FC2ブログ

記事一覧

(論)少子化対策に関する論説(2020年12月12・29・31日・2021年3月4・14日)

加速する少子化 未来揺るがす危機的状況(2021年3月14日配信『西日本新聞』-「社説」) 子どもの出生数が加速度的に減少している。このままでは社会の活力が失われ、国の健全な発展も望めない。少子化対策の抜本的な見直しが急務だ。 2020年の出生数が過去最少の87万2683人(前年比約2万6千人減)にとどまったことが、厚生労働省の人口動態統計(速報値)で分かった。在留外国人を除いた日本人の出生数は84万人前後と推...

続きを読む

(論)出生数大幅減に関する論説(2020年10月22・28日・2021年3月1・6・8日)

出生数の減少 生活基盤安定させないと(2021年3月8日配信『信濃毎日新聞』-「社説」) 2020年の出生数が、統計開始の1899年以降で過去最少だった前年を下回る見通しになった。コロナ禍が長引けば、さらに減っていく推計もある。 出生数の減少は将来の働き手や社会保障の担い手の減少につながる。有効な少子化対策をただちに打たねばならない。 厚生労働省が公表した昨年の人口動態統計速報によると、出生数は8...

続きを読む

麻生氏、不適切発言「記憶ない」過去に謝罪も(2021年2月9日配信『共同通信』)

麻生太郎財務相は9日の衆院予算委員会で、少子高齢化に関し「子どもを産まないほうが問題だ」とした自身の過去の不適切発言について「いつの発言だか、まったく記憶がない」と述べた。麻生氏は2019年2月に発言し、批判を受けて謝罪、撤回した経緯がある。立憲民主党の金子恵美氏への答弁。麻生氏は19年2月、福岡県での会合で少子高齢化問題を取り上げ「年寄りが悪いみたいなことを言う変なのがいっぱいいるけど、それは間違いだ。...

続きを読む

コロナ禍「結婚危機」深刻 戦後最悪レベル…昨年、10月まで13%減(2021年1月17日配信『産経新聞』)

 新型コロナウイルスの影響で結婚する人が減っている。厚生労働省の人口動態統計(速報値)によると、令和2年1~10月の婚姻数は42万4343件で前年同期(48万9301件)比13.3%ダウンした。11、12月も同様であれば、昨年は戦後最悪の昭和25年(15%減)に次ぐ下落幅となる。婚姻数の低下は出生率にも響くとみられ、少子化対策を重点課題と位置付ける菅義偉(すが・よしひで)政権にとって「結婚対策」が...

続きを読む

新成人は124万人 2年ぶりの増加も11年連続で総人口の1%下回る(2020年12月31日配信『NHKニュース』)

新年を20歳で迎える新成人は、総務省の推計で124万人で、2年ぶりの増加となったものの、11年続けて日本の総人口の1%を下回りました。総務省の推計によりますと、元日を20歳で迎える新成人の数は、男性が64万人、女性が60万人の合わせて124万人となっています。前の年に比べて2万人増え、2年ぶりの増加となりましたが、日本の総人口に占める割合は0.99%で、11年連続で1%を下回りました。新成人の数は、この10年間ほぼ120万人台前...

続きを読む

出て行く時刻の来た子どもたち、用意はいいか」…(2020年12月29日配信『毎日新聞』-「余録」)

 「出て行く時刻の来た子どもたち、用意はいいか」。扉を開けたのは砂時計と鎌を持つ老人で、背が高く長いひげがある。童話劇「青い鳥」で、これから生まれる子どもたちを送り出す「時」という老人だ▲「未来の王国」というその大広間には、地上にもたらす禍福(かふく)さまざまなものを携えた子どもたちが誕生の時を待っている。「時」は生まれるべき子どもの数が間違いなくそろっているかをチェックし、地上行きの船に乗せるの...

続きを読む

少子化と菅政権 若い出産に安心感つくれ(2020年9月23日配信『産経新聞』ー「主張」)

 少子化は国難だ。これを克服するためには、子供を安心して産み、育てられる社会をつくらねばならない。 菅義偉首相は、少子化に立ち向かう新たな施策として、不妊治療への保険適用を掲げた。 多額の費用負担を減らすと同時に、治療希望者に対する医療機関の質の担保をいかに図るか。これ自体は検討されるべき課題である。 だが、少子化対策の新たな施策としては物足りない。問題が矮小(わいしょう)化されていないか。 対症...

続きを読む

内閣府、新婚生活60万円補助へ 少子化対策で倍増、条件も緩和(2020年9月21日配信『共同通信』)

 内閣府は20日、少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めた。現行額から倍増し、対象年齢や年収条件を緩和する。経済的理由で結婚を諦めることがないよう後押しする狙い。 対象は「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、新たに婚姻届を出した夫婦。現行は(1)婚姻日の年齢が夫婦とも34歳以下(2)世帯年...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ