FC2ブログ

記事一覧

10万円申請でミス相次ぐ チェック欄に「落とし穴」 確実にもらうには…(2020年5月21日配信『東京新聞』)

特別定額給付金の申請書を準備する職員。首都圏でも各世帯に届き始めている=東京都江戸川区で 新型コロナウイルス感染症の経済対策で国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」を郵送で申請する際、思わぬ落とし穴が待ち受けている。総務省が作った申請書が分かりにくいため、受給を「希望しない欄」にチェックしかねないのだ。申請が本格化する首都圏では、ミスと思われるケースが相次いでおり、事務を担う自治体は申請書...

続きを読む

10万円給付 オンライン申請停止 東京 調布と福生も コロナ影響(2020年5月21日配信『共同通信』)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う現金10万円の一律給付を受けるためのオンライン申請について、東京 調布市と福生市は入力された情報の確認に時間がかかり給付が遅れるおそれがあるとして、受け付けや手続きを停止しました。オンライン申請を巡っては、同じような対応をとる自治体が各地で相次いでいます。 オンライン申請の受け付けを停止したのは東京 調布市と福生市です。 2つの市によりますと、オンライン申請では、同...

続きを読む

国民の借金として残るカネ(2020年5月21日配信『熊本日日新聞』-「新生面」)

 クリスマスイブの夜。若く貧しい夫婦には、互いにプレゼントを買うお金がない。妻は思い立って自分の美しい髪を売りに行く。代金の20ドルで夫の金時計に付けるプラチナの鎖を買った▼夜帰宅した夫は、髪を切った妻を見て息をのむ。彼の方は金時計を売って、妻の欲しがっていた櫛[くし]を買っていたからだ。アメリカ文学の古典『賢者の贈り物』(O・ヘンリー)である。夫婦は自分たちの唯一の宝を無駄にしてしまったが、その...

続きを読む

10万円給付 オンライン申請殺到 書類申請は7月以降呼びかけも(2020年5月20日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付に、オンラインによる申し込みが殺到しているため、自治体では確認作業に追われています。このために書類での申請については、事情が許す人を対象に7月以降の申請を呼びかける自治体も出ています。新宿区「もうしばらく我慢を」 東京 新宿区では、オンラインでの申請がすでに1万1500件に上っています。これらについては、世帯主かどうかや口座の情報に誤りがないかなどを...

続きを読む

高齢者「身分証明書ない」 10万円給付申請、気仙沼で問い合わせ相次ぐ(2020年5月20日配信『河北新報』)

 新型コロナウイルスの緊急経済対策で一律10万円を配る特別定額給付金で、気仙沼市が郵送した申請用紙が各世帯に届き始めた18日以降、高齢者から「(顔写真付きの)身分証明書がないがどうすればいいか」という問い合わせが相次いでいる。18日だけで約500件、19日も同程度の相談があった。大半が身分証明書に関する内容だったという。 申請用紙には、本人確認のため身分証明書の写しを貼り付ける欄があり、運転免許証...

続きを読む

給付金申請で現場は混乱…マイナンバーカードCMの間の悪さ(2020年5月20日『日刊ゲンダイ』)

利便性をアピール(政府広報オンラインから) タイミングが悪いことこの上ない。マイナンバーカードの普及を狙ったテレビCMのことだ。一律10万円給付の申請について、マイナンバーカードによるネット申請を政府が呼び掛けたことで、自治体の窓口に人が押し寄せた。現場がパニックになり、「マイナンバー」ではなく「郵送」での申請をお願いしているさなか、カード取得を呼び掛けるCMが全国のお茶の間に流れていたのだ。 問...

続きを読む

暗証番号再設定で1日13万件 10万円給付で窓口殺到(2020年5月19日配信『産経新聞』)

マイナンバーカードの取得手続きなどで混雑する浪速区役所の証明発行窓口=11日午後、大阪市浪速区 総務省などは19日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として実施している全国民を対象にした10万円給付のオンライン申請をめぐり、普段はほとんどない「署名用電子証明書」の暗証番号の再設定依頼が、給付開始後に最大1日13万件と急増したことを明らかにした。こうした事情から市区町村の窓口に住民が殺到した...

続きを読む

現金10万円給付 オンライン申請 各地で課題が浮き彫りに(2020年5月19日配信『NHKニュース』)

 国が現金10万円の迅速な給付が可能になるとしている「オンライン申請」をめぐって二重申請や入力の誤りが相次ぎ、各自治体で確認作業に大きな負担が生じる事態が起きています。兵庫県川西市はオンラインはかえって時間がかかるとして「郵送で手続きをしてほしい」と異例の呼びかけを始めました。 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付は、郵送のほか、内閣府が管理するサイト「マイナポータル」を通じたオ...

続きを読む

高松市、10万円オンライン申請中止…「国が求める『迅速で的確な給付』には郵送」(2020年5月19日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルス対策で一律給付される1人10万円の特別定額給付金について、高松市は19日、マイナンバーカードを使ったオンライン申請を25日から中止すると発表した。申請に不備が多く、確認作業に時間がかかっているためで、郵送での申請に一本化する。 市は今月1日から、政府の専用サイト「マイナポータル」を使ったオンライン申請の受け付けを始め、19日午前8時半現在、7101件の申請が寄せられた。申請には...

続きを読む

10万円、受け取れない? 住民票ない路上生活者 自治体も対応に苦慮(2020年5月19日配信『毎日新聞』)

都の事業が休止され、唯一の収入源を失ったという男性(左手前)。奥は男性や支援団体からの要望を聞く都職員=東京都新宿区で2020年5月1日午後1時54分 新型コロナウイルスの流行で政府が全国民に10万円を配ると決めたが、受け取れないのではないか――。特別定額給付金を巡り、路上生活者の間でそんな不安が広がっている。対象は住民登録のある人だが、長く路上生活を続ける中で住民票がどこにあるか分からなかったり、居住が不明...

続きを読む

10万円給付金の申請で「希望しない」に勘違いでチェック注意…あとで修正は可能? 総務省に聞いた(2020年5月19日配信『FNNプライム』)

10万円給付金の郵送申請で「“希望しない”に勘違いでチェック」を懸念する声総務省「市区町村によりますが修正は可能かと思われます」世田谷区「勘違いが類推される場合には個別にご相談」申請で「“希望しない”に勘違いでチェック」を懸念する声新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策として、政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」。すでに一部自治体でオンラインと郵送の申請がスタートしているが、郵送申請する際...

続きを読む

10万円給付金 「知事が地元で使っても問題ない」と県選管(2020年5月18日配信『秋田魁新報』)

 一律給付される10万円の使い道を巡り、佐竹敬久秋田知事は地元で消費する意向を示している。県選挙管理委員会は法的な問題はないとの立場だ。 佐竹知事は先月24日の県政協議会で「私もありがたく頂き、全て県内業者に渡るような使い方を考えている」と発言。県議や県民にも地元消費を呼び掛けた。 「大臣や国会議員は受け取るべきでないとか、受け取らない方がいいとする風潮はおかしいとか、さまざまな意見がある」と指摘...

続きを読む

デジタル後進国の現実 論説委員・井伊重之(2020年5月17日配信『産経新聞』)

 今回のコロナ禍は、日本が抱える厳しい現実を図らずも浮き彫りにした。感染症対策の脆弱(ぜいじゃく)性や政治の意思決定の遅さ、行政手続きの硬直性など数え上げればきりがないが、なかでも海外に比べて深刻なのがデジタル化の遅れだ。マスクの販売管理や中小・小規模事業者向けの特別融資、あるいは国民すべてに一律10万円を配る特別定額給付金など、さまざまな面で混乱が起きた元凶は、デジタルによって社会システムを効率...

続きを読む

<新型コロナ>現金給付に乗じてマイナンバーカード普及狙う?外出自粛なのに窓口に来させるのは「本末転倒」の声も(2020年5月17日配信『東京新聞』)

マイナンバーカードの交付申請や暗証番号などの問い合わせで順番を待つ区民ら=東京都大田区役所で 新型コロナウイルス対策の一律10万円の現金給付で、国はマイナンバーカードを使ったオンライン申請が早いと宣伝している。だが、現金給付は国民に等しく行き渡るべき緊急支援のはず。そこへ取得率が16%程度のカード保有者を優遇し、この機に乗じてさらに普及を狙う国の姿勢に、マイナンバー制度に詳しい有識者らは首をかしげ...

続きを読む

10万円給付金オンライン申請(2020年5月17日配信『しんぶん赤旗」)

混乱うむ マイナンバーカード自治体情報政策研究所代表 黒田充さんに聞く 一律10万円を配る「特別定額給付金」の手続きでは、マイナンバーカードを使った「オンライン申請」が可能です。はたして、そのメリットはあるのでしょうか。マイナンバー(共通番号)制度と地方自治体の業務に詳しい黒田充さん(自治体情報政策研究所代表)に聞きました。黒田充さん 市区町村から届く申請書で給付申請をする場合、印鑑を押します。一...

続きを読む

<新型コロナ>オンライン申請 なぜ行列? 一律10万円給付金(2020年5月17日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルス感染症の経済対策として、一律10万円を支給する特別定額給付金の申請が始まりました。政府は、マイナンバーカードを使えばオンラインで素早く電子申請できると説明しますが、一部のカード所有者がスムーズに申請できず、役所の窓口に列をなす事態になっています。  Q どうすれば電子申請ができるのですか。 A 申請は政府運営サイト「マイナポータル」で行います。マイナンバーカードのほか、カードを...

続きを読む

「年寄りは後回しか」10万円給付の窓口混乱 業務時間短縮でマイナンバー取得に手間も(2020年5月16日配信『京都新聞』)

通常より1時間遅れで開庁した右京区役所の窓口。50人ほどが開庁前に訪れていた=13日午前9時25分、京都市右京区 新型コロナウイルス感染による区役所などの窓口閉鎖を避けるため、京都市は窓口業務を11日から最大3時間短縮している。10万円の特別定額給付金の手続きを進めようと、業務時間の変更を知らずに来庁する市民も多く、申請書の郵送を待つよう勧める区役所も出始めた。 12日午後0時15分。カーテンが下...

続きを読む

1人で15回の例も…10万円オンライン申請、不安で何度も手続き?(2020年5月14日配信『神戸新聞』)

オンライン申請の問い合わせなどで混雑する窓口=11日、尼崎市役所 新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が1人10万円を配る「特別定額給付金」のオンライン申請を巡り、同じ人が何度も申請できる仕様になっていることから、自治体の給付作業が難航している。重複申請は兵庫県の尼崎や西宮、宝塚市などで100件を超え、1人で15回申請した人も。仕組みそのものが分かりにくいこともあり、「郵送で申請を」と勧める自...

続きを読む

「暗証番号4種」の怪 小出浩樹(2020年5月13日配信『西日本新聞』-「オピニオン」)

 顔写真付きのマイナンバー(個人番号)カードは希望者に交付される。私の財布にも入っている。  個人番号制が目指す公平な税負担や社会保障を後押しするのならばと、2016年の開始時に申請した。ただシステム障害などトラブルが続き、カードの普及率は15%止まりという。実生活で使うメリットが小さいことも不人気の要因だ。  そして今月。「ついにここまで」と驚く出来事が起きた。8日付本紙に、こんな見出しで大混乱が報じ...

続きを読む

東京都内でも「10万円」申請開始…支給日まちまち、募るいらだち(2020年5月13日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルス対策として国民に一律給付される10万円の「特別定額給付金」について、東京都内各地でオンライン申請の受け付けが始まった。押し寄せる申請の確認作業のため、支給が6月にずれ込む自治体があれば、すでに支給をスタートさせた自治体もある。住民の手に給付金が行き渡る時期はまちまちとなっている。■「早く支給して」 「なんとか早く給付金を支給してほしい」 12日、板橋区役所を訪れていたガイドヘル...

続きを読む

現金10万円給付 マイナンバーは余計だ(2020年5月13日配信『東京新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルス対策の現金給付をめぐり混乱が起きている。オンライン申請にマイナンバーカードを利用したのが原因で、対策が「三密」をつくる本末転倒ぶりだ。政府には猛省を促したい。 現金10万円給付のオンライン申請をめぐっては現在、全国の各市区町村の窓口で長蛇の列ができるなど混乱が続いている。一定の距離を取っているとはいえ、人々が密集せざるを得ない状況だ。 給付申請はオンラインか郵送を選択できる。オ...

続きを読む

「すったもんだ」(2020年5月12日配信『新潟日報』-「日報抄」)

「すったもんだ」は擦ったりもんだり大もめになった時に使われる。以前、婚約を解消した人気女優がCMでこのフレーズを使った。過去の騒ぎを連想させて注目を集め、流行語大賞になった▼現金給付が一律10万円になったのも、すったもんだの末だった。次の総理を狙う政調会長が「減収世帯に30万円」でまとめたが、身内のちゃぶ台返しに遭った。ひっくり返した方は「切実な声がある」と大義の旗を振ったが、与党内の主導権争いの...

続きを読む

10万円給付「暗証番号忘れた」 オンライン申請なのに窓口混雑(2020年5月12日配信『東京新聞』)

マイナンバーの手続き相談の受け付け終了を伝える張り紙=11日午後1時すぎ、東京都品川区役所で 新型コロナウイルス対策で一律10万円が支給される「特別定額給付金」の申請を巡り、マイナンバーカードを使ったオンライン申請がうまくできない住民が、市区町村の窓口に詰めかけている。各役所から国のシステムへのアクセスも集中。「三密」を防ぐ狙いのオンライン申請が「過密」を招く状態となっている。  11日早朝、東京...

続きを読む

84市区町村で10万円支給開始 オンライン申請は51万件(2020年5月8日配信『共同通信』)

総務省ホームページの特設サイト 高市早苗総務相は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急経済対策として全国民一律に10万円を給付する「特別定額給付金」の支給を始めたか、同日中に始める予定の自治体が84市区町村だと明らかにした。7日午前0時までのオンラインでの申請は51万3491件だったとも発表した。 総務省によると、8日までに申請書の郵送を始めたのは全1741市区町村のうち292自治体。オンライン申請にはマイナンバ...

続きを読む

"全国最速"10万円給付開始「収入激減…生活費にあてたい」28世帯へ振り込まれ安堵の声も(2020年4月30日配信『UHB 北海道文化放送』)

 北海道上川地方の東川町では、国の「特別定額給付金」を先払いする形で、全国で最も早く現金10万円の振り込みが始まりました。 荒川 健太郎 記者:「東川町では4月30日から10万円の実質先払いが始まりました。金融機関には、朝から受け取りに来た人が訪れています」 東川町では、新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減った人などを対象に、無利子融資の形で現金10万円の振り込みが始まりました。 返済には国の給付金が充...

続きを読む

え?10万円の給付金受け付けがもう始まった?千葉県市川市で(2020年4月28日配信『MAG2ニュース』)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一律給付される10万円をいち早く届けようと、申請を受け付ける手続きが、千葉県市川市では27日から始まった。しかし、全国民への一律10万円の現金給付を盛り込んだ補正予算案は、27日に審議入りし、成立するのは30日のはず。一体どういうことなのか?10万円一律給付の申請受け付け始まる 千葉 市川 新型コロナ | NHKニュース【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給...

続きを読む

10万円申請(2020年4月29日配信『京都新聞』-「凡語」)

 手元に千円あります。たくさんの人を笑顔にする方法を考えてください、との問い掛けを新聞や京都市内のバス停で見た。ノートルダム学院小と女学院中高(いずれも左京区)の広告である▼将来は予測不能で、一つの正解を求めていては対応できない。覚えるより考えることが大事だ。そんな教育方針をアピールしている。解答例をウェブで見た▼「野菜の種を買います。育てるとたくさんの種を作るから、それを配ります」とするのは小学3...

続きを読む

「10万円給付」差し押さえ禁止法案が30日成立へ 子供の「1万円」も 新型コロナ(2020年4月29日配信『毎日新聞』)

 与野党は29日、新型コロナウイルス対策として近く始まる全国民一律10万円給付の差し押さえを禁止する法案を衆院本会議に提出し全会一致で可決した。参院で30日に可決、成立する見通し。今年度補正予算案に盛り込まれた10万円給付を生活資金として活用してもらうために、滞納中の借金回収目的で金融機関などが差し押さえるのを禁じる内容。児童手当受給世帯を対象とした子供1人当たり1万円給付の差し押さえも禁じる。 同法案は公...

続きを読む

「10万円」差し押さえ禁止法案、自民・総務会が了承(2020年4月28日配信『産経新聞』)

 自民党は28日の総務会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一律10万円の現金給付について、金融機関などによる差し押さえを禁止する法案の提出を了承した。現在審議中の令和2年度補正予算案に合わせて、30日の成立を目指す。 同法案をめぐっては、公明党が世帯主が申請した1人10万円の振込口座が差し押さえられれば、配偶者や子供などに給付が行き届かない可能性があるなどとして、必要性を訴えていた。...

続きを読む

「10万円給付」国会提出 補正予算案 30日成立へ(2020年4月27日配信『東京新聞』)

 政府は27日、2020年度補正予算案を国会に提出した。新型コロナウイルスの緊急経済対策の実施に向け、歳出総額25兆6914億円を計上。全国民に現金10万円を給付するため、7日に一度決定した予算案を組み替え、8兆8857億円増額した。中小企業の資金繰り支援や医療体制の整備などの費用も計上し、財源は全て国債で賄う。与野党は30日に成立させる審議日程で合意している。 麻生太郎財務相は27日の臨時閣議後...

続きを読む

一律10万円 迅速な給付に全力挙げよ(2020年4月25日配信『産経新聞』-「主張」)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対策として国民1人に一律10万円を支給する特別定額給付金の概要が示された。窓口となる市区町村が住民票で確認した世帯主の住所に申請書を送り、郵送やオンラインで給付申請を受け付ける。 早ければ5月中には申請があった銀行口座に振り込むというが、外出自粛の影響などで困窮している人は多い。一日も早い給付が不可欠である。事務手続きなどが停滞することのないよう、自治体は万全の...

続きを読む

DV被害者への10万円給付手続き開始 30日まで、避難先自治体に 2020.4.24 19:54政治政策(2020年4月24日配信『産経新聞』)

 新型コロナウイルスの緊急経済対策で実施する現金10万円の一律給付で、ドメスティックバイオレンス(DV)被害から逃れるため住民票の住所と異なる場所で暮らす被害者が給付金を直接受け取るための手続き期間が24日、始まった。DV被害を証明する書類とともに避難先の市区町村に申し出れば、同伴の子どもらの分も含めて給付を受けることができる。 申し出手続きの期間は原則30日までだが、その後も受け付ける。政府は「...

続きを読む

10万円一律給付 マイナンバーカードはなくても受け取り可(2020年4月23日配信『NHKニュース』

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付について給付の事務を担う都内の自治体には住民からの問い合わせが数多く寄せられるようになっていて「給付を受けるにはマイナンバーカードが必要か」という住民からの問い合わせも寄せられています。総務省や各自治体は「マイナンバーカードはなくてもよく、郵送による手続きも活用してほしい」と呼びかけています。このうち豊島区では現金10万円の一律給付の手続きに関...

続きを読む

何のための「10万円」 説明ないのか(2020年4月23日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★国民への一律10万給付について、国会議員がもめている。内閣は首相・安倍晋三が「閣僚は申請しない方針」とし閣僚、副大臣、政務官などが給付を自粛するなどという表現を使い辞退を申し合わせた。20日の会見で官房長官・菅義偉は「常識的にはしないと思う」と答えた。さて何の常識なのか。政界の常識なのか、国民に対して閣僚だからか、それとも国会議員だからなのか。★その国会議員だが自民党は受け取らない方向。公明党は「それ...

続きを読む

10万円給付金「世帯ではなく個人」訴える声 DV被害者、離婚協議中の女性など受け取れない可能性も(2020年4月22日配信『ハフポスト』)

給付金がもらえるかどうかは世帯主の意向次第?総務省は何らかの方法を検討するとしていますが「DV被害の証明が難しい」という問題も浮上しています。泉谷由梨子政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として、全国民向けに一律10万円を給付する方針を発表した。しかし、この支給方法として発表された「世帯主」が一括で受け取る方式をめぐり、世帯主以外の人々、特にドメスティック・バイオレンス(DV)被害者や離...

続きを読む

橋下徹氏「給料、ボーナスが減らない人に給付する必要なし」対立や敵対心を煽らず、もう静かにしてほしい(2020年4月22日配信『yahooニュース』)

藤田孝典 | NPO法人ほっとプラス理事 聖学院大学心理福祉学部客員准教授給料、ボーナスがびた一文減らないことが確実な人には給付する必要なしと説く橋下徹氏(写真:アフロ)橋下徹氏「給料、ボーナスがびた一文減らないことが確実な人には給付する必要なし」発言元大阪府知事の橋下徹氏のTwitter発信が活発で騒がしい。やはり現金一律10万円給付の障害になる言論が見られ始めていることに懸念がある。早急に支給を待っている人...

続きを読む

一律10万給付の裏に「公明・二階の乱」 安倍首相白旗で広がる「不協和音」(2020年4月22日配信『週刊朝日』)

山口公明党代表(左)と安倍首相 新型コロナウイルスへの経済対策をめぐり政権が混乱している。「減収世帯への30万円給付」だった経済対策を急遽、「1人一律10万円給付」に転換したのだ。 4月7日に政権が発表した「30万円案」には、対象世帯が少なすぎるという批判が殺到。14日、自民党の二階俊博幹事長が「一律10万円給付」に言及すると、15日には公明党の山口那津男代表が安倍晋三首相に官邸で直談判し、「10万円案」への転換...

続きを読む

「一律10万円」早ければ 来月7日にも給付できるよう準備(2020年4月22日配信『TBS News i』)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急経済対策の柱で、国民一律に給付される10万円について、もっとも早い自治体では、来月7日にも給付できるよう準備を進めていることがわかりました。 緊急経済対策の財政的裏付けとなる今年度補正予算案は国会審議を経て、来週中に成立する見通しです。 10万円の給付作業は各自治体が行いますが、宮崎県の都城市は補正予算が成立次第、大型連休明けの来月7日にも給付できる...

続きを読む

広島知事、職員の国給付10万円の活用を撤回 (2020年4月22日配信『中国新聞』)

 広島県の湯崎英彦知事は22日、国が全ての国民に給付する10万円を巡り県職員の受け取り分を新型コロナウイルスの対策費に活用したいとした21日の発言について、事実上、撤回した。県として直接活用する考えはないと明言。ただ、財源捻出のため、県職員に何らかの協力要請を選択肢の一つとして検討する方針を示した。給付金活用は、県民や県議会から批判が相次いでいた。 湯崎知事の突然の表明に対しては、県民や県議会から批判が...

続きを読む

10万円給付 早く届ける努力と工夫重ねよ(2020年4月22日配信『読売新聞』-「社説」)

 国民に一律10万円の現金を給付する支援策について、政府が手続きの概要を発表した。 休業などで収入が途絶えた人への援助は急を要する。政府と自治体は工夫を重ね、迅速な支給に努めるべきだ。 現金給付は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策に盛り込まれた。政府は収入の減った世帯に30万円を出す当初案を取り下げ、今年度補正予算案を組み替える異例の措置をとった。 各世帯の収入状況を確認して、対象を...

続きを読む

梅沢富美男怒り 手を挙げた人に10万「全く失礼」(2020年4月21日配信『日刊スポーツ』)

梅沢富美男(69)が21日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜午後1時55分)にリモート生出演し、政府の新型コロナウイルス対策に怒りを示した。15日ぶりの仕事という梅沢は自身の主宰する劇団も新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて公演が出来ない状況が続いていることを明かし、劇団員への給与を梅沢が補てんしているという。一律10万円給付について「おれずっと15日間テレビに向けて大声出していましたよ。お...

続きを読む

広島県職員への10万円給付、コロナ対策に活用 湯崎知事「財源足りず…」(2020年4月21日配信『毎日新聞』)

湯崎英彦広島県知事=広島県庁で 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い国が全国民に一律給付する10万円について、広島県の湯崎英彦知事は21日、県職員が受け取った分を県内事業者の休業支援などに活用する考えを示した。協力を呼びかける対象や、具体的な活用方法などは今後検討する。 「緊急事態宣言」の対象地域になった広島県は98種の店舗や施設に対し、22日から5月6日まで休業を要請。県は要請に応じた事業者らに協力金を支払...

続きを読む

山本太郎氏ら世帯主給付危惧「DV加害者だったら」(2020年4月21日配信『日刊スポーツ』)

 れいわ新選組の山本太郎代表が、新型コロナウイルスの緊急経済対策として政府が実施する全国民向けの一律10万円給付で、世帯主名義の銀行口座に家族分をまとめて振り込むとの概要について、「世帯主がDV加害者だった場合、加害者が総取りになるのだが」と問題点を指摘した。 山本氏は21日、ツイッターで「世帯主がDV加害者だった場合、加害者が総取りになるのだが。そこを注意するよう、れいわの提言でも書いたのだが・・」と危...

続きを読む

一律10万円給付に関する社説・論説集(2020年4月21日)

一律10万円給付 スピード感が不可欠だ(2020年4月21日配信『北海道新聞』-「社説」) 政府はきのう、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、所得制限を設けない全国民への10万円給付を盛り込んだ本年度補正予算案を閣議決定した。 減収世帯限定の30万円給付は取り下げた。閣議決定済みの予算案を組み替えるのは極めて異例だ。 判断の甘さと認識のずれで混乱を招いた安倍晋三政権の責任は重い。国民...

続きを読む

10万円給付、5月にも開始…4月27日時点で住民基本台帳記載の全ての人が対象(2020年4月21日配信『読売新聞』)

 総務省は20日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策に盛り込まれた現金10万円の一律給付の概要を発表した。国籍を問わず、4月27日に住民基本台帳に記載されている全ての人が対象となり、早ければ5月にも給付が始まる。これに先立ち、政府は持ち回りの閣議で、緊急経済対策と2020年度補正予算案を決定した。 総務省によると、申請は、市区町村から送られた申請書に振込口座を記入して返送する郵送と、マイ...

続きを読む

10万円給付、迅速重視 補正予算案、閣議再決定 自治体重荷、総額減る世帯も(2020年4月21日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策と2020年度補正予算案が20日、異例の修正を経て再度、閣議決定された。迷走した個人向け現金給付は最終的に「全国民一律10万円」に落ち着いたが、国会審議の遅れに加え窓口となる自治体の事務量も増加することになり、政府が目指す5月中の給付開始は見通せない。一方、与党内では生活困窮者への追加支援を求める声が早くも強まっており、政府は改めて対応を迫られる可能性...

続きを読む

【Q&A】10万円いつ、どうすればもらえる? 届いた申請書を返送(2020年4月20日配信『産経新聞』)

市区町村から送られてくる申請書のイメージ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として、1人10万円の一律給付が閣議決定された。いつ頃、どのような形で私たちの手元に届くのかまとめた。 Q 給付対象と時期は A 4月27日時点で住民基本台帳に記載がある人が対象となる。給付申請の受け付け開始は市区町村によって異なり、早ければ5月中にも始まる見通し。申請期限は受け付け開始から3カ月以内となる。 Q ...

続きを読む

首都圏の人出「散歩は問題ないが…」 10万円申請は「しない」 官房長官会見詳報(2020年4月20日配信『毎日新聞』)

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月20日午前11時32分 新型コロナウイルスの感染拡大について、20日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。1人当たり10万円の一律給付について、自身が申請するか否かを問われると、菅氏は「常識的にはしない。まだ正式に(制度設計が)決まっていないので答えは控えます」と説明した。 また19日に首都圏の一部の行楽地で人出が多かったことに関しては「散歩や生活必需品の...

続きを読む

コロナ禍、この面々に任せて大丈夫か(2020年4月20日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★また首相・安倍晋三のポエムのような演説を聞かされ、質問も原稿を見て答えるさまを見せられると、この首相には自分の言葉で国民に語り掛けることは無理なのだなと思う。映画監督・松井久子は「きっとあなたなりには一生懸命頑張っているのでしょう。でも会見を何度聞いても『この人に任せておけば大丈夫』と思えないのです。そんな国民の、辛くて不安な気持がわかりますか」とネットに書き込んだが、ネット民からは「手話の方が...

続きを読む

与党“10万円一律給付急ぐ”野党“収入減世帯に30万円給付も”(2020年4月19日配信『NHKニュース』

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策をめぐって、NHKの「日曜討論」で、与党側は、10万円の一律給付などを急ぐ考えを示したのに対し、野党側は、収入が減った世帯への30万円の給付なども実現するよう求めました。自民党の稲田幹事長代行は「一律10万円を国民に給付することによって、一致団結するというふうに方針を転換した。オンラインや郵送、マイナンバーを利用するなどスピード感を持って実現していくことが必要...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ