FC2ブログ

記事一覧

ジャパンライフ元社員十数人、書類送検へ 詐欺容疑(2020年12月7日配信『産経新聞』)

 磁気治療器の販売預託商法などで約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で債務超過を隠し顧客に投資させ計約1億6500万円を詐取したとして、警視庁などの合同捜査本部は詐欺容疑で同社の元店長ら十数人を7日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、元店長らは平成29年、顧客23人から計約1億6500万円を詐取した疑いが持たれている。同社...

続きを読む

ジャパンライフ元会長ら詐欺容疑で再逮捕へ 8000万円超だまし取った疑い 警視庁(2020年10月8日配信『毎日新聞』)

詐欺容疑で逮捕され、捜査員とともに車に乗り込むジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=東京都文京区で2020年9月18日午前7時29分、手塚耕一郎撮影 磁気健康グッズの販売預託商法を巡るジャパンライフ(破産手続き中)による巨額詐欺事件で、警視庁などの合同捜査本部は8日にも元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人について、詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。新たに顧客約10人から8000万円超をだまし取った疑いが強まった。捜...

続きを読む

負債2400億円、ジャパンライフ元会長の資産は約200万円 債権者集会で報告(2020年10月5日配信『産経新聞』)

詐欺の容疑で逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者(中央)=9月18日午前7時29分、東京都文京区 磁気治療器の販売預託商法などを展開し約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、元会長、山口隆祥容疑者(78)の個人資産が約200万円しか見つかっていないことが5日、分かった。同日に開かれた山口容疑者と娘の元社長、ひろみ容疑者(48)の債権者集会の後で、「全国ジャ...

続きを読む

【ジャパンライフ事件】法整備を急ぐべき(2020年10月2日配信『福島民報』-「論説」)

 磁気健康器具の販売預託商法を展開した「ジャパンライフ」(東京)の元会長や郡山市の元幹部ら14人が詐欺の疑いで逮捕された。県内の被害額は約190億円に上るとみられている。事件の全容解明とともに、同様の巨額詐欺事件を繰り返さないよう預託法の改正を急ぐべきだ。 ジャパンライフは2003年(平成15)年ごろから、顧客が購入した商品を預かって第三者に貸し出し、年約6%の配当を付けるとうたう「レンタルオーナ...

続きを読む

ジャパンライフ事件(2020年9月29日配信『福井新聞』-「論説」)

「桜」招待状の説明尽くせ 福井県内を含め44都道府県の高齢者ら延べ約1万人から老後資金などをだまし取った疑いがあり、計約2100億円という巨額の被害が浮かび上がったジャパンライフ事件。創業者で元会長の山口隆祥容疑者ら元幹部ら計14人が詐欺の疑いで警視庁などの合同捜査本部に逮捕された。 客が購入した高額な磁気ネックレスなどを会社に預けて貸し出せば、預金より高い利回りの配当を受け取れるという「レンタル...

続きを読む

【ジャパンライフ】政官との関係含め解明を(2020年9月26日配信『高知新聞』-「社説」)

 長年にわたる巨額の消費者被害はなぜ拡大したのか。政官界との関わりはどう影響したのか。事件を巡る闇の全容解明を求める。 磁気健康器具の預託商法を展開し、多額の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」が債務超過の事実を隠して顧客から資金をだまし取ったとして、元会長の山口隆祥(たかよし)容疑者らが詐欺の疑いで逮捕され、捜査が進んでいる。 同社は2003年から訪問販売で磁気ネックレスなどの購入を勧誘。それ...

続きを読む

ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源(2020年9月25日『日刊ゲンダイ』)

政治に守られてやりたい放題(警視庁に連行される山口隆祥容疑者)/(C)日刊ゲンダイ ジャパンライフの巨額詐欺事件。18日に元会長の山口隆祥容疑者らが逮捕されてから連日、その悪徳ぶりが報じられている。だが、問題を同社や元会長の責任だけに矮小化してはいけない。事件の本質はなぜ、老舗悪徳業者が長年、野放しにされてきたのかだ。消費者庁の甘すぎる対応には、菅首相の影がチラつく。 ◇  ◇  ◇■遅すぎる債務超過...

続きを読む

ジャパンライフ 急がれる悪質商法の根絶(2020年9月25日配信『山陽新聞』-「社説」)

 磁気ネックレスなどの販売預託商法を展開し、多額の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京)の創業者で元会長の山口隆祥容疑者らが詐欺容疑で警視庁などに逮捕され、捜査が進んでいる。 ほぼ全国の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を違法に集めたとみられる。預託商法の被害額では2011年に破綻した安愚楽牧場の約4300億円に次ぐ規模だ。岡山県内でも17人が違法な勧誘や契約により損害を被ったとして...

続きを読む

ジャパンライフ事件に関する論説(2020年9月24日)

ジャパンライフ事件/前首相との関係 再調査を(2020年9月24日配信『河北新報』-「社説」) 一報を聞いて「やっとか」と思われた方も多かったのではないか。高額な磁気ネックレスなどの預託商法を巡り、警視庁などが詐欺の疑いで、「ジャパンライフ」創業者の元会長山口隆祥容疑者(78)ら元幹部を逮捕した。 ジャパンライフは2017年12月に約2400億円の負債を抱えて破綻した。顧客は預託金の返還を求め、各...

続きを読む

破綻後も商品客に売りつけ 配当されず被害広げた可能性 ジャパンライフ詐欺事件(2020年9月22日配信『毎日新聞』)

 磁石を埋め込んだ健康グッズの販売預託商法を展開したジャパンライフ(本社・東京都、破産手続き中)を巡る詐欺事件で、同社が経営破綻した後、残っていた商品を顧客に売りつけて資金を集めていたことが関係者への取材で分かった。事業を継続させるためとしたが、顧客への配当には充てられなかったとみられる。警視庁などは被害を増やした可能性があるとみている。 同社は2017年12月、約2400億円の負債を抱えて事実上倒産した。...

続きを読む

ジャパンライフ事件 「桜を見る会」の再検証を(2020年9月22日配信『熊本日日新聞』-「社説」)

 数百万円の磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、2017年に事実上破綻したジャパンライフ(東京)を巡り、警視庁などの合同捜査本部は詐欺の疑いで、元会長山口隆祥容疑者と娘の元社長、熊本市南区の元幹部ら計14人を逮捕、送検した。 捜査本部は同社が債務超過の事実を隠し、熊本を含む44都道府県の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を違法に集めたとみている。預託商法の被害規模では、11年に破綻した安愚...

続きを読む

実は気の小さい男なのかも…<ジャパンライフ山口元会長>(2020年9月22日配信『東京新聞』)

<はがれた仮面・ジャパンライフ事件(下)>ジャパンライフ事件について語る悪徳商法被害者対策委員会の堺次夫会長 1975年5月13日、衆院の物価問題等に関する特別委員会で、2人の参考人が対峙たいじした。1人はジャパンライフ元会長の山口隆祥(たかよし)(78)。もう1人は、マルチ商法の被害撲滅のために立ち上げた「悪徳商法被害者対策委員会」会長の堺次夫(70)だった。 山口は当時、ジャパンライフ創業前に...

続きを読む

ジャパンライフ破綻前に元会長と元社長の報酬が急増 資金持ち出し急いだか(2020年9月22日配信『東京新聞』)

ジャパンライフのチラシ 磁気治療器などの預託商法を展開した「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)を巡り、詐欺容疑で逮捕された元会長山口隆祥容疑者(78)の月給が、経営破綻の約1年半前に100万円増え350万円になっていたことが、本紙が入手した同社の資料で分かった。 娘の元社長、ひろみ容疑者(48)=詐欺容疑で逮捕=の月給も同時期に70万円増え約330万円に。 警視庁は、消費者庁の検査が入るなどす...

続きを読む

ジャパンライフ、原発事故後に福島で営業強化 賠償金狙いか(2020年9月21日配信『産経新聞』) 

詐欺の容疑で逮捕され、自宅から連行されるジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=18日午前7時29分、東京都文京区 磁気治療器の販売預託商法などを展開し、約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、同社が東京電力福島第1原発事故後、福島県内の営業を強化していたことが21日、関係者への取材で分かった。警視庁などの合同捜査本部は、原発事故による被災者への賠償金を狙った可能性もあ...

続きを読む

30円磁石をレアメタルと虚偽 ジャパンライフ詐欺事件(2020年9月21日配信『共同通信』)

 磁気健康器具の預託販売を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、主力商品のベルトに使っていた磁石は原価が一つ30円程度だったことが21日、関係者らへの取材で分かった。 元会長の山口隆祥容疑者(78)らは顧客に「レアメタル(希少金属)」「一つ2千~4千円」などと虚偽の説明をして、1500個使っているとするベルトを磁石の原価の100倍以上となる600万円などで販売していた。 警視庁などの合同捜査...

続きを読む

菅政権と「負の遺産」 疑惑の解明から逃げるな(2020年9月21日配信『琉球新報』-「社説」)

 7年8カ月に及んだ安倍政権の「負の遺産」が、就任したばかりの菅義偉首相を直撃している。首相は安倍政権の継承を強調しているが、歴代最長政権で噴出した多くの疑惑は残されたままだ。真相の解明から逃げるべきではない。 磁気健康器具の預託商法を展開し、破綻した「ジャパンライフ」の創業者、山口隆祥元会長らが詐欺容疑で警視庁などに逮捕された。高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を違法に集めたとみられる。全...

続きを読む

平成18年から粉飾決算、当初から架空事業か ジャパンライフ詐欺事件(2020年9月20日配信『産経新聞』)

 磁気治療器の販売預託商法などを展開し約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、同社が平成18年以降、赤字を隠すために決算を粉飾していたとみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。同社は22年には債務超過に陥ったが、幹部らは高額な月給を受け取り、顧客配当のもとになる商品のレンタル事業を行った形跡がほとんどないことも判明。警視庁などの合同捜査本部は、危機的な財務...

続きを読む

[ジャパンライフ] 首相推薦枠巡り説明を(2020年9月20日配信『南日本新聞』-「社説」)

 3年前に破綻した「ジャパンライフ」による高額な磁気ネックレスなどの預託商法を巡り、警視庁などの合同捜査本部は詐欺の疑いで元会長の山口隆祥容疑者や元幹部らを逮捕した。 事業実態がないのに、客が購入した商品を会社に預けて貸し出すと高い利回りの配当を得られると勧誘。高齢者を中心に、鹿児島など44都道府県の延べ約1万人から2100億円を違法に集めたとみられている。 同社は政官界やマスコミなどの人脈をアピ...

続きを読む

ジャパンライフ、高額資産家に集中営業 チェックシートで資産把握、ランク分け(2020年9月20日配信『毎日新聞』)

詐欺容疑で逮捕され、捜査員とともに車に乗り込むジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=東京都文京区で2020年9月18日午前7時29分、手塚耕一郎撮影 磁気健康グッズの販売預託商法を展開したジャパンライフ(本社・東京都、破産手続き中)を巡る巨額詐欺事件で、同社が顧客の資産状況を把握したうえで高額資産家に集中的に営業していたことが捜査関係者への取材で判明した。営業の際には資産を持つ高齢者らを生け花教室に誘うなど...

続きを読む

ジャパンライフ 事件の背景も含めて全容解明を(2020年9月20日配信『愛媛新聞』-「社説」)

 磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、多額の負債を抱えて破綻したジャパンライフが、債務超過の事実を隠して顧客から資金をだまし取ったとして、警視庁などの合同捜査本部が詐欺の疑いで、創業者で元会長の山口隆祥容疑者らを逮捕した。 ほぼ全国の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を違法に集めたと合同捜査本部はみている。老後資金を狙う悪質な商法で、預託商法の被害としては安愚楽牧場の約4300億円に次ぐ規...

続きを読む

ジャパンライフ 「桜」疑惑の幕引き許されない(2020年9月20日配信『しんぶん赤旗』ー「主張」))

 磁気治療器などの販売預託商法を展開し、破産した「ジャパンライフ」の創業者、山口隆祥元会長ら14人が詐欺容疑で逮捕されました。山口容疑者は、2015年に安倍晋三首相(当時)主催の「桜を見る会」に招かれていました。その際に届いた招待状が顧客勧誘の最大の宣伝材料に使われたことが大問題になっています。ところが、菅義偉政権は「桜を見る会」中止を表明する一方、過去の「桜」疑惑の再調査は拒否しました。国民は、...

続きを読む

訪問販売で人が変わった 「別格な家柄」のたー坊<ジャパンライフ山口元会長>(2020年9月20日配信『東京新聞』)

<はがれた仮面・ジャパンライフ事件(中)> 「たー坊は、小柄でおとなしい子。あいさつもできない恥ずかしがり屋だった」。たー坊とは、詐欺容疑で警視庁に逮捕されたジャパンライフ創業者の山口隆祥(たかよし)(78)のこと。山口の生家近くに今も暮らす男性(89)が懐かしんだ。山口容疑者が幼いころ暮らしていた生家は、鉄道の高架化事業もあり、取り壊されて空き地になっていた=群馬県伊勢崎市平和町で、2020年3月撮影 ...

続きを読む

顧客を資産額でランク分けて囲い込みか ジャパンライフ巨額詐欺事件(2020年9月19日配信『産経新聞』)

逮捕され警視庁に入る「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者=18日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影) 磁気治療器の販売預託商法などを展開し約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、同社が勧誘の際に資産額を聞き出し、顧客をランク分けしていたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。契約満期には現金などを付与し、新規契約を求めていたことも判明。同社は平成22年に債務超...

続きを読む

被害者「病気もできない」 蓄え失い、将来に不安―ジャパンライフ(2020年9月19日配信『時事通信』)

ジャパンライフが取り扱っていた商品や同社のパンフレット。マネキン人形が着用しているのは磁気ベストなど=18日午前、東京・霞が関の警視庁 元会長らが逮捕されたジャパンライフは、磁気治療器の預託商法で主に高齢者から巨額の資金を集めていた。被害者や家族らは、老後のために蓄えていた資金を失い、「病気もできない」と将来への不安を募らせる。 栃木県に住む80代の女性は、友人の誘いで同社の催しに参加。磁気ネック...

続きを読む

「悪質マルチ」批判たびたび 国会議員に献金、幅広い人脈―山口元会長(2020年9月19日配信『時事通信』)

 ジャパンライフをめぐる事件で逮捕された山口隆祥元会長(78)は、商売の手法をめぐり約50年前から「マルチ」「悪徳商法」などとたびたび批判を浴び、国会に参考人招致されたこともあった。一方で、多数の国会議員に献金し、政官界などに幅広い人脈を持っていた。 国会議事録などによると、山口元会長は1971年、健康関連商品の販売を手掛ける「ジェッカーチェーン」を設立。悪質なマルチ商法との批判が高まり、75年に...

続きを読む

ジャパンライフ、早期に破綻 配当支出は収入の14倍超える(2020年9月19日配信『共同通信』)

 磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、2014年4月から15年3月までの1年間、全国の顧客から預かった商品のレンタル料による同社の収入が計約5億4千万円しかなかったのに、顧客には14倍以上となる計約78億円の配当を支払っていたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。 警視庁などの合同捜査本部は家宅捜索で押収した資料を分析したところ、06年から粉飾決算を始め、1...

続きを読む

元会長、破綻前2年間に報酬1億 個人被害最多10億、健康具詐欺(2020年9月19日配信『共同通信』)

 磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、消費者庁が一部業務停止命令を出した2016年、元会長山口隆祥容疑者(78)が年間報酬を1千万円近く増額していたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。年収は、12~15年は4千万円で推移し、16年に5100万円、事実上破綻した17年に5250万円を受け取っていた。 同時期に娘の元社長ひろみ容疑者(48)も年間数千万円を受領。破綻を見越して資金の持ち出...

続きを読む

ジャパンライフ、預かり金を利益に計上 自転車操業なのに健全な経営を装ったか(2020年9月19日配信『東京新聞』)

詐欺容疑で逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=18日午前7時29分、東京都文京区で(川上智世撮影) 磁気治療器などの預託商法を展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)の巨額詐欺事件で、同社が商品のオーナーになるために顧客から集めた「預かり金」を財務諸表上の「利益」に計上する不正経理を続けた疑いがあることが、捜査関係者などへの取材で分かった。警...

続きを読む

「ジャパンライフ」詐欺事件 経営破綻の7年前から債務超過に(2020年9月19日配信『NHKニュース』)

 磁気治療器のオーナー商法などで多額の資金を集め、経営破綻した「ジャパンライフ」をめぐる詐欺事件で、会社が経営が破綻する7年前から債務超過に陥っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は配当を続ける見込みがないことを知りながら顧客の勧誘を繰り返していたとみて調べています。 健康器具販売会社「ジャパンライフ」の元会長、山口隆祥容疑者(78)ら14人は2017年、勧誘した50代から80代までの顧客12人...

続きを読む

ジャパンライフ事件に関する論説(2020年9月19日)

ジャパンライフ 預託商法の徹底解明を(2020年9月19日配信『北海道新聞』-「社説」) 預託商法を展開して破綻したジャパンライフの山口隆祥元会長らが詐欺の疑いで逮捕された。 捜査本部は、各地の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円をだまし取ったとみている。 北海道の被害弁護団の3年前のまとめによると、道内には契約者が少なくとも約350人いる。これは全国で4番目に多い。 旭川や北見には、道内支店...

続きを読む

退陣&選挙ちらつくジャパンライフ逮捕/若狭氏の目(2020年9月19日配信『日刊スポーツ』)

<元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士> 磁気ネックレスなどの預託商法で高齢者らから計約2100億円をだまし取ったとみられる「ジャパンライフ」(破綻)の元会長・山口隆祥容疑者(78)ら計14人が18日、詐欺の疑いで逮捕された。山口容疑者は15年の「桜を見る会」で安倍晋三前首相の推薦枠で招待された疑惑があり、招待状を勧誘に利用したとして国会で追及が続いていた。安倍路線継承を掲げる菅政権はスタートから「負の遺産」...

続きを読む

「ジャパンライフ」山口容疑者、自民党とズブズブの関係 安倍前首相とも面識(2020年9月19日配信『スポニチ』)

 菅新内閣の発足直後に衝撃の逮捕劇だ。磁気商品の預託商法で多額の金を集め、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」が、債務超過を隠して顧客から多額の資金をだまし取ったとして、警視庁などは18日、元会長の山口隆祥容疑者(78)ら計14人を詐欺の疑いで逮捕した。菅義偉首相が就任直後に幕引きを図った「桜を見る会」を巡る疑惑の火種は再燃。一方で、背景に選挙を巡る菅首相の思惑も噂されている。 山口容疑者...

続きを読む

中曽根、森喜朗…献金リストに元首相の名 権威を笠に肥大化<ジャパンライフ山口元会長(2020年9月19日配信『東京新聞』)

<はがれた仮面・ジャパンライフ事件(上)>山口隆祥容疑者(上)に「桜を見る会」の招待状が届いたことを伝えるジャパンライフのチラシ(中)(大門実紀史参院議員提供)。主要生産拠点だった埼玉県の物流センター(下)は廃墟となっている(コラージュ)◆それは羽毛布団販売から始まった 厳格だった。神様みたいな人だった―。 磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」の創業者、山口隆祥(たかよし)(78)の印象を、消費者庁...

続きを読む

ジャパンライフ元会長ら逮捕 福島県内被害は190億円、全国2番目(2020年9月19日配信『福島民友新聞』)

福島市のジャパンライフ福島支部があったビルには、今も看板が残っていた=18日午後1時10分ごろ、福島市 磁気ネックレスなどの預託商法を展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京)が、債務超過の事実を隠して顧客から資金をだまし取ったとして、警視庁などの合同捜査本部は18日、詐欺の疑いで元会長山口隆祥容疑者(78)=東京都文京区、娘の元社長ひろみ容疑者(48)=群馬県太田市、自営業幾世橋毅...

続きを読む

ジャパンライフ事件「桜を見る会」との関連再調査で与野党議論(2020年9月19日配信『NHKニュース』)

 磁気治療器のオーナー商法などで多額の資金を集め、経営破綻した「ジャパンライフ」の元会長らが逮捕された事件で、野党側は、顧客の勧誘に総理大臣主催の「桜を見る会」の招待状が使われていたとされることから、政府に事実関係の再調査を求めることにしています。 一方、政府・与党は「すでに国会の場でも説明している」などとして、野党側の要求には応じない方針です。 18日、詐欺の疑いで逮捕された「ジャパンライフ」の元...

続きを読む

ジャパンライフ山口会長逮捕で改めて注目される安倍前首相、加藤官房長官との癒着 焦点は消費者庁の立入検査中止だ(2020年9月18日配信『リテラ)

「桜を見る会」(2016年)首相官邸HPより  発足したばかりの菅政権を揺さぶる事件が弾けた。本日、「ジャパンライフ」山口隆祥元会長はじめ同社元幹部ら計14人が詐欺容疑で警視庁など6都県警の合同捜査本部に逮捕されたのだ。 周知のようにジャパンライフをめぐっては、マルチ商法が問題になった後の2015年4月、山口会長が「桜を見る会」に招待されたことが問題になっていた。そのときの招待状や安倍首相の写真が勧誘に使われて...

続きを読む

ジャパンライフ被害弁護団「捜査機関の努力に敬意」(2020年9月18日配信『産経新聞』)

記者会見するジャパンライフ被害弁護団の石戸谷豊団長=18日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ ジャパンライフ創業者の元会長、山口隆祥容疑者らの逮捕を受け、「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」は18日、東京都内で会見を開いた。代表の石戸谷(いしとや)豊弁護士は「やっと逮捕された。被害者が高齢で調書の作成が容易でなく、ジャパンライフ側の証拠も散逸していて苦労したと思う。捜査機関の努力に敬意を表する」...

続きを読む

ジャパンライフ宣伝に加藤官房長官の名も 「改めて調べても…」と「桜」の幕引きを強調(2020年9月18日配信『東京新聞』)

記者会見中にせき込んで、事務方から出された水を飲む加藤官房長官 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、詐欺の疑いで逮捕されたジャパンライフ元会長が、安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を顧客勧誘に利用した問題に関し、招待者名簿などの再調査は行わない考えを示し、幕引きを強調した。加藤氏は「名簿が保存されていない。個々の招待者について改めて調べても、確たることは申し上げられない」と述べた。 加藤...

続きを読む

野党、ジャパンライフ問題追及 元会長招待の「桜」再調査も要求(2020年9月18日配信『産経新聞』)

逮捕され警視庁に入る「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者=18日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影) 「ジャパンライフ」元会長らの逮捕を受け、野党は18日、政府への批判を強めた。元会長は安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を宣伝に使っていたとされ、これまで野党は元会長が安倍氏の推薦枠で招待された疑惑などを追及していた。このため政府の責任を改めて指摘するとともに、再調査するよう要求した。 ...

続きを読む

「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々(2020年9月18日配信『毎日新聞』)

ジャパンライフの山口隆祥元会長を詐欺容疑で逮捕するため、自宅に向かう警視庁などの捜査員ら=東京都文京区で2020年9月18日午前6時31分、手塚耕一郎撮影 全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」を率いた元会長、山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕された。商品を購入すると配当がもらえるというセールストークを信じて老後の蓄えを投じたお年寄りは今、「なぜ信じ...

続きを読む

ジャパンライフ・山口元会長ら14人を逮捕 8000万円詐欺容疑 高齢者ら1万人から2100億円集金(2020年9月18日配信『東京新聞』)

詐欺容疑で逮捕されたジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=いずれも18日午前、東京都文京区で(川上智世撮影) 磁気治療器などの預託商法を展開し、約2400億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)を巡り、警視庁など6都県警の合同捜査本部は18日、詐欺の疑いで、元会長の山口隆祥たかよし容疑者(78)=東京都文京区千駄木4=や娘で元社長のひろみ容疑者(48)=群馬県太田市新田上...

続きを読む

官房長官「桜を見る会」再調査せず ジャパンライフ元会長逮捕(2020年9月18日配信『NHKニュース』)

加藤官房長官は、18日午前の記者会見で「警察において、全容の解明に向けた所要の捜査が進められると承知しており、それを見ていく。『ジャパンライフ』については、消費者庁が4回にわたり行政処分を行うなど、悪質商法に対する厳正な対処が行われてきた。制度面でも、消費者庁で消費者被害防止のための実効的な対策を検討している」と述べました。そのうえで、記者団が、逮捕された元会長が顧客を勧誘する際に総理大臣主催の「桜...

続きを読む

ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」(2020年9月18日配信『毎日新聞』)

契約した磁気ネックレス(左奥)や、セミナーで配られた安倍晋三前首相や加藤勝信官房長官の写真入りチラシを見ながら「生きているうちにお金を返して」と声を絞り出す女性=神奈川県内で2020年5月21日、柿崎誠撮影詐欺容疑で逮捕され、警視庁などの捜査員とともに車に乗り込むジャパンライフ元会長の山口隆祥容疑者=東京都文京区で2020年9月18日午前7時29分、手塚耕一郎撮影 全国の約1万人から約2100億円もの資金を集...

続きを読む

「ジャパンライフ」元会長 詐欺容疑で逮捕 被害総額2000億円か(2020年9月18日配信『NHKニュース』)

元会長あてに「桜を見る会」の招待状が届いたことを伝えるジャパンライフのチラシ=大門実紀史参院議員提供磁気治療器のオーナー商法などで多額の資金を集め、経営破綻した「ジャパンライフ」について、警視庁は配当の見込みがないのに顧客を勧誘して出資金をだまし取ったなどとして78歳の元会長を詐欺の疑いで逮捕しました。被害総額はおよそ2000億円に上るということで、警視庁が実態解明を進めています。逮捕されたのは、経営破...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ