FC2ブログ

記事一覧

「朕(ちん)は国家なり」(2020年5月26日配信『しんぶん赤旗』-「潮流」)

 太陽王と称されたフランスのルイ14世は内政や外交も統治する宰相でもありました。みずからを神の代理人として国民の財産、自由、生命さえ、利用してかまわないと信じていました(『フランス史』)▼かの言葉として伝えられる「朕(ちん)は国家なり」は、絶対王政のあり方を示すことで知られます。元検事総長らにそれを例えられたのが安倍首相です。近代国家のかたちを否定し、思うがままに権力を握ろうとする姿が重なったから...

続きを読む

安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき(2020年5月26日『日刊ゲンダイ』)

ただ「歴史に名を残したい」だけ 新型コロナ禍による休校が長引く中で浮上した「9月入学」の検討が急加速している。 政府は来秋の導入を想定して課題を整理中。6月上旬をめどに可否について方向性を出すという。自民党内の「秋季入学制度検討ワーキングチーム」も同月初旬までに政府への提言を取りまとめる。夏休み前に政治判断し、今秋の臨時国会に関連法案を提出するスケジュールまで話されている。 入学時期が4月から9月...

続きを読む

<新型コロナ>首相「反省多々」…重ねる言葉 布マスク配布19% 10万円給付来月以降も(2020年5月26日配信『東京新聞』)

 安倍晋三首相は25日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大への対応策として打ち出してきた布マスクの全世帯配布や、全国民対象の十万円給付などに遅れが目立っている現状を踏まえ「反省すべき点は多々ある」と話した。  「アベノマスク」とも呼ばれている布マスクは、4月1日の政府対策本部会合で、首相が全世帯に2枚ずつ届けることを表明した。当時は全国的にマスクが品薄状態にあり、再利用可能な布マスクは「極めて...

続きを読む

<新型コロナ>「アベノマスク」着用強要 深谷の中学 文書配布、学校側謝罪(2020年5月26日配信『東京新聞』)

 埼玉県深谷市の市立中学校が、政府が全世帯に配布した布マスクについて「アベノマスク着用」と強要するような文書を、生徒に配布していたことが分かった。市教育委員会は「強制の不安を与える表現があった」として25日、同校に対応を要請。学校側は「各家庭でご用意いただけるマスクでかまいません」とのメールを保護者に配信し、謝罪した。 市教委などによると、文書は臨時登校日だった22日に3年生に配られ、次の登校日の...

続きを読む

生徒に“アベノマスク”着用義務づけ、学校側「名前が書かれているか確認するため」(2020年5月25日配信『TBSニュース』)

 埼玉県深谷市の市立中学校が生徒に対し、政府が配布した布製マスク、いわゆる「アベノマスク」の着用を義務づける内容のプリントを配布していたことが分かりました。 埼玉県深谷市の中学校が配布したプリントでは、生徒に対し、今月27日の登校日に「アベノマスク」を着用するか持参するよう求め、忘れた生徒には個別指導を行うとしています。野党側は、 このプリントの存在を問題視し、 事実関係の解明を求めています。 「一...

続きを読む

国が配った小さな「仮面」 週のはじめに考える(2020年5月24日配信『東京新聞』-「社説」)

 ビニール袋に入った二枚のマスクが国から届いたのは4月末でした。「小ぶりよね。底をついたときのために取っておこう」。妻の提案で利用は見合わせました。 5月に入りマスクは店頭に出回り始めました。ただ、いまだに布製マスクが届いていない世帯も多い。466億円以上計上したことも考えると、残念な対策だったと思わざるを得ません。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクをめぐるさまざまな経済的動きがありまし...

続きを読む

内閣支持率「27%」だけじゃない、“安倍政権は倒れる寸前”を表す2つの数字! “青木幹雄の法則”でも危険水域(2020年5月24日配信『リテラ)

首相官邸HPより 衝撃的な世論調査の結果が出た。毎日新聞が23日に実施した世論調査によると、安倍内閣の支持率が27%まで下落したのだ。前回の調査では40%だったのが13ポイント近く急落している。逆に不支持率は64%と、前回の45パーセントから19ポイントも上昇しているのだ。 毎日新聞の調査では、森友・加計問題の渦中だった2017年7月に26%という数字をマークしているが、いまの調査方法は当時よりも、高い数値が出る傾向がある...

続きを読む

命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか(2020年5月23日『日刊ゲンダイ』)

我が世の春はとうに終わった 黒川騒動はもちろん、これからが本番だ。そのほか、弁護士の桜告発でホテルがしゃべればアウトだし、稲田検事総長を切れば、世論は一気に退陣要求。コロナ対応でも現場は支離滅裂の混乱で、いよいよ錯乱官邸は断末魔。 ◇  ◇  ◇「#辞めるなら今だぞ安倍晋三」――。21日、ツイッターのトレンド1位となったタグだ。 この日、東京高検の黒川弘務検事長が賭けマージャンを認め、辞表を提出。自民...

続きを読む

支持率急落で安倍1強も崩壊…囁かれる「6月内閣改造」説(2020年5月22日『日刊ゲンダイ』)

 これほど深刻な事態にもかかわらず、会見を開かずぶら下がりで済ました安倍首相 関西圏の「緊急事態宣言解除」を決めたにもかかわらず、記者会見を開かなかった安倍首相。黒川弘務東京高検検事長の辞任について聞かれるのを嫌がったのは明らかだ。支持率が急落し、“安倍1強”も崩れ始めた安倍周辺は、「レームダックになる」と焦りはじめているという。そこで打開策として「6月内閣改造」説が囁かれている。 ◇  ◇  ◇ も...

続きを読む

安倍首相凋落の始まり…前例ない黒川氏の定年延長(2020年5月22日配信『日刊スポーツ』)

 異例の定年延長が批判されていた東京高検の黒川弘務検事長(63)が21日、緊急事態宣言下の今月、都内で新聞記者らと賭けマージャンをしていたことを認め、安倍晋三首相に辞表を提出した。日本の検察当局ナンバー2の不祥事にもかかわらず、森雅子法相は処分を「訓告」と発表。首相は「総理として責任はある」と口にはしたが、大甘処分で早期の幕引きを図ろうとする意図はみえみえだ。安倍政権はさらに国民の信頼を失ったといえる...

続きを読む

首相に何が起こったか(2020年5月20日配信『京都新聞』-「凡語」)

 「少女に何が起(おこ)ったか」はちょうど35年前、1985年のテレビドラマである。人気アイドルだった小泉今日子さんが主演を務め、視聴率もとても良かったそうだ▼少女の出生の秘密に音楽大学を舞台にした犯罪が絡むドラマ。少女を助ける、謎の男の正体が最終回で明かされる。実は東京地検特捜部の検事だった。びっくりしたことを覚えている▼その小泉さんはじめ多くの著名人が反対の声を上げた検察庁法改正案の採決が見送られた。...

続きを読む

社説・論説集 検察庁法改正案先送りに関する(2020年5月20日)

政治的発言(2020年5月20日配信『北海道新聞』-「卓上四季」)「新参とは云いながら、芸は出来るしお座敷は巧(うま)し、何しろ幇間(ほうかん)にならぬ前から頓狂(とんきょう)者の噂(うわさ)の高い男の事故(ゆえ)、またたく間に売り出して了(しま)いました」。谷崎潤一郎の短編「幇間」の主人公である▼たいこもちとも呼ばれ、話芸はもちろん、小唄、踊りなどにも通じ、宴席で客を楽しませる。谷崎作品では自虐...

続きを読む

アベノマスク 実績ない企業に30億円(2020年5月20日配信『しんぶん赤旗』)

「信頼して発注」と政府 新型コロナウイルス対策として安倍晋三首相の肝いりで政府が配布し、「アベノマスク」とも呼ばれている布マスク。受注企業6社すべてが入札を経ない随意契約ですが、マスク事業の実績がない企業にも30億円超の発注をしています。その理由を追うと―。布マスクを受注したユースビオの事務所=4月27日、福島市(福島県・野崎勇雄撮影)ユースビオが納入したベトナム製の布マスク 厚生労働省のマスク等...

続きを読む

菅官房長官 アベノマスクで「需給改善に非常に効果」 配布継続示す(2020年5月20日配信『毎日新聞』)

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、布マスクの世帯向け配布による需給改善効果について「東京などで(世帯向け布マスクが)届き始めてから、店頭でマスクが売られ始めてきたのではないか。店頭の品薄状況が徐々に改善し、上昇してきたマスク価格の反転も始まっているので、非常に効果があると思っている」と主張し、改めて配布継続の方針を示した。 政府は4月17日に世帯向け布マスクを配り始め、5月18日までに東京、大阪など13...

続きを読む

マスク値下がり 「アベノマスク」のおかげなの? 販売現場を歩いてみると…(2020年5月18日配信『東京新聞』)

ハラルフードの店に山積みで売られているマスク=東京都新宿区で 新型コロナウイルスの影響により品薄で高値だったマスクがちらほら見られるようになり、値段も落ち着いてきた。それを、政府が全世帯に配布する布マスク「アベノマスク」のおかげという人がいる。当の安倍晋三首相だ。もはや無駄遣いの象徴となったシロモノが、一般のマスク供給拡大に関係するとは思えないのだが…。◆山積み「売れず」 火鍋、ホテル、タピオカドリ...

続きを読む

アベノマスクで市中の価格下落? 首相が成果強調も根拠見当たらず(2020年5月16日配信『共同通信』)

JR新大久保駅近くの商店街では店頭に大量のマスクが並ぶ=14日、東京都新宿区 安倍晋三首相は、政府による全世帯への布マスク配布の“成果”として市中にマスクが出回るようになり「価格が下がってきた」との認識を表明、ツイッターなどでは「荒唐無稽」と懐疑的な声が相次いだ。検証してみたが、多様な経路でマスク輸入が増えた影響が大きく、布マスクが価格を押し下げたとの根拠は見当たらなかった。 話題になったのは、今月6日...

続きを読む

アベノマスクの国内製造業者が激白「売っているサージカルマスクの方が安くて性能いい」(2020年5月15日配信『AERA.COM』)

アベノマスクをつける安倍首相 政府が5000万世帯に配る予定の通称「アベノマスク」(布マスク)に不良品が見つかった問題で、厚生労働省は5月14日、参院厚労委で、自治体から返品された布マスクの検品費用が約8億円かかることを明らかにした。本誌が入手したアベノマスク仕様書はこちら  厚労省によると、アベノマスクは政府から受注を受けたメーカーなどが海外から仕入れたものがほとんどで、4月末時点で自治体に配布していた約...

続きを読む

尾木氏アベノマスク検品8億円「もう恥ずかしくて」(2020年5月15日配信『日刊スポーツ』)

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が、不良品が見つかったアベノマスクの検品費用として約8億円がかかることに「このニュース絶対に海外に流さないで下さいね! もう恥ずかしくて恥ずかしくて」と嘆いた。 尾木氏は15日、ブログを更新し、アベノマスクの不良品問題に言及。「てっきり、納入業者がチェックし直しているものと思い込んでいました!」と、検品に多額の税金が費やされることに驚き、「マスクは一般的に数...

続きを読む

不織布マスク投げ売り状態 血税466億円はドブに捨てられた(2020年5月14日『日刊ゲンダイ』)

ドブに捨てられたアベノマスク466億円 コロナ禍による極度の品薄で高騰していた不織布マスクのバブルがはじけた。流通の8割を占めていた中国製の輸入減や世界的な需要拡大の影響で、一時は「1枚100円が相場」だったが、足元では半値以下。1枚20円台に暴落する投げ売り状態で、消費者は気軽に手を出せるようになってきた。いまだ行き渡らないアベノマスクに投じられた血税466億円はドブに捨てられたも同然だ。 ドラ...

続きを読む

「アベノマスクもらえないよね」札幌のホームレス 支援団体「夜回り」同行ルポ(2020年5月13日配信『毎日新聞』)

ホームレスの男性にマスクを手渡す「北海道の労働と福祉を考える会」のメンバー=2020年5月2日午後7時51分、札幌市中央区で 新型コロナウイルスの感染者が北海道内で確認されて3カ月あまり。この間も、街のホームレスの人たちに食料などを配り歩くボランティア団体がある。「北海道の労働と福祉を考える会」。週末に続ける「夜回り」に同行した。 5月2日、土曜日。ゴールデンウイーク中にもかかわらず、静まりかえった札幌市中心...

続きを読む

なぜ福井県民は1世帯100枚のマスクを買えるのか 遅れるアベノマスクとの落差(2020年5月12日配信『毎日新聞』)

福井県民に配布されたマスク購入券=福井市内で 安倍晋三首相が全世帯に2枚ずつの配布を表明した布マスクは、不良品が相次ぎ、一部の企業が回収に追われるなどして配布が遅れている。厚生労働省によると、12日正午現在で配布が始まっているのは東京都、大阪府、福岡県のみで、10道府県が今週から配布予定、残り34県は準備中だ。巨額を投じた「国策マスク」がなかなか届かない一方で、福井県は独自に4月19日、県内全世帯に100枚分...

続きを読む

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】口元が見えるマスク、おしゃれ、スポーツに使える...... 多様化でアイデア勝負に!(2020年5月12日配信『J-CAST ニュース』)

口元隠さず、飛沫を防止!「アベノマスク」は、もう手元に届いただろうか? 新型コロナウイルスの感染拡大で不足状態が続いていたマスクが、ようやく市場に出回ってきた。値段も下がりはじめた。ひと足先に「終息宣言」があった中国から、有償・無償を問わず国内に供給されたはじめたことや、シャープやパナソニックなどの家電メーカーや繊維・アパレルなど日ごろはマスクとは無縁と思われる会社が相次いでマスクの生産に注力した...

続きを読む

高橋克典「5枚 298円」のマスク見つけた…「まだある」と購入見合わせ(2020年5月9日配信『デイリースポーツ』)

 俳優の高橋克典が8日に更新したブログで、「5枚 298円」で販売しているマスクを見つけたことを写真入りで投稿した。自身は買わなかった模様。 高橋は「トレ中。道端で」とトレーニング中に偶然、見つけたことをつづった。段ボール箱に入れられ、店前で販売。「不織布マスク 5枚入り 298円」の表示。高橋は「うちはまだあるから」と記し、購入しなかったとみられる。写真ではマスクは多く残っている。 安倍政権は新...

続きを読む

届かぬアベノマスクは「大失態を象徴」有田芳生氏(2020年5月9日『日刊ゲンダイ』)

 立憲民主党の有田芳生参院議員が、アベノマスクがいまだ多くの国民にとどいていない状況に「もうやめてその予算を医療体制整備などに当てましょう」と訴えた。 有田氏は8日、ツイッターを更新。「練馬区に住んでいますが『アベノマスク』はまだ来ません。新宿の知人も『もういらないよ』と怒っていました」と、都内に住む自身や知人にもアベノマスクが届いていないとし、「安倍政権の大失態を象徴するマスク問題です」とした。...

続きを読む

アベノマスク届いていますか?東京都以外の46道府県で「準備中」と発覚。厚生労働省が公表【新型コロナ】(2020年5月8日配信『ハフポスト日本版』)

それによると、大休が明けた5月7日の時点で、東京都以外の46の全ての道府県で「準備中」となっていて、ほとんどの国民に未だ届いていないことが分かった。厚生労働省が公式サイトで公表している『布製マスクの都道府県別配布状況』には、東京都以外の46の全ての都道府県で「準備中」と表示されている。布製マスクの都道府県別配布状況➡ここをクリック また、「準備中」の都道府県については、「日々、生産・配達状況が変動するた...

続きを読む

マスク騒動 優先順位をはき違えるな(2020年5月4日配信『琉球新報』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、政府が取り組む布マスクの全世帯配布を巡り混乱が続いている。危機に際し、国民の不安やニーズに明確なメッセージと的確な判断で速やかに応えるリーダーシップが問われている。 安倍晋三首相は4月1日、全国の約5千万世帯に対して布マスクを2枚ずつ配ると表明した。全戸配布は突如打ち出されたもので、与党幹部からも驚きの声が上がった。 国内のマスクは1月下旬から不足状態に...

続きを読む

アベノマスク「国策」随契2社、深まる謎 業務分割し発注 契約書に合計金額なく(2020年5月2日配信『毎日新聞』)

政府が配布した布マスク。表裏の差は見られない 政府が全国に配布を進めており、妊婦向けのものを中心に不良品が相次いで発覚した布マスク。納入業者の中で、政府が当初会社名を公表せず、他社と比べて事業規模や知名度が大きく違う点で注目されているのが、福島市の燃料輸入販売業者「ユースビオ」と、千葉県富里市の切り花輸入商社「シマトレーディング」の2社だ。 社民党党首の福島瑞穂参院議員が、厚生労働省と2社が結んだ契...

続きを読む

閣僚たち、マスクで競う個性 小さい「アベノマスク」は1人だけ? 新型コロナ(2020年5月2日配信『毎日新聞』)

参院予算委員会で答弁する河野太郎防衛相=国会内で2020年4月30日 新型コロナウイルスの感染拡大で、閣僚たちが着用する「手作り感」あふれるマスクファッションに注目が集まっている。背広に合う青などの無地や派手な迷彩柄などさまざま。一方、「小さい」などと不満が出ている「アベノマスク」を国会などで着用し続けているのは「1人だけ」との指摘も出ている。 派手な柄が目立つ河野太郎防衛相は1日、自衛隊をイメージさせる...

続きを読む

「アベノマスク」440万枚配布 まだ全戸の3% カビなど不良品見つかり遅れる(2020年5月1日配信『毎日新聞』)

政府が配布した布マスク 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、政府による全世帯への布マスクの配布について「4月29日時点で約440万枚の配布を終えた」と明らかにした。政府は1億3000万枚の配布を準備しているが、配布開始から2週間弱で配布枚数は全体の約3・4%にとどまっている。 全世帯用の布マスクは、包装を始めた段階で、カビの付着など不良品が見つかった。菅氏は24日の記者会見で配布日程が予定より遅れると明らかにしてい...

続きを読む

“アベノマスク”は閣僚も敬遠…リスクを避け国会で着用せず(2020年4月30日『日刊ゲンダイ』)

閣僚のマスクはバラバラ「意図的におとしめるような発言はやめていただきたい」 28日の衆院予算委で、政府が全世帯に配布を始めた布マスク「アベノマスク」を着用して質問に立った立憲民主党の大串博志議員が「ちょっと小さいなと感じるし、横がやっぱり開くなと感じる」と感想を漏らしたことに対し、色をなして反論していた安倍首相だったが、実は取り巻きの閣僚らも「アベノマスク」に不満を感じているのではないか。そんな実態...

続きを読む

アベノマスク、新調達先“第5の会社”に議場騒然…切り花輸入業者、なぜ選ばれた?(2020年4月29日配信『スポニチ』)

千葉県富里市の「シマトレーディング」社屋。"妊婦用アベノマスク"の5社目と判明した 加藤勝信厚生労働相は28日、衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染防止策として妊婦に配る布マスクの調達先として新たに“5社目”として福島市に本社を置く「シマトレーディング」の名前を挙げ、議場が騒然となる一幕があった。 27日にやっと明らかになった4社目の「ユースビオ」(福島市)について、立憲民主党の大串博志衆院議員が3月時...

続きを読む

アベノマスク“隠されていた1社”にさらなる疑惑! 安倍首相は逆ギレ、自分のマスクの有効性強弁も「漏れ率100%」の悲惨な実験結果(2020年4月28日配信『リテラ)

衆議院インターネット審議中継(4月28日)より 「アベノマスク」をめぐり、政府が頑なに公表しなかった妊婦向け布マスクの受注業者の1社が「株式会社ユースビオ」という会社であることが昨日ようやく公表されたが、それがさらなる疑念を生んでいる。 このユースビオの社長に取材をおこなったメディアは「癒着は一切ない」「癒着の噂全否定」などと報じているが、疑念は深まるばかりだ。 そもそも、他の受注業者は興和や伊藤忠商...

続きを読む

アベノマスク疑惑のユースビオ社長を直撃40分「脱税事件で苦労…学会3世で公明党議員と付き合いあるが、関係ない」(2020年4月28日配信AERA』)

「アベノマスク」を外す安倍首相閲覧が28日から可能になったユースビオ社の登記簿 菅義偉官房長官は28日の会見でネットで飛び交うアベノマスクの納入業者選定疑惑について「国会議員や地方議員から個別の企業の取引を促すような口利きや紹介はなかったと聞いている」と釘を刺した。【28日から閲覧可能になったユースビオ社の登記簿】はこちら 納入業者のうち、政府がこれまでなぜか、頑なに公表してこなかった最後の1社、福島県...

続きを読む

社長を直撃! 妊婦向けアベノマスク「謎の4社目」と献金先(2020年4月28日『日刊ゲンダイ』)

中央の扉が「ユースビオ」の事務所入り口「黄ばみ」「汚れ」「異物混入」――。政府が妊婦向けに送った悪評ふんぷんのアベノマスク。厚労省は受注した大手3社だけは公表してきたが、なぜか、残された「4社目」の公表はかたくなに拒んだ。27日になって、ようやく公表したものの、これまで隠蔽してきた理由がいかにも怪しい。日刊ゲンダイの調べで「4社目」には政界とのつながりがあることが見えてきた。 菅官房長官は27日の会...

続きを読む

アベノマスク大量不良品の原因は安倍首相! 厚労省が品質懸念も官邸が「首相案件だから早く」と命令、医療品でない東南アジア製マスクに(2020年4月27日配信『リテラ』

首相官邸HPより 安倍首相による前代未聞の愚策「アベノマスク」。発表直後から「いまやることがそれか」と非難が殺到していたが、先行して配布がはじまっていた妊婦向け布マスクのみならず、全戸配布用の「アベノマスク」からも虫や髪の毛の混入、カビの付着などが確認され、厚労省と布マスクを納入した興和、伊藤忠商事が未配布分の回収を発表するという騒ぎにいたっている。 どうして、こんなにとんでもない不良品が大量に出...

続きを読む

妊婦向けマスク「謎の4社目」が判明 ユースビオ代表「癒着は一切ない」(2020年4月27日配信『BuzzFeed』)

政府が妊婦向けに配布した布マスクをめぐって、菅義偉官房長官は4月27日の記者会見でこれまで非公表だった「4社目」の受注企業が福島市の「ユースビオ」であると明らかにした。SNS上で「首相のお友達企業」「利権絡み」「癒着があるのでは」などと憶測が広がっていたが、ユースビオの代表は「癒着は一切ないです」と明確に否定した。妊婦向けマスクの一部からは変色や異物混入が見つかっているが、厚生労働省マスク班は「ユ...

続きを読む

妊婦用アベノマスク「残り1社」は「ユースビオ」 福島党首が文書公開(2020年4月27日配信『デイリースポーツ』)

福島瑞穂党首 新型コロナウイルス対策で政府が配布している布マスク(俗称アベノマスク)に関連し、妊婦向けに配布されたマスクの製造企業4社中1社だけが公表されていなかった件で、社民党の福島瑞穂党首が27日、厚労省から「残り1社」を記した文書が届いたとして、SNSで公表した。 福島党首は「厚労省マスク班から、妊婦向け布マスクの配付予定枚数、予算額、製造企業名に関する文書が届きました」として、党外文書を公...

続きを読む

江川紹子氏、アベノマスク受注4社目の公表なしに疑問「何を守ろうとして隠すんだろう…?」(2020年4月25日配信『スポーツ報知』)

江川紹子氏 ジャーナリストの江川紹子氏が25日までに自身のツイッターを更新。すでに配布が始まっている“アベノマスク”の受注先について3社の名前が公表されたが、残り1社について公表されていないことに疑問を呈した。 江川氏は、マスクの受注4社目の公表に応じなかったニュースを引用リツイートし「なぜなんだろう。何を守ろうとして隠すんだろう…?」とツイートした。「アベノマスク」と「アサヒノマスク」の違い…地元の...

続きを読む

「アベノマスク」回収劇 スピード重視裏目 きしむ政権、求心力ひび(2020年4月24日配信『毎日新聞』)

政府が全世帯への配布を目指す布マスク 新型コロナウイルスの感染を防ごうと、政府が配布しようとした布マスクに汚れが見つかり、未配布分の回収に追い込まれた。スピード重視の政府がマスクメーカー以外の企業にも生産を要請して急がせ、結果として不良品が見逃されたのが実情だ。費用対効果を疑問視する声など配布前から何かと不満が多く、「アベノマスク」とやゆされている中、今回の「失態」で政権の求心力にも影響が出かねな...

続きを読む

囁かれる安倍首相の「コロナ辞任」…第1次政権末期に酷似(2020年4月24日『日刊ゲンダイ』)

第1次政権のときは“病気”を理由に突然辞任(一昨日22日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合での安倍首相) 政権ブン投げの“あの時”に似てきた――。第1次安倍政権の2007年に厚労相を務めた舛添要一前都知事が22日、ツイッターにこう投稿して話題になっている。<今日のコロナ対策本部の安倍首相を見ていると、言葉にも力がなく、精気を欠いているようで心配だ。私が閣僚として仕えた第一次安倍内閣で、病気で突然辞任し...

続きを読む

アベノマスク「小さくて使えない」 福祉の現場「集団感染起きたら…」支援者に不安広がる(2020年4月24日配信『京都新聞』)

政府から福祉施設に支給された布マスク(中央)。一般的な不織布マスク(下)に比べて小さく、活用する機会がないという=大津市内の福祉施設 新型コロナウイルスの感染防止対策として、国が各家庭への配布に先立って福祉施設に配った布マスクが、滋賀県内の施設にも到着している。政府は、洗って繰り返し使うことでマスク需要を減らす狙いだが、福祉現場からは「小さくて使えない」「洗うと縮む」との声も聞こえる。物資不足が続...

続きを読む

マスク調達先聞き取り 野党がコロナ対策勉強会(2020年4月24日配信『しんぶん赤旗」)

 日本共産党と、立憲民主党、国民民主党などの共同会派は23日、予算委員会新型コロナウイルス対策勉強会を国会内で開催しました。 マスク配布について野党議員が詳細を聞き取りました。全世帯へ配布する布マスク調達先の会社と生産国はどこかについて、厚生労働省の担当者は「(契約企業は)興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーション。中国、ミャンマー、ベトナムで生産している」と回答しました。 野党議員が「妊婦に送っ...

続きを読む

「布マスクで国民の不安はパッと消えますよ」アベノマスクを主導した“官邸の金正恩”ってどんな人? (2020年4月23日配信『文春オンライン』)

「官邸では、マスク配布がここまで国民の不興を買うとは想定外だった。杉田和博官房副長官は、記者から『アベノマスクと言われていますが』と聞かれて『それは君たちが言っているんだろ』と逆ギレする始末でした」(官邸担当記者) 非難囂々の“アベノマスク”。なぜ断行されたのか。◆◆◆ 発端は4月1日、安倍首相が布マスクを一住所あたり2枚配布すると表明したことだった。「国内でコロナ感染が確認されてから2カ月半が過ぎ、感染...

続きを読む

小泉今日子がアベノマスクを「汚らしさを具現化」と真っ向批判! 他にも外務省の情報操作24億円や五輪問題で安倍政権批判を連発(2020年4月23日配信『リテラ)

「株式会社明後日」Twitter 小泉今日子がアベノマスクを真っ向から批判したと話題になっている。小泉は自ら代表を務める「株式会社明後日」名義のアカウントでツイッターをやっているのだが(プロフィルには〈代表取締役の小泉今日子が呟きます。〉とある)、4月22日13時、「アベノマスクの不良品を政府、公表せず」というニュースをリツイートして、こうつぶやいたのだ。〈人間だから間違えや失敗は誰にでもあるだろう。一生懸命...

続きを読む

精神論と戦力の逐次投入ばかり コロナ司令塔は誰なのか(2020年4月22日『日刊ゲンダイ』)

誰が司令塔かわからない またもやドタバタ騒ぎである。新型コロナウイルス対策で厚労省が妊婦向けに配布した布マスクに汚れが付着するなどの不良品が混在していた問題で、加藤厚労相は21日、配布のいったん停止を表明したのだ。不良品は21日午前の段階で、143市町村で合計7870枚にも上ったという。まったく何をやっているのか。全世帯に配布が始まったアベノマスクも、大丈夫なのか。国民はますます呆れ顔だろう。 2...

続きを読む

石破茂氏“アベノマスク”に「こんな、ちっちゃいんだ」 10万円給付に持論「もっと工夫あってよかった」(2020年4月22日『紀伊民報』)

石破茂氏が『大竹まことのゴールデンラジオ!』に生出演(C)文化放送 自民党の石破茂元幹事長が、22日放送の文化放送『大竹まことのゴールデンラジオ!』(月~金 後1:00)に生出演。政府から全国の家庭に2枚ずつ届けられる、通称“アベノマスク”について「こんな、ちっちゃいんだねぇ」などと感想を口にした。 石破氏はゲストコーナーのスタートと同時に、アベノマスクの実物を手にして、袋を開封。パーソナリティーの大竹ま...

続きを読む

アベノマスクに“虫や髪の毛、カビ”を厚労省が事前に把握しながら隠蔽! マスクの費用や納入業者にも辻褄があわない謎が…(2020年4月22日配信『リテラ)

首相官邸HPより 安倍首相がエイプリルフールに「1住所2枚の布マスク配布」と正気の沙汰ではない宣言して以降、批判や呆れる声がやまない「アベノマスク」。だが、さらに信じられないことが起こった。 じつは、全戸配布用のアベノマスクに不良品が見つかっていたというのに、なんと、そのことを政府が隠蔽していたのだ。 布マスクをめぐっては、先行して配布されている介護施設や学校向けの分から髪の毛や虫の混入が報告され、妊...

続きを読む

妊婦向けは配布中止 アベノマスクなぜすべて情報公開せず(2020年4月22日『日刊ゲンダイ』)

隠せば隠すほど…「小さい」「遅い」「税金の無駄」――と、配布がスタートした後、さらに批判が強まっているアベノマスク。郵送費用も含めて466億円の税金を使って、全世帯に2枚ずつ布マスクが配られる。 全戸配布に先立って配られた妊婦向け布マスクは、「黄ばみ」「汚れ」「異物混入」が次々に見つかり、配布中止となった。「全戸配布」の布マスクも「妊婦向け」布マスクも、同じ国内メーカーが製造しているため、「使うのが...

続きを読む

布製マスクの不良品、7千枚強 厚労省、妊婦向けで確認(2020年4月21日配信『共同通信』)

 妊婦向けに配布している布製マスクに汚れの付着などが見つかった問題で、加藤勝信厚生労働相は21日の閣議後記者会見で、不良品は143市町村で計7870枚だったと公表した。厚労省は同日、自治体側に配布をいったん停止するよう連絡すると明らかにした。 妊婦向けの布製マスクは、政府が新型コロナウイルス感染症対策として配っているが、黄ばみや黒ずみの汚れが確認されていた。加藤氏は「回収し早急に原因を分析している」と述べ...

続きを読む

首相の「アサヒノマスク」批判が物議 2枚3300円の製造元、調べてみると…(2020年4月21日配信『毎日新聞』)

大阪府泉大津市の「大津毛織」が製造・販売しているマスク=同社提供 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、政府が全世帯に2枚ずつ配る布マスク。安倍晋三首相が主導し、国民の人気はいまいちで「アベノマスク」ともやゆされている。記者会見で配布に疑問を呈した朝日新聞の記者に対し、首相が「御社も2枚3300円で販売していた」と“反撃”したことが物議を醸している。一体、何が問題なのか?マスクを外して記者会見に臨む安...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ