FC2ブログ

記事一覧

菅政権を倒すカギは「共産党」 “無敗の男”の仕掛けと赤旗砲(2021年3月4日配信『AERA.com』)

東京都渋谷区の日本共産党本部 (撮影/小泉耕平) 相次ぐ不祥事でフラフラの菅義偉政権。だが、今年中に実施される総選挙に向け野党も決め手を欠く。カギを握るのは強固な組織力、調査能力を持つ老舗政党・共産党。その力を野党共闘の旗の下に結集すべく、水面下ではあの「無敗の男」がうごめいていた。水面下で動いている選挙「無敗の男」とは?*  *  *「菅義偉首相は人望があるわけではなく、権力で求心力を作りあげて...

続きを読む

ワクチン、衆院解散の足かせ? 接種対応で自治体忙殺(2021年2月17日配信『時事通信』)

 17日から始まる新型コロナウイルスのワクチン接種が本格化すれば、菅義偉首相の衆院解散判断に影響しかねないとの見方が出ている。現場で対応する自治体が職員を集中的に投入せざるを得なくなり、投開票などの選挙実務に割く余力がなくなる可能性があるからだ。 「国家最大の課題であるワクチン接種を迅速かつ円滑に進めるため、関係者の力を結集して取り組む」。首相は15日の自民党役員会で、全国の自治体、医療関係者を総...

続きを読む

れいわ新選組、参院広島選挙区の再選挙で独自候補を全国公募(2021年2月12日配信『毎日新聞』)

参院広島選挙区の再選挙に候補者擁立を発表したれいわ新選組の山本太郎代表=広島市南区で2021年2月11日午後2時50分、手呂内朱梨撮影 れいわ新選組の山本太郎代表は11日、広島市南区で記者会見し、参院広島選挙区の再選挙(4月8日告示、25日投開票)に候補者を擁立すると発表し、全国公募を開始した。 再選挙は2019年参院選を巡る大規模買収事件で、公選法違反に問われた河井案里元議員の有罪判決が確定したことに伴い実施される...

続きを読む

菅首相の伝家の宝刀「解散」封じで自民と公明が“密約”(2021年1月26日配信『AERA.com』)

四面楚歌の菅首相 菅義偉政権の発足から4カ月余り。「叩き上げ」ともてはやされた宰相はコロナ対策の失敗で急速に求心力を失いつつある。菅義偉首相は1月18日、新設のワクチン担当相に河野太郎行政改革相を指名するという“奇手”を繰り出した。自民党幹部がこう語る。「ワクチンで挽回しなければ支持率は回復しないが、厚生労働省は薬害を警戒しているので田村憲久厚労相がいくらスピードアップを指示しても前に進まない。当初は小...

続きを読む

野上忠興氏が衆院選大予測「自民42議席減で菅首相は退陣」(2021年1月11日配信『日刊ゲンダイ』)

野上忠興氏 衆院議員は今年10月21日に任期満了を迎える。それまでに必ず総選挙が実施されるが、菅政権はここへきて逆風にさらされている。「自民敗北」は、あり得るのか。選挙情勢分析に定評のある政治評論家・野上忠興氏に話を聞いた。(聞き手=小塚かおる/日刊ゲンダイ)■選挙は五輪後 勝敗ラインは単独で絶対安定多数 誰が考えてもコロナ禍が、ある程度収束するまで選挙は難しい。菅首相自身も「まずは新型コロナウイル...

続きを読む

首相「解散は秋のどこかで」と発言 会見終了後に「秋までのどこか」に修正(2021年1月4日配信『毎日新聞』)

 菅義偉首相は4日の年頭記者会見で、衆院解散の時期について「秋のどこか」と発言し、会見後に首相官邸報道室を通じて「秋までのどこか」に訂正した。年頭会見は首相にとって今年の政権運営の方針を打ち出す重要な場だが、与党内から発言の不安定さを危惧する声も上がる。 首相は衆院解散への対応について問われ、当面は新型コロナウイルス対策や経済対策に取り組む姿勢を示し「こうしたことに全力で取り組んでいく中で、いずれ...

続きを読む

自民若手議員 二階氏らに「73歳定年制」厳守を要望(2021年1月19日配信テレビ朝日系(ANN)『』)

 自民党の青年局が二階幹事長ら党幹部に次の衆議院選挙で「73歳定年制」のルールを厳守するように求めました。 自民党は衆議院選挙の比例区では73歳以上の候補者を認めない「定年制」を設けています。 菅総理大臣と山口選対委員長は定年ルールを堅持すると確認していますが、去年6月にはベテラン議員を中心に、このルールを撤廃するよう求め、二階幹事長は理解を示していました。 今月19日の青年局の申し入れに対して二階幹事...

続きを読む

来年1月の衆院解散・総選挙は見送り 通常国会召集は1月18日軸(2020年11月27日配信『毎日新聞』)

 政府・与党は来年の通常国会について、1月18日に召集する検討に入った。感染が再拡大した新型コロナウイルス対策を盛り込んだ今年度第3次補正予算案を1月中に成立させる。新型コロナ対策を優先させるため、自民党内で取り沙汰される1月中の衆院解散・総選挙は見送り、解散時期は来年4月以降になる公算が大きい。 政府・与党幹部が明らかにした。3次補正は、感染再拡大や経済の冷え込みを受けて大規模な経済対策が必要として、20...

続きを読む

SNSで混雑情報、期日前増設も 投票所の感染対策調査―総務省(2020年10月19日配信『時事通信』)

 総務省は、新型コロナウイルス感染の収束が見えない中、各自治体の選挙管理委員会が投票所で講じた感染対策に関する調査結果をまとめた。それによると、インターネット交流サイト(SNS)を利用した投票所の混雑情報発信や、期日前投票所の増設などの実施例が判明。1年以内の衆院解散・総選挙を見据え、同省はこうした先進的な取り組みを推進したい考えだ。 調査は無投票を除き、4月1日から7月12日までに行われた134...

続きを読む

中村喜四郎氏「50議席差まで詰めれば次でひっくり返せる」(2020年10月5日『日刊ゲンダイ』)

中村喜四郎氏 合流協議の本格化から9カ月。立憲民主党や国民民主党などが新党を結成し、野党の大きな塊ができた。その勢力は衆参両院で150人。当選14回、「選挙の鬼」「無敗の男」と呼ばれ、野党共闘の旗を振る中村喜四郎議員も加わった。「1強多弱」と揶揄される政治構造の打破に動きだそうとした矢先、安倍政権は総辞職。アベ政治の継承を掲げる菅政権が誕生した。早期の解散総選挙が取り沙汰される中、どんな戦略で巨大...

続きを読む

他派閥鞍替えにピリピリ二階派 除名ちらつかせる(2020年10月4日配信『テレビ朝日系』)

 自民党の二階幹事長が早くも次の衆議院選挙を見据えた動きを見せています。 二階幹事長が派閥の幹部ら総勢20人で訪れたのは河村元官房長官の決起大会です。幹事長自らの異例のテコ入れには理由がありました。 自民党・二階幹事長:「いかなる標的であろうとも、懸命に戦って必ず我々の側が勝利する」 衆議院山口3区ではこれまで二階派の河村氏が公認されてきましたが、次の選挙では岸田派の林元文部科学大臣が参議院からくら...

続きを読む

決定権は誰?…解散は「党の総意」(2020年9月23日配信『日本経済新聞』ー「政界地獄耳』)

★想定より早く首相・菅義偉には試練が待ち受ける。いずれも清和会(細田派)が仕掛けたといえるが、21日、元防衛相・稲田朋美がテレビで「安倍政権最後は3名でしたけど、さらに少なくなったなという印象。閣僚や党の役職に女性を登用してほしいと申し入れていたんですけれども、なかなか響いてなかったのかな、少ないなという印象」と政権の女性閣僚などへの登用の少なさを批判した。★畳みかけるように同日、党政調会長・下村博文...

続きを読む

支持率上昇で浮かぶ自民「解散」主戦論の皮算用 「仕事師内閣なんか関係ない」(2020年9月22日配信『毎日新聞』)

自民党の臨時総務会で記念写真に納まる(左から)山口泰明選対委員長、佐藤勉総務会長、菅義偉総裁、二階俊博幹事長、下村博文政調会長=東京都千代田区の同党本部で2020年9月15日午後1時43分、竹内幹撮影 菅内閣の支持率は、報道各社の世論調査で6割を超す高い水準となり、自民党内では早期の衆院解散に期待する声が高まっている。ただ、「働く内閣」を掲げた菅義偉首相は「新型コロナウイルス対策最優先」の姿勢を全面的に打ち...

続きを読む

永田町に飛び交う12.6総選挙 地味な菅内閣で野党騙し討ち(2020年9月16日『日刊ゲンダイ』)

なにしろ菅新政権、主要閣僚は軒並み再任…(菅義偉新総裁)「これで早期の解散・総選挙はなくなった」――。菅新政権の顔ぶれを見て、政界では「年内選挙はない」の見方が一気に強まっている。なにしろ、主要閣僚は軒並み再任のうえ、目玉なし、サプライズなし、派閥順送り、というヒドイ組閣人事である。これでは、選挙を戦えそうにないからだ。「もし早期解散を考えているなら、河野太郎を官房長官に就けたり、女性閣僚をズラリと...

続きを読む

「自民党の議席は大幅に後退しかねない」“無敗の男”が菅政権の弱点を指摘/中村喜四郎インタビュー(2020年9月14日配信『AERA.com』)

中村喜四郎(なかむら・きしろう)/1949年生まれ。27歳で初当選し、建設相などを歴任。ゼネコン汚職事件で逮捕・失職も2005年に国政復帰。当選14回、衆院茨城7区(撮影/本田雅和) 自民党総裁選に注目が集まる中、新生立憲民主党は存在感を示せないでいる。だが14回当選、選挙で負け知らずの中村喜四郎議員は全く違う構図が見えると語る。その戦略は──。AERA 2020年9月21日号の記事を紹介する。*  *  * 枝野幸男氏(56...

続きを読む

早期解散論浮上した3つのワケ 高い自民支持率、足並み乱れる野党、日程も渋滞(2020年9月4日配信『産経新聞』)

 14日投開票の自民党総裁選を受けて選出される次期首相が早期の衆院解散・総選挙に踏み切るとの見方が浮上し、与野党議員が浮足立っている。自民党の支持率の高さに加え、立憲民主と国民民主両党の合流をめぐっても野党が一枚岩になれず、今秋以降の政治日程も立て込んでいるためだ。ただ、新型コロナウイルス禍の「政治空白」は与党への逆風になりかねない。 「解散は新しい内閣での話だ」。総裁選で5派閥の支持を受ける菅義...

続きを読む

解散風の正体は? 使用人が雇い主のクビ切る不合理 憲法の定めなき「首相の大権」(2020年7月25日配信『共同通信』)

2017年9月、記者会見で国難突破解散を表明する安倍首相 またぞろ解散風が吹いている。7月21日配信の共同通信記事は、自民党幹事長の発言を伝えている。 ―自民党の二階俊博幹事長は21日の記者会見で、早期の衆院解散・総選挙に重ねて否定的な見方を示した。(中略)「政局の問題だけで政治を左右するのはいかがなものか」と強調した。解散は首相の専権事項だとし「求められたときは意見を言うが、今は安倍晋三首相から...

続きを読む

石破氏「7条解散」封印宣言 首相就任なら足かせ懸念(2020年7月24日配信『産経新聞』)

自民党大阪府連組織の会合にテレビ会議形式で参加する石破茂元幹事長=17日午後、国会内(奥原慎平撮影) 「ポスト安倍」を目指す自民党の石破茂元幹事長が首相の「専権事項」とされる解散権の行使に否定的な見解を示し、自身が首相として記者会見に臨む場合は質問を打ち切らない方針も打ち出している。距離を置く安倍晋三首相との違いを打ち出す狙いが透けるが、首相に就任した場合に自らの手足を縛ることになりかねず、党内から...

続きを読む

古賀茂明「解散で接近する安倍総理と吉村知事」(2020年7月21日配信『AERA.com』)

 新型コロナ対策を利用した安倍晋三内閣と日本維新の会の解散総選挙に向けた派手な連携が目に付く。 例えば、菅義偉官房長官は、新型コロナ感染の再拡大を「東京問題」だと言った。実は、菅官房長官は、東京の小池百合子都知事に比べて維新の吉村洋文大阪府知事はよくやっていることを際立たせようとした可能性がある。 吉村知事は、夜の街などの感染拡大対策について、一律の自粛要請ではなく、危険だとわかる店や地域に限定し...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ