FC2ブログ

記事一覧

失敗続出の働き方改革、社員95%がする愚行(2020年10月22日配信『47ニュース』)

 新型コロナウイルスの世界的なまん延も相まって、働き方改革の重要性がさらに叫ばれる。ただ、企業が旗を振っても、8割近くの人は9カ月で元の働き方に戻っているのが実態だという。2017年11月~20年5月にかけて製造業や情報・通信サービス業など25社1・8万人の働き方を調査した企業の越川慎司代表によると、短時間で成果を挙げる上位5%の社員には、シンプルな「働き方改革」を実践する共通点が多く見つかったそ...

続きを読む

「同一賃金」始動 実効性ある待遇改善を(2020年4月11日配信『北海道新聞』-「社説」)

 働き方改革関連法に基づき、大企業の正社員と非正規社員の不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」や、中小企業を対象とした時間外労働(残業)の罰則付き上限規制が今月から始まった。 同一労働同一賃金は、仕事の内容が同じで能力や成果も同じなら、正社員、非正規社員にかかわらず、賃金や交通費などの手当、休暇を同じ水準にする制度だ。 これまで当たり前のことがなされてこなかったこと自体がおかしかった。非正規...

続きを読む

70歳就業法 安心して働ける環境に(2020年4月9日配信『中国新聞』-「社説」)

 希望する人が70歳まで働けるよう、企業に就業機会を確保する努力義務を課すことを柱とした関連法が今国会で成立した。来年4月からスタートする。 少子高齢化が進む中、働き手不足を解消し、社会保障制度の担い手を増やす「一挙両得」を政府は目指しているようだ。 元気で意欲のある人に働いて保険料などを負担してもらえば、社会保障を支える裾野は広がるだろう。しかし健康状態や仕事への意欲は人それぞれで異なる。老後資...

続きを読む

同一労働同一賃金 公正な処遇で働く意欲の向上を(2020年4月6日配信『愛媛新聞』-「社説」)

 パートや派遣などの非正規社員と正社員との間の不合理な待遇差を禁止する「同一労働同一賃金」が、大企業と派遣会社で1日から始まった。昨年4月から順次施行されている働き方改革関連法の柱の一つだ。 就業者のうち非正規で働く人は約4割を占めるとされ、職場を支える不可欠な存在だ。しかしその待遇改善は正社員に比べ進んでおらず、格差是正は喫緊の課題だ。同一労働同一賃金は何も特別な対応ではない。公正な処遇は人事管...

続きを読む

同一労働同一賃金 格差是正の実効上げよ(2020年4月6日配信『茨城新聞』-「論説」)

非正規雇用労働者と正社員の不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」が4月から大企業と派遣会社に義務づけられた。中小企業は1年遅れで来年4月の開始だ。この制度は、合理的か不合理かの線引きが難しく、非正規の待遇改善の実効が上がるか見通せないのが難点だ。企業の真摯(しんし)な取り組みは言うまでもなく、労働組合側も組合員が少ない非正規労働者への適切な対応を求め、労使双方で改革の趣旨実現に努めてほしい。同一...

続きを読む

同一労働同一賃金 不当な格差は許されない(2020年4月2日配信『徳島新聞』-「社説」)

 正社員か非正規社員かに関係なく、同じ仕事をしていれば同じ給料がもらえる。そうした「同一労働同一賃金」制度がきのう、大企業に導入された。来年4月からは中小企業にも適用される。 昨年施行された「働き方改革関連法」の一環で、基本給や賞与、手当など、すべての待遇について不合理な格差を禁止するものだ。 新型コロナウイルスの感染拡大で景気の先行きは不透明になっているが、労働者の4割近くを占める非正規の待遇改善...

続きを読む

格差是正の実効を上げよ/同一労働同一賃金(2020年4月2日配信『東奥日報』-「時論」)

 非正規雇用労働者と正社員の不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」が1日から大企業と派遣会社に義務づけられた。本県の企業のほとんどを占める中小企業は1年遅れで来年4月の開始だ。 この制度は、合理的か不合理かの線引きが難しく、非正規の待遇改善の実効が上がるか見通せないのが難点だ。企業の真摯(しんし)な取り組みは言うまでもなく、労働組合側も組合員が少ない非正規労働者への適切な対応を求め、労使双方で...

続きを読む

【同一賃金】不合理な格差なくしたい(2020年3月31日配信『高知新聞』-「社説」)

 4月から働き方改革を巡る新たな制度が動きだす。 非正規雇用労働者と正社員の不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」が、大企業で始まる。大企業で既に実施されている時間外労働(残業)の上限規制が、中小企業でも導入される。 ともに昨春施行された働き方改革関連法に基づく。長時間労働に歯止めをかけ、労働の質を高めるために軌道に乗せたい。 同一労働同一賃金は、仕事の内容が同じで能力や成果も同じなら正社員...

続きを読む

同一労働同一賃金(2020年3月31日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)

均等待遇実現へ職場から声を 「働き方改革」一括法で、正社員と非正規雇用労働者との「不合理な待遇差」を禁止する法律が1日に施行されます(中小企業は2021年4月1日から)。格差を容認する問題がある一方、待遇の改善につなげられる条項が含まれています。「同一労働同一賃金」「均等待遇」の実現に向けて職場から運動を強めましょう。非正規理由の差別を禁止 政府統計によると、非正規労働者の平均賃金は正社員の6割程...

続きを読む

同一労働同一賃金 政治の責任で実行せよ(2020年3月31日配信『中国新聞』-「社説」)

 「同一労働同一賃金」が4月スタートする。大企業と派遣会社に義務付け、中小企業は1年遅れになる。安倍晋三首相が2016年1月の施政方針演説で意欲を示し、法整備に着手して4年。政治の責任で実効性のあるものにしてもらいたい。 同じ仕事なら同じ賃金を支払うべきだとの考え方によって、派遣・パートなどの非正規労働者と、正社員の間の著しい待遇格差を縮める社会政策である。時代の要請だといえよう。 日本社会は今、...

続きを読む

「同一労働・賃金」機に透明な賃金制度に(2020年3月29日配信『日本経済新聞』-「社説」)

[同一労働同一賃金」の制度は非正規社員の処遇改善を後押しする(スーパーで働くパート従業員)  非正規社員の処遇を改善するため、正社員との不合理な待遇の格差を禁じる「同一労働同一賃金」の制度が4月から始まる。企業が公正で透明性の高い賃金決定の仕組みをつくる契機としたい。 新制度は基本給、賞与、各種手当などの賃金項目ごとに、正社員と非正規社員の不合理な待遇の差の是正を求める。職務の内容が同じなら、雇用...

続きを読む

[残業上限規制] 業務効率化図る機会に(2020年3月29日配信『南日本新聞』-「社説」)

 昨年4月の働き方改革関連法施行に伴い、大企業で始まった罰則付きの時間外労働(残業)の上限規制が、4月1日から中小企業にも導入される。 長時間労働を是正し、多様な人材が活躍できる環境を整えることが急務となっている。中小企業が働き方改革を進めるには課題が多いが、業務の効率化に積極的に取り組んでほしい。 2018年に成立した働き方改革関連法は、過労死や健康被害を防ぐのが大きな狙いである。これまで青天井...

続きを読む

働き方改革 従業員を守り生かせるか(2020年3月29日配信『京都新聞』-「社説」)

 長時間労働をはじめ、日本企業の労働・雇用慣行を見直す「働き方改革関連法」が、新年度から施行2年目に入る。 青天井だった時間外労働(残業)に初めて導入された罰則付きの上限規制は、1年目の大企業に続き、4月1日から中小企業でも実施される。 同時に、非正規労働者の待遇改善を企業に求める「同一労働同一賃金」の制度も、大企業から順次始まる。 先行する大手などでは、業務の分担や在宅勤務の導入など、効率的で柔軟な...

続きを読む

<働き方改革の死角>高齢フリーランス 審議わずか 「一括法案」衆参委5日で終了へ(2020年3月27日配信『東京新聞』)

 企業に65~70歳の就業機会確保の努力義務を課す高年齢者雇用安定法(高年法)改正案は26日、衆院通過を受け参院審議が始まり大詰め段階だ。安全網のない「高齢フリーランス」を増やす危うさを審議でも指摘されながら週明け早々の成立が確実視される。「スピード審議」に労働関係者から批判の声が出ている。 「労働法で守られない高齢者をつくってしまうのは問題だ」 26日の参院厚生労働委員会でも、野党は新制度を厳し...

続きを読む

<働き方改革の死角>コーチ名目 まるで退職強要 「2カ月で200社契約せよ」(2020年3月22日配信『東京新聞』)

 企業のリストラ手法が巧妙化している。一部の企業では最近「コーチング」などの名で中高年社員らを自主退職に追い込む手法が加速する。新型コロナウイルスによる経済への大打撃で、倒産が増える懸念がさらに高まり、リストラの「受け皿」すらなくなるおそれが出ている。  「あなたは成績が悪く、コーチングプランの対象とする」 昨年2月、ネット通販大手、アマゾンジャパンの営業職の四十代男性に、上司は告げた。社員の間で...

続きを読む

勤め先から「契約更新しない」と言われたら… 雇い止めに遭ったときの対処法(2020年3月21日配信『北海道新聞』)

札幌弁護士会の高田英明弁護士に聞く 契約期間が限られる有期労働契約で働く人は、全労働者の3割ほどと言われています。臨時や季節的な仕事で、契約期間が終われば仕事がなくなるようなケースもありますが、契約が何度も更新されて、正社員と同じような仕事をしていたのに突然契約を打ち切られる「雇い止め」も少なくありません。違法な雇い止めに遭った時、どうすればいいのでしょうか。労働法に詳しい札幌弁護士会の高田英明弁...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ