FC2ブログ

記事一覧

自粛要請の繰り返し 目に余る首相と知事の無能とボンクラ(2021年4月10日配信『日刊ゲンダイ』)

菅首相 最初の緊急事態宣言下だった昨年に続き、対象地域の住民は2年連続でゴールデンウイークを奪われたも同然である。 9日、「まん延防止等重点措置」の適用対象に東京、京都、沖縄の追加が正式決定。期間は12日からで京都と沖縄は先に適用された宮城・大阪・兵庫と同じ5月5日まで。東京のみ同11日までだ。 東京の宣言解除後3週間足らずで重点措置に踏み切らざるを得なかったのは、菅政権の見通しの甘さと無策の表れ...

続きを読む

外出自粛のお願いはなぜ若者に届かず? 原田曜平氏に聞く(2021年2月22日配信『日刊ゲンダイ』)

原田曜平(マーケティングアナリスト/信州大特任教授) 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が10都府県で延長されたが、街中の人出は減らない。とりわけ、繁華街では若者の姿が目立つ。無症状感染者が少なくないとされる若者に対し、政府は声を大にして外出自粛を求めているが、なぜ「お願い」は届かないのか。どうすれば耳を傾けてくれるのか。若者の動向に詳しい専門家に聞いた。■政府の呼び掛けは「コアターゲット...

続きを読む

時短要請下の飲食店で起きた「客の変化」。20時前後でこんなに違う(2021年2月3日配信『日刊SPA!』)

写真はイメージです© SPA! 提供 写真はイメージです コロナ禍以降、「飲み歩く」だけで家族や同僚から白い目で見られてしまうようになった。緊急事態宣言の期間中は、居酒屋はおろか牛丼屋やラーメン屋まで時短営業とくれば、仕事終わりにちょいと一杯……とはいかない。しかし「辛抱たまらん」と、夜8時で追い出される覚悟で居酒屋に赴く客も少なくない。そこで何が起きているのか。◆「久々に外で飲んだ」客がトラブルを招くことも...

続きを読む

「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気(2021年1月16日配信『毎日新聞』)

緊急事態宣言後の午後8時以降も営業を続ける居酒屋「権八」=東京都港区で2021年1月14日午後9時13分、竹内紀臣撮影 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が再び発令された東京都内で、複数の外食チェーンが国や都の営業時間短縮の要請に反旗を翻している。外食チェーンが要請を拒否する事情とは。 大人が楽しむ街として知られる東京・西麻布。14日夜に訪れると、ほとんどの飲食店が午後8時を前に営業を終え、付近はひっそりと...

続きを読む

1都3県、飲食店時短要請2時間前倒しへ 午後8時閉店 政府は早期実施求める(2021年1月3日配信『毎日新聞』)

東京都内で新たに822人の新型コロナウイルス感染が確認された日の夜、新宿・歌舞伎町は以前のように多くはないが人通りは絶えなかった=2020年12月17日、竹内紀臣撮影 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都と隣接の3県が、飲食店への営業時間の短縮要請を一斉に2時間前倒しする方向で調整していることが、関係者への取材で明らかになった。閉店時間を現在の午後10時から同8時にするよう要請する見通し。開始時期は調整して...

続きを読む

佐竹知事「あいさつ回り取りやめて」 感染拡大受け注意喚起(2020年12月28日配信『秋田魁新報』)

佐竹敬久知事 佐竹敬久知事は28日、新型コロナウイルスの感染が秋田県内で拡大していることを受けて緊急に会見し、県民に注意を呼び掛けた。年末年始の対応として「あいさつ回りはできれば取りやめるか、訪問を短時間にしてほしい。日常的に接していない人との集まりや飲食は避けてほしい」と訴えた。 22日からの1週間で30人超の感染が確認された県内の現状について「感染ルートが推察しにくい事例もある。無症状の感染者...

続きを読む

時短協力金、最大で月120万円「年末年始に倍増」 医師、看護師支援額も倍に(2020年12月14日配信『毎日新聞』)

 菅義偉首相は14日に開いた新型コロナ対策本部で、都道府県が営業時間短縮の要請に応じた飲食店に支払う協力金について、「年末年始の期間、支援額の単価を倍増し、最大で1カ月当たり120万円を支援する」と表明した。 さらに、新型コロナに対応する医療機関に派遣される医師、看護師への支援額を倍増し、「医師は1時間約1万5000円、看護師は1時間約5500円を補助する」とした。...

続きを読む

時短要請延長 大阪市全域に拡大(2020年12月14日配信『NHKニュース』)

大阪府は新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、大阪・北区と中央区の一部の飲食店などに出している営業時間短縮の要請について、感染の高止まりが続いているとして、15日までとしていた期限を今月29日まで2週間延長するとともに、対象エリアを大阪市の全域に広げることを決めました。大阪府は、重症患者の急増を受けて、大阪・北区と中央区の酒類を提供する飲食店などを対象に、15日までの期限で営業時間短縮の要請を行...

続きを読む

駅や繁華街、6割57地点で人出増 外出抑制は浸透せず(2020年12月13日配信『共同通信』)

 マスク姿で東京・銀座を歩く人たち=13日午後 NTTドコモがまとめた13日の全国主要駅や繁華街の午後3時時点の人出は、計95地点のうち6割に当たる57地点で前週6日から増加したことが分かった。減少した地点の多くも小幅にとどまった。政府が掲げた「勝負の3週間」の最後の休日だったが、外出を抑制する動きが浸透していない状況に変化は見られなかった。 東京都では全12地点中9地点で人出が増加した。銀座は感染拡大前(1月18日...

続きを読む

新型コロナ対策「勝負の3週間」最後の週末 各地の様子は(2020年12月12日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの対策を集中的に行う「勝負の3週間」の期限が来週に迫っています。感染が拡大する中で最後の週末を迎え、観光施設を休館する地域なども出ています。広島 広島城などの施設を休館 広島県内では、11月下旬以降感染者が急速に増え、11日は1日の発表としてはこれまでで最も多い110人の感染が確認されました。これを受けて、広島県は12日から1月3日までの間、集中的に対策を強化する期間と位置づけ、県内で感染者が...

続きを読む

36都道府県が「外出自粛」要請中 危機感薄い政権に見切り(2020年12月11日配信『日刊ゲンダイ』)

人影がまばらな北海道旭川市の中心部 感染拡大防止よりも経済を回すことに躍起の菅政権は、「勝負の3週間」とか言いながら、「Go To トラベル」もやめようとしない。だが、そんな政府を尻目に危機感を強める自治体は、独自に往来自粛などを住民に呼び掛け中だ。要請からお願いまでさまざまだが、その数は実に、全体の77%にあたる36都道府県に上る。こうなると、ほぼ全国に事実上の緊急事態宣言が出されているようなもんじゃ...

続きを読む

有名無実の「勝負の3週間」 警戒緩み人出盛り返す 鉄道客も高止まり(2020年12月8日配信『毎日新聞』)

西村康稔経済再生担当相が「この3週間が勝負だ」と呼びかけた11月25日夜のJR新橋駅前の繁華街。居酒屋などで飲食する人たちでにぎわっていた=東京都港区で2020年11月25日午後6時10分、竹内紀臣撮影 新型コロナウイルスを巡り、政府が「勝負の3週間」と位置づけて集中的な感染拡大防止を呼びかけ始めてから、9日で2週間を迎える。全国の主要都市では呼びかけ直後の週末の人出は減ったものの、その1週間後には再び増加するところが...

続きを読む

「仕方ない」「根拠ない」 痛手の飲食店に再び時短要請 守らぬ店も「責められぬ」(2020年8月3日配信『毎日新聞』)

時短営業を決めた歌舞伎町の居酒屋で、感染予防のビニール越しに会話する男性客(左)と店員の男性=東京都新宿区で2020年8月3日午後5時7分、吉田航太撮影 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない東京都で3日、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に対する営業時間の短縮要請が始まった。「感染防止のため仕方ない」と受け入れる店がある一方、「売り上げへの影響を考えると時間短縮は無理」と営業を続ける店も。「第1波」で大き...

続きを読む

小池都知事 高齢者にも感染拡大 “防ぐための工夫を” コロナ(2020年8月3日配信『NHKニュース』)

東京都の小池知事は、新型コロナウイルスの感染が高齢者にも広がっているとして、同居している人は食事の時間をずらすなど感染を防ぐための工夫をしてほしいと呼びかけました。東京都の小池知事は都庁で記者団に対し、3日午後3時時点の速報値で都内で新たに感染が確認された258人のうち80代と90代が4人ずつで高齢者にも感染が広がっていると指摘しました。そのうえで、「特に重症者を防ぐという意味では、高齢の方と一緒に暮らして...

続きを読む

知事「お盆の帰省は控えて」 この2週間でPCR検査急増(2020年8月3日配信『秋田魁新報』)

 新型コロナウイルス感染が全国で拡大していることを受け、佐竹敬久知事は3日の記者会見で、首都圏などの感染拡大地域をはじめ秋田県外への移動について、夏休みやお盆期間は必要最低限にするよう県民に呼び掛けた。県外に住む県出身者らには帰省を控えるよう求めた。 佐竹知事は感染拡大地域として、首都圏のほか関西圏、中京圏、福岡県周辺、沖縄県を例示。「感染拡大地域を中心とする県外との往来は真にやむを得ない場合を除...

続きを読む

愛知「お盆帰省自粛要請」検討、三重は独自の「緊急事態宣言」 東海地方「正念場」(2020年8月3日配信『毎日新聞』)」

 愛知県の休業要請について説明する大村秀章知事=名古屋市中区の県庁で2020年8月1日午後4時35分、野村阿悠子撮影© 毎日新聞 提供 愛知県の休業要請について説明する大村秀章知事=名古屋市中区の県庁で2020年8月1日午後4時35分、野村阿悠子撮影 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県の大村秀章知事は3日の記者会見で、お盆時期の帰省について「(今の感染状況が続くなら)何らかの呼びかけをしたい」と述べ、県民への自...

続きを読む

自粛要請 独自対応とる自治体相次ぐ 新型コロナ(2020年8月3日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの感染が全国で拡大する中、東京都以外でも自治体による自粛要請が相次いでいます。都市部で営業短縮など要請 大阪府では、大阪市の繁華街、ミナミの一部エリアで、酒類を提供する飲食店やカラオケ店に、今月6日から20日までの15日間、休業や営業時間の短縮を要請することにしています。営業時間の短縮は午前5時から午後8時までとし、要請に応じた店舗には、府と大阪市がそれぞれ、1日につき1万円、合わせて2万...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ