FC2ブログ

記事一覧

【独白】赤木ファイルは間違いなくある…提訴1年、自死した財務局職員の妻・赤木雅子さんの叫び(2021年3月30日配信『AERA.com』)

亡くなった夫・俊夫さんの遺影を前に、インタビューに答える赤木雅子さん。「夫は、私にとってかけがえのない人でした」(撮影/編集部・野村昌二) 生前の赤木俊夫さんの写真 学校法人「森友学園」を巡る財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員・赤木俊夫さん(当時54)。妻の雅子さん(50)が、国などに損害賠償を求める訴訟を起こして1年。これまでの日々と、これからを語る。*  *  *――昨年3月、国と...

続きを読む

「森友加計は朝日の捏造」とした小川榮太郎の安倍擁護本を東京地裁が14カ所も「真実性なし」と認定! 選挙に利用した自民党の責任は(2021年3月28日配信『リテラ』)

小川榮太郎著『徹底検証「森友・加計事件」』 小川榮太郎氏が書いた安倍前首相の擁護本『徹底検証「森友・加計事件」─朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)をめぐって、朝日新聞社が小川氏、飛鳥新社を訴えていた裁判で、小川氏、飛鳥新社と朝日新聞がともに一審の判決を不服として控訴した。 しかし、3月10日に東京地裁であった一審判決は、朝日新聞社の全面勝訴、小川氏サイドの全面敗北ともいえるものだった。 ...

続きを読む

文書改ざん 自殺職員の“ファイル” 提出を国に促す 大阪地裁(2021年3月22日配信『NHKニュース』)

財務省の決裁文書の改ざん問題で、自殺した近畿財務局の男性職員が、経緯をまとめて職場に残したとされるファイルについて、大阪地方裁判所は22日、男性の妻が国を訴えた裁判の協議で証拠として調べる必要性があるという考えを示し、国に提出するよう促しました。森友学園に関する決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(当時54歳)が、改ざんの経緯を詳細にまとめて職場に残したとされるファイル...

続きを読む

「赤木ファイル」開示要求に国は未だ「探索中」 森友文書改ざん訴訟 5月には回答の意向 (2021年3月22日配信『ABCニュース』)

 森友学園をめぐる公文書の改ざん問題で、自殺した職員が書き残したとされる「赤木ファイル」の開示を職員の妻が求めていることに対し、国は「探索中」と回答しました。 国などを相手取って、夫の死の責任を問う裁判を起こしているのは、近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さん(50)です。訴状によりますと、俊夫さんは2017年、森友学園への土地売却をめぐる公文書を改ざんするよう上司に指示され...

続きを読む

森友公文書“改ざん“問題 自殺職員の妻が記録した『11時間超の音声データ』入手  関係者らが明かした真相(2021年3月20日配信『カンテレ「報道ランナー」』)

【赤木俊夫さんの妻・雅子さん】(3月7日)「今まで2回命日がありましたけど、夫が亡くなった部屋を夫だけにするのはかわいそうで、離れたことはなかったんです。提訴して初めて迎えた命日なので、夫にもすがすがしい気持ちでお参りすることができました。本当に皆さんのおかげです。ありがとうございます」【動画で見る】実際の音声データ「赤木さんは涙を流して抵抗していた」カンテレ「報道ランナー」自殺した近畿財務局の職員...

続きを読む

財務省森友文書「改ざん告発」の手記公開から1年 生まれ変わった赤木雅子さん(2021年3月20(2021年3月20日配信『文春オンライン』)日配信『』)

この日の会見の様子(筆者撮影) 1年前のきょう(3月18日)、赤木雅子さん(49)はおびえていた。それまで2年間、ずっと秘密にしてきた夫の「手記」を世の中に公開し、同時に真相を明らかにするため国家を相手に裁判で闘うことにしたからだ。【写真】この記事の写真を見る(5枚)➡ここをクリック 夫の赤木俊夫さん(享年54)は2017(平成29)年2月、財務省近畿財務局で森友学園との国有地取引に関する公文書の改ざんをさせられ、...

続きを読む

「一歩ずつ前に」森友改ざんで自殺職員の妻 命日に墓前で誓い(2021年3月7日配信『毎日新聞』)

赤木俊夫さんの墓前で手を合わせる妻雅子さん=岡山県倉敷市で2021年3月7日午前9時27分、伊藤遥撮影 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書の改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の命日となった7日、妻雅子さん(49)が岡山県倉敷市にある赤木さんの墓を訪ねた。国などを相手に闘う裁判について「一歩ずつ前に進んでいきます」と墓前に誓った。 同市は赤木さんの古里。黒の服を着...

続きを読む

説明は改ざんに関わった人たちの責任です 森友自殺職員妻が手記(2021年3月5日配信『毎日新聞』)

赤木俊夫さんが持っていた「国家公務員倫理カード」を手に記者会見する妻雅子さん=大阪市北区で2020年7月15日午後3時25分、菱田諭士撮影(画像の一部を加工しています) 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書改ざんを苦に自殺した財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が、夫の死から3年となるのを前に手記を寄せた。 「あの時の孤独と絶望に満ちたつらい(夫の)顔は一生忘れるこ...

続きを読む

(論)森友問題に関する論説(2020年10月21・22・12月1日・2021年3月4日

【森友応接録】不開示46回で何を隠した(2021年3月5日配信『高知新聞』-「社説」) 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る学校関係者らとのやりとりを記録した応接録の情報公開請求に対し、財務省は文書が存在しないことを理由に計46回の不開示決定をしていた。麻生太郎財務相が衆院予算委員会で明らかにした。 実際には応接録は存在し、一部職員はそのことを認識していたとされる。それにもかかわらず虚偽決定を...

続きを読む

森友学園問題(2021年3月4日配信『しんぶん赤旗』)

あるのに「ない」 文書不開示46件17~18年 財務省で9件・近畿財務局で37件 財務省が学校法人森友学園に国有地を不当に値引き販売した問題をめぐり、学園側と国側のやりとりなどを記録した「応接録」の情報開示請求を受けた財務省が、文書が存在するのに「存在しない」として不開示としたケースが46件に上ることが、国会審議で明らかになりました。情報公開法は開示義務を定めており、同法違反の可能性が問われます。...

続きを読む

森友事件・赤木さん自死から3年「会いたいよ」妻が綴っていた事件直後の思い(2021年3月3日配信『文春オンライン』)

赤木俊夫さん 森友学園との土地取引を巡り、公文書書き換えを上司に強制されたことを苦に自ら命を絶った財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さん(享年54)。2018年3月7日の命日から、もうすぐ3年が経つ。妻の赤木雅子さん(49)は夫の死から71日後の2018年5月17日から、日々の心の動き、俊夫さんへの募る愛慕の情と深まる哀惜の念、そして何度となく襲ってくる底知れぬ絶望を丹念に綴っていた。今回、赤木雅子さんは事件を風化さ...

続きを読む

森友問題自殺職員の妻が初公開「夫が命を絶った日の直筆メモ」(2021年2月25日配信『ニュースポストセブン』)

雅子さんの左手の薬指にはいまも結婚指輪がはめられている 森友学園問題で財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん(享年54)が自殺した当日(2018年3月7日)の朝、妻・雅子さん(49)が記していた言葉──。当時、雅子さんは日に日に変わる夫の様子を走り書きして1冊のメモ帳に残していた。〈ずいぶん暖かくなってきました としくんは音問題で夜もねむれず、イライラして頭おかしくなっていたけど、昨日○○さんにそんな事実がないことを...

続きを読む

「赤木ファイル提出は夫の遺志」 森友自殺訴訟で元職員の妻陳述(2021年2月17日配信『毎日新聞』)

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、決裁文書を改ざんさせられた末に自殺した財務省近畿財務局の元職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が17日、大阪地裁の法廷で陳述した。雅子さんは、赤木さんが改ざんの経緯を細かく記したとされるファイル(通称・赤木ファイル)の提出を国に命じるよう地裁に求めている。陳述の概要は以下の通り。【伊藤遥】<赤木雅子さんの陳述概要> この訴訟では、赤木ファイルの...

続きを読む

自殺の近畿財務局職員への文書改ざん指示触れず 森友問題巡る国の報告書(2020年12月8日配信『毎日新聞』)

学校法人「森友学園」が小学校の建設を計画していた国有地=大阪府豊中市で2020年2月18日、本社ヘリから 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54歳)について、国が公務災害と認定した報告書が赤木さんの妻側に開示された。報告書は自殺の原因について、国会対応などによる過労や精神的な負荷を指摘したが、赤木さんが改ざんを強いられたことには言...

続きを読む

森友問題など一緒に考える 12日・大阪で集会 /大阪

手話通訳あり。メール・ファクス・電話で事前申し込みが必要。定員になり次第締め切り。新型コロナの感染状況によっては中止する場合もある。 森友問題などを追及する集会「モリ・カケ・サクラ…… 私たちは闘いつづける!!」が12日(土)14時から、大阪府豊中市曽根東町3、市立文化芸術センター大ホール(阪急宝塚線曽根駅東約300メートル)で開催される。 「永続敗戦論 戦後日本の核心」などの著書のある京都精華大学...

続きを読む

森友学園問題、事実と異なる答弁139回(2020年11月25日配信『TBS系(JNN)』)

 森友学園をめぐる国会答弁の中で事実と異なる答弁が139回あったことについて、加藤官房長官は、「大変遺憾である」と述べました。 森友学園への国有地売却をめぐる問題で、衆院調査局は24日、政府が2017年から2018年に行った国会答弁のうち、財務省や会計検査院が報告した事実と異なる答弁が139回あったことを明らかにしました。  「応接録の取り扱いなどについて、国会への対応として不適切な対応だったと言...

続きを読む

森友、事実と異なる答弁139回 質疑で安倍政権(2020年11月24日配信『共同通信』)

 衆院調査局は24日、学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡る国会質疑で、安倍政権下の2017~18年に行われた政府答弁のうち事実と異なる答弁が計139回あったと明らかにした。24日の衆院財務金融委員会で、立憲民主党の川内博史氏の質問に答えた。 調査対象は、17年2月15日~18年7月22日に衆参両院で麻生太郎財務相、佐川宣寿財務省理財局長(当時)らがした答弁。18年6月に決裁文書改ざんで財務省...

続きを読む

森友「再検査予定ない」(2020年11月8日配信『しんぶん赤旗』)

会計検査院検査官候補聴取 塩川議員に答弁質問する塩川鉄也議員=6日、衆院議運委 衆院議院運営委員会は6日、国会同意人事案件のうち、政府が再任案を示した会計検査院の岡村肇検査官候補(現検査官)の所信を聴取し、質疑を行いました。日本共産党の塩川鉄也議員は、学校法人「森友学園」の国有地売却をめぐる会計検査についてただしました。 憲法上の機関である会計検査院は、独立して国の会計検査を実施。検査を実施する事務...

続きを読む

森友改ざん・9時間半の音声【報道特集】(2020年10月25日配信『TBS報道特集』)

近畿財務局の元職員赤木俊夫さんが自殺した問題。妻、雅子さんが起こした裁判が今週水曜日、大阪地裁で開かれました。裁判に証拠として提出されたのが俊夫さんの直属の上司だった人物の音声。報道特集はこの元上司を含む7人の音声を独自に入手しました。何が語られていたのでしょうか。(報道特集 2020年10月17日放送)...

続きを読む

森友公文書改ざん(2020年10月21日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」)

菅政権は全容を公開すべきだ 学校法人「森友学園」に国有地が破格の安値で払い下げられ、その交渉内容を記した公文書が改ざんされた問題で新事実が浮上しました。改ざんの経緯を記録したファイルが存在するとの発言が音声データに記録されていたのです。発言したのは、改ざんを強いられ自殺した近畿財務局の職員、赤木俊夫さんの元上司です。元上司は、ファイルを見れば改ざんの過程が「全部分かる」と述べています。「真実が知り...

続きを読む

赤木さんの記録 政府は開示、説明せよ(2020年10月20日配信『東京新聞』-「社説」)

 森友問題で、公文書の改ざんを苦に自殺した元財務省近畿財務局職員が、その過程を詳細に記したファイルを残していたことを示す音声データが法廷に提出された。政府はファイルを開示すべきだ。 2018年3月に自殺した赤木俊夫さんの妻雅子さんが、「夫は改ざんを強制されたことを苦に死を選んだ」として、国と佐川宣寿元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が先週あり、俊夫さんを弔問した元上司が雅子さんに語ったと...

続きを読む

森友公文書改ざん 国は経緯ファイル開示を(2020年10月19日配信『毎日新聞』-「社説」)

 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省による文書改ざんの経緯を記録したファイルの存在がクローズアップされている。 改ざんを指示され自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さんがまとめたとされる。元上司が赤木さんの妻との会話で「これを見たら我々がどういう過程で(改ざんを)やったのか全部分かる」と存在を指摘し、それが録音データとして残されていた。 妻側は国などを相手にした訴訟で録音データを...

続きを読む

「私と夫の立場に立って」赤木雅子氏に3人が目線を向けた(2020年10月16日『日刊ゲンダイ』)

相澤冬樹大阪日々新聞・元NHK記者大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。東京社会部、大阪府警キャップ・ニュースデスクなどを経て現職。著書『安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋)がベストセラーとなった。森友遺族・夫の死を巡る法廷闘争記裁判所に入る赤木雅子さん(撮影・久保田徹氏) 財務省の森...

続きを読む

「もちろん佐川さんの判断です」 森友自殺訴訟 財務局元上司の音声提出(2020年10月14日配信『共同通信』)

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当していた元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん=当時(54)=が決裁文書改ざんを強制され自殺したとして、妻雅子さん(49)が国と佐川宣寿のぶひさ元国税庁長官に計約1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、俊夫さんの元上司が改ざんや国有地値引きの背景を雅子さんに語ったとする音声データ記録を原告側が大阪地裁に提出したことが、分かった。赤木俊夫さん=妻提供 原告側...

続きを読む

森友学園問題 経緯話す財務局職員の音声データ 報道機関に公開(2020年10月14日配信『NHKニュース』)

森友学園をめぐる一連の問題で決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した男性の上司が国有地の値引き売却や改ざんの経緯について男性の妻に説明した音声データを妻の弁護士が報道機関に公開しました。この中で上司は、改ざんの経緯を自殺した男性が詳細にファイルにまとめ職場に残していたと明かしていました。音声データは、財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ、おととし自殺した近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(当時54)の妻...

続きを読む

官房長官「お答え差し控える」 森友ファイル存否答えず 「結論出ている」再調査否定(2020年10月14日配信『毎日新聞』)

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)が改ざんの経緯を記したファイルの存在を明かしたとされる元上司の音声データが妻雅子さん側から大阪地裁に証拠提出されたことについて、加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、ファイルの存否に関して回答しなかった。 加藤氏は「国は訴訟の一方の当事者であり、あくまでも訴訟の場で国としての主張を明...

続きを読む

森友「改ざんは佐川さんの判断」 自殺した財務局職員の上司が妻に 「値引き確証ない」(2020年10月14日配信『毎日新聞』)

学校法人「森友学園」が小学校の建設を計画していた国有地=大阪府豊中市で2020年2月18日、本社ヘリから 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の文書改ざん問題で、自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54歳)の妻雅子さん(49)が2019年3月、赤木さんの元上司と面会した際の詳細なやりとりが、雅子さん側が大阪地裁に提出した録音データの記録で判明した。同省理財局長だった佐川宣寿氏について、元上司は「...

続きを読む

財務省改ざん訴訟 “ファイルはある”上司の音声データ提出へ(2020年10月14日配信『NHKニュース』)

 財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の男性職員の妻が国などを訴えている裁判で、男性が改ざんの詳細を記して職場に残したとされるファイルについて国は存在するかどうか回答を拒んでいます。妻は14日開かれる裁判で、男性の上司がファイルはあると話す様子を録音した音声データを証拠として提出し、開示を求めることにしています。 森友学園に関する決裁文書の改ざんに関与させられた近畿財務局の職員、...

続きを読む

森友報道「勇気に敬意」 赤木さんと相澤記者を表彰(2020年10月11日配信『日本海新聞』)

 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は10日、優れたジャーナリズム活動を顕彰する2020年度JCJ賞の贈賞式を、東京都千代田区のエデュカス東京で開き、「森友問題で自殺した財務省職員の遺書の公開」の報道に携わった大阪日日新聞編集局長の相澤冬樹記者と、財務省職員の妻赤木雅子さんにJCJ賞を贈った。トロフィーを受け取る相澤記者(右)=10日、東京都千代田区のエデュカス東京 選考委員で元朝日新聞編集委員の藤...

続きを読む

「これを出されたら私は死にます」故・赤木俊夫さんの妻が語ったこと(2020年9月12日配信『現代メディア』)

森友公文書改ざん問題の真相相澤 冬樹『私は真実が知りたい』文藝春秋/1500円森友改ざん問題「遺書スクープ」の裏側―著書『私は真実が知りたい』を読んでいると、財務省近畿財務局による公文書改ざんの件で自死した赤木俊夫さんの遺書をスクープした相澤さんと、遺書を提供した側の妻・雅子さんの信頼関係が築かれるまでに、かなり紆余曲折があったことが伝わってきます。雅子さんと最初に会ったのは、'18年の11月27日です。彼女...

続きを読む

夫の墓前に報告 日本ジャーナリスト会議賞受賞(2020年9月9日配信『大阪日日新聞』)

 森友学園との国有地取引に関する公文書の改ざんを巡り命を絶った、財務省近畿財務局の職員、赤木俊夫さんの妻の赤木雅子さん(49)が8日、岡山県内にある俊夫さんの墓を訪れ、俊夫さんの手記(遺書)公開を理由に、日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)の受賞が決まったことを報告した。本紙を手に夫の墓前で受賞を報告する赤木雅子さん=8日、岡山県内(相澤冬樹撮影) 日本ジャーナリスト会議賞(JCJ賞)は毎年、優れ...

続きを読む

「辞めても説明責任」 森友・加計「真相解明を」 関係者、風化懸念も(2020年8月29日配信『時事通信』)

 森友・加計学園や桜を見る会、高検検事長の定年延長などの問題を追及してきた関係者らは、次の政権による真相解明に期待を寄せた。一方、辞任による問題の風化を懸念する声も上がった。 森友学園への国有地値引きや公文書改ざん問題では、財務省幹部らが不起訴処分とされた。刑事告発した上脇博之・神戸学院大教授は「これまでやったことへの説明責任は辞めても残る。桜を見る会は本人の問題で、安倍さんしか説明できない」と指...

続きを読む

「公正中立な調査を」自殺の近財局職員の妻がコメント(2020年8月28日配信『産経新聞』)

 安倍晋三首相が28日、辞任の意向を固めたことを受け、学校法人「森友学園」への国有地売却を担当し自殺した財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さん=当時(54)=の妻、雅子さん(49)は「次に首相になる方は公正中立な(自殺に関する)調査を実施していただきたい」などとするコメントを発表した。 雅子さんは、赤木さんの自殺は決裁文書の改竄(かいざん)を強制されたことが原因だとして、国や当時理財局長だった佐川宣寿...

続きを読む

夫の自死原因 国はなぜ隠す(2020年8月19日配信『しんぶん赤旗』)

近畿財務局元職員の妻陳述森友問題 情報開示めぐる訴訟 森友学園問題をめぐり、公文書の改ざんを強制された後に自殺した財務省近畿財務局(近財)元職員の妻が、夫の公務災害認定に関する個人情報の開示を国が1年延期したのは違法だとして開示決定を求めて国を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が18日、大阪地裁でありました。原告の赤木雅子さんが出廷し、「夫の自死の原因や経緯を知りたい。国はどうして隠そうとするのか」と意見...

続きを読む

注目の人 直撃インタビュー; 赤木雅子さん 安倍首相らの絵に「黒目」描かなかった理由(2020年8月17日『日刊ゲンダイ』)

森友問題で自死した近畿財務局職員の遺族、赤木雅子さん「これが財務官僚王国 最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ」――。手書きの遺書に、こう書き残して亡くなった赤木俊夫さん(享年54)。森友学園への国有地売却をめぐる公文書の改ざんを命じられ、心身を壊し、自ら命を絶った。なぜ夫がそこまで苦しまなければならなかったのか。遺族の問いかけに、財務省、そして安倍政権は真実を隠し、逃げ続けている。裁判で国...

続きを読む

「森友」国賠訴訟 真相覆う闇晴らす審理を(2020年8月3日配信『西日本新聞』-「社説」)

 この訴訟がなぜ提起されたのか。原告をはじめ多くの国民がどうして再調査を求めているのか。理由は歴然としている。真相が闇に覆われ、納得できない思いが横たわっているからだ。 森友学園への国有地売却に絡んだ公文書改ざん問題を巡る国家賠償請求訴訟の審理が先日、大阪地裁で始まった。原告は財務省近畿財務局で問題に関わり自殺した赤木俊夫さんの妻雅子さんだ。裁判所は人命が失われた重大性を踏まえ、事実関係を詳しく解...

続きを読む

森友問題自殺訴訟 政府は真実を求める声に応えよ(2020年7月21日配信『愛媛新聞』-「社説」)

 なぜ決裁文書を改ざんしなければならなかったのか、なぜ命を絶たなければならなかったのか。遺族の「真実を知りたいです」との切実な思いに、今度こそ政府は誠実に応えるべきだ。 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんが決裁文書の改ざんを強制され自殺に追い込まれたとして、妻が国と佐川宣寿元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁で始まった。 訴状などによると、当時...

続きを読む

森友国賠訴訟/佐川氏は法廷で真実語れ(2020年7月19日配信『神戸新聞』-「社説」)

 森友学園問題に絡む決裁文書を改ざんさせられ、自ら命を絶った財務省近畿財務局の元職員赤木俊夫さんの妻雅子さんが、国と佐川宣寿(のぶひさ)元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟の審理が大阪地裁で始まった。 仕事に誇りを持っていた夫がなぜ死を選ばねばならなかったのか。真相を知りたいという遺族の訴えに、国と佐川氏は今度こそ誠実に向き合うべきだ。 赤木さんは改ざん発覚直後の2018年3月、自殺した。不正行為を...

続きを読む

雑誌「歴史と人物」…(2020年7月19日配信『毎日新聞』-「余録」)

 雑誌「歴史と人物」(中央公論社、1986年休刊)は、太平洋戦争の軍人証言録が売り物だった。証言を集めた若手研究者が、ベストセラー「独ソ戦」の著者・大木毅氏と戸高一成呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長だ▲2人が当時の見聞を語った対談本「帝国軍人」(角川新書)は、今に通じる含蓄に富む。旧軍将兵らが戦時中、いや戦後でさえも、いかに報告、公文書、日記、回想録、証言などで改ざんとウソと誇張を重ねた...

続きを読む

森友問題自殺訴訟 佐川氏は自ら事実語れ(2020年7月18日配信『秋田魁新報』-「社説」)

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡る訴訟の口頭弁論が始まった。元財務省近畿財務局職員の夫は決裁文書の改ざんを強制されて自殺に追い込まれたとして、妻の赤木雅子さんが国と元国税庁長官の佐川宣寿氏に計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟だ。 夫の俊夫さんが命を絶った原因と経緯を公開の法廷ではっきりさせたい。それが自殺から2年という年月を経て訴訟に踏み切った妻の強い思いだ。違法行為を強いられて公務...

続きを読む

赤木さんの無念に立ち上がる妻「私は耐えられます」(2020年7月17日配信『日刊スポーツ』)

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」に出演した元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻雅子さん(左下)は室井佑月氏(右)の質問を受ける 学校法人「森友学園」の国有地売却問題の担当だった元財務相近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が、決裁文書改ざんを強制され自殺に追い込まれた問題で、妻雅子さん(49)が17日、文化放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜午後1時)に生出演した。 雅子さんは1...

続きを読む

森友改ざん訴訟に関する論説(2020年7月17日) 

森友改ざん訴訟 真相解明は国の責務だ(2020年7月17日配信『北海道新聞』-「社説」) 学校法人森友学園への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題で、自殺した元近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻雅子さんが国と佐川宣寿元財務省理財局長を相手に起こした損害賠償訴訟が始まった。 国民を欺く文書改ざんを強要され、公務員としての良心の呵責(かしゃく)に苦しみ命を絶った夫の無念に報いたい―。妻の訴えに国は正面から向...

続きを読む

寝室に置かれた2枚の写真(2020年7月16日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流」)

寝室に置かれた2枚の写真はゆれる感情を映していました。つらかったときを忘れたくない、でも明るく元気だったときの顔も見たい―。大切なパートナーを亡くした無念をテレビでもらしていました▼公文書の改ざんを命じられ、それを苦にしてみずから命を絶った近畿財務局の職員、赤木俊夫さん。自責の念にかられ、人が変わってしまった姿を傍らで見てきた妻の雅子さん。人生を書き換えられた2人の思いは一緒です。真実を明らかにした...

続きを読む

「首相、私は真実が知りたい」(2020年7月16日配信『しんぶん赤旗』)

森友公文書改ざん訴訟 財務省元職員の妻が陳述 森友学園問題をめぐって公文書の改ざんを強制されたと手記などに書き残して自殺した元財務省近畿財務局職員の妻、赤木雅子さんが国と佐川宣寿・元財務省理財局長を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が15日、大阪地裁で開かれました。雅子さんが意見陳述し、夫の自殺に至った経緯について「安倍(晋三)首相、麻生(太郎財務)大臣、私は真実が知りたい」と求めま...

続きを読む

森友賠償訴訟初弁論 民主主義が問われている(2020年7月16日配信『琉球新報』-「社説」)

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題に絡む公文書を改ざんした問題で、元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻雅子さんが国と佐川宣寿元国税庁長官に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が開かれた。国と佐川氏側はいずれも請求棄却を求めた。 最大の焦点は、改ざんの事実がどう決められ、佐川氏がどう関わったのかである。公文書改ざんの全容を裁判で明らかにしてほしい。民主主義の本質が問われている。 森友学園への国...

続きを読む

改ざんの責任(2020年7月16日配信『北海道新聞』-「卓上四季」)

 死したりとも、われを守護せよ。朝敵とされ、平泉で自刃した源義経は、武蔵坊弁慶にそう言ったと伝えられる(義経記)。主(あるじ)が自害するまで追っ手を寄せ付けまいと獅子奮迅の働きで立ち往生した姿が美談として残るのは、強い信頼で結ばれた主従関係への共感があるからだ▼財務省近畿財務局の職員だった赤木俊夫さんには、守るに値する「主」がいたのだろうか。そんな疑問も湧く森友学園への国有地売却を巡る公文書改ざん...

続きを読む

赤木さん妻、おえつ漏らし「何をさせられたのか」(2020年7月15日配信『日刊スポーツ』)

夫の写真とともに裁判の後、会見する赤木雅子さん閉廷後の会見で、法廷での上申書を再び読み上げる赤木雅子さん 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当していた元財務省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が、佐川宣寿元国税庁長官(62)の指示で決裁文書改ざんを強制され自殺に追い込まれたとして、妻雅子さん(49)が国と佐川氏に計約1億1000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が15日、大阪地裁で開かれた。雅...

続きを読む

「お線香あげに」安倍昭恵首相夫人が「森友」自殺財務省職員の妻に送ったLINE(2020年7月15日配信『週刊文春オンライン』)

 森友学園との国有地取引を巡って財務省の上司に公文書の改ざんを強いられ、それを苦に2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)。その妻・赤木雅子さんが、今年5月以降、安倍晋三首相(65)の妻・昭恵氏(58)とLINEでやり取りを重ねていたことが、大阪日日新聞記者の相澤冬樹氏の取材で分かった。 相澤氏によると、最初に雅子さんが昭恵氏にLINEを送ったのは今年5月。その後...

続きを読む

赤木さんの妻が裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述! 直前には真相解明の覚悟を小川彩佳に…「刺せるもんなら刺してみろ、と」(2020年7月15日配信『リテラ)

『news23』で放送された雅子さんへのインタビュー 学校法人「森友学園」を巡る公文書改ざん問題で自殺した近畿財務局元職員・赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、国と財務省・佐川宣寿元理財局長に損害賠償を求めて訴えた裁判の第1回口頭弁論が、きょう、大阪地裁で開かれた。 雅子さんは法廷で自ら陳述書を読み上げたが、その内容は俊夫さんの無念を晴らしたい、真相を解明したいという覚悟がひしひしと伝わってくる迫真に満ちたも...

続きを読む

狙いは真相解明 森友改ざんあす公判(2020年7月14日配信『大阪日日新聞』)

 森友学園への国有地巨額値引きを巡り、関係する公文書の改ざんを上司に強いられ命を絶った財務省近畿財務局職員、赤木俊夫さん(享年54)の妻、赤木雅子さん(49)が、国と改ざんを指示したと俊夫さんに手記で名指しされた佐川宣寿元財務省理財局長を訴えた裁判が15日、大阪地裁で始まる。 狙いは真相の解明だ。俊夫さんは公文書の改ざんという不正を強要され、悩みを深めて命を絶った。その改ざんは誰が発案し、どのよう...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ