FC2ブログ

記事一覧

宝塚市長選 中川智子市長から事実上の後継指名を受けた無所属の弁山崎氏が初当選 維新公認候補を破る (2021年4月11日配信『神戸(2021年4月11日配信『神戸新聞』)

当選を決め支援者らと親指を立てて喜ぶ山崎晴恵氏(中央)=11日夜、宝塚市小林5(撮影・秋山亮太)当選を決め支援者らと親指を立てて喜ぶ山崎晴恵氏(右)=11日夜、宝塚市小林5(撮影・秋山亮太)当選を決め祝福に訪れた中川智子宝塚市長(右)と喜び合う山崎晴恵氏=11日夜、宝塚市小林5(撮影・秋山亮太)拡大当選を決め祝福に訪れた中川智子宝塚市長(右)と喜び合う山崎晴恵氏=11日夜、宝塚市小林5(撮影・秋山...

続きを読む

「2021名古屋市長選・河村市政12年の検証」第2回 混迷深まる名古屋城木造化(2021年4月7日配信『THE PAGE』)

今年3月から金のシャチホコが地上展示のため降ろされた名古屋城の天守閣(筆者撮影)「市長主導の木造復元ではうまくいかない。私達は11人乗りのエレベーターを検討している」「市長が言うように天守が先、石垣が後では何年かかっても木造復元などできない」「2021名古屋市長選・河村市政12年の検証」第1回 「河村流ポピュリズム」の是非 今年3月8日の名古屋市議会本会議。自民党の浅井正仁市議は、名古屋城木造復元事業のトップ...

続きを読む

小平市長選挙で小林洋子さんが初当選「男女共同参画に早急に取り組む」 同市初の女性市長に(2021年4月5日配信『東京新聞』)

初当選が決まり花束を受け取った小林さん=東京都小平市で 4日投開票された小平市長選は、無所属新人の元市議、小林洋子さん(48)=立民、共産、国民、小平・生活者ネットワーク推薦=が、無所属新人の元市議会議長、磯山亮さん(41)=自民、公明推薦=を破って初当選した。同市初の女性市長が誕生する。当日有権者数は15万7176人。投票率は39・20%(前回34・64%)だった。(林朋実、竹谷直子) 小林さん...

続きを読む

千葉知事選で100万票差の敗戦、政府・自民に危機感…コロナ対策への影響危惧の声も(2021年3月23日配信『読売新聞』

 21日投開票の千葉県知事選で、自民党の推薦候補が3倍超の100万票以上の差をつけられて惨敗したことに、政府・自民党内で危機感が広がっている。菅首相は新型コロナウイルス対応で、盟友関係にある森田健作・千葉県知事を頼ってきただけに、今後のコロナ対策への影響を危惧する声も上がっている。 自民党の二階幹事長は22日の記者会見で「当選した候補者が名前も浸透し、地域になじんでいた。別にショックを受けているわ...

続きを読む

長男接待問題で菅首相に「大逆風」…選挙で「致命傷」を負うかもしれない(2021年2月25日配信『:現代ビジネス』)

  菅義偉首相の不支持率が支持率を上回る状況が続いている。 不人気も無理はない――。 官房長官時代の手堅さは、発信力のなさを質問を封じて他者を寄せ付けない非情の裏返し。GoToトラベルの決断は、観光利権の人であることの証明で、そのこだわりが感染爆発につながった。加えて長男の総務官僚接待では、安倍晋三首相の「モリ・カケ」と同じ脇の甘さを見せつけた。 「この(菅首相の)顔では選挙を戦えない」と、自民党内で不安...

続きを読む

衆院選前哨戦“圧勝地盤”北九州での惨敗に自民党は戦々恐々(2021年2月2日配信『日刊ゲンダイ』)

自身の力量を過信、支持率下落が止まらない菅政権■補完勢力「維新」に足元すくわれる皮肉 北九州市議選と同日に投開票された東京都の千代田区長選でも、自公推薦の元区議が、都民ファーストの会推薦の新人に敗れた。「千代田区長選で注目を集めたのは、維新が推薦した候補が票を伸ばして自公推薦候補に迫ったことです。北九州でも維新が3議席を獲得した。野党票を食い合う維新は自民の補完勢力とみられてきましたが、自民党への...

続きを読む

「お前も自民やろ」批判で北九州市議選大敗 党内にショック 公認候補22人中6人落選(2021年2月1日配信『毎日新聞』)

落選が濃厚となり支持者に頭を下げる自民現職の木村年伸氏=北九州市小倉北区片野3で2021年2月1日午前0時、成松秋穂撮影 1月31日に投開票された北九州市議選(定数57)で、自民の公認候補22人のうち6人が落選した。新型コロナウイルスへの対応を巡る政権批判などが逆風となって、地方選にも影響した形だ。次期衆院選の前哨戦と位置づけた選挙が大敗に終わり、自民県連にショックが広がった。 市議選には7選挙区に81人が立候補し...

続きを読む

北九州市議選、自民大敗 公認候補のうち6人落選(2021年2月1日配信『毎日新聞』)

立憲民主党の城井崇衆院議員(右)と共に当選を喜ぶ小宮敬子氏=北九州市門司区の事務所で2021年1月31日午後11時25分、井上卓也撮影 菅義偉内閣発足後初の政令市議選となる北九州市議選(定数57)が31日投開票され、自民党(現有議席22)は公認候補22人のうち6人が落選した。新型コロナウイルスへの対応などを巡る政権批判も逆風になったとみられ、与党内には年内に実施される次期衆院選への影響を懸念する声が出ている。投票率は...

続きを読む

古賀茂明「東京都知事選の野党共闘”失敗の本質”とは?」(2020年7月7日配信『AERA.com』)

連載「政官財の罪と罰」 古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など立憲の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表 都知事選が終わった。永田町では、秋の臨時国会で衆議院解散、10月25日投票という話が流...

続きを読む

緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質(2020年7月7日『日刊ゲンダイ』)

 午後8時の時報と同時に「小池百合子再選、圧勝」とテレビは型どおりに報じた。だが、圧勝というには熱の感じられない選挙ではなかったか。都民の大半が無関心、あるいは背を向けていたように思う。 理由のひとつは選挙報道にあるのだろう。もちろんコロナの影響は大きい。だが、むしろコロナが政治利用されたと感じられてならない。小池都知事は「コロナ対策にまい進する」というポーズを常に取り、テレビ討論会への参加に消極...

続きを読む

女帝・小池百合子の最後の挑戦が始まった(2020年7月1日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★政界での興味は、選挙上手で抜群の政局勘を持つ都知事・小池百合子がいつその座を明け渡して国政に逃げ込むか、その時にどの党でどういう形で転じるのかが焦点だ。自民党都連との確執は取れず、首相・安倍晋三もさして小池を重要視していない。党内では幹事長・二階俊博だけが小池を擁護する。そんな環境の中、小池は政党と選挙区をどう選ぶか。それも見もののひとつだ。政界は小池のサプライズ政局に翻弄(ほんろう)され、メデ...

続きを読む

【女だらけの北区補選】〝筆談ホステス〟斉藤里恵氏が再チャレンジの意向「来年の選挙に向けて頑張りたい」(2020年7月6日配信『東京スポーツ』)

支援者にあいさつする斉藤氏 女性候補5人による〝女だらけの戦い〟が繰り広げられた東京・北区都議補選は5日に投開票が行われ、立憲民主党から出馬した元北区区議で〝筆談ホステス〟こと斉藤里恵氏(36)は、善戦するも午後11時30分過ぎに敗北宣言をした。 先月26日の告示後、同党副代表・蓮舫氏(52)や元「モーニング娘。」の市井紗耶香氏(36)、都知事選に出馬した宇都宮健児氏(73)らが応援に駆けつけるな...

続きを読む

都民の51%「五輪の中止・再延期を」 都知事選巡り東京新聞世論調査(2020年6月29日配信『東京新聞』)

 7月5日投開票の東京都知事選に絡み、東京新聞は26~28日、世論調査を実施した。来夏に延期された東京五輪・パラリンピックについて、中止や再来年以降への再延期を求める回答が51・7%に上り、半数を超えた。一方で、来夏の開催を求める回答が46・3%となり、意見が割れる結果となった。五輪のモニュメント=東京都新宿区 五輪・パラの開催を巡っては「中止」が27・7%で、「再来年以降に再延期」が24・0%。...

続きを読む

都知事選より熱い!?女性5人立候補の都議補選 国政選挙並みの強力助っ人集結(2020年6月27日配信『スポーツニッポン』)

天風いぶき(右)の街頭演説の応援に駆けつけた、宝塚時代の同期生・朝風れい(左) “五つ巴”の女の戦いだ!東京都議補選(7月5日投開票)が26日、告示され、都内4選挙区で候補者らが第一声を上げた。中でも北区は女性候補ばかり5人が1議席を争う構図で注目を集める。同日投開票の都知事選では実現しなかった「小池百合子知事VS自民党」の代理戦争が勃発。このほか主要政党が公認候補の応援に強力な助っ人を初日から送り込み、国...

続きを読む

知事選で実現しなかった自民VS都民ファースト、北区で激突 都議補選あす告示(2020年6月25日配信『東京新聞』) 

 舌戦続く東京都知事選の陰で、北区を舞台に、もう1つの熱い戦いが繰り広げられようとしている。現職都議の辞職に伴う都議補選北区選挙区(26日告示、7月5日投開票)。1議席を巡り、小池百合子都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会、都議会で小池氏と対立する自民、さらには立憲民主、維新が次々と候補を擁立。親小池派のはずの公明は自民候補の推薦を決めた。都境の静かな街・北区が一躍、注目を集めている。  「...

続きを読む

小池氏大きくリード 情勢調査、コロナ対策評価6割(2020年6月21日配信『日本経済新聞』)

東京都知事選の候補者の街頭演説に集まった有権者ら(21日午後、東京都内)=共同、一部画像処理しています7月5日投開票の東京都知事選について、日本経済新聞社は19~21日に電話調査を実施し、情勢を探った。現職の小池百合子氏(67)が大きくリードしている。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)やれいわ新選組代表の山本太郎氏(45)らが追う展開となっている。初当選時と同様に無所属で出馬した小池氏は、男女を問わず...

続きを読む

都知事選2020  データで見る都知事選(2020年6月19日配信『毎日新聞』)

...

続きを読む

「築地は守る」市場移転問題の裏で吐いた決定的な大ウソ(2020年6月18日『日刊ゲンダイ』)

「築地を守る気」はハナからなかった 学歴詐称疑惑以外にも“女帝”のゴマカシは無数にある。中でも就任と同時に手をつけた市場移転問題を巡り、決定的な大ボラを吹いていた。 さかのぼること3年前、都議選の告示直前の2017年6月20日、小池都知事が開いた臨時会見。多くの業者が残留を望んだ築地市場で現在地再整備を行うのか、豊洲市場へ完全に移転するのか――。世論が揺れる中、小池が打ち出したのは「アウフヘーベン」。...

続きを読む

コロナ下の都知事選 巨大都市リスクの論戦を(2020年6月18日配信『毎日新聞』-「社説」)

 東京都知事選がきょう告示され、7月5日の投開票に向け論戦が始まる。 新型コロナウイルスの影響が続く中での選挙戦だ。各候補者は当面の対策だけでなく、コロナ後の首都像を示してほしい。 コロナは人と経済が集中する巨大都市の脆弱(ぜいじゃく)性を浮かび上がらせた。国内の感染者約1万7000人のうち、東京の感染者は約5600人を占め、全体の3割を超える。 再選を目指す小池百合子知事は米疾病対策センター(C...

続きを読む

立候補予定者5人が語った 「私が知事になったら」(2020年6月18日配信『東京新聞』)

オンラインで共同記者会見をする都知事選の立候補予定者ら。上段中央から時計回りに小野泰輔、立花孝志、山本太郎、小池百合子、宇都宮健児の各氏=17日 東京都知事選に出馬表明していた立候補予定者5人が17日、日本記者クラブが主催したオンラインによる共同記者会見に参加した。1時間38分にわたる会見では、新型コロナウイルス感染症対策や来年に延期した東京五輪・パラリンピックなどの直面する課題のほか、小池百合子...

続きを読む

“筆談ホステス”斉藤りえ氏「聞こえる声ある」訴え(2020年6月17日配信『日刊スポーツ』)

「筆談ホステス」斉藤りえさん(2015年2月25日撮影)立憲民主党のインターネットによる生中継の動画配信イベントに「筆談ホステス」で知られる斉藤りえ氏(36=元北区議)が17日、出演した。26日に告示される東京都議会議員補欠選挙の北区選挙区(7月5日投開票)に、立憲民主党公認で立候補することをマイクを握ってアピールした。聴覚障がいのある斉藤氏は言葉を言い直すリスピークの女性と登壇し「私は耳が聞こえないけど、障が...

続きを読む

小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに(2020年6月15日配信『リテラ)

小池百合子オフィシャルサイト 本日15日、東京都で新たに確認された感染者が48人と報じられ、きのうの47人に続き2日連続で40人以上となった。東京都で40人以上の感染者が報告されるのは5月5日以来だったが、小池百合子・東京都知事は昨日の会見で警戒を呼びかけることなく、「夜の街」クラスターであることをことさら強調した。「今回は感染者が出た店全体で検査を受けてもらい、無症状の方も呼び込んで積極的に検査した結果とし...

続きを読む

小池知事、カイロ大の卒業証書を公開

小池百合子知事が公開した卒業証明書(左)と卒業証書公開されたカイロ大学卒業証書公開された卒業証明書 東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に再選を目指して立候補する小池百合子知事は15日、都庁で政策発表の記者会見を行った後、カイロ大の卒業証書と卒業証明書を公開した。 小池氏をめぐってはカイロ大卒の学歴を疑問視する雑誌や本が出ていた。 小池氏は「(卒業証書などを)何度も公開してきた」と強調した上...

続きを読む

東京都知事選、コロナ対策はどうする?都選管が市区町村にガイドライン配布【#コロナとどう暮らす】(2020年6月15日配信『BuzzFeed Japan』)

2020年4月に行われた東京都目黒区長選挙では、職員らがマスクと手袋をして開票作業にあたった。6月18日に告示される東京都知事選挙(7月5日投開票)に向けて、選挙の投開票での新型コロナウイルス対策を、各自治体が進めている。東京都選挙管理委員会事務局は6月上旬、市区町村に対して、投票所や開票所の設営、有権者への周知、感染者が出た場合の対応などについてまとめたガイドラインを配布した。【伊吹早織 / BuzzFeed Japan】...

続きを読む

れいわ新選組・山本太郎氏、都知事選に出馬表明(2020年6月14日配信『東京新聞』)

 れいわ新選組の山本太郎代表は15日、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に「立候補いたします」と表明した。国会内で記者会見し、明らかにした。 会見で山本氏は、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの中止や、全都民に10万円を給付する15兆円規模の新型コロナウイルス対策などを公約に掲げた。 都知事選には現職の小池百合子氏、立憲民主、共産、社民各党が支...

続きを読む

自衛が必要なのは小池都知事ではないか(2020年6月1ー日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★女帝も、カイロ大学のように新型コロナウイルスをコントロールすることはできないようだ。14日、東京都が確認したコロナウイルス感染者は47人。そのうち新たに始まった新宿・歌舞伎町での集団検査でホストクラブ従業員ら18人の感染が判明したという。院内感染が7人、「夜の街」関連が4人いるといい、事実上の第2波到来といえる。★都は今月2日に「東京アラート」を発令し、11日に解除したばかり。アラートが発令された2日の感染状...

続きを読む

都知事選対抗馬は…維新はホリエモンで“100万票”の皮算用(2020年6月14日『日刊ゲンダイ』)

(左から)山本太郎氏、宇都宮健児氏、小野泰輔氏、堀江貴文氏(C)日刊ゲンダイ 18日の告示まで残り5日。東京都知事選の構図が固まってきた。再選を狙う小池百合子知事(67)は12日、ようやく出馬表明。元日弁連会長の宇都宮健児弁護士(73)、目黒出身で元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)も手を挙げる一方、実業家の堀江貴文氏(47)や、れいわ新選組の山本太郎代表(45)は態度をハッキリさせていない。小池の...

続きを読む

東京都知事選 18日告示 宇都宮健児さんインタビュー(2020年6月14日配信『しんぶん赤旗』)

生存権かかった選挙 何としても勝利する コロナ危機の下で住民の命と暮らしを守る都政にかける思いを、東京都知事選(18日告示、7月5日投票)に立候補表明している元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児さん(73)に聞きました。(都知事選取材団)宇都宮健児さん ―いよいよ告示が目前です。 5月27日に都庁で立候補表明してから、短期間の間に予想以上の反響がありました。 いろんな市民団体が推薦決定をしてくれ、文...

続きを読む

発言で振り返る小池都政 「都議会を冒頭解散したい」「排除いたします」(2020年6月14日配信『東京新聞』)

「希望の党」結党記者会見でポーズを取る(前列左から)長島昭久衆院議員、細野豪志元環境相、小池百合子代表、若狭勝衆院議員ら=2017年9月、東京都新宿区で 「都議会を冒頭解散したい」。2016年7月6日、小池百合子氏は都知事選への出馬会見で周囲も驚く公約を掲げた。対立する自民党都連・都議会自民党への宣戦布告。選挙や政局が絡むと、より先鋭化する小池氏を象徴する姿だった。 地方自治法上、知事が自ら都議会...

続きを読む

小池都知事が再出馬会見で見せた“私がルール”の身勝手態度(2020年6月13日『日刊ゲンダイ』)

卒業証書を掲げたら?(C)日刊ゲンダイ 決戦まで3週間に迫った東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)をめぐり、再選を狙う小池知事が12日、出馬表明した。新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する「東京アラート」の発動や、学歴詐称疑惑の再燃でたびたび先送り。ようやくの表明で見せたのは「私がルールブック」と言わんばかりの身勝手な態度。振り返れば、コロナ対応も話題性や人気取り優先でメチャクチャだ。 午後...

続きを読む

都知事選の行方も左右? 評伝「女帝 小池百合子」 異例の15万部突破

 小池百合子・東京都知事の半生を描いた評伝「女帝 小池百合子」が大きな話題を呼んでいる。出版元の文芸春秋によると、5月29日の発売から約2週間で既に15万部を突破し、ノンフィクション作品としては記録的な売り上げとなる勢いだ。ツイッター上でも「都民だけでなく有権者として読んでおくべきだ」などといった感想が寄せられており、都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)での都民の投票行動にも少なからぬ影響を与える可能...

続きを読む

小池百合子都知事の最大の問題は極右ヘイトとの関係だ! 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典に圧力かけ「虐殺なかった」ヘイト集会にお墨付き(2020年6月13日配信『リテラ)

小池百合子オフィシャルサイト 東京都知事選の告示まで一週間を切るなか、「学歴詐称疑惑」が再燃している小池百合子都知事。6月11日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、関連団体や都が巨額を支出したPR会社と小池氏の秘書をめぐる不動産取引など新たな疑惑が報じられているが、小池知事にはもうひとつ知事の資格を疑うべき大きな問題がある。それは、本サイトが以前から警鐘を鳴らしてきた“極右ヘイトとの親和性”だ。 小池氏...

続きを読む

小池都知事が再選出馬 「劇場型」の成果問われる(2020年6月13日配信『毎日新聞』-「社説」)

 東京都の小池百合子知事が、都知事選への再選出馬を表明した。ほかに、元日弁連会長の宇都宮健児氏、元熊本県副知事の小野泰輔氏らが出馬を予定している。 前回選挙で小池氏の対立候補を推した自民党も、立憲民主党も今回は自前の候補を擁立できなかった。都知事選は組織戦が通用しにくい。小池氏の高い知名度が壁になった。 小池氏は前回、都議会を主導していた自民党都連を「ブラックボックス」と呼び、不透明な都政の象徴と...

続きを読む

小池氏出馬表明 4年の都政問う機会に(2020年6月13日配信『東京新聞』-「社説」)

 18日告示、7月5日投開票の東京都知事選に、現職の小池百合子氏が再選を目指して立候補すると表明した。四年間の実績を検証し、引き続き託せる人物か問う機会としたい。 小池氏は12日、記者会見して無所属での出馬を表明した。政党の推薦は要請しないという。 立憲民主、共産、社民各党が支援する宇都宮健児・元日弁連会長、日本維新の会が推薦する小野泰輔・元熊本県副知事らとの対決構図がやっと固まった。 小池氏にと...

続きを読む

山本太郎氏、都知事選出馬の可能性は「フィフティ」 党内も意見割れ(2020年6月12日配信『東京新聞』)

山本太郎氏 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は11日、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬を検討していることを明らかにした。党の会合後、報道陣の取材に「選択肢として排除しないと言ってきた。それは今も変わらない」と述べ、可能性は「フィフティー(50%)」と語った。 山本氏によると、党会合では「出るべきだ」との声の一方、すでに複数の野党が支援する元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)が立候...

続きを読む

カジノ誘致の文書「真っ黒」でも小池都知事が説く「情報公開は1丁目1番地」(2020年6月12日配信『東京新聞』)

本紙の情報公開請求で開示された黒塗りの文書。ほぼすべて黒塗りで「のり弁」といわれる状態だった 「重要政策の意思決定を『いつ誰が何を、どこでどのように決めたのか』を明確にする。情報公開を通じ、都政への信頼回復につなげていきたい」 小池百合子氏の圧勝で終わった2016年7月31日の都知事選から2日後の都庁五階大会議場。初登庁した小池氏は、居並ぶ職員600人を前に、こう力強く訓示した。 小池氏は選挙戦で...

続きを読む

小池氏への決議案取り下げ、カイロ大学の声明も一因(2020年6月10日配信『日刊スポーツ』)

東京都の小池百合子知事と対立する都議会自民党が、小池氏のカイロ大卒業の証明を求める決議案を9日に議会に提出しながら、10日になって取り下げる、「珍事」が起きた。18日告示の都知事選(7月5日投開票)などを控え「総合的な判断。何かに屈したのではない」としている。大学側が卒業は事実と認めたことも影響したようだ。小池都政で4年間続いてきた両者の対立を象徴するようなドタバタ劇。小池氏は当初予定したこの日の再選出馬...

続きを読む

小池百合子都知事「学歴詐称疑惑」に見る胡散臭さ(2020年6月9日『日刊ゲンダイ』)

ここがおかしい 小林節が斬る! 小池百合子都知事がエジプトのカイロ大学を(首席で?)卒業したか否か? が最近改めて話題になっている。実にバカバカしい話である。 結論として、私は、彼女はカイロ大学を卒業してなどいないと、ここで断言しておく。理由は単純明快である。日本でアラビア語を修得していなかった者がエジプトの最高学府に留学して4年間で卒業できるはずなどない。これが「合理的推論」というものである。 ...

続きを読む

複雑な都知事選 小池と維新の関係は?(2020年6月1日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★18日告示、7月5日投開票の東京都知事選挙は、異例ずくめだ。告示目前になっても現職都知事・小池百合子が出馬の発表をしない。1年も前から野党統一候補を擁立すると言っていた野党は、一本化どころか候補者を立てられなかった。すでに出馬表明している元日弁連会長・宇都宮健児に立憲民主党、共産党、社民党があわてて相乗りし始めた。国民民主党は「党としての支援は見送るべきだ」と、野党で足並みをそろえることにも反対した。...

続きを読む

小池百合子の学歴詐称疑惑 石井妙子氏は取材と検証で確信(2020年6月8日『日刊ゲンダイ』)

石井妙子氏 今月18日告示の東京都知事選で再選を狙う小池百合子都知事。だが、首都のトップとして本当にふさわしい人物なのだろうか。市場移転問題や五輪会場の経費削減では、混乱と迷走を繰り返した。そして今、問題視されているのがエジプトの名門カイロ大学卒業という学歴詐称疑惑だ。約3年半にわたる取材で、先月29日に「女帝 小池百合子」(文藝春秋)を上梓した作家・石井妙子氏に、小池百合子とは何者なのかを語って...

続きを読む

重い政治家の学歴 小池はどう説明(2020年6月1日配信『日刊スポーツ』ー「政界地獄耳」)

★古くは1992年の参院選愛知選挙区で当時の民社党で当選した新間正次が、公職選挙法第235条(虚偽事項の公表罪)で起訴された。「中学生当時、公費の留学生に選ばれ福祉を学ぶためにスイスで半年間ボランティアの勉強をした」という虚偽演説と選挙公報に「明治大学中退」との虚偽記載で禁錮6月、執行猶予4年の判決が確定し失職した。★96年にはサッチーこと故野村沙知代が衆院選挙に当時の新進党から東京5区と比例東京ブロックから重...

続きを読む

都知事選 各野党が宇都宮氏応援(2020年6月5日配信『しんぶん赤旗』)

市民と野党の「呼びかけ人会議」から 18日告示の東京都知事選(7月5日投開票)へ向け、市民と野党の共闘で小池都政の転換を求める「呼びかけ人会議」が3日に都内で開催した会合。各野党の参加者から、知事選への立候補を表明している元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏を応援する発言が続き、宇都宮氏が決意表明しました。会合に参加した各党代表=3日、東京都内 立憲民主党の長妻昭都連代表は、コロナ禍で新自由主義の...

続きを読む

小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変(2020年6月4日『日刊ゲンダイ』)

熊本市内で立候補会見をした小野泰輔熊本県副知事 18日に告示される東京都知事選(7月5日投開票)が、ガ然面白くなってきた。先週手を挙げた元日弁連会長の宇都宮健児弁護士(73)に続いて、2日、熊本県の小野泰輔副知事(46)が立候補を表明。実業家の堀江貴文氏(47)も出馬を模索中で、小池知事(67)が狙う無風再選の圧勝シナリオは崩れつつある。■若さ、知性、行政経験揃った熊本県副知事が出馬 小野副知事は...

続きを読む

都知事選、立民は宇都宮氏支援へ 野党連携目指す(2020年6月2日配信『共同通信』)

元日弁連会長の宇都宮健児氏 立憲民主党は、任期満了に伴う東京都知事選(7月5日投開票)で、立候補を表明している元日弁連会長宇都宮健児氏(73)を支援する方針を固めた。週内にも発表する。関係者が2日、明らかにした。再選を目指す意向を固めた小池百合子知事に対抗するため、野党の結集を目指す構えだ。 共産党は宇都宮氏を評価するが、国民民主党内には慎重論がある。主要野党で足並みがそろうかどうかは見通せない。 立...

続きを読む

立民・枝野氏 都議補選に“筆談ホステス”も都知事選候補者選びには大苦戦(2020年5月28日配信『東京スポーツ』)

 東京都議会議員補欠選挙(6月26日告示、7月5日投開票)の北区選挙区候補として“筆談ホステス”として知られる斉藤里恵氏(36)を正式に公認した立憲民主党(枝野幸男代表)が、都知事選挙の候補者選びに苦戦している。 自民党は都知事選の告示日が3週間後に迫り、現職の小池百合子都知事を支援する方向で調整している。国民民主党の玉木雄一郎代表も新型コロナ対策の最前線で取り組む小池氏を代えることに反対だ。 立民...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ