FC2ブログ

記事一覧

東京で1471人感染…男女7人の死亡確認(2021年1月22日配信『日本テレビ系(NNN)』)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、緊急事態宣言が出ている東京都内で、新たに1471人の感染が確認されました。都内の感染者は、9日連続で1000人を超えています。また、新たに7人の死亡も確認されました。都内の新たな感染者は、10歳未満から100歳以上までの1471人で、感染者の累計は9万人を超え、9万659人となりました。このうち3分の1にあたるおよそ3万人は、今月に入って3週間で確認された感染者...

続きを読む

東京都 家庭内感染が過去最多 「年末の会食」影響(2021年1月9日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 東京の9日の新型コロナウイルスの新規感染者は2268人で、3日連続で2000人を超えました。また、神奈川では999人、埼玉では518人、千葉では477人の感染が確認され過去最多を更新しました。 東京都内の9日の感染者数は10歳未満から100歳以上の男女2268人で、年代別では20代が654人、30代が437人でした。65歳以上は266人で過去最多となりました。 感染経路別では家庭内感染が486人と過去最多となりました。 入院中の患者は3119人...

続きを読む

家族内感染は“飲食など介し感染拡大した結果” 飲食の対策を(2020年12月24日配信『NHKニュース』)

23日に開かれた新型コロナウイルス対策の政府の分科会では、最近、家族内での感染が増えていることについても話し合われ、家族内感染は飲食などを介して感染が拡大した結果起こっていることで、まずは飲食での感染対策が重要だという見解が示されました。会合のあとの会見で分科会の尾身茂会長は、ことし1月から今月までの感染経路ごとの全国の感染者数の推移を示したグラフを使って、分析の結果を説明しました。それによりますと...

続きを読む

東京 新型コロナ “家庭内感染”増加 今回は第2波の約2倍(2020年12月18日配信『NHKニュース』)

東京都内では、家庭内で新型コロナウイルスに感染する人が増加していて、今回の感染拡大では第2波が来ていたことしの夏のおよそ2倍になっていることが都のまとめでわかりました。都内で新型コロナウイルスの感染が確認され経路が家庭内だった人は、第2波が来ていた、ことし7月が583人、8月が1106人でした。これに対し、再び感染が拡大した、11月は1797人、12月は17日までで1579人となっています。▽11月から17日までの1か月半あまり...

続きを読む

激増する家庭内感染 コロナ第3波で“郊外クラスター”の恐怖(2020年11月16日配信『日刊ゲンダイ』)

政府も後手対応に終始 新型コロナウイルスの第3波の勢いが止まらない。15日も全国で1441人の感染が確認された。不気味なのは、第1波、第2波とは広がり方が大きく違うことだ。第2波は“夜の街”と“若者”が中心だったが、第3波は幅広い世代が感染し、一気に郊外に広がっている。 第2波と第3波はどう違うのか――。都内で第2波最多となった472人の感染者を記録した8月1日までの1週間と、直近最多の393人を記録し...

続きを読む

新型コロナ 家庭内感染の割合倍増 都モニタリング会議 /東京(2020年9月4日配信『毎日新聞』)

 都は3日、新型コロナウイルスの都内の感染状況などを分析するモニタリング会議を開いた。感染経路が分かっている人のうち家庭内感染の割合は8月は35・7%で、19・1%だった7月から大幅に増加したとの報告があり、家庭内にウイルスを持ち込まないための対策が重要との指摘が出た。 感染状況の評価は前週同様、4段階で最も深刻な「感染が拡大している」とした。1日あたりの感染者(直近1週間の平均)は前週から約40...

続きを読む

家庭内コロナ感染のリスク下げる、自宅の「区分け」対策法(2020年8月20日配信『女性セブン』)

危険度評価つき、家庭内感染対策法を図解 妻と子供夫婦、孫2人の6人暮らしをしていた70代男性が7月下旬、新型コロナウイルスに感染した。男性は隔離先が決まらず自宅療養となり、保健所の指示通り生活空間を分け、こまめなトイレの消毒など感染防止策を行っていた。しかし、わずか1週間後、一家全員に感染が広がった──。 この一家のケースが「家庭内感染」の恐ろしさを物語る。 すでに家庭内感染は激増している。8月15日の東京...

続きを読む

帰省や旅行で高齢者が感染…コロナ家庭内感染で「9月危機」の現実味(2020年8月14日配信『AERA.com』)

8月8日、JR博多駅のコンコース  いつもなら帰省や旅行で家族と過ごすはず──が、今年はそうも言っていられない。一度、「家」にウイルスが入ってしまうと、家庭内感染は防ぎにくいからだ。AERA 2020年8月24日号では帰省シーズンを襲ったコロナの影響を取材した。*  *  * 本格的な「第2波」の到来なのか。 緊急事態宣言が解除された5月下旬以降、新型コロナの1日の感染者数はおおむね50人以下にまで減り、流行をほぼ抑...

続きを読む

赤江珠緒アナ(45歳)「娘もかかっていた」 新型コロナウイルスで家庭内感染 夫は重症 自身も肺炎に 「一緒にいるしかない・・・」2歳の娘を抱えての闘病生活を激白(2020年8月7日配信『読売テレビ』)

赤江珠緒さん(45歳)緊急事態宣言下の4月、新型コロナウイルスに感染したフリーアナウンサーの赤江珠緒さん(45歳)は、夫からの家庭内感染で、夫婦ともに隔離生活を余儀なくされました。しかし2歳の娘には陰性。別居か同居か、親として難しい判断を迫られた赤江さんが選んだ道は・・・。症状は次第に悪化し、ついには肺炎を患って入院。後に娘にも感染していたことが発覚したのです。幸せな家庭に突如起こった危機をどう乗り越え...

続きを読む

家庭内コロナ感染を防ぐコツ 食卓や床はSの字で「から拭き」(2020年8月5日配信『東京新聞』) 

 新型コロナウイルスの家庭内感染が増えている。無症状のまま気づかないうちに、家族に感染させることは避けたい。とはいえ、自宅でも気を張り続けていると疲れてしまう。コロナとの闘いが続く中、「緩く、長く」感染予防を続けるにはどうすればよいのか―。(太田理英子)◆複数の予防法を組み合わせて 4日に東京都足立区の小学生が陽性であることが分かった。小学生の家庭では約1週間前の7月27日に家族の1人が体調不良を訴...

続きを読む

家庭内感染が東京で増加、「夜の繁華街」を超える (2020年8月5日配信『東京新聞』)

 感染経路が判明した東京都内の新規感染者のうち、家庭内での感染が7月下旬以降、増加傾向にある。同月中旬までは、ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う「夜の繁華街」関連が多くを占めていたが、下旬からは「家庭内」が逆転して、経路別の感染者数でトップになっている。 都の速報を分析すると、7月1~7日は家庭内が44人に対して夜の繁華街は5・5倍の244人。ところが同29日から今月4日までの1週間では、家庭...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ