FC2ブログ

記事一覧

(論)GoToに関する論説(2020年12月15・16・17・22・29日・2021年1月26日)

GoTo事業費 補正組み替えが必要だ(2021年1月27日配信『東京新聞』ー「社説」) 衆院予算委員会で第3次補正予算の審議が始まった。GoTo事業の延長が焦点だがコロナ禍で事業再開のめどが立たない中、追加計上は必要なのか。組み替えて緊急を要する政策に充てるべきだ。 政府の2020年度第3次補正予算には、GoToトラベルに1兆311億円、イートに515億円が追加分として盛り込まれている。 問題は予算案...

続きを読む

現場は混乱している」全国の知事、GoTo突然停止に反発の声 知事会が緊急オンライン会議(2020年12月20日配信『Yahooニュースきょう尾産経新聞』)

全国知事会として新型コロナウイルス対応への提言をオンラインで議論した西脇知事(20日、京都市上京区・府庁) 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、全国知事会は20日、緊急対策会議をオンラインで開いた。菅義偉首相が観光支援事業「Go To トラベル」を唐突に一斉停止したことに反発の声が上がったほか、都道府県知事の権限強化に向けた法改正など政府への注文が相次いだ。 菅首相がGoToトラベルを28日から来年1月11日...

続きを読む

「Go To」停止で旅行客まばらも人波途切れず(2020年12月19日配信『共同通信』)

銀座の歩行者天国に設置された手洗いスタンド観光支援事業「Go To トラベル」で、東京都などを目的地とする旅行の割引が停止され、19日、初の週末を迎えた。28日からの全国での一時停止に先立ち、東京都や名古屋市を目的地とする旅行が対象から除外された。都や名古屋の繁華街では荷物を抱えた旅行客の姿はまばらな一方、クリスマス前の週末で買い物を楽しむ人は多かった。NTTドコモがまとめた19日の午後3時時点の全国主要駅や繁...

続きを読む

第3波元凶は「GoTo」だった 感染研レポートで浮き彫りに(2020年12月19日配信『日刊ゲンダイ』)

「感染拡大の原因であるとのエビデンスは存在しない」――。肝いりの「Go To トラベル」をめぐる批判に、こう繰り返してきた菅首相だが、「言い逃れ」はもはや通用しない。新型コロナウイルスの感染拡大とトラベル事業の因果関係を示す「エビデンス」が示されたからだ。 ◇  ◇  ◇ 注目を集めているのが国立感染症研究所が発表した「新型コロナウイルスSARS―CoV―2のゲノム分子疫学調査」と題されたリポート。新型...

続きを読む

「批判されて当然」GoTo停止で首相に逆風 説明不足が露呈…“身内”も距離(2020年12月17日配信『西日本新聞』)

 菅義偉首相に吹き付ける逆風が急に厳しく-。新型コロナウイルスの猛威が止まらない中、16日の衆院内閣委員会の閉会中審査では観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止のタイミングがやり玉に挙げられた。首相の「人の移動では感染は拡大しない」発言も、追及を受けてエビデンス(根拠)がぐらつく。身内の与党もじわり、距離を置き始めた兆しがある。 政府が感染封じ込めを国民に訴えた「勝負の3週間」が終わったこの...

続きを読む

「首相の器じゃない」菅首相は党内政局で頭が一杯 Go To停止で業界からの悲鳴も届かず(2020年12月17日配信『AERA.com』)

党内政局で頭がいっぱいの菅首相 菅義偉首相が突然、発表したGoToトラベルの停止の影響が感染者の多い東京や大阪だけではなく、全国で広がっている。だが、首相に近い自民党の衆院議員はこう話す。【写真】”自民党のラスボス”の本心は?「菅首相は専門家や医師会から批判されていたGoToトラベルをとりあえず止めたからいいんじゃないか、という雰囲気。二階派をはじめ、各派閥の幹部クラスも菅政権の迷走ぶりを見て急に冷たくなっ...

続きを読む

感染拡大はGoToトラベルのせいじゃない? 菅政権はなぜ一時停止に踏み切ったのか(2020年12月17日配信『共同通信47NEWS』)

新型コロナウイルス感染症対策本部終了後、記者団の取材に応じる菅首相=14日夜、首相官邸 菅義偉首相が、年末年始の「GoToトラベル」を全国一斉に一時停止すると決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための「勝負の3週間」が終わろうとするタイミングでの、突然の決断。年末年始の予定を決めていた多くの国民のみならず、菅首相が「支援したかった」はずの旅行業界までが大混乱に陥っている。首相の判断が遅れた...

続きを読む

菅首相に二階派が激怒「もう次はないぞ!」自民党内で根回しせず、GoTo中止(2020年12月15日配信『AERA.com』) 

Go To中止で自民党内の株が下った菅首相「なんで急に中止なんだ。どうなっているんだ!」 こう声を荒げたのは、二階派の幹部だ。菅義偉首相は12月14日、官房長官時代から推進してきた新型コロナの経済対策「GoToトラベル」の一時停止を突如、表明した。新型コロナウイルスの感染拡大が急増。専門家の意見を尊重した結果の判断だという。【アンケート結果】テレビを見ていて信用できないと思う人1位は?「菅首相は、12、13日までは...

続きを読む

遅すぎたGoTo一斉停止 コロナ第3波はそれでも止められない(2020年12月15日配信『日刊ゲンダイ』)

正月明けに強い警戒感(新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長) ブレーキが遅すぎる。菅首相は14日、今月28日から1月11日まで「Go To トラベル」を全国一斉に一時停止する方針を表明した。だが、すでに新型コロナ第3波は日本全国で猛威を振るっている。もはや手遅れだ。 7月22日に東京発着を除く「Go To トラベル」がスタートし、東京は10月1日に追加された。 全国の累計感染者数は、7月22日時点で2...

続きを読む

菅首相VS西村大臣の暗闘でGo To停止「後手後手」に(2020年12月15日配信『AERA.com』)

菅義偉首相/ 西村康稔コロナ対策担当相 新型コロナウイルスの第3波が日本を襲うなか、政府は12月14日、「Go To トラベル」を12月28日から1月11日にかけて、全国で一斉に停止することを表明した。Go Toについては以前から専門家や医療関係者などからも停止すべきだという声が上がっていた中で、なぜ、ここまで対応が遅くなったのか。本誌の取材で、コロナ対策を担う二人の政治家の“対立”が元凶となっていた構図が浮かび上がってき...

続きを読む

Go Toトラベル一時停止 事業者補償 旅行代金の50%に 国交相(2020年12月15日配信『NHKニュース』)

赤羽国土交通大臣は、Go Toトラベル事業を全国一斉に停止する期間を含む旅行について、予約がキャンセルされた事業者に対する補償を、旅行代金の35%から50%に引き上げる方針を正式に発表しました。Go Toトラベルは、今月28日から来年1月11日まで全国一斉に停止されることになり、予約の取り消しに伴うキャンセル料は国が補償します。これに関連して、赤羽国土交通大臣は15日の閣議のあとの記者会見で、この期間を含む旅行の予約...

続きを読む

GoTo一斉停止に恨み節、ホテル側「支援事業のはずなのに…振り回されてばかり」(2020年12月15日配信『読売新聞』)

 政府の観光支援策「Go To トラベル」事業の全国一斉停止が決まって一夜明けた15日、各地の宿泊施設や旅行会社にはキャンセルの連絡が相次ぎ、悲鳴が上がった。特に東京の旅行はこれまでも扱いが二転三転しており、関係者に戸惑いが広がっている。 「予約はすべてGo Toの利用者だから、年末年始の分は全滅するかもしれない」。佐賀県武雄市の武雄温泉街にある「懐石宿 扇屋」の山下裕輔社長(59)は落胆を隠さな...

続きを読む

GoToトラベル、菅首相が泥縄の方針転換=混乱必至、再開も不透明(2020年12月15日配信『時事通信』)

新型コロナウイルス対策について記者団の質問に答える菅義偉首相(左)=14日午後、首相官邸 菅義偉首相が肝煎りの観光支援事業「Go To トラベル」の全国一律停止に追い込まれた。深刻さが徐々に増す新型コロナウイルスの感染拡大に、対策が後手に回り続けた末の方針転換だ。年末年始を控えたタイミングとあって混乱は必至。事業再開のめども立っておらず、首相の一連の判断の是非を問う声が広がりそうだ。新型コロナウイ...

続きを読む

GoTo全面停止、与党は賛否交錯 野党「判断の遅れ」批判(2020年12月1日配信『時事通信』)

 菅義偉首相が観光支援策「Go To トラベル」の全国一斉停止を打ち出したことについて、与党からは14日、新型コロナウイルスの感染急増を踏まえ、「仕方ない」と擁護する声の一方、経済への打撃を懸念する意見も相次いだ。 野党は、首相の「判断の遅れ」を一斉に批判した。 自民党の下村博文政調会長は、取材に対して「適切な判断だ」と評価。公明党中堅は「やむを得ない。苦渋の決断だろう」と語った。 政府の新型コロナ対策...

続きを読む

後手の末、ようやく「引き締め」 GoToトラベル全国停止(2020年12月14日配信『産経新聞』)

 政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受け、観光支援事業「Go To トラベル」について、年末から全国で一斉に一時停止する措置を決めた。これまでは事業の経済効果を重視して小出しで運用見直しを繰り返してきたが、年末年始の人の移動を抑えるため、より強いメッセージを出す必要があると判断した。後手後手に回った対応で内閣支持率も急落しており、菅義偉首相もようやく「引き締め」にかじを切った。 「特に飲食は基本...

続きを読む

「遅すぎ」GoTo全国一時停止 支持率続落で外堀うまった首相(2020年12月15日配信『西日本新聞』)

 14日、政府は観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止に追い込まれた。社会経済活動の回復を重視する菅義偉首相が「政治生命を懸ける」と固執し継続を目指したものの、新型コロナウイルスの止まらない感染拡大と内閣支持率の大幅な続落でついに外堀を埋められた。ただ、感染の大波がこれで収束に向かう保証はない。「遅すぎた」「後手後手」との批判から首相が逃れるのは難しそうだ。 「最大限の対策を講じることにした...

続きを読む

「支持率急落」ようやくGoTo止める 経済重視 なお小出し、政府のコロナ対策(2020年12月15日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中でも、菅義偉首相は観光支援事業「GoToトラベル」の見直しに慎重だった。経済を重視するためで、対応を取る場合も小出しを続けてきた。事業継続に国民の疑問が強まる中、東京と名古屋市を目的地とする旅行を27日まで一時停止としたが、全国一斉の一時停止は28日以降。小出し対応は変わらない。(清水俊介)◆成果なかった「勝負の3週間」 「(新規感染者が)3000人を超...

続きを読む

「GoToトラベル」旅行の予約取り消し キャンセル料 国が補償へ(2020年12月14日配信『NHKニュース』)

GoToトラベルの事業を今月28日から来年1月11日まで全国一斉に一時停止することに関連して、赤羽国土交通大臣は14日夜、記者団に対し、この期間の旅行の予約を取り消した場合、キャンセル料は国が補償する方針を示しました。また、28日より前に出発する場合でも、旅行の期間が28日以降にまたがる場合はキャンセル料を補償するということです。また、その前にあたる今月27日までの間の札幌市と大阪市、東京都それに名古屋市を発着す...

続きを読む

GoToトラベル 全国一斉に停止へ 今月28日~1月11日 菅首相表明(2020年12月14日配信『NHKニュース』)

「Go Toトラベル」をめぐって、菅総理大臣は、政府の対策本部で、今月28日から来年1月11日までの間、全国一斉に一時停止する考えを表明しました。」新型コロナウイルス対策をめぐり、政府の分科会が先週、感染状況が高止まりしている地域は「Go Toトラベル」の対象から除外することなどを提言したことを受けて、政府は今夜、総理大臣官邸で、対策本部を開きました。この中で、菅総理大臣は、現在の感染の状況について「全国の感染...

続きを読む

「GoToトラベル」全国で一斉停止を表明 28日から来年1月11日まで 菅首相(2020年12月14日配信『毎日新聞』)

菅義偉首相=首相官邸で11日、竹内幹撮影 菅義偉首相は14日に開いた新型コロナ対策本部で、旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業について、28日から来年1月11日まで全国で一斉停止すると表明した。GoToトラベル、全国一律停止(2020年12月14日配信『共同通信』)28日から1月11日まで東京・浅草の仲見世通りに掲示された「Go To トラベル」のポスター=11日 菅義偉首相は14日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官...

続きを読む

菅総理 ネット番組の発言から一転“GoTo”見直しへ(2020年12月14日配信『All Nippon NewsNetwork(ANN)』)

 政府は、GoToトラベルを一時停止している札幌と大阪に続き、東京と名古屋も対象とする方向で調整を行っていて、14日に対策本部で対応を決定します。■“否定”発言から一転…「GoTo」見直しへ動き出す政府 13日夕方、総理官邸では日曜日にも関わらず、慌ただしい動きが見られました。 関係閣僚が次々と菅総理大臣の元に集まり、“GoTo”についての協議が行われたのです。 すでに札幌市と大阪市を目的地とするGoToトラベルが一時停止...

続きを読む

片山善博氏 GoToトラベル一部停止をめぐる国と東京都の相違に「政府は無責任だと思う」(2020年12月14日配信『スポニチアネックス』)

 元鳥取県知事の片山善博氏が14日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。政府が新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、東京都と名古屋市を目的地とする観光支援事業「Go To トラベル」を一時停止する方向で調整に入ったことについて言及した。 関係者によると、トラベル事業では、政府が東京都を目的地とする旅行について今月25日までの一時停止を提案。都側は来年1月11日までとするなど、よ...

続きを読む

GoTo 東京、名古屋も一時停止へ 期間は国と都で調整(2020年12月14日配信『毎日新聞』)

 政府は旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業について、新型コロナウイルスの感染が広がる東京都と名古屋市を目的地とする旅行を一時停止する検討に入った。15日まで割引適用を一時停止している札幌、大阪両市も停止期間を延長する方針。14日午後6時過ぎから政府の新型コロナ対策本部を開いて対応を決める。東京都の一時停止期間について、国は今月25日までの短期間を想定しているが、都は正月休みが明ける1月11日までを主張してお...

続きを読む

医療現場からは悲鳴も…「菅首相よ、国民に頼るのは限界だ」東京都医師会会長の“咆哮”(2020年12月14日配信『文春オンライン』)

尾﨑治夫氏(東京都医師会会長)「ハンマー&ダンス」という言葉がある。 感染が拡大しているときには強力な対策を施して抑制する。小康状態を保っているときは、経済支援策に力を入れる。いわば「抑制と緩和」という意味で、未知のウイルスと闘わねばならないときの人類の要諦とも言われる。とくに都市封鎖などの超法規的措置が取れない日本の場合、この舵取りがパンデミックを乗り越えるためには欠かせない。 4~5月の緊急事態...

続きを読む

二木芳人教授 GoTo事業巡る政府と東京都の方針「今回は小池さんがおっしゃっている方が正しい」(2020年12月14日配信『スポニチアネックス』)

 昭和大の二木芳人客員教授(感染症学)が14日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。政府が新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、東京都と名古屋市を目的地とする観光支援事業「Go To トラベル」を一時停止する方向で調整に入ったことについて言及した。 関係者によると、トラベル事業では、政府が東京都を目的地とする旅行について今月25日までの一時停止を提案。都側は来年1月11日までとするなど、より長...

続きを読む

東京の「Go Toトラベル」一時停止 政府は25日まで、都は1月11日までを要望 対象エリアでも調整(2020年12月13日配信『共同通信』)

西村経済再生相、田村厚労相らとの協議を終え、首相官邸を出る菅首相=13日午後 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、東京都と名古屋市を目的地とする観光支援事業「Go To トラベル」を一時停止する方向で調整に入った。愛知県の大村秀章知事が13日の民放番組で、西村康稔経済再生担当相から「東京と名古屋市を除外の対象として考えてもらえないか」と打診があったと明らかにした。14日に対策本部を開き、最...

続きを読む

菅首相、閣僚とGoTo対応協議 「東京」「名古屋」の扱いを意見交換(2020年12月13日配信『毎日新聞』)

 菅義偉首相は13日、首相官邸で加藤勝信官房長官、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相と会い、感染が拡大する新型コロナウイルスへの対応について協議した。旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業を巡り、15日まで割引適用を一時停止している札幌、大阪両市の停止期間延長のほか、感染が広がる東京都や名古屋市の取り扱いについて、都道府県知事との調整状況を含め意見を交わした。 協議の後、西村氏は記者団に「各知事と...

続きを読む

東京・名古屋向け一時除外 GoTo、出発分は自粛―札幌・大阪並み、下旬まで(2020年12月13日配信『時事通信』)

 政府は新型コロナウイルスの感染状況が過去最悪の水準となっている現状を踏まえ、国の観光支援事業「Go To トラベル」に関し、感染拡大が顕著な東京都と名古屋市を目的地とする旅行を対象から一時除外する調整に入った。この2地域から出発する旅行については、年齢制限を設けずに利用自粛を求める方向だ。政府関係者が13日、明らかにした。 こうした措置は既に札幌、大阪両市を対象に取っている。感染が深刻化する地域...

続きを読む

GoTo固執で支持急落(2020年12月13日配信『しんぶん赤旗』)

早くも行き詰まり 菅政権 報道各社の世論調査で菅義偉内閣の支持率が急落。同政権の新型コロナウイルス感染症対策についての評価は軒並み、「評価しない」が優勢に転じました。首相官邸周辺からは「ここまで落ちるとは思っていなかった。不支持が12ポイント以上も上昇した調査もある。これ以上下がると危ない」という声が漏れてきます。いまや“菅政権による人災”の様相となってきた感染拡大の危機。その中で、いま政局はどう動...

続きを読む

東京、名古屋市も“一時停止”へ 札幌市、大阪市 GoToトラベル停止延長も(2020年12月12日配信『FNNプライムオンライン』)

 GoToトラベルの一時停止について、政府は、北海道・札幌市と大阪市の延長に加え、東京と愛知・名古屋市を新たに一時停止の対象とする方向で調整に入ったことがわかった。...

続きを読む

菅首相、GoToなお譲らず 分科会との溝、浮き彫りに 新型コロナ(2020年12月12日配信『時事通信』)

閣議に臨む菅義偉首相(中央)=11日午前、首相官邸 国内の新型コロナウイルス感染拡大が続く中、有識者による政府分科会が、観光支援策「Go To トラベル」の一時停止に踏み込んだ。 しかし、経済回復に軸足を置く菅義偉首相に、肝煎り政策を譲る気配はない。双方の溝は一段と浮き彫りになり、不信感すら漂っている。 「経済を壊してしまったら大変なことになる」。首相は11日のインターネット番組でこう強調。地方経済の疲...

続きを読む

GoTo中止ただちに決断を(2020年12月12日配信『しんぶん赤旗』)

志位委員長が政府に提起新型コロナ 共産党が緊急要請 日本共産党の志位和夫委員長は11日、菅義偉首相に対し、「新型コロナ『第3波』から医療・暮らし・事業を守る緊急要請」を行いました。志位氏は会談の冒頭、政府が固執し続ける「Go To 事業」に対し、「政府の分科会の提言などを踏まえ、ただちに政府として中止を決断し、観光・飲食業等への直接支援に転換すべきだ」と強く求めました。政府は西村康稔経済再生担当相...

続きを読む

責任押し付け合い危機感、政治決断促す コロナ分科会「中旬めどに」(2020年12月11日配信『産経新聞』)

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が11日に示した新たな提言の狙いは、政府と自治体に対して感染防止対策をめぐる責任の「押し付けあい」を戒め、より主体的な政治決断を促すことにある。北海道や東京都、大阪府など感染拡大地域でとった対策の効果を「12月中旬をめどに分析・判断」して必要な対策を取るよう求めており、政治決断の期限を切った格好だ。 「現状の認識をしっかりして、より合理的な決断を迅速にして...

続きを読む

「GoToトラベル停止を!」尾身茂会長の「直訴状」を破り捨てた菅首相や小池都知事 医療専門家「最悪の年末が来る」(2020年12月11日配信『J-CAST』ニュース)

分科会提言に冷ややかな小池百合子都知事(12月11日の日本テレビ速報より)農民の困窮に見るに見かねた江戸時代の代官が、殿様に直訴状を差しだしたが、にべもなく撥ねつけられた構図といっては言い過ぎだろうか――。政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が2020年12月11日、過去最多の感染患者が急増する第3波の対策として、「GoToトラベル」キャンペーンの停止などを求める提言をまとめ、発表した。しかし、菅義偉首相や小池百...

続きを読む

GoTo「即刻中止を」 病院団体(2020年12月11日配信『時事通信』)

羽田空港の「GoTo トラベル 地域共通クーポン」の案内板=11月22日 日本病院会(相沢孝夫会長)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、需要喚起策「Go To」キャンペーンの「即刻中止」などを国に求める声明を発表した。  声明では「医療現場では、今でも重症者らの診療を必死に行っているが、感染拡大がこのまま続けば、医療崩壊は必至だ」として、拡大防止を最優先に取り組むよう要請。「Go To」キャンペー...

続きを読む

GoToで感染拡大に根拠 スコットランド首相「旅行が原因」(2020年12月11日配信『日刊ゲンダイ』)

「『旅行の盛り上がり』が原因」と、発表したスコットランドのスタージョン首相「新型コロナウイルスの感染拡大は旅行が原因だった」 英スコットランド自治政府のスタージョン首相が9日の会見で発表した。 根拠となったのは、国内の科学者らが作成した、英専門家会議「SAGE(非常時科学諮問委員会)」向けの報告書だ。 ウイルスの遺伝子配列を解析し、スコットランド内での「第1波」と「第2波」それぞれで蔓延したウイル...

続きを読む

政府分科会 “感染高止まりや拡大なら「Go To」除外継続を”(2020年12月11日配信『NHKニュース』)

感染拡大を抑えるために、政府が位置づけた「勝負の3週間」の期限が来週に迫っています。新型コロナウイルス対策にあたる政府の分科会は11日に開かれる会合で、東京や大阪など感染が急速に拡大している地域で感染状況が高止まりしている場合や、拡大が続いている場合には、引き続き「Go Toキャンペーン」の対象地域から除外するなどの対策を求めることにしています。政府は、先月末からの3週間を短期間で集中的に対策を行う「勝負...

続きを読む

止まらない感染再拡大 尾身会長が最後通牒「Go Toやめろ」(2020年12月10日配信『日刊ゲンダイ』)

「再三申し上げている」と尾身会長(9日、衆院厚労委の閉会中審査)/(C)共同通信社 ついに身内からもスガ批判が飛び出した。収束する兆しがまったく見えない新型コロナウイルスの感染再拡大を巡り、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が菅首相肝いりの「Go To トラベル」について、「ステージ3(感染急増)相当の地域では、Go Toを含めて人の動きや接触を控えるべきだ」と発言。菅政権に対する最後通牒にも...

続きを読む

“GoTo”尾身会長「一時停止すべき」(2020年12月9日配信『日テレニュース』)

新型コロナウイルスへの対応をめぐり、政府の分科会の尾身会長は、「GoToトラベル」について東京などステージ3相当に該当する地域については、運用を一時停止すべきとの考えを示しました。立憲民主党・山井和則議員「東京は高齢者や基礎疾患の方だけではなく、少なくともGoToいったんとめるということをすべきではないですか」政府の分科会・尾身会長「今の時期、感染の今、この状況を打開するためには、GoToを含めて...

続きを読む

科学ではなく意地と利権 止められないGoTo“狂乱”の行く末(2020年12月5日配信『日刊ゲンダイ』)

説明する気なし 臨時国5日閉幕することを受け、菅首相が4日夕、記者会見に臨んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で国民の間に不安が広がっても、かたくなに会見を開こうとはせず、正式な会見は9月の就任時以来。何を話すのかと注目していたら、あまりに拍子抜けのスカスカ会見だった。 プロンプター(原稿映写機)を使わなかった点は安倍政権を継承していなかったが、用意された原稿棒読みは前政権と変わらず、冒頭およそ18...

続きを読む

岩田健太郎医師「GoToは異常。旧日本軍のインパール作戦なみ」(2020年12月4日配信『AERA.com』)

神戸大学大学院教授・医師 岩田健太郎   本格的な冬が到来し、日本列島がコロナ「第3波」に見舞われている。急増する重症者に医療は逼迫。だが、政治家たちのメッセージは「経済が大事」「感染対策が大事」と、ブレブレで、国民は戸惑うばかり。日本はどのような道を歩むべきなのか。神戸大学大学院教授の岩田健太郎医師に聞いた。*  *  * 菅首相は感染対策を最優先しながら経済を回していかなければならないと主張して...

続きを読む

GoToトラベル“来年6月末まで延長”へ(2020年12月2日配信『日本テレビ系(NNN)』)

政府は、観光支援策の「GoToトラベル」事業を来年の6月末まで延長する方針を固めました。キャンペーン終了後に需要が極端に落ち込むのを防ぐため、新型コロナウイルスの感染状況と旅行の需要の回復を見ながら、段階的に割引率を引き下げる方針です。延長については来週の8日に決定する追加の経済対策に盛り込まれます。...

続きを読む

Go Toトラベル 東京自粛呼びかけ 与党側は評価 野党側は批判(2020年12月2日配信『NHKニュース』)

「Go Toトラベル」をめぐり、政府と東京都は東京発着の旅行について、65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人に一定期間、自粛を呼びかけることになりました。与党側からは、一定の評価が示されたのに対し、野党側は感染拡大を食い止めるための根本的な解決にはならないと批判しています。「Go Toトラベル」をめぐり菅総理大臣は1日、東京都の小池知事と会談し、東京発着の旅行について、65歳以上の高齢者と基礎疾患のある人に一定期...

続きを読む

政府・都の溝浮き彫り GoTo対応、見通せず―新型コロナ(2020年12月1日配信『時事通信』)

東京都の小池百合子知事との会談後、記者団の質問に答える菅義偉首相=1日午後、首相官邸菅義偉首相との会談のため、首相官邸に入る東京都の小池百合子知事(中央)=1日夜、東京・永田町 東京都の小池百合子知事が国の観光支援策「Go To トラベル」の東京発着分について菅義偉首相に一部利用自粛を要請した。新型コロナウイルスの感染者急増を受け、除外するかどうかの判断を押し付け合っていた政府と都。この日は共に対...

続きを読む

都知事、「GoToトラベル」高齢者と基礎疾患ある人に自粛呼びかけ…17日まで(2020年12月1日配信『読売新聞』)

菅首相との会談のため、首相官邸に入る小池都知事(中央)(1日午後6時26分)=源幸正倫撮影 菅首相は1日夜、東京都の小池百合子知事と首相官邸で会談した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池氏が国の観光支援策「Go To トラベル」事業の東京発着分について高齢者らに利用自粛を呼びかける考えを示したのに対し、首相は理解を示した。 会談後に首相が記者団に明らかにした。都が事業の利用自粛などを呼びかけ...

続きを読む

GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡(2020年12月1日配信『毎日新聞』)

 福岡県は30日、国の旅行需要喚起策「GoToトラベル」を使ったバスの団体旅行で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、参加者ら10人の感染が確認されたと発表した。知り合い同士の参加者19人とバス運転手1人、バスガイド1人の計21人のうち、参加者9人とバス運転手の感染が29日までに確認された。 3連休中の11月22日に福岡県を出発し、1泊2日で大分県を訪れ複数の施設を回った。これまでのところ、滞在先での感染拡大の報告はない...

続きを読む

小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換(2020年11月30日配信『日刊ゲンダイ』)

「5つの小」とか言ってる場合じゃない(小池百合子都知事)〈小池知事、早く東京もGo To トラベルキャンセルして〉〈北海道、大阪みたいに除外を要請すべき〉〈責任感なさすぎ〉――。「Go To トラベル」の対象地域からの一時除外を政府に申し出ないことに対し、ネット上では東京都の小池知事への批判が高まっている。都民だけではなく、秋田県の佐竹敬久知事も29日の会見で、「地方も東京都との往来が多い。早めに(都を除外するか...

続きを読む

新型コロナ Go Toトラベルで感染、本当に202人? 全て把握とは言い切れないのに「継続」(2020年11月30日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大に関し、政府の観光支援事業「Go To トラベル」による人の移動の増加が一因だとして、医師や専門家から事業の一時停止を求める声が相次いでいる。政府は「延べ4000万泊超の利用」に対して感染者が26日時点で202人にとどまるとして事業を継続するが、この数字は事業を利用した感染者を全て把握できているとは言い難いのが現状だ。(村上一樹) 観光庁などによると、事業を利...

続きを読む

時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える 鉢呂吉雄・元経済産業相(2020年11月30日配信『毎日新聞』)

鉢呂吉雄氏=須藤孝撮影 北海道の新型コロナウイルス感染は非常に厳しい状況にある。札幌市だけではなく、旭川市など中核都市の医療施設、しかも周辺地域から重症患者を受け入れるような機能をもった病院でクラスターが出ており、非常に深刻に受け止めている。医療崩壊の危機にひんしているといっても過言ではない。医療や介護などの従事者に対する検査体制を早急に強化すべきだと考えている。「トラベル」が影響 たしかに北海道...

続きを読む

経済・コロナ対策「両立を」57% GoTo停止「妥当」61%(2020年11月29日配信『日刊スポーツ』)

日本経済新聞社の27~29日の世論調査で、政府の新型コロナウイルス対応について「感染防止と経済活動の両立を目指すべきだ」と答えた人は57%だった。「感染防止を優先すべきだ」の34%や「経済活動を優先すべきだ」の7%を上回った。居住地域別でみると「経済活動を優先すべきだ」は首都圏と関西圏の合計で9%と、全国平均より高かった。それ以外の地域は5%だった。都市部が地方よりも経済活動を重視する傾向が読み取れる。年齢別では...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ