FC2ブログ

記事一覧

福岡県独自の「コロナ警報」発動 医療機関に病床確保を要請(2020年12月12日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、福岡県は県独自の「福岡コロナ警報」を発動しました。医療機関に対して病床の確保を進めるよう要請するとともに、県民に感染防止対策の徹底を呼びかけることにしています。福岡県は12日新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、県内で11日に発表された感染者が122人と、ことし8月19日以来100人を超えたことなどが報告されました。そして、県が確保できるとしている551床の病床の稼働率も県...

続きを読む

政治的すぎた政府のコロナ対策と「東京アラート」(2020年7月27日配信『毎日新聞』)

岡本充功・衆院議員岡本充功氏=須藤孝撮影 新型コロナウイルスの対応については政府はもっとクルーズ船の経験から学ぶべきだった。かなりの感染力があることや、接触で広がっていくこと、高齢者が重症化するが軽症者も多いことなどが明らかになっていた。特に乗組員に感染が広がった状況を詳しく見れば、コロナウイルスの特徴が一定程度分かったはずだ。 それらの知見を生かせば、医療現場にこれだけの混乱をもたらすことなく対...

続きを読む

「神奈川警戒アラート」発動 15日から3日連続40人超 新規感染、基準超え(2020年7月17日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスの感染が拡大しているとして、神奈川県の黒岩祐治知事は17日、「神奈川警戒アラート」を発動することを明らかにした。同日の新規感染者が40人以上となり、「週平均で1日あたり33人以上」とした発動の基準を超えた。 県内の感染者は5月25日の緊急事態宣言解除後、ほぼ1桁で推移していた。しかし、6月30日に横浜市中区のホストクラブに勤務する20~40代の従業員26人を含む31人の感染が確認されると、7月は1、7...

続きを読む

都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄(2020年7月4日『日刊ゲンダイ』)

東京アラートで選挙運動をしたようなパフォーマンス知事(小池百合子都知事東京アラート発動には積極的に関与したのに「東京アラートを制定した際、小池知事は積極的に関わったのに、先月30日に発表した新たな7つのモニタリングには関与せず、最後に了承しただけでした」――ため息交じりに話すのは東京都のある職員だ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止に飽きたのか、やる気を失っているのか、都知事選に集中したいのか。ある...

続きを読む

東京アラート解除後、感染増加に拍車 宣言解除1カ月(2020年6月25日配信『産経新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の全面解除から25日で1カ月がたち、この間の東京都の感染者数は788人に上り、約1500人だった全国合計の過半数を占める。24日に解除後最多となる55人、25日にも48人で高止まり状態が続く。「夜の街」関連以外に職場内のクラスター(感染者集団)という新たな問題も発覚。隣接する埼玉県も増加傾向がみられ、通勤などに伴う感染の広がりの恐れがあり、警戒...

続きを読む

東京アラートって、いったい何? 再び感染増でも発令せず “旧”基準2指標上回る(2020年6月25日配信『毎日新聞』)

「東京アラート」が発令され、赤色にライトアップされたレインボーブリッジ=東京都港区で2020年6月2日 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除から25日で1カ月となった。東京都が6月に入って発令した警報「東京アラート」も既に解除されているが、都内は24日に55人、25日も48人の新規感染者が確認されるなど収束にはほど遠い。都は経済活動が萎縮することへの懸念からアラート再発令に慎重で、発令基準も変える方...

続きを読む

東京アラート、見直し開始 都、第1波教訓に対策拡充を検討(2020年6月15日配信『東京新聞』)

新型コロナウイルス感染拡大の第2波に関する会合で、あいさつする東京都の小池百合子知事=15日午前、東京都庁 東京都は15日、都内で今年4月をピークに新型コロナウイルスの感染が拡大した第1波の経験や教訓を踏まえ、第2波への備えや感染症対策の拡充のほか、休業要請などの指標や従来の「東京アラート」に代わる警戒の呼び掛け方法などを検討するワーキングチームの第1回会合を都庁で開いた。 小池百合子知事が冒頭に...

続きを読む

「何の意味があったのか」都民に困惑、第2波不安 東京アラート終了(2020年6月13日配信『東京新聞』)

「東京アラート」が発令され、赤くライトアップされた東京湾に架かるレインボーブリッジ=2日 新型コロナウイルスの感染が落ち着き「東京アラート(警報)」が解除されたのに伴い、小池百合子都知事は12日、アラートや段階的な休業要請の仕組みも終了することを明らかにした。都知事選への出馬表明をしたこの日も、都内で新たに25人の感染者が確認されるなど第2波への不安は尽きない。アラート発令や解除に一喜一憂した飲食...

続きを読む

小池都知事にはウンザリ 世にもバカバカしい東京アラート(2020年6月4日『日刊ゲンダイ』)

コロナ禍を堂々と選挙利用(東京アラートで赤のライトアップの東京都庁と会見する小池都知事) 東京都知事選(来月5日投開票)の18日告示まで2週間を切る中、都内では「東京アラート」が発動中だ。新型コロナウイルスの感染再拡大の兆候があるとして、都独自の警戒情報が2日に初めて出され、東京湾のレインボーブリッジや新宿の都庁が真っ赤にライトアップされている。 それで、都民の暮らしが新たな制約を受けるのかといえ...

続きを読む

小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ(2020年6月4日『日刊ゲンダイ』)

多くの人が行き交うが…(左は小池都知事) 敵は歌舞伎町にあり――。4日も新たに28人の感染者が確認された東京都。4日連続の2ケタに警戒感が高まる中、小池知事は「夜の街」ばかりをやり玉に挙げる。東京アラート発動後、特に新規感染者が多いとして「新宿周辺の繁華街」を名指し。ターゲットは間違いなく“不夜城”歌舞伎町だ。 確かにホストクラブやガールズバーなどに関わる人の感染例は増えており、注意喚起は理解できる。...

続きを読む

東京アラート発令 「夜の街に外出控えて」と小池知事(2020年6月3日配信『東京新聞』)

「東京アラート」が発令され、7色の東京都庁舎(下)が赤くライトアップされた=2日午後11時、新宿区で 新型コロナウイルスの感染が拡大傾向にあるとして、東京都は2日夜、警戒を呼びかける「東京アラート(警報)」を初めて発令した。同日は新たに34人の感染者が報告され、直近7日間平均の感染者数は16・3人に上昇。週単位の増加比も発令の目安を超えた。小池百合子知事は報道陣の取材に「警戒すべき水準。徹底した対...

続きを読む

レインボーブリッジ、虹色から警戒の赤へ…「東京アラート」発動(2020年6月3日配信『読売新聞』)

 東京都は2日、新型コロナウイルスの感染が再び拡大する兆候が表れたとして、都独自の警戒宣言「東京アラート」を発動した。都内ではこの日、5月14日(30人)以来の水準となる34人の感染が判明。小池百合子知事は対策本部会議で「夜の繁華街など『3密』のリスクの高い場所には十分注意してほしい」と強調した。「東京アラート」が発動され、警戒を呼びかける赤色にライトアップされたレインボーブリッジ(2日午後11時...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ