FC2ブログ

記事一覧

(論)男女格差(2021年4月2・3・4・5・8・10・16日)

政治の男女格差/放置せず 具体的取り組みを(2021年4月16日配信『河北新報』-「社説」) 政治や経済分野で顕著な男女格差をいつまで放置しておくのか。このままでは、日本は世界から取り残されかねない。まずは政治の分野で「クオータ制」の導入といった手を打つべきではないか。 スイスのシンクタンク、世界経済フォーラムが公表した「男女格差報告」(ジェンダー・ギャップ指数)で、日本は156カ国中120位だっ...

続きを読む

性被害・困難解決へ(2021年4月11日配信『しんぶん赤旗』)

女性議員もっとオンライン交流 パリテ・キャンペーン実行委員会など2団体が10日に開いた女性参政権行使75周年記念のオンライン・トークフェス。性暴力や性差別など女性が直面する困難を解決するためにも女性議員を増やし、政策を実現させようと語り合いました。 「やはり女性議員が必要!」と題したセッションでは、全国女性シェルターネット共同代表の北仲千里さんが「日本のDV対策は国際的な標準から遅れており、法案へ...

続きを読む

女性が初投票した日から75年 政治の男女格差をなくすには(2021年4月10日配信『NHKニュース』)

日本で女性が初めて選挙で投票をした日から10日で75年です。政治分野での男女格差をなくすにはどうすればよいか考えるイベントが開かれました。女性の参政権は戦後になって実現し、75年前の10日、昭和21年4月10日に行われた衆議院選挙で初めて女性が投票し女性初の国会議員が39人誕生しました。男女共同参画の実現を訴えるNPOなどはオンラインでイベントを開き、各党の女性議員や専門家などが参加しました。政治分野での日本の男女...

続きを読む

(論)ジェンダー・女性問題(2021年1月12・13・2月28・3月1・9・13日・4月1・5日)

行動に性差はない(2021年4月5日配信『しんぶん赤旗』ー「潮流』) 公共の空間で恐怖を覚える女性は、男性の2倍を数えるそうです。イギリス運輸省の調べでは、駅のホームで電車を待つときや駐車場を歩くときに怖いと感じる女性は約6割。男性はその半分以下という結果に▼性の違いによる格差をさまざまなデータで示した『存在しない女たち』に紹介されています。都市計画が専門の大学教授は「移動中の女性に対する性犯罪は明...

続きを読む

ジェンダー格差120位 外国人女性リーダーはこう見る(2021年4月3日配信『日本経済新聞』)

ジェニファー・ロジャーズ氏/ステファニー・ドゥルーズ氏世界経済フォーラム(WEF)が3月31日に発表した世界各国の男女平等の度合いをランキングした「ジェンダー・ギャップ指数2021」。日本は156カ国中120位と前回(121位)並みにとどまり、主要7カ国(G7)では最下位だった。長らく女性活躍を掲げながら一向に浮上しない日本の取り組みを、外国人女性リーダーはどう見るのか。能力評価、明確な仕組みを ジェニファー・ロジャー...

続きを読む

静岡市議会議員48人中、女性はたったの3人 なぜ少ない?(2021年4月2日配信『静岡放送(SBS)』)

 スイスの研究機関が発表した男女平等の度合いを示す「ジェンダー・ギャップ指数」で日本は先進国で最低でした。先日行われた静岡市議選の結果でも女性議員の人数の少なさが浮き彫りとなりました。<田辺信宏静岡市長>「市政発展のために尽くしていきましょう。宜しくお願いします」 3月28日に投票された静岡市議選で当選した48人の議員が集まった初めての会議です。この中に女性議員はわずか3人しかいません。全国の政令市の中...

続きを読む

女性の政治参加へ候補目標義務づけ検討 超党派で法改正(2021年3月31日配信『日本経済新聞』)

市民団体から国会議員の女性候補を増やすよう求める署名を受け取る自民党の野田聖子議員(中央)ら(20年、自民党本部)=共同世界経済フォーラム(WEF)が発表した男女平等の実現度を示す「ジェンダー・ギャップ指数」をみると女性の政治参加で日本の遅れが目立った。超党派の議員連盟は各党に女性候補の数値目標を義務付ける法改正を検討する。与野党幹部から改善に努める声が相次いだ。加藤勝信官房長官は31日の記者会見で「より...

続きを読む

女性活躍「120位」が示す日本の無策(2021年3月31日配信『日本経済新聞』)

木村恭子衆院議員の女性比率は1割足らずだ(3月2日、衆院本会議)世界経済フォーラム(WEF)が3月31日に発表した世界各国の男女平等の度合いを示すランキング「ジェンダー・ギャップ指数」。日本は156カ国中120位と、前回(121位)同様、先進国の中で最低水準だった。いつまでも浮上しない日本の課題はどこにあるのか。安倍晋三政権が女性の活躍を成長戦略の柱に掲げたのは2013年。当時のランキングは136カ国中105位だったのだから...

続きを読む

ジェンダーギャップ指数2021、日本は120位 G7最下位は変わらず低迷(2021年3月31日配信『ハフポスト日本版』)

男女格差の大きさを国別に比較した、世界経済フォーラム(WEF)による「ジェンダーギャップ指数2021」が3月31日に発表された。日本は調査対象となった世界156カ国の120位だった(前年121位)。主要7カ国(G7)では引き続き最下位。特に衆院議員の女性割合が低いことなど、政治参画における男女差が順位に影響した。【ハフポスト日本版 泉谷由梨子】【動くグラフ】でみる政治のジェンダーギャップ。日本はこんなに世界から取り残さ...

続きを読む

女性県議、全国11%止まり 地方政治への参画進まず(2021年3月30日配信『共同通信』)

 総務省は30日、昨年12月31日時点でまとめた1788自治体の首長や議会の構成を発表した。47都道府県議会の議員数は計2643人。このうち女性議員は303人、11・5%にとどまった。前年比で0・1ポイントだけ増えたが、男性議員が圧倒的。地方政治への女性参画が進んでいない現状が浮かんだ。 都道府県別に女性議員の割合が最も高かったのは東京都の29・1%。京都府21・7%、神奈川県18・1%、滋賀県1...

続きを読む

日本の女性閣僚割合は10%で世界151位 順位大幅に落とす(2021年3月11日配信『NHKニュース』)

世界各国の閣僚ポストで女性が占める割合は21.9%と過去最高になりました。一方、日本では10%と、去年よりも順位を大幅に落とし151位になりました。各国の議員たちでつくるIPU=列国議会同盟と国連の機関、UN Womenは10日、世界各国の閣僚ポストで女性が占める割合についてことし1月1日時点のデータを公表しました。それによりますと世界全体では去年よりも0.6ポイント増えて21.9%になり、2005年に調査を始めてから最も高くなり...

続きを読む

「男性の育休、当たり前の世の中に」フェンシング五輪銀メダリスト千田健太・JOC女性スポーツ専門部会員(2021年3月8日配信『東京新聞』)

 8日は国際女性デー。日本では、東京五輪・パラリンピック組織委員会前会長の森喜朗氏による女性蔑視の発言をきっかけに、スポーツ界で女性が活躍する環境が整っていないとの批判が起きた。フェンシング男子フルーレ団体の五輪銀メダリストで日本オリンピック委員会(JOC)女性スポーツ専門部会に所属する千田健太さん(35)に、男性目線での日本の女性アスリートを取り巻く現状、これから目指すべき未来を聞いた。 日本の...

続きを読む

(論)国際女性デー(2021年3月8日)

2021年国際女性デー2021年3月8日に開催される国際女性デーのテーマは、「リーダーシップを発揮する女性たち:コロナ禍の世界で平等な未来を実現する国際女性デー 差別解消への動き鈍い(2021年3月8日配信『北海道新聞』-「社説」) きょうは女性の権利向上を目指し、国連が定めた「国際女性デー」だ。日本社会の現状は、ジェンダーギャップ(社会的性差による格差)を克服できないでいる。 その問題の根深さを露呈したの...

続きを読む

競技か「女性」か― 選ばなくていい環境づくりを ホッケー女子元日本代表・小林真由美(2021年3月8日配信『東京新聞』)

ジャカルタ・アジア大会ホッケー女子決勝のインド戦でパスを出す小林真由美(左)=2018年8月(共同) 8日は国際女性デー。日本では、東京五輪・パラリンピック組織委員会前会長の森喜朗氏による女性蔑視の発言をきっかけに、スポーツ界で女性が活躍する環境が整っていないとの批判が起きた。ホッケー女子で2度の五輪に出場した小林(旧姓小野)真由美(36)=東京ヴェルディ=に、日本の女性アスリートを取り巻く現状、...

続きを読む

全米で女性躍進 州議会の女性比率、初めて3割を突破 50年で約7倍に 共和党女性もジワリ増加(2021年3月8日配信『東京新聞』)

 米国で昨年、大統領選とともに実施された州議会選では、女性候補者が大健闘し、議員数は史上最多を記録した。民主党が依然、共和党を圧倒しているものの、実は共和党もジワリと数を伸ばし、地力をつけつつある。専門家は女性の政治参画を推進する動きとして歓迎している。(ワシントン・岩田仲弘)◆日本の都道府県議会の女性議員比率は11.4% ラトガース大「米国女性と政治センター(CAWP)」の調べによると、全50州中4...

続きを読む

ジェンダー平等の取り組み進む花王 性別役割分担から意識改革 カギはトップの姿勢(2021年3月8日配信『東京新聞』)

2019年に行われた育児休職からの復職前セミナーの様子。新型コロナウイルス禍で昨年は録画を配信し、今年はオンラインで開催した=花王提供  ジェンダー平等の取り組みが遅れる日本で、世界基準で評価されている企業がある。日用品メーカーの花王(東京都中央区)は、取り組みが進む各国の企業を選ぶ米ブルームバーグ社の「男女平等指数」に今年で3年連続、名を連ねた。そこに至るには、社員一人一人が働きやすい環境づくり...

続きを読む

界の女性議員25% 日本はG7最低166位―報告書(2021年3月6日配信『時事通信』)

 3月8日の国際女性デーを控え、列国議会同盟(IPU、本部ジュネーブ)は5日、各国議会の女性進出に関する2020年版報告書を発表し、世界全体で女性議員の割合が前年比0.6ポイント増の25.5%になったと発表した。 各国議会(下院または一院制)を調査した今年1月1日時点のランキングでは、衆議院で女性議員の占める割合が9.9%の日本が166位と先進7カ国(G7)で最低。G7のうち最高は39.5%のフラ...

続きを読む

女性議員の大幅増、コロナ禍の今こそ 衆院選へ向け市民ら国会会合(2021年3月4日配信『東京新聞』)

次の衆院選で女性候補者の大幅増を訴える「クオータ制を推進する会」のメンバーら=4日、国会内で 8日の国際女性デーを前に、市民グループ「クオータ制を推進する会(Qの会)」が4日、国会内で会合を開き、今秋までに行われる次期衆院選で女性候補者を増やすよう各党に求めた。新型コロナウイルス感染拡大で、特に女性を取り巻く環境が悪化していることから、出席した与野党議員も女性議員を増やす意義を訴えた。 Qの会は、...

続きを読む

71歳現職の対立候補に34歳女性 国連事務総長選に一石投じたアカンクシャさん「若く、実行する国連に」(2021年3月3日配信『東京新聞』)

2月24日、米ニューヨークの国連本部で「若い世代を代表し実行力のある国連にしたい」と話すアローラ・アカンクシャ氏=杉藤貴浩撮影 【ニューヨーク=杉藤貴浩】来年からの2期目続投が既定路線とみられているグテレス国連事務総長(71)の対立候補に、身内の国連職員、アローラ・アカンクシャ氏(34)が名乗りを上げ、注目を集めている。本紙の取材に応じた同氏は、現在の国連は創設時の理想から遠いとして「若い世代や女...

続きを読む

組織委 高橋尚子さんら12人の女性理事選任 女性比率は40%超に(2021年3月3日配信『NHKニュース』)

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、女子マラソンの高橋尚子さんなど新たに女性理事12人を選任し、理事会での女性の比率を40%以上に引き上げました。大会組織委員会は2日、橋本会長のもと理事会を開き、女性蔑視と取れる森前会長の発言を踏まえた改革として、7人だった女性理事を増やす案について議論しました。そして3日、評議員会を開き、理事の定数を45人以内と増やしたうえで、女性理事を12人増やして19人とする...

続きを読む

「生きがいを持つために」と背中を押され 佐藤弥斗・座間市長(2021年3月3日配信『毎日新聞』)

シングルマザーの政治家として活動してきたことへの思いを語る佐藤弥斗・神奈川県座間市長=座間市で、五味香織撮影 米軍基地「座間キャンプ」がある神奈川県座間市で2020年10月、初の女性市長が誕生した。がんと闘う夫の後を継ぐ形で市議となり、4選を目指した現職を破って市長に初当選した佐藤弥斗さん(51)。夫を亡くしシングルマザーとして、4人の子を育てながら市議、市長の道を歩む佐藤さんが目の当たりにしたのは、どんな...

続きを読む

なぜ「女性の広報官」を強調? 首相発言に感じたモヤモヤm(2021年3月3日配信『毎日新聞』)

山田真貴子内閣広報官=国会内で2021年2月25日、竹内幹撮影 もやもやした違和感を覚えている。続投方針から一転して1日に辞任を表明した、山田真貴子内閣広報官を巡る言説のことだ。先月24日、続投について理由を説明する際、菅義偉首相は「女性の広報官として期待しておりますので」と述べた。菅首相は1日にも「女性のきめ細かさと、あるいは日本の女性の官僚の数も少ないですし」などと語っている。不祥事の際の責任の取り方に...

続きを読む

コロナで女性苦境 支援を(2021年3月1日配信『しんぶん赤旗』)

NHK日曜討論 田村政策委員長が決意女性の政治参加 総選挙で問われる 日本共産党の田村智子政策委員長は28日のNHK「日曜討論」に出演し、女性の政治参加や新型コロナウイルスの下で苦境に陥る女性への支援などをめぐり、各党の女性議員と討論しました。(詳報) 「女性が多いと会議が長くなる」という森喜朗・前東京五輪組織委員会会長の発言をめぐり、田村氏は「森氏は、日本のジェンダー平等の取り組みの中でもとりわ...

続きを読む

女性議員の増加策、与野党が議論(2021年2月28日配信『日本経済新聞』)

自民、選定過程の関与強化 立民、衆院選候補で3割与野党の女性国会議員は28日のNHK番組で女性議員の増加策を議論した。自民党の吉川有美女性局長は候補者選考に女性の関与を強化する方針を説明した。小渕優子元経済産業相が選挙対策委員長代行に就いた人事に触れ「一歩一歩プロセスに女性が入るよう努める」と述べた。立憲民主党の西村智奈美衆院議員は次期衆院選での女性候補の割合について「立民は最低3割を目指す」と主張した...

続きを読む

男性社会が阻んだ女性のチャンス(2021年2月21日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★政界や財界の中心人物が国民の常識的な価値観とこれほどまでにズレているかが分かった1週間だった。元首相で前東京五輪組織委会長・森喜朗の発言を擁護した人物は数あれど、そのほとんどが今の社会を理解しない、自分の昭和の経験則だけで発言していることがいかに多いか。考え方のアップグレードができていないとしか言いようがない。16日、経済同友会代表幹事・桜田謙悟は森擁護をしたわけではないが、企業で女性の役員登用が進...

続きを読む

自民・稲田氏「アプローチが違う」 二階氏発案の女性議員オブザーバー参加に不満(2021年2月19日配信『東京新聞』)

インタビューに答える自民党の稲田朋美元防衛相 自民党の稲田朋美元防衛相は18日、党幹部が役員会や総務会などに女性議員をオブザーバー(傍聴者)として参加させる方針を示したことについて「政策をつくり、党の方針を決める場に女性の意見を反映させることが必要だ。アプローチの仕方が違う」と指摘し、対応が不十分との見方を示した。本紙の取材に答えた。 稲田氏は「数合わせや単に参加するだけにとどまらず、メインテーブ...

続きを読む

森発言で問われる日本の女性活躍の後れ 指導者比率アップを先送り、夫婦別姓文言を削除(2021年2月13日配信『東京新聞』)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長辞任を表明した森喜朗氏の女性蔑視発言が国際社会の厳しい批判にさらされる中、日本政府は「女性活躍」をうたいながら、現状で諸外国に大きく後れをとっている。 政府は2003年、「20年までに、指導的地位に占める女性の割合を少なくとも30%程度」とする目標を設定した。現状で達成には程遠く、今後5年間の女性政策を定める第五次男女共同参画基本計画では「20年代の可能な...

続きを読む

秋田県、女性管理職15%に 佐竹知事、目標引き上げ(2021年2月6日配信『秋田魁新報』)

 2月秋田県議会は5日、本会議を開き、北林丈正(自民)、東海林洋(みらい)の両氏が代表質問を行った。佐竹敬久知事は、男女共同参画に関する次期計画で、県の管理職に占める女性の割合の目標値を15%へ引き上げることを明らかにした。県は現行の目標値を据え置き、10%と設定していたが、計画決定を目前にして急きょ上方修正した。 県は来月末までに、第5次男女共同参画推進計画(2021~25年度)を策定する。先月...

続きを読む

女性の政界進出なぜ進まない? 与野党の若手女性議員に聞きました(2021年1月25日配信『東京新聞』)

 政府は、政治家や管理職など指導的地位に占める女性の割合を「2020年までに少なくとも30%程度」とした目標を達成できず、昨年末に閣議決定した「第5次男女共同参画基本計画」で「20年代の可能な限り早期」に後退させた。国政選挙の女性候補者比率は「25年までに35%」としたが、今秋までに行われる衆院選での実現は絶望的だ。現在、衆院議員の女性比率は9.9%で、昨年10月現在で世界190カ国中167位。米...

続きを読む

日本初の女性国会議員 “政治の素人”はマッカーサーにも直談判(2021年1月17日配信『女性セブン』)

日本初の女性国会議員として活躍した佐藤きよ子さん。2008年、89才のとき(写真/『生きた愛した闘った 日本初の女性国会議員 きよ子95歳の人生奮闘記』より) 世界経済フォーラムが発表した2020年の「ジェンダー・ギャップ指数(男女平等指数)」において、全調査対象国153か国の中で日本は121位と、先進国の中では最低ランクだった。 いまもなお男性優位の社会ではあるが、いま以上に女性の地位が低かった戦後すぐの日本にあ...

続きを読む

菅首相「女性活躍の勢いを止めるな」に漂う言葉だけの“やってる感”(2021年1月16日配信『NEWSポストセブン』)

ジャマイカ出身の父とインド出身の母を持つ次期米副大統領のカマラ・ハリスさん(GettyImages) 2020年11月11日、菅義偉首相(72才)の口から飛び出した言葉に、日本人女性の多くが呆然としたに違いない。この日は首相官邸で男女共同参画会議が開かれていた。第5次男女共同参画基本計画策定にあたっての答申取りまとめのためだ。答申を受け取った菅首相は言い放った。フォーマルなVネック姿の、フィンランドのサンナ・マリン首相...

続きを読む

女性指導層20年に3割、実現先送り 男女共同参画計画決定(2020年12月25日配信『日本経済新聞』)

「夫婦別姓」の文言削除男女共同参画会議の議員(右)から第5次基本計画の答申を受け取る菅首相(25日午前、首相官邸)政府は25日の閣議で、2021年から5年間の第5次男女共同参画基本計画を決定した。企業幹部ら指導的地位に占める女性割合を30%に引き上げる目標の達成期限を「20年代の可能な限り早期」に先送りした。これまでは20年までの実現を掲げていた。労働力調査によると、管理職に占める女性割合は19年に14・8%だった。政府...

続きを読む

なぜ日本は女性活躍が遅れているのか? 「長く過小評価」「男性中心の権力構造」2人の活躍女性に聞くt(2020年12月21日配信『東京新聞』)

 日本で女性が参政権を得てから今年で75年。なぜ、国会に女性議員が増えないのか。小泉政権で男女共同参画担当相を務めた自民党の猪口邦子参院議員と、政権獲得当時の民主党で衆院議員を務めた早稲田大の中林美恵子教授に、背景と今後の展望を聞いた。(聞き手・柚木まり)◆幅広い選挙区で擁立を 猪口邦子・元男女共同参画相 ―政府は「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%に」との目標達成時期を先送りする...

続きを読む

(論)[女性活躍] に関する論説(2020年12月20日)

[女性活躍] 社会の発展に不可欠だ(2020年12月20日配信『南日本新聞』-「社説」) 米国のバイデン次期政権は初の女性副大統領となるカマラ・ハリス上院議員をはじめ、財務長官などの重要閣僚に女性を積極的に登用する。 政治の世界で女性の進出を阻んできた「ガラスの天井」を打ち砕き、社会の多様性を深める起爆剤になるとの期待が高まっている。 世界でも新型コロナウイルスへの対応で、ドイツのメルケル首相やニュ...

続きを読む

「女性候補者を増やして」(2020年12月17日配信『しんぶん赤旗』)

各党への署名提出結果報告2団体 次期衆院選で女性候補者を増やすよう各党に求める署名に取り組んできた「パリテ・キャンペーン」と一般社団法人「Voice Up Japan」は16日、オンライン記者会見を行い、各党に署名を提出した結果を報告しました。署名は、次期衆院選で女性候補の数値目標を掲げることや、現職でない候補の半分以上を女性にすることなど5項目を求めています。 両団体と33の賛同団体が集めた2万...

続きを読む

史上初めて全員女性に バイデン次期大統領、広報戦略チームの幹部7人を発表(2020年11月30日配信『共同通信』)

ジェン・サキ氏 【ワシントン=岩田仲弘】バイデン次期大統領とハリス次期副大統領は29日、ホワイトハウスの広報部長や大統領報道官ら広報戦略チームの幹部7人を発表した。全員女性で、政権移行チームによると、史上初めてだという。 政権の広報戦略を統括する広報部長には、バイデン氏陣営で選挙対策副本部長兼広報部長を務めたケイト・ベディングフィールド氏が就任する。 大統領報道官には、ジェン・サキ氏を起用。サキ氏...

続きを読む

【ウーマンリブ50年】女性活躍の推進を(2020年11月14日配信『福島民報』-「論説」)

 1970(昭和45)年11月14日に「性差別の告発」をテーマに東京で日本初のウーマンリブの大会が開かれた。今年で50年となる。女性活躍を一層推進し、性別に関わらず、自由な生き方を選択できる社会づくりを加速させるべきだ。 ウーマンリブは、アメリカで起こった女性解放運動で世界へ広がった。日本でも、安保闘争などを背景とした社会の大きなうねりの中で生まれ、男性の視点や価値観を中心とした社会の在り方に疑問...

続きを読む

米国議会選挙 女性議員数が史上最多に(2020年11月12日配信『しんぶん赤旗』)

 大統領選挙と同時に実施された米上下両院選挙で、女性当選者が史上最多となることが明らかになりました。ラトガース大学の米国女性政治センター(CAWP)によると、8日時点で女性が出馬した未決着の選挙区が19あるなか、少なくとも135人の女性議員が誕生します。 下院(定員435)では、最低でも111人(25・5%)となり、史上最多だった改選前の101人(23・2%)を大きく上回ります。うち新人が22人。...

続きを読む

湯沢で「女性議会」、介護や子育て鋭く質問(2020年10月29日配信『秋田魁新報』)

女性市民が議員役を務め市当局に一般質問を行った「女性議会」 女性市民が市議会議員役となり、一般質問の形で市政への要望や意見を述べる「女性議会」が28日、湯沢市議会議場で行われた。幅広い世代の9人が、日々の生活で感じていた高齢者介護や子育て支援の課題などについて鈴木俊夫市長ら市幹部に鋭く迫り、施策も提案した。 議員を務めたのは、公募で集まった20~60代の主婦や会社員、団体職員など10人。7月から4...

続きを読む

首相指名選挙で45歳の伊藤孝恵氏に投じられた1票の意味 「永田町の現状」を問う(2020年10月27日配信『共同通信』)

 9月、菅義偉首相が誕生した参院本会議の首相指名選挙で、国民民主党の当選1回、伊藤孝恵参院議員(45)=愛知=に1票が投じられた。投票したのは同い年の無所属寺田静参院議員=秋田。女性議員の割合は衆院9・9%、参院22・9%。「女性が意思決定の場に増えれば日本は変わっていく」。“永田町の現状”を問うた1票だったという。無所属の寺田静参院議員 「伊藤孝恵さん、1票」。9月16日の参院本会議。山東昭子議長...

続きを読む

女性の活躍 歩みをもっと速めたい(2020年10月9日配信『東京新聞』-「社説」)

 「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%に」。政府のこの目標が先送りされる。「女性の活躍」は前政権の重要政策だが、菅義偉政権はその歩みの遅さまで引き継いではならない。 女性が能力を発揮し社会で活躍する社会の実現への歩みは依然、遅々としている。そう断ぜざるを得ない。 日本では自民党総裁選の顔触れに女性はいなかった。党の新執行部にも少ない。一方、フィンランドでは、34歳のサンナ・マリン...

続きを読む

女性活躍推進本部など格下げに透ける本音(2020年10月2日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★「女性はいくらでもうそをつける」などと、自民党の部会で発言していた衆院議員・杉田水脈は「発言はしていない」と否定していた今週30日、政調会長・下村博文が杉田に事情を聴取した。「真意が伝わる説明をするように」と注意を受けたという。「真意が伝わるように」とはどういうことなのかもわからないが、杉田は「政調会長の方からは丁寧な、より真意が伝わる説明をするようにということで注意を受けましたので、今後はそちら...

続きを読む

0%を表す白から、黄、オレンジ…(2020年9月30日配信『山陽新聞』-「滴一滴」)

 0%を表す白から、黄、オレンジ色と濃くなり赤は30%以上―。全国1741市区町村議会に占める女性の割合を5段階に色分けした「見える化マップ」である。内閣府のホームページで見つけた▼昨年末現在、岡山県の白く抜けた「女性ゼロ議会」は六つ。だが改訂版では、へその部分が黄色に変わる。先日の吉備中央町議選で、12年ぶりの女性町議が2人生まれた▼より魅力的な町づくりへ、大きな期待がかかっていることだろう。県内...

続きを読む

女性がいない党首選、野田聖子議員が感じた違和感<視点>(2020年9月29日配信『東京新聞』)

自民党幹事長代行に就任した野田聖子衆院議員 相次いで行われた自民党と野党の合流新党の党首選は、いずれも女性候補が不在だった。自民党で女性候補がいたのは、東京都の小池百合子知事が衆院議員時代に出馬した2008年の総裁選だけだ。 安倍晋三首相が8月28日に突然辞任を表明した後、自民党の野田聖子、稲田朋美両衆院議員らは、総裁選への出馬意欲を示した。だが、派閥の論理で進んだ菅義偉首相誕生への多数派工作に付...

続きを読む

自民党の「女性総裁」が難しい理由 「公認は党幹部が握っている状況で...」j(2020年9月23日配信『JーCASTニース』)

自民党の稲田朋美衆院議員が2020年9月23日に開いたオンライン会見で、菅義偉前官房長官が圧勝した自民党総裁選について「この派閥の力学による総裁選というのが非常に不思議な光景だなぁ、と私は思った」などと違和感を口にした上で、所属派閥の意向で総裁選出馬を断念した経緯も明かした。 稲田氏は、候補者の一定数を女性に割り当てる「クオータ制」の導入が持論。総裁選の候補者には閣僚や党役員への女性登用を求めていたが、...

続きを読む

女性政策と新政権 おじさん主導では心配だ(2020年9月23日配信『毎日新聞』-「社説」)

 男女格差の解消が進んでいない。日本は世界経済フォーラムの男女平等度ランキングで153カ国中121位だ。 最重要課題の一つにもかかわらず、菅義偉政権には本気で取り組もうとする姿勢が見えない。 菅首相は就任記者会見で、待機児童の解消などを挙げ、「安心して子どもを産み育てられ、女性が健康に活躍できる環境を整備する」と述べた。 「育児は女性の役割」と言わんばかりの古い考え方が垣間見える。女性の負担軽減や...

続きを読む

女性活躍、脱最下位 菅新政権の支援に課題(2020年9月22日配信『日本経済新聞』)

菅新政権 政策を問う(4)オリックスの育休者セミナーでは社員が復帰後の両立の悩みを共有した。新政権は働く母親の不安を払拭できるか「女性活躍推進の扉は閉じたように見える」。菅義偉新政権が発足した16日、米ニューヨーク・タイムズはこう報じた。女性閣僚が2人だったことへの論評だった。く安倍晋三前首相が成長戦略に据えた女性活躍。今、急速にしぼんでいる。コロナ禍が原因だ。前政権時代に就業者は約400万人増え、うち330...

続きを読む

脱・「お爺ちゃん政治」 EU諸国で若手トップが続々誕生する理由

フィンランド・ヘルシンキで昨年12月、新内閣発足に当たり、記者会見するマリーン首相(右から2人目)とオヒサロ内務相(同3人目)ら女性閣僚=ロイター・共同 米国の大統領選挙は8月、共和党のトランプ現大統領(74)と民主党のバイデン氏(77)の70代対決に決まった。日本で16日に発足した菅内閣の平均年齢は60.4歳、自民党4役の平均は71.5歳だ。一方で欧州連合(EU)では、世界最年少の31歳で就任し...

続きを読む

女性活躍社会 看板倒れに終わらせるな(2020年9月16日配信『西日本新聞』-「社説」)

 「女性の活躍」を看板政策に掲げたこと自体は評価したい。だが残念ながら、満足できる結果が得られたとは言えまい。 きょう退陣する安倍晋三首相は2013年、成長戦略として「女性が輝く社会」を目指すと表明した。15年に女性活躍推進法、18年には政党に選挙の候補者の男女均衡を求める政治分野の男女共同参画推進法が成立した。女性の社会進出を後押しする法整備は着実に進み、企業社会や政界に女性登用を促した意義は小さくない...

続きを読む

女性議員の割合が世界166位の日本。女性議員を増やすには?石破茂氏、菅義偉氏、岸田文雄氏の回答は(2020年9月10日配信『ハフポスト』)

「世界で日本のジェンダーギャップ指数は121位。先進国ではダントツの最下位です。その理由は、政治分野が足を引っ張っているのは周知の事実です。それを変えるために、女性議員の候補者の発掘、支援など、女性議員を増やすためにいかなる方策が必要か所見を伺います」。公開討論会で出た質問に対する3氏の回答を比較しました。中村 かさね (Kasane Nakamura)自民党青年局・女性局主催の討論会に臨む(左から)岸田文雄政調会長...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ