FC2ブログ

記事一覧

コロナで帰国困難 外国人にアルバイト認める 出入国在留管理庁(2020年12月1日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの影響で、帰国が困難になっている外国人の生計を支援するため、出入国在留管理庁は、就労ができない在留資格の外国人にも一時的にアルバイトを認める措置を1日から実施することになりました。出入国在留管理庁によりますと、新型コロナウイルスの影響で、日本を訪れた外国人の中には、母国の入国制限が厳しくなったり航空便が減ったりして帰国が困難となり、生計が苦しくなるケースが出てきています。こうした...

続きを読む

(論)外国人留学生 感染続出/相談、受診 確実に情報届けよ(2020年11月15日配信『河北新報』-「社説」)

 対策の盲点がまた一つ浮かび上がってきた。 新型コロナウイルス感染防止の呼び掛けが、留学生をはじめ、国内で暮らす外国人に浸透していない恐れが高まっている。 仙台市では自動車大学校に通う留学生1人の陽性が、留学生の大規模なクラスター(感染者集団)に発展した。 対策に死角があってはならない。予防策を徹底するとともに、外国人一人一人に確実に情報が届き、戸惑うことなく相談や受診ができるよう緊密な関係づくり...

続きを読む

学べない、働けない、祖国にも帰れない…外国人留学生 公園に一人(2020年7月20日配信『毎日新聞』)

帰国できず、公園でスマートフォンを見つめるスリランカ人留学生のマドゥカ・ラナシンゲさん。心配する母と毎日、フェイスブックで連絡を取り合っている=東京都品川区で2020年6月24日 異国の公園でポツンと一人、母親とフェイスブックで連絡を取るスリランカ人留学生、マドゥカ・ラナシンゲさん(24)。新型コロナウイルス感染拡大に伴う渡航制限で帰国できず、同国大使館の紹介で東京都内の無料宿泊所に一時滞在後、現在は友人...

続きを読む

[コロナと外国人]支援の「壁」なぜつくる(2020年7月2日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 新型コロナウイルスによる経済危機が、弱い立場にある外国人労働者や留学生を直撃している。 休業や減収で生活が苦しくなった人を支える「緊急小口資金」など国の特例貸し付けに、県内に住む外国人の申請が殺到しているという。 窓口となる那覇市社会福祉協議会によると、一時金として20万円まで無利子で借りられる緊急小口資金は、申請の15%に当たる898件を外国人が占めている。窓口を訪れる人の半数近くが留学生とい...

続きを読む

【コロナと留学生】日本人と区別なく支援を(2020年6月22日配信『高知新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入が激減して困窮している学生は日本人、外国人留学生を問わず少なくない。 学生支援へ向けた政府の「初動」は必ずしも素早くはなかったが、困っている学生を支えるために現金給付を決めたのは評価したい。 問題はその支給条件だ。 文部科学省は外国人留学生に「成績上位3割」程度を対象とする要件を設けた。しかし、日本人の学生にはそうした条件はない。留学生の差別的な扱いに反対...

続きを読む

「差別的な政府対応に納得いかない」留学生が憤り 困窮学生への現金給付3つの問題点(2020年6月10日配信『AERA.com』)

バイト激減で、留学生には不安が募る ブルーインパルスを複雑な感情で見た医療従事者もいる AERA (アエラ) 2020年 6/15 号【表紙:秦由加子】  安倍政権の新型コロナ関連政策はどれも的外れ。経済的に困窮する学生たちへの現金給付でも繰り返そうとしている。その問題点とは。AERA 2020年6月15日号で掲載された記事を紹介。*  *  * 初夏の青い空を飛び回るブルーインパルスを見た人も多いだろう。東京の上空に、白いスモー...

続きを読む

ホテルからネカフェ難民退去 新宿区が謝罪 宿泊料支給へ(2020年6月10日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの影響でインターネットカフェなどに寝泊まりできなくなった人にビジネスホテルを提供する東京都の救済事業を巡り、新宿区は九日、利用延長できることを伝えずに多くの利用者を退出させたことを謝罪し、本来滞在できた期間の宿泊料を支給すると発表した。 区によると、宿泊料は1泊3500円で、1日時点の利用期限の14日までに宿泊できなかった日数分を支給する。 区は5月29日、事業の利用者98人に...

続きを読む

コロナと外国人 苦境を見据え支援の輪を(2020年6月8日配信『西日本新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大による雇用情勢の悪化は、日本で暮らす外国人の就労にも深刻な影を落としている。 日本政府は「多文化共生」を掲げ、海外からの労働力受け入れを進めてきた。その看板に偽りがないように救済や支援に全力で取り組むべきだ。 企業の倒産や休業による外国人の解雇や雇い止めは今年2月以降、全国各地で急増した。彼らの困窮を伝える報道が続いている。異国の地で感染症の恐怖に直面し、収入を断たれ...

続きを読む

「日本式記入ルール分からない」外国人の特別定額給付金申請 NPOがサポート 福岡(2020年6月7日配信『毎日新聞』)

書類の書き方をサポートするボランティア(左)ら=福岡市中央区で2020年6月6日 新型コロナウイルス対策で国から1人10万円が給付される「特別定額給付金」の外国人の申請をサポートしようと、福岡市のNPO法人「トゥマンハティふくおか」(弥栄睦子(みえちかこ)代表理事)が6日、市内で相談会を開いた。 日本語の読み書きが苦手な外国人向けに、申請書類の書き方をサポートしようと初めて開催。感染予防のため、参加者らは手作...

続きを読む

コロナと難民 過酷な状況放置できない(2020年5月5日配信『信濃毎日新聞』-「社説」)

 紛争や迫害から逃れた難民や国内避難民が新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、一層過酷な状況に追い込まれている。命の危機にさらされる人々を守る支えが欠かせない。 先月、ミャンマーのイスラム系少数民族「ロヒンギャ」の難民400人近くが乗った漂流船が、バングラデシュ当局に救助された。30人余が飢えなどで既に死亡していたと報じられている。 マレーシアやタイで上陸を拒否され、2カ月ほど漂流を余儀なくされた...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ