FC2ブログ

記事一覧

「周囲や行政が虐待サイン読み取って孤立を防いで」 蒲田3歳女児死亡(2020年7月31日配信『東京新聞』)

死亡した梯稀華ちゃん(右)と母親の沙希容疑者=知人提供 東京都大田区蒲田のマンションで女児(3つ)が8日間置き去りにされて衰弱死した事件で、女児は昨年春に区内の保育所をやめてから公的な機関との接点がなくなり、母親の育児放棄がエスカレートして命を落とした。専門家は「関係機関がいち早く虐待サインを読み取り、社会から孤立するのを防ぐことが大切だ」と指摘する。(西川正志) 警視庁に保護責任者遺棄致死容疑で...

続きを読む

ネグレクト 危険な兆候見逃さないで(2020年7月19日配信『西日本新聞』-「社説」)

 幼い子どもの痛ましい死が再び繰り返された。救い出す道を社会全体で探り続けたい。 東京都大田区の自宅に3歳の女児を放置し衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで24歳の母親が逮捕された。母親は宮崎県出身で、交際男性に会うため鹿児島県を訪ね、約1週間も留守にしたとされる。死因は高度脱水症状と飢餓で、胃の中に食べ物はほとんど残っていなかった。 母親は離婚後、母子2人で暮らしていた。日頃から女児を自宅...

続きを読む

夜の二人(2020年7月17日配信『宮崎日日新聞』-「くろしお」)

 高村光太郎(1883~1956年)の詩集「智恵子抄」の中に「夜の二人」という作品がある。「私達の最後が餓死であらうといふ予言は、しとしとと雪の上に降る霙(みぞれ)まじりの夜の雨の言つた事です」―。 何とも幻想的で、うら悲しい書き出しが、読む者を引き込む。書かれたのは光太郎と智恵子の結婚から12年後の1926(大正15)年。詩は続く。「智恵子は人並はづれた覚悟のよい女だけれど まだ餓死よりは火あぶ...

続きを読む

梯稀華ちゃん(2020年7月12日配信『琉球新報』-「金口木舌」)

 彼女は電気と水道を止められたアパートにいた。学校では一人だけ夏の制服。次第に学校から足が遠のいた。一日一食。担任が届けた給食で食いつないだ。県内の児童養護施設に保護され、真っ先に思った。「あぁ、一日三食も食べられる」▼13年前、彼女を施設で取材した。ひとり親家庭で共に暮らした父親はある日蒸発し、育児放棄した。最初の取材時、彼女は高校生。それから7年後、2児の母となった彼女を取材した。幸せな家庭を築...

続きを読む

「のんたん」は泣いて疲れて眠って衰弱した… 母親も育児放棄を経験、蒲田3歳女児死亡(2020年7月11日配信『東京新聞』)

逮捕された梯沙希容疑者(左)と亡くなった長女の稀華ちゃん=知人提供 東京都大田区蒲田の自宅マンションに長女を8日間置き去りにして死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の梯沙希容疑者(24)が警視庁に逮捕された事件は、育児放棄の末、幼い命が奪われた。亡くなった稀華ちゃん(3つ)は部屋に1人っきりで、母が帰ってくるのを待ち続けていたとみられる。◆「お茶とお菓子を置いた」 母子家庭の2人は、川...

続きを読む

また来ん春…(2020年7月11日配信『佐賀新聞』-「有明抄」)

 〈おもへば今年の五月には/おまへを抱いて動物園〉。中原中也の詩「また来ん春…」は、1歳半の長男と出かけた思い出がつづられている◆〈象を見せても猫(にやあ)といひ/鳥を見せても猫(にやあ)だつた〉。片言をおぼえたばかりの子が、初めて見る動物たちを前にはしゃぐ。世の親なら、誰にも似たような経験があるだろう。〈最後にみせた鹿だけは/角によつぽど惹(ひ)かれてか/何とも云(い)はず 眺めてた〉。そんな記憶...

続きを読む

周りの大人たちは一体何をしていたのか(2020年7月10日配信『産経新聞』-「産経抄」)

 東京都大田区の1DKのマンションの一室は、出口がソファでふさがれ密室状態だった。3歳の梯稀華(かけはし・のあ)ちゃんは、脱水症状と飢えによって死亡したとみられる。意識が薄れるなかで、脳裏に浮かんだのはどんな光景だったろう。 ▼警視庁に逮捕された沙希容疑者(24)は幼い娘を放置して、鹿児島県を8日間旅行していた。稀華ちゃんの父親である沙希容疑者の元夫や旅行を共にしていた交際相手の男性を含めて、周り...

続きを読む

たくましい自衛隊員の腕に抱かれた生後間もない赤ちゃん…(2020年7月9日配信『西日本新聞』-「春秋」)

 たくましい自衛隊員の腕に抱かれた生後間もない赤ちゃん。豪雨に見舞われた福岡県大牟田市で、孤立した自宅から母親と一緒に救い出された生後2カ月の女の子だ▼きのうの本紙朝刊に大きな写真。テレビのニュースでも放送された。元気そうな赤ちゃんの姿に「よかった」という声が全国から聞こえるような気がした▼杉田二郎さんが歌った「ANAK(息子)」の一節を思い出す。<お前が生まれた時 父さん母さんたちは/どんなによろこんだ...

続きを読む

3歳衰弱死、鹿児島旅行前に「お茶と菓子をいっぱい置いていった」…母親供述(2020年7月9日配信『読売新聞』)

 東京都大田区で3歳女児がマンション室内に8日間放置されて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の居酒屋店員、梯かけはし沙希容疑者(24)が警視庁の調べに対し、「お茶とお菓子をいっぱい置いていった。(女児が)死ぬとは思わなかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は女児が放置された状況を調べている。 捜査関係者によると、梯容疑者は今年5月と6月の2回、長女の稀...

続きを読む

3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁(2020年7月7日配信『毎日新聞』)

警視庁蒲田署に入る梯沙希容疑者=東京都大田区で2020年7月7日午後4時32分 東京都大田区の自宅マンションに娘を1人で8日間放置して死なせたとして、警視庁捜査1課は7日、母親の飲食店店員、梯(かけはし)沙希容疑者(24)を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。放置している間、梯容疑者は知人男性に会うために外出していたとみられ、同課は育児放棄(ネグレクト)だったとみて調べる。 逮捕容疑は6月13日までの8日間、大田区蒲...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ