FC2ブログ

記事一覧

政府・電通 疑惑ぞろぞろ(2020年6月13日配信『しんぶん赤旗』)

山添氏 中企庁長官との癒着追及武田氏 「別事業10回ヒアリング」参院予算委 日本共産党の山添拓、武田良介両議員は12日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスで苦しむ医療、学生、文化、観光の各分野への支援・拡充を求めるとともに、第1次補正予算に盛り込まれた支援事業が広告大手・電通などに“食い物”にされている疑惑についてただしました。(論戦ハイライト)コロナ予算を“食い物”に質問する山添拓議員=12日、参院...

続きを読む

コロナ禍の就活「リーマンの影響」じわり 独自調査で見えた大学側と企業側の「乖離」(2020年6月7日配信『AERA.com』)

新型コロナの影響で閉鎖した明治大学のキャリア支援センター。学生の入構すらできないなか大学側も対応に苦慮している(写真:明治大学提供) 人の気配がなく、ひっそりとする大学のキャリアセンター。多くの大学はコロナ対策で入構禁止などの措置を講じた。企業側から見れば長期化が予想される21年卒の就活。一方の学生や大学は、何を思う。AERA 2020年6月8日号では、「コロナ禍の就活」を特集した。【旧帝大、早慶上理、MARCH、...

続きを読む

留学生の支援 学ぶ願い等しく応えよ(2020年6月5日配信『京都新聞』-「社説」)

 外国人の留学生だけに厳しい要件を設けるのは道理に合わない。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮する学生らへ現金10万~20万円を給付する国の支援策を巡り、波紋が広がっている。 文部科学省が、給付対象を外国人留学生に限って成績上位3割程度とする要件をつけたからだ。 各地の大学関係者から「国籍差別だ」と批判が噴出している。日本人学生と同じ要件にするよう求めるインターネット署名が、2日足らずで5万...

続きを読む

国の困窮学生支援 一時しのぎにせぬように(2020年5月30日配信『毎日新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの影響で困窮する学生に対する政府の支援策が決まった。給付金が柱で、1人につき10万~20万円が支給される。総額で約530億円になる。 対象は全国の大学、大学院、短大、専門学校などに通う学生だ。学生団体の調査では、家計の悪化やアルバイト収入の大幅な減少で約2割の学生が退学を検討している状況だという。迅速に支給の手続きを進めてほしい。 ただ、受給には、自立してアルバイト収入で学費を...

続きを読む

「留学生のみ成績条件は問題」 困窮学生「給付金」で人権団体が文科省に改善要請(2020年5月29日配信『毎日新聞』)

記者会見で話すネパール出身の留学生、ダリマ・タマンさん=東京都千代田区の参院議員会館で2020年5月29日 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経済的に困窮した学生のために政府が創設した「学生支援緊急給付金」について、外国人を支援する人権団体などは29日、「留学生のみに成績条件が設けられている点など問題がある」として、文部科学省に改善を求める要請を行った。 「学生支援緊急給付金」は、新型コロナの感染拡大...

続きを読む

学費一律半減求める 吉良氏 学生支援改善を(2020年5月24日配信『しんぶん赤旗』)

質問する吉良よし子議員=21日、参院文科委 日本共産党の吉良よし子議員は21日の参院文教科学委員会で、コロナ禍の影響を全学生が受けているとして、国が学費一律半減に踏み出すことを求めました。 国の学生向け緊急給付金の受給要件は、アルバイト収入が50%以上減少、無利子貸与奨学金を限度額まで利用していることなどが定められています。 吉良氏は、アルバイト収入の減少が証明できない新入生や、借金を増やしたくな...

続きを読む

全国の大学で模索続く「新しい授業」のカタチ 新型コロナ感染拡大で(2020年5月23日配信『毎日新聞』)

明治大学国際日本学部の山脇ゼミが実施したオンライン合宿=2020年4月25日(山脇啓造教授提供) 新型コロナウイルス感染拡大を受け、需要が高まっているオンライン授業。大学では小中学校や高校よりも先行して導入が進む。初めての試みに戸惑う教職員や学生のために、SNS(ネット交流サービス)で教員同士が情報や課題を共有する取り組みも始まり、試行錯誤しながら「新しい授業」のカタチを模索している。 「おはようございます...

続きを読む

留学生の支援 分け隔ては認められない(2020年5月23日配信『信濃毎日新聞』-「社説」)

 外国人の留学生だけに厳しい要件を設け、分け隔てた扱いをすることは認められない。新型コロナウイルスの影響で困窮する学生らに政府が支給する緊急給付金である。 大学や大学院、専門学校の学生らを対象に、経済的な理由で修学の継続が困難な場合、10万〜20万円を支給する。学費や生活費を賄うアルバイト収入が5割以上減ったことなどが要件となる。 留学生はそれに加えて「学業成績が優秀な者」に限定された。成績評価係...

続きを読む

バイト失い貯金崩し生活 実習中止で医者になれるか不安(2020年5月23日配信『しんぶん赤旗』)

医師の卵が危機に直面FREE医学生調査 高等教育無償化プロジェクトFREE医学生チームは21日、新型コロナ感染拡大による医学生への影響調査(中間結果)を明らかにしました。38大学、224人の医学生から回答がありました。 私立医学部の学費は年間509万円(平均)です。 香川大医学部6年生(世帯年収380万~500万円)は、「自営業が休業したため、収入がゼロ」と回答。東北大学医学部6年生(世帯年収50...

続きを読む

ウェブ活用の就職面接会開催へ 岡山県が6月「面接受けやすく」(2020年5月22日配信『山陽新聞』)

手話通訳付きの会見でウェブを活用した就職支援などを説明する伊原木知事 岡山県の伊原木隆太知事は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大によって就職活動に影響が出ているとして、ウェブ版の「おかやま就職マッチングフェア」を6月10~30日に開くと明らかにした。学生の就職支援と地場企業の人材確保を図る。 3月に開設したウェブサイト「県合同企業説明会」の機能を拡充して行う。学生はタブレット端末やス...

続きを読む

困窮学生へ現金給付(2020年5月21日配信『宮崎日日新聞』-「社説」)

◆根本的な若者支援検討せよ◆ 政府は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮する学生への現金給付を閣議決定した。前進ではあるが、対象は約43万人と一部に限られ、「全学生の10人に1人にすぎない」とする学生支援団体もある。一時的な対症療法に終わらず、学費軽減を含めた根本的な学生支援について本腰を入れるときだ。 県内の国公私立4年制大学によると20日時点で、コロナ禍に伴う困窮に関する学生からの相談はゼロ...

続きを読む

困窮学生へ最大20万円給付 43万人対象、計530億円(2020年5月19日配信『共同通信』)

 政府は19日、新型コロナウイルス感染拡大で困窮する学生への現金給付を閣議決定した。想定する対象は約43万人で、1人当たりの額は住民税非課税世帯が20万円、それ以外は10万円。予算総額は530億円で、迅速な給付のために予備費を充てる。 萩生田光一文部科学相は、持ち回り閣議後の記者会見で「学生が進学や修学を諦めないようにすることが何よりも重要だ。速やかに支援が行き渡るようにしたい」と述べた。 対象は...

続きを読む

大学新入生「47%」孤立、4人に1人は生活費不足 栃木県内でNPO調査(2020年5月17日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響について、栃木県内の大学生らを対象にNPO法人「とちぎユースサポーターズネットワーク」(宇都宮市、岩井俊宗・代表理事)がインターネット上でアンケートしたところ、「近くに頼れる人がいない」と答えた新入生が47%に達した。入学後に他の学生との直接の交流がなく、孤立しがちな状況がうかがえる。また、3人に1人が「アルバイトがなくなった」と回答。「生活費が足りてない」と答えた学...

続きを読む

<新型コロナ>困窮の学生 危ういバイト 「チャットレディ」性的行為強要被害も(2020年5月17日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大で飲食・接客業の営業自粛が続き、アルバイトができなくなった女子学生が、やむなく「チャットレディ」というインターネットを通じた会話のアルバイトに足を踏み入れるケースが出ている。性的行為を強要される例もあり、被害相談を受けた野党が聞き取りを強化。困窮する学生を支援する動きは与野党に広がる。  東日本の私立大学に通う女子学生(21)は最近まで、早朝のコンビニ勤務と、夜のラウ...

続きを読む

学費支援、拡充の動き 給付型の対象広く、現金支給も(2020年5月16日配信『日本経済新聞』)

新型コロナウイルスの感染拡大が学生の生活に影を落としている。親の収入やアルバイトの機会が減少しているためだ。こうした事態を受けて奨学金や授業料の支払い延期などで学生を支援する動きが広がっている。一方で今年度からは低所得世帯の学生向けに、国による経済的な支援も拡充された。使える制度を吟味して学べる環境を守りたい。学生支援の仕組みで2020年度の最も大きな変化は、新しい国の修学支援制度の実施だ。約51万人が...

続きを読む

学生「7割が収入減」 「退学や休学考える」4人に1人(2020年5月13日配信『しんぶん赤旗』)

FREE京都が調査 京都の学生でつくる「高等教育無償化プロジェクト FREE京都」が実施した新型コロナウイルスの学生への影響調査で、アルバイト収入が減ったり、「ゼロ」になった学生が7割近くにのぼり、退学や休学を考えている学生が4人に1人にのぼることがわかりました。 調査は4月21日から5月2日までインターネットで行い、京都府内の大学・短大・専門学校等22校の390人が回答しました。 アルバイトが「...

続きを読む

自民、学生に10万円支援策 対象2割想定 収入減救済(2020年5月12日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルス感染拡大による困窮学生対策に関する自民党プロジェクトチームは12日、学生1人当たり1万円の給付を柱とする支援策を発表した。アルバイト収入の大幅減少などで修学継続が困難になる学生を救済する狙いで、特に困窮したケースでは20万円給付する。全学生の2割が支給対象になると見込む。追加の緊急経済対策として政府に実現を働き掛ける。 発表に先立ち、党政調審議会にも報告した。岸田文雄政調会長は...

続きを読む

野党が学生支援法案提出(2020年5月12日配信『しんぶん赤旗」)

学費半額免除、最大20万円補助衆院の岡田事務総長(中央)に学生支援法案を提出する野党議員。右から2人目は畑野議員=11日、国会内 日本共産党と、立憲民主党、国民民主党などの共同会派は11日、共同で新型コロナウイルス感染症拡大の影響で困窮する学生らを支援するための法律案を衆院に提出しました。 野党の「学生支援法案」は、(1)大学院、大学、短期大学、専門学校などに通う全学生を対象に授業料の半額免除(2)アルバ...

続きを読む

自民、困窮学生に10万円支援案 収入減を救済、全学生の2割対象(2020年5月12日配信『共同通信』)

現金10万円 新型コロナウイルス感染拡大による困窮学生対策に関する自民党プロジェクトチームは12日、学生1人当たり10万円の給付を柱とする支援策を発表した。アルバイト収入の大幅減少などで修学継続が困難になる学生を救済する狙いで、特に困窮したケースでは20万円給付する。全学生の2割が支給対象になると見込む。追加の緊急経済対策として政府に実現を働き掛ける。 支援策では、大学、大学院、短大、専門学校の学生のほか、...

続きを読む

コロナと学生 間口広げ迅速な支援を(2020年5月10日配信『北海道新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルス対策に伴う国の緊急事態宣言の長期化で、収入が急減し、学業の継続に不安を抱える学生が増えている。 感染症対策の陰で、困窮学生の支援は後手に回ってきた。 今春、学費減免と給付型奨学金を柱とする高等教育修学支援制度が始まったが、低所得世帯が対象で、中間層の対策は限定的だ。 月内には多くの大学が前期授業料の納付期限を迎える。当面の生活支援とともに、学費の負担軽減を促す施策が求められる。...

続きを読む

コロナと大学教育 不安拭い知の拠点を守れ(2020年5月10日配信『産経新聞』-「主張」)

 新型コロナウイルス感染拡大の中、大学教育をどう維持するかが課題となっている。経済的に困窮する学生への対策が急務だ。キャンパスの閉鎖でオンライン授業の工夫も求められる。 官民を挙げて知の拠点を守る積極的な手を打ってもらいたい。 文部科学省の4月時の調査では開講を延期する大学、高等専門学校は約9割に上った。キャンパスが感染拡大の場とならないよう入構制限を継続している所が少なくない。 大学はインターネ...

続きを読む

教育も研究もケアも…大学教員、手弁当で対応 混乱、負担あらわ 毎日新聞調査(2020年5月8日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、大学の教育、研究両面に多大な影響を及ぼしている。毎日新聞が全国の大学教員を対象に実施したアンケートでは、遠隔授業に必要な学生側のインターネット環境の整備を教員が個人的に支援していたり、理系の実験など研究活動が停止したりしており、教員一人一人に混乱と過重な負担が生じている状況が浮かんだ。【鈴木英生、永山悦子】 「困窮している学生に、個人的にルーター(インターネットに...

続きを読む

授業料一律半額ぜひ(2020年5月8日配信『しんぶん赤旗」)

新型コロナ 野党・学生が意見交換ネットを活用インターネットを通じて学生や識者らと意見交換する野党議員=6日、国会内 日本共産党など5野党・会派の国会議員が6日、国会内でウェブを活用した野党合同ヒアリングを開き、新型コロナウイルスの感染拡大で学生生活に大きな影響を受けている学生らと具体的な支援策について意見を交わしました。 野党は、大学等が閉鎖した状態が続き、アルバイトの減収も学生生活に大きな影響を...

続きを読む

吉村知事 アルバイト失った学生支援を表明 支援金給付の事務作業などスピードアップ(2020年5月6日配信『読売テレビ』)

 大阪府の吉村知事は、生出演した「かんさい情報ネットten.」の中で、新型コロナウイルスの影響でアルバイトを失った学生を対象に府の非常勤職員として採用する方針を示した。 「学生のアルバイトで退学を検討しないといけない学生もいると聞いている。大学で授業料の免除はあるが、仕事がなくなったから日々の生活を稼げないと。地方から大阪府に来ている学生もそうですし。大阪府で独自に(学生)対象の雇用をする。非常勤...

続きを読む

「コロナ休学・退学」に怯える大学生の困窮実態(2020年5月6日配信『東洋経済オンライン』)

大学により「支援の有無」も分かれ始めた新型コロナウイルスの影響で、大学生の生活が日増しに苦しくなっている。学生団体「高等教育無償化プロジェクトFREE」が新型コロナウイルス感染拡大の影響を探るため、全国の大学生や短大生、大学院生ら1200人を対象にインターネット上で実施した調査。4月29日に発表した調査結果によると、「退学を考えている」と答えた学生が20.3%に上った。22日の中間報告で7.8%だったのが倍以上に増えた...

続きを読む

コロナと就活 「氷河期」回避に全力を(2020年5月6日配信『北海道新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、来春卒業予定の学生の就職活動に混乱が生じている。 通常の説明会が中止されたり、面接の日程が変更されたりしているためだ。一部の企業には業績悪化で採用数を絞る動きもある。 経団連は、エントリーシートの提出期限延長や採用機会を複数回設けるよう会員企業に要請するなど、対応に乗り出した。 コロナ禍で、バブル崩壊後の就職難に直面した「就職氷河期世代」を再び生んではならない...

続きを読む

コロナ禍で学費減免、対策は国立5校のみ 30大学調査(2020年5月5日配信『日本経済新聞』)

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト先を失うなどした学生に対する主な大学30校の経済的支援で、新たな対策として学費の減免措置を取っているのが国立大5校にとどまることが分かった。緊急事態宣言の延長を受け、安倍晋三首相は「アルバイト学生への支援」を明言したが、主要国と比べて支援策は十分とはいえない状況だ。 日本経済新聞が5日までに全国の国公立大と私立大のうち学生数上位の各15校に学費の減免制度について聞い...

続きを読む

東京都 休業事業者へ再度協力金 膨大な事務作業鑑み大学生に“アルバイトの場”確保へ(2020年5月5日配信『ANNニュース』)

 小池都知事は5日、緊急事態宣言の延長を受けて、東京都としても同様に5月31日まで緊急事態措置を継続すると発表した。 東京都は緊急事態措置の延長等にかかる総額449億円の補正予算を取りまとめた。区市町村立学校におけるオンライン学習等の環境整備に向けた緊急支援に84億円、午前中から開所する学童クラブへの上乗せ補助に20億円、所得が減少した個人への貸付原資の増額に337億円などを計上する。 また、休業要請に応じた中...

続きを読む

著作物の補償金「国が負担を」 文学、音楽、映画 オンライン授業で使用が可能に(2020年5月5日配信『東京新聞』)

オンライン授業のために動画を撮る三重県の中学校教諭=津市で 新型コロナウイルスの感染拡大で全国の学校が休校する中、インターネットを通じた「オンライン授業」に注目が集まっている。これまで、教科書をはじめとする著作物の利用は大きく制限されていたが、先月末に施行された改正著作権法によって自由に使えるようになった。ただ、代わりに権利者側へ支払うことになった補償金の金額など具体的な手続きはまだ決まっていない...

続きを読む

「進学諦めることに」「就活できる?」…(2020年5月5日配信『しんぶん赤旗」)

受験生・学生 切実コロナ問題 緊急アンケート 「家族の誰かが夢や目標を諦めないといけない」「オープンキャンパスが実施されるかわからず不安」―。広島文化学園大学専任講師の伊藤駿さんらが、新型コロナウイルス流行による大学進学や在学への影響に関する、オンライン緊急アンケートを実施(4月22~30日)。先月末、速報版が発表されました。 受験生は216人が回答。受験に関する不安内容では「オープンキャンパスが...

続きを読む

「困難な時こそ真価問われる」授業開始できない中、学長たちがメッセージ(2020年5月3日配信『毎日新聞』)

新型コロナウイルスの感染拡大で入学式が中止になり、ホームページに公開した動画で式辞を述べる東京大の五神真学長=同大ホームページから 新型コロナウイルスの感染拡大で多くの大学で本格的な授業開始の見通しが立たない中、学長らがホームページ(HP)で学生向けにメッセージを発信している。未曽有の事態への身の処し方から感染防止策まで、その内容は幅広く、示唆に富んでいる。一部を紹介する。「正しい情報の見極めは、学...

続きを読む

大学・専門学校生の2割が「退学検討」 学生団体調査(2020年5月3日配信『東京新聞』)

オンライン会見で、困窮する学生の実態を訴える「FREE」代表岩崎詩都香さん(下)と「一律学費半額を求めるアクション」代表山岸鞠香さん(左上) 新型コロナウイルスの影響でアルバイトや親の収入が減って学費を払えない大学生らが増えているとして、複数の学生団体の代表者が日本記者クラブのオンライン会見で、学費を国の責任で一律半額にすることなどを求めた。「高等教育無償化プロジェクトFREE」の東京大4年岩崎詩...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ