FC2ブログ

記事一覧

(論)ごめんね(2021年2月4日配信『佐賀新聞』-「有明抄」)

 めんや野菜をゆでた熱湯を流しに捨てる。むかしの人は、まず水を流して「すみません」と言ってから、ゆで汁をこぼしたという。流しの向こうには、どんな小さな生きものがすんでいるかわからない。「見えないもの」のいのちにも心寄せて頭を下げた◆そんな文化も、コロナ禍で他人との距離ばかり気にして暮らしていると、どこかいびつになる。レジの順番を譲ってもらったり、日常のちょっとした親切にも、「ありがとう」より「すい...

続きを読む

安全な保育難しい…保育所の登園、自粛求める自治体も コロナ感染拡大「柔軟な対応が必要」と専門家(2021年1月20日配信『東京新聞』)

保育所の登園自粛などへの協力を保護者に求める文書 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言で国が「原則開所」とする保育所について、東京都内では独自に登園自粛を求める自治体が出始めている。「感染者の急増を抑えるため」「休ませたい保護者のニーズに沿った」などが理由だが、自治体でまちまちの対応に困惑する保護者も。「保育園を考える親の会」の普光院亜紀代表は「自治体の判断は理解できるが、個々の家庭や仕事の事情は...

続きを読む

マスクでも笑顔が届きますように…コロナで一変した生活 保育士の思い(2020年9月18日配信『西日本新聞』)

園庭で園児に囲まれる保育士の中島季歩さん。子どもたちとの距離は近く、マスクは必須だ(撮影・佐藤雄太朗)働き支える コロナ禍のくらし〈上〉 福岡市の保育士・中島季歩さん(28) ぐずる乳幼児には笑顔がいちばん効く。言葉がまだうまく通じなくても、満面の笑みで「大丈夫だよ」と伝えるとそう感じてくれる。やがて安心感に包まれたように笑顔を返してくれる。だが今、先生の笑顔はマスクに覆われて見えない。 保育士にな...

続きを読む

コロナQ&A 児童福祉支援

2次補正予算 施設補助金の中身は50万円追加など四つの事業支援 コロナ禍で保育園、学童保育、児童養護施設などの児童福祉施設では、子どもたちに寄り添う保育と感染拡大防止の努力が日々続けられています。 第2次補正予算では、新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金の中から、「児童福祉施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策に係る支援」として452億円が計上されました。 日本共産党の子どもの権利...

続きを読む

保育現場のマスク着用 子どもに表情伝わりづらいなど課題も(2020年6月28日配信『NHKニュース』)

 新型コロナウイルスの感染を長期的に防ぐための新しい生活様式が広がる中、保育の現場でもマスクの着用が定着していますが、子どもに表情が伝わりづらいなど、課題も出ています。専門家は「子どもは表情や口の動きからいろいろなことを読み取っている。安全に配慮しながら表情を伝える工夫が大切だ」と指摘しています。 高知市にある福井保育園では、保育士全員がマスクをつけていますが、0歳児のクラスで、マスクをしたまま子...

続きを読む

保育士の休業補償 不払い相次ぐ 労組が無料電話相談(2020年6月27日配信『NHKニュース』)

 新型コロナウイルスの影響で、仕事を休まざる得なくなった保育士への休業補償が支払われていないケースが相次いでいるとして、保育士などの組合が無料の電話相談を行い、「休んでいた間、賃金がほとんど支払われなかった」といった相談が寄せられました。 電話相談を行っているのは、保育士などで作る労働組合の「介護・保育ユニオン」です。 全国では、多くの保育士が休園や登園自粛の影響で休まざるを得なくなりましたが、組...

続きを読む

保育士の賃金カット横行 運営費は休園中も支給されるのに(2020年6月15日配信『東京新聞』)

保育士らからの相談を受ける「介護・保育ユニオン」の三浦かおりさん。多くの相談が寄せられている=東京都世田谷区で 新型コロナウイルスのまん延により臨時休園や登園自粛を行った保育園で、保育士らが賃金を減らされたり、有給休暇の取得を指示されたりした、との相談が行政や労働組合に相次いでいる。運営委託費は通常通り支給されるにもかかわらず、コロナ禍に乗じた賃金カットが横行。この現状に、国は5月末、適切に人件費...

続きを読む

コロナ対策求めた保育士に「異動か退職か」 横浜、2人が改善求めスト(2020年6月6日配信『東京新聞』)

保育園の前で横断幕を掲げて職場環境改善を訴える介護・保育ユニオンの組合員ら=2日、横浜市鶴見区で 横浜市鶴見区の認可保育所「鶴見ハート保育園」の20代の女性保育士2人が、職場の新型コロナウイルス感染防止対策が不十分と感じ、改善を求めたら異動を命じられた上に拒否すると退職を迫られたなどと訴え、1日からストライキに入っている。 保育士を支援する労働組合「介護・保育ユニオン」などによると、政府の緊急事態...

続きを読む

コロナと保育 家庭の支援きめ細かく(2020年5月5日配信『北海道新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、子どもたちの保育体制が揺らいでいる。 保育所や学童保育所では、休校の長期化などにより出勤できない職員が増え、人手不足が深刻だ。 「3密」の回避が難しく、職員の感染による休園も相次ぐ。 このため、登園自粛を求めるだけでなく、受け入れを制限して、保護者の職業によって優先順位を決める動きが強まっている。 医療従事者などの優先は当然としても、一律の線引きでは個...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ