FC2ブログ

記事一覧

「もう限界」 宣言延長に飲食店主は悲鳴 3月はかき入れ時(2021年3月3日配信『毎日新聞』)

通常なら客でにぎわうカフェバーも閑散としていた=東京都目黒区で2021年3月3日午後7時37分、玉城達郎撮影 首都圏1都3県に発令されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言が期限の7日から2週間程度、延長される見通しになった。飲食店にとって3月は、花見客や観光客でにぎわうかき入れ時だが、延長に伴い営業時間短縮要請は続くとみられ、店主たちからは「限界に近い」と悲鳴が上がる。 東京都内の桜の名所の一つである目黒川。...

続きを読む

(論)コロナと経済に関する論説(2020年12月30日)

コロナ禍の経済 二極化とどう向き合うか(2020年12月30日配信『信濃毎日新聞』-「社説」) 厳しい年末を迎えている。寒空の下、仕事や住まいを失ったままの人も少なくない。 困窮者支援に取り組む団体でつくる「新型コロナ災害緊急アクション」は年明け、東京の教会で「大人食堂」を開く。温かい食事を用意し、相談に応じる。 NPOや市民有志が支援に乗り出す動きが、各地で見られる。 2008年のリーマン・ショ...

続きを読む

(論)コロナと追加経済対策に関する論説(2020年12月8・9・10・11・13・18日)

3次補正予算案/いま必要なのは即効策だ(2020年12月18日配信『神戸新聞』-「社説」) 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、政府は2020年度第3次補正予算案を閣議決定した。 全国各地で感染者数が過去最多を更新している。医療従事者は疲弊し感染経路を追う保健所の機能は限界に達している。必要な人が速やかにPCR検査を受けられる枠組みが整う前に医療が危機にひんしている。 ところが、追加経済対策の経...

続きを読む

菅首相のコロナ経済支援打ち切りの狙いは中小企業の淘汰! ブレーンの「中小は消えてもらうしかない」発言を現実化(2020年12月11日配信『リテラ)

菅義偉公式ホームページ 新型コロナの感染が拡大するなかで菅政権が閣議決定した追加の経済対策は、まさしく菅義偉首相の「自助」という方針が色濃く反映されたものだった。本サイトでも既報で指摘したように、73.6兆円と数字だけは威勢はいいが、そのほとんどはデジタル化の推進やマイナンバーカードの普及促進などといった成長戦略に費やされ、新型コロナ感染防止策はたったの6兆円だったからだ。 しかも、今回の追加経済対策...

続きを読む

お粗末すぎる自民党「新たな経済対策への提言」、コロナ禍の影響を無視(2020年12月7日配信『ダイヤモンド・オンライン』)

先月末、新型コロナウイルスの社会経済への影響に対応するための自民党の提言、「新たな経済対策に向けた提言」が取りまとめられた。しかし、これらの内容は、コロナ禍不況への対応とは無関係な事項ばかりが並び、あまりにも緊張感がなく、お粗末すぎるものだ。(室伏政策研究室代表、政策コンサルタント 室伏謙一)実にお粗末自民党「新たな経済対策に向けた提言」 11月30日、新型コロナの社会経済への影響に対応するための自民...

続きを読む

コロナの時代 変わる仕事のあり方 働き手の幸福が最優先だ(2020年8月24日配信『毎日新聞』-「社説」)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、働き方が大きく変わった。 出社せずに自宅などで働くテレワークが広がったのは、その一例だ。富士通やカルビーのように、オフィスワークを原則テレワークに切り替える企業も出てきた。両社は単身赴任も見直すという。 働き手の意識にも、変化が芽生えている。 長野県に仕事場や住まいを移すよう呼びかけるセミナーが、8月上旬に開かれた。移住相談を行うNPO法人「ふるさと回帰支援センタ...

続きを読む

温暖化ストップ、コロナ対策の延長では無理 都市封鎖「ほぼ効果なし」(2020年8月24日配信『東京新聞』)

<地球異変・「コロナ後」と温暖化(上)>4月下旬からの大型連休中、東京駅の新幹線ホームは行楽や帰省の客がなく閑散とした状況に(上)。毎年渋滞する東名高速道路の海老名サービスエリア付近(神奈川県)も車が少なかった(下)◆移動制限でCO2排出量は3割減 高速道路から多くの乗用車やトラックが姿を消した。4~5月、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が全国に緊急事態宣言を出していたころだ。 「道はガラ...

続きを読む

水泡に帰すアベノミクス コロナ禍打撃、経済縮小―再生へ構造改革急務(2020年8月23日配信『時事通信』)

 2012年末に発足した第2次安倍政権は、金融緩和と財政出動、成長戦略の「3本の矢」による経済政策「アベノミクス」を推進してきた。円安による企業業績改善や株高といった成果を挙げたが、公約に掲げたデフレ脱却はいまだ実現できていない。足元では新型コロナウイルスの影響で経済が急激に縮小。看板政策の果実は水泡に帰しつつあり、経済再生には構造改革が急務だ。 民主党(当時)政権下では、歴史的な水準まで円高が進...

続きを読む

コロナ禍 経済直撃(2020年8月19日配信『福井新聞』-「論説」)

無策がさらなる悪化招く 予想されたこととはいえこのまま新型コロナウイルス感染拡大に対する無策状態が続けば、さらなる経済の悪化を招きかねない。景気回復には抑止策を積み上げる以外にないはずだ。 内閣府が発表した今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比7・8%減、年率換算で27・8%減と戦後最悪のマイナス成長となった。一方、上場企業の4~6月期決算では純利益の合計が前年同期比53・7%減の4兆6...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ