社説」)

 希望する人が70歳まで働き続けられるよう、就業機会の確保を企業の努力義務とする法案を、政府が国会に提出した。企業の選択肢として定年延長などに加え、起業やフリーランスを希望する人への業務委託や、自社が関わる社会貢献事業に従事させることを盛り込んだ。2021年4月から実施を目指す。 現行の高年齢者雇用安定法が義務付けているのは、65歳まで希望者全員を雇うことで、選択肢は定年延長と定年廃止、継続雇用制...

続きを読む

高齢者の雇用 働く意欲生かせるのか(2020年2月6日配信『東京新聞』-「社説」)

 70歳までの就業機会を確保するための雇用関連法案が閣議決定された。国会で論戦が始まる。法案は複数の働き方を示し、導入を企業に求めている。選択肢の拡大は歓迎するが、実効性が問われる。 高齢者就労の拡大策は、政権が目指す「全世代型社会保障」実現への目玉だ。 だが、社会保障改革と言いながら、年金、医療、介護などの制度について、税も含めた負担と給付とのバランスをどう実現し制度を強化するのかという重要な視...

続きを読む

「定年後働かないと不安」8割 50代 24%「貯蓄ない」(2020年2月6日配信『東京新聞』)

 働く50代男女の80%以上が「定年後も働かなければ不安」と感じ、4人に1人が「貯蓄していない」と民間の調査に回答していることが5日、分かった。不安の理由について、ほとんどが老後の生活資金を理由に挙げている。政府は高齢者の就業拡大を図るが、定年を控える50代の多くは老後の暮らしの心配から引き続き働かざるを得ないと考えている実態が浮かんだ。 調査は全国で介護資格学校を運営する「ガネット」(東京都)が...

続きを読む

高年齢者雇用 職務に応じた待遇整備を(2020年2月6日配信『産経新聞』-「主張」)

 政府が、70歳までの就業機会の確保を企業に求めた高年齢者雇用安定法改正案などの関連法案を閣議決定した。 「人生100年時代」を見据え、意欲のある人が長く働ける環境を整備するのが狙いだ。 現行法は企業に65歳までの雇用確保を義務付けている。60歳定年の廃止や延長、再雇用の中から企業が選ぶ仕組みだ。これをフリーランス契約や起業支援などにも拡大し、多様な働き方の提供を促す。 ただ、自営業者として企業と...

続きを読む

高齢者の雇用 働く意欲生かせるのか(2020年2月6日配信『東京新聞』-「社説」)

 70歳までの就業機会を確保するための雇用関連法案が閣議決定された。国会で論戦が始まる。法案は複数の働き方を示し、導入を企業に求めている。選択肢の拡大は歓迎するが、実効性が問われる。 高齢者就労の拡大策は、政権が目指す「全世代型社会保障」実現への目玉だ。 だが、社会保障改革と言いながら、年金、医療、介護などの制度について、税も含めた負担と給付とのバランスをどう実現し制度を強化するのかという重要な視...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ