FC2ブログ

記事一覧

慰霊の日、沖縄県内の動き(2020年6月23日配信『琉球新報』)

魂魄(こんぱく)の塔の前で手を合わせる家族連れ=23日午前10時すぎ、糸満市米須 慰霊の日の沖縄県内の主な動きとその時間は次の通り。 04・57 陸上自衛隊第15旅団の佐藤真旅団長ら約30人が糸満市摩文仁の黎明之塔を参拝。 08・40 糸満市摩文仁の韓国人慰霊塔に在日本大韓民国民団沖縄地方本部の南成珍議長ら3人が献花し、手を合わせる。 09・25 本島南部に豪雨が降り、糸満市摩文仁の平和の礎では傘を差しながら祈りをさ...

続きを読む

沖縄慰霊の日 高良朱香音さんの平和の詩「あなたがあの時」全文(2020年6月23日配信『毎日新聞』)

沖縄全戦没者追悼式で平和の詩を朗読する高良朱香音さん=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2020年6月23日午後0時19分 23日に行われる「沖縄慰霊の日」で、沖縄県立首里高校3年の高良朱香音(たから・あかね)さんが「平和の詩」を朗読した。平和の詩「あなたがあの時」の全文は以下の通り。あなたがあの時沖縄県立首里高校3年 高良朱香音「懐中電灯を消してください」一つ、また一つ光が消えていく真っ暗になったその場所はまだ昼...

続きを読む

「沖縄戦体験者の心、少しでも癒やせたら」 平和の詩「あなたがあの時」朗読の高良朱香音さんm(2020年6月22日配信『毎日新聞』)

沖縄全戦没者追悼式で平和の詩を朗読する高良朱香音さん=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2020年6月23日午後0時20分 沖縄県糸満市の平和祈念公園で23日に営まれた沖縄全戦没者追悼式で、県立首里高校(那覇市)の3年、高良朱香音(たからあかね)さん(17)が平和の詩「あなたがあの時」を朗読した。県民の4人に1人が亡くなったとされる地上戦の中、命をつなぎ、戦後の沖縄を復興させた先人たちへの感謝の思いを込めて、自作の詩を...

続きを読む

不戦の誓い 次代へ 沖縄戦75年 慰霊の日(2020年6月23日配信『琉球新報』)

 沖縄は23日、沖縄戦から75年の節目となる「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では同日、沖縄全戦没者追悼式が執り行われる。 ことしの追悼式は新型コロナウイルスの感染対策で規模を縮小し、招待者200人程度が参列する。住民を巻き込んだ悲惨な地上戦で犠牲になった20万人余の戦没者を追悼し、恒久平和を願う。平和祈念公園には早朝から多くの人が訪れ、雨の中、亡くなった家族に思いを寄...

続きを読む

沖縄戦75年「慰霊の日」 2020年6月23日

不戦の誓い 次代へ 沖縄戦75年 慰霊の日(2020年6月23日配信『琉球新報』) 沖縄は23日、沖縄戦から75年の節目となる「慰霊の日」を迎えた。最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では同日、沖縄全戦没者追悼式が執り行われる。 ことしの追悼式は新型コロナウイルスの感染対策で規模を縮小し、招待者200人程度が参列する。住民を巻き込んだ悲惨な地上戦で犠牲になった20万人余の戦没者を追悼し、恒久平...

続きを読む

あす、沖縄慰霊の日(2020年6月22日配信『日本経済新聞』-「春秋」)

 1944年の沖縄で、現地の10代半ばの少年らを兵士として集め、ゲリラ戦に特化した部隊が創設された。その名を「護郷隊」という。第一と第二の2つから成り、計約1千人が属していた。双方とも隊長は、情報戦や秘密戦を専門とする旧陸軍中野学校の出身である。▼隊長らは着任時、上官から「沖縄が玉砕した後も生き残り、遊撃戦を続けろ」と命じられたそうだ。隊の歌を作ったり、地域住民とうたげを持ったりし人心の掌握にもつとめてい...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ