FC2ブログ

記事一覧

近親者コロナ 子供に異変 大阪府立大調査(2021年4月3日配信『産経新聞』)

親がストレスを感じるほど、子供が抱えるストレスも大きくなる 家族が新型コロナウイルスに感染したり、コロナに対応する医療従事者だったりした子供の大半に、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に特徴的な症状があったことが、大阪府立大の山野則子教授(児童福祉)らの調査で分かった。コロナ禍の子供への影響を調べる最大規模の調査といい、山野教授は「子供たちの声にならない悲痛な叫びが可視化できた」と強調。すでに不登...

続きを読む

2度目の緊急事態宣言で子供や夫婦のイライラが蓄積 ストレスを溜めないためにできること(2021年1月25日配信『Yahooニュース』)

山脇由貴子 | 心理カウンセラー 家族問題カウンセラー(写真:アフロ)2度目の緊急事態宣言 気を付けなくてはいけないこと 新型コロナウィルス感染拡大により、首都圏に2度目の緊急事態宣言が発令されて2週間が経ちました。飲食店の時短営業や20時以降の外出自粛、在宅勤務推奨といった状況は私たちの心にどんな影響を与えるのでしょうか。気をつけなくてはいけないことは何でしょうか?外食や友達との遊ぶのを控えている 子ど...

続きを読む

新型コロナ 心の健康は? 悩みや不調に「早期介入」も(2020年10月11日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの収束が見えない中、懸念されているのが「メンタルヘルス」=「心の健康」です。国内でも外出自粛などの影響で深刻な影響が出ているおそれがあるとして、厚生労働省も実態調査に乗り出しています。WHO=世界保健機関によりますと、新型コロナウイルスの感染が世界各地で拡大したことで外出制限による孤独感や収入の減少などから、飲酒の量が増えたり、不眠症に陥ったりする人が増加していると見られています。...

続きを読む

コロナでストレス、3つの兆候とは 精神科医に聞く不安との向き合い方「受け流すのも大事」(2020年8月26日配信『西日本新聞』)

不安やストレスとの向き合い方について語った宮田雄吾氏 残暑が厳しい中ですら、新型コロナウイルスの感染が拡大し、全国の累計感染者数は6万人を超えた。感染拡大が長引く中、その不安やストレスと、私たちはどう向き合えば良いのか。精神科医の宮田雄吾・大村共立病院副院長に聞いた。-感染拡大が長期化している。感染を防ぐ一方、私たちはそのストレスにもさらされる。兆候は何か。 一般的な兆候は三つのうちのどれかだ。一...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ