FC2ブログ

記事一覧

普通の会話の数分後に急変 新型コロナの恐るべき特性 神奈川で相次ぐ療養中の“突然死”(2021年2月14日配信『産経新聞』)

自宅療養中などの感染者に1日2回、神奈川県から送られる健康確認のLINEメッセージ 新型コロナウイルスの感染が拡大する神奈川県で、軽症・無症状の感染者が自宅や宿泊療養施設での療養中に死亡する事例が相次ぎ、医療関係者が危機感を募らせている。保健所の担当者らは患者の“突然死”を防ぐため、監視体制の強化に努めているが、感染者が増え続けるなかで、業務に手が回らなくなっている現状もあり、ジレンマにさいなまれて...

続きを読む

国内のコロナ死者、1日当たり最多の119人(2021年2月2日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルスによる死者は2日午後7時時点で119人に上った。1日当たりの死者数は1月28日の113人を上回って最多となった。...

続きを読む

<新型コロナ>自宅療養中、気づかないまま容体悪化 「ハッピー・ハイポキシア」の可能性も(2021年1月28日配信『東京新聞』)

 自宅で療養中に死亡する新型コロナウイルスの患者が相次いでいる。医師が注意を促すのが「ハッピー・ハイポキシア(幸せな低酸素症)」だ。無症状や軽症だと思い込み、本人が気付かないまま重篤になることもあるという。(土屋晴康)救急隊によって病棟に搬送されてきた新型コロナ患者(写真は一部加工済み)=横浜市金沢区で 「搬送直後にコンピューター断層撮影(CT)検査をしたら、肺が真っ白だった患者もいる。保健所によ...

続きを読む

<新型コロナ>自宅療養中・宿泊療養中に29人死亡 最多は東京の8人 厚労省集計、昨年12月から(2021年1月28日配信『共同通信』)

入院調整中に死亡するケースも出ている 新型コロナウイルス感染患者のうち、自宅や宿泊施設で療養中に死亡した人が昨年12月から今年1月25日に12都府県で29人に上ったことが28日、厚生労働省への取材で分かった。このうち10人は入院や宿泊療養などを調整中の患者だった。 厚労省が各都道府県から報告を受け集計した。自宅療養中の死亡者が27人で、宿泊療養中が2人だった。 全国各地の病床逼迫を受け、自宅療養者...

続きを読む

自宅療養の妻・母死亡、朝は異常なく数時間で急変…夫「突然で言葉にならない」(2021年1月28日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルスの患者の自宅療養が増える中、容体が急変し、死亡するケースが次々と判明している。大阪府枚方市では昨年12月、陽性と判定され自宅療養していた主婦の女性(62)と母親(90)が数時間のうちに相次いで死亡していたことが、関係者への取材でわかった。いずれも軽症と診断され、当日朝も大きな変化はなかったという。 関係者や親族によると、女性は市内の戸建て住宅で母親と夫(66)、息子(38)の4...

続きを読む

新型コロナ 自宅療養中の死亡相次ぐ 救急車の要請ためらう人も(2021年1月25日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスに感染し自宅で療養する人の中には症状が悪化しても救急車の要請などをためらう人が出ています。自宅療養中に亡くなるケースも相次いでいて、専門家は「決して我慢せず、早めに連絡してほしい」と呼びかけています。関西に住む50代の男性は今月8日、高い熱が出たため新型コロナウイルスの感染を疑いPCR検査を受けたところ、陽性と判明しました。男性は入院を希望しましたが、保健所からは、「受け入れられる病院...

続きを読む

PCR検査待ちの2人それぞれ自宅で死亡 後に陽性判明(2021年1月24日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 神奈川県と千葉県で新型コロナウイルスのPCR検査を待っていた男性と女性が自宅で死亡していたことが分かりました。2人とも死亡した後に陽性と判定されました。 神奈川県横須賀市によりますと、市内の60代の女性は19日に家族の感染が確認されたため、20日にPCR検査を受ける予定でした。検査当日の朝、女性が自宅で死亡しているのが見つかり、その後の検査で女性の感染が確認されました。 千葉県ではPCR検査の結果を待っていた九...

続きを読む

死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く(2021年1月23日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスによる国内の死者は23日、全国で新たに83人確認されて5077人となった。「第3波」が深刻化した2020年12月以降の死者は計2912人で、全体の6割近くを占めている。重症者の増加傾向は続いており、死者のペースは今後さらに加速する可能性がある。 毎日新聞の集計では、死者が1000人に達するまでは158日間、1000人から2000人までは125日間かかったが、3000人に到達するまでは30日間、4000人は18日間と短くなり、40...

続きを読む

コロナ軽症からの突然死 ウイルスが呼吸中枢に影響与える可能性(2021年1月21日配信『NEWSポストセブン』)

新型コロナウイルスが呼吸中枢の働きを妨げるとどんな影響が?(イメージ) もし新型コロナウイルスに感染しても「無症状」「軽症」で済むなら不幸中の幸いと考えている人がいるかもしれない。しかし、軽症者の症状が急変するケースもある。指先に着けた、一回り大きい指のような形の血中酸素濃度測定器・パルスオキシメーター 記憶に新しいのが、昨年12月27日の羽田雄一郎参院議員(享年53)の死去だ。数日前から発熱や倦怠感と...

続きを読む

無症状でも容体急変、「自宅で死亡」16人…全国で3万230人が療養中(2021年1月21日配信『読売新聞』)

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中に症状が悪化して亡くなった人が昨年12月以降、8都府県で計16人に上ることが読売新聞のまとめでわかった。病床の逼迫(ひっぱく)で受け入れ先の調整が難航しているほか、軽症者の容体が急変するケースもあった。1都3県への緊急事態宣言発令から21日で2週間。厚生労働省によると自宅療養者は13日時点で3万230人で、療養体制の強化が急務となっている。 死亡した16人を...

続きを読む

【国内感染】新型コロナ 104人死亡 5321人感染確認(19日23:45)(2021年1月19日配信『NHKニュース』)

19日は、これまでに全国で5321人の感染が発表されています。また、東京都で16人、大阪府で13人、埼玉県で10人、神奈川県で8人、福岡県で8人、千葉県で7人、愛知県で7人、北海道で6人、兵庫県で4人、岐阜県で4人、栃木県で4人、京都府で2人、宮崎県で2人、新潟県で2人、長野県で2人、三重県で1人、奈良県で1人、岡山県で1人、愛媛県で1人、熊本県で1人、石川県で1人、福島県で1人、長崎県で1人、香川県で1人の合わせて104人の死亡の...

続きを読む

<新型コロナ>「自宅で次々死ぬのか…」 神奈川県担当者「そうなるかも」と危機感 (2021年1月19日配信『東京新聞』)

会見する黒岩祐治知事と阿南英明氏(2020年3月) 神奈川県感染症対策協議会では、自宅療養者に自己管理を求める体制に移行する方針を県が示したことに、出席した医療関係者からは、状態が悪化する前に入院させるべきだとの意見が出た。しかし、県側は「本当に病床がない」と理解を求めた。 「重症で病院に運ばれてくる自宅療養者が出てきている」。県立循環器呼吸器病センターの小倉高志副院長は、既に療養者への支援が十分に届...

続きを読む

島根、続くコロナ「死者ゼロ」 感染者周辺の迅速検査がカギ(2021年1月16日配信『山陰中央新報』)

 全国で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、47都道府県で唯一、島根県で感染者の死亡ゼロが続いている。県や医療関係者は入院病床が現時点で十分に確保できており、重症化を未然に防止できているためではないかと推察する。福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生していないことや、濃厚接触者にとどめない幅広いPCR検査で市中感染を抑えている要因も大きいが、高齢者が多い土地柄だけに、地域一体で感染防止に...

続きを読む

自宅療養者の死亡相次ぐ 病床逼迫で入院調整難航の高齢者も(2021年1月14日配信『産経新聞』)

 新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、東京都で自宅療養者の死亡が相次いだ。保健所の入院調整で受け入れ先が見つからず、命を落としたケースもあり、病床逼迫(ひっぱく)で懸念されてきたことが現実になった。14日の都のモニタリング会議で専門家は感染状況について「爆発的な感染拡大を疑わせる水準となっている」と指摘。医療提供体制に関して通常の救急医療も含め危機的状況にあると警戒を強めた。 「呼吸苦があり、...

続きを読む

新型コロナ、国内の死者4000人超える 3000人からわずか18日間で(2021年1月9日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスによる国内の死者は9日、全国で新たに52人確認されて4028人となった。2000人から3000人に到達するまでは1カ月かかったが、そこから4000人まではわずか18日間だった。全国で感染が急拡大するなか、死者の増加ペースも加速している。 毎日新聞の集計では、最初の死者の確認から1000人までは158日間、1000人から2000人までは125日間を要したが、11月以降の「第3波」で感染が急拡大したのに合わせて死者が急増し...

続きを読む

小池の失政か コロナ重症者過去最高111人に舛添要一氏「ブレーキ踏むのが遅すぎた」(2021年1月5日配信『東京スポーツ』)

〝戦犯〟は菅なのか、小池なのか――。 義偉首相は5日午前の自民党役員会で、東京都と埼玉、千葉、神奈川3県を対象とする緊急事態宣言の発令を7日に決定する方針を表明した。 宣言発令は昨年4月に続いて2回目。期間は1か月程度を軸に調整している。 宣言は1回目と違い、限定的・集中的となる見込みで、接待を伴う飲食店など、夜の街が狙い撃ちにされる可能性が高い。 5日の都の新規感染者は1278人で昨年大みそかの1...

続きを読む

立憲・羽田雄一郎氏の死因はコロナ感染症 PCR検査直前、容体急変 現職議員で初の死者(2020年12月28日配信『毎日新聞』)

羽田雄一郎氏 27日に死去した立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長(53)=参院長野選挙区=の死因が、新型コロナウイルス感染症だったことが28日分かった。現職国会議員のコロナによる死者は初めて。 羽田氏の死去に伴う参院長野選挙区補選は、来年4月25日投開票で実施される見通し。 党関係者によると、羽田氏は2~3日前から発熱するなど体調を崩した。27日にPCR検査を受ける予定だったが、病院に向かう途中、容体が急変したとい...

続きを読む

年末年始“家でコロナ死”加速の恐怖 自宅療養者の仰天推移(2020年12月23日配信『日刊ゲンダイ』)

北海道は11月に方針転換(鈴木知事と札幌市の秋元市長) 新型コロナ第3波の勢いが止まらない。医療提供体制が逼迫し、多くの陽性患者は自宅療養を強いられている。自宅療養者数の推移を調べると、目を疑うような実態が浮かび上がった。  ◇  ◇  ◇ 広島市で感染が確認され、入院待ちしていた60代男性が15日、自宅で容体が急変し、死亡してしまった。医療ケアが行き届かない自宅で急死する新型コロナの怖さを改めて思い...

続きを読む

国内死者、3000人超 1カ月で1000人増―新型コロナ(2020年12月22日配信『時事通信』)

 国内では22日、新たに2657人の新型コロナウイルス感染者が確認された。死者は北海道で7人など全国で27人増え、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を含めた累計で3005人となった。国内の死者は11月22日に2000人を超えたばかりで、1カ月で1000人増えたことになる。 国内では2月13日、神奈川県の80代女性の死亡が初めて確認された。クルーズ船乗船者を含む累計死者数は5カ月後の7月...

続きを読む

全国の重症者583人に 過去最多を更新(2020年12月13日配信『NHKニュース』)

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認された人で、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は、13日時点で583人と過去最多を更新しました。これまでで最も多かった12日の578人をさらに5人上回っています。一方、症状が改善して退院した人などは、国内で感染した人が14万9286人、クルーズ船の乗客・乗員が659人の合わせて14万9945人となりました。また、今月10日には速報値で1日に3万8159...

続きを読む

「勝負の3週間」途中経過を検証 重傷者・死者は悪化度2倍(2020年12月10日配信『日刊ゲンダイ』)

呼び掛けから2週間(西村経済再生相) 新型コロナ第3波の勢いが止まらない。9日の感染者は2800人を超え、過去最多を更新した。11月25日に西村経済再生相が「緊急事態宣言」をチラつかせながら、「勝負の3週間」と呼び掛けてから2週間。日刊ゲンダイは途中経過を徹底検証。この2週間で事態は一層、深刻になっていることが分かった。  ◇  ◇  ◇ 別表は呼び掛け前(11月11~24日)と、呼び掛け後(11月2...

続きを読む

年末に向けコロナ死者3倍速で急増予測 重症治療が崩壊危機(2020年12月7日配信『日刊ゲンダイ』)

死者急増にどう対応する?(西村経済再生相と新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長=右)/(C)共同通信社 新型コロナウイルス第3波の勢いが止まらない。感染者や重症者が過去最悪の水準で推移し、ここへ来て死者数も急増している。4日までの1週間の死者数は初めて200人を超えた。重症化リスクの高い高齢者の感染が増え、死者数を押し上げている。 ◇  ◇  ◇ 1週間で死者200人は驚く数字だ。先月は死者...

続きを読む

重症者と死者増加「医療提供体制に重大な影響生じる恐れ」 専門家組織が警鐘(2020年12月3日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長・脇田隆字国立感染症研究所長)は3日、全国の感染状況について「新規感染者数は過去最多の水準が続いており、引き続き最大限の警戒が必要」と危機感を示した。重症者と死亡者がそれぞれ増加しているとして「新規感染者の増加傾向が鈍化しても重症者の増加はしばらく続き、医療提供体制に重大な影響が生じる恐れがある」と警鐘を鳴...

続きを読む

「既に限界…今が対策のラストチャンス」 新型コロナでひっ迫する医療現場、重症者は最多の462人(2020年11月30日配信『東京新聞』)

 今月に入り、新型コロナウイルスの感染が急拡大し、重症者が過去最多を更新し続けている。厚生労働省によると、29日の全国の重症者は前日から22人増え、462人となった。医療現場は予想を超える速度で逼迫しており、医師からは「既に限界。人の動きを止めないと、救える命が救えなくなる」と痛切な叫びが聞こえる。(原田遼)新型コロナウイルス感染症患者を治療する医師ら=東京都文京区の東京医科歯科大病院で(同病院提...

続きを読む

重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念(2020年11月28日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルス感染症の重症者数は今月10日以降増え続け、28日発表時点で過去最多の440人になった。新型コロナウイルス患者向けの病床使用率も、この1週間に40都道府県で上昇し、全国的な感染拡大に歯止めがかからない状況が続く。今後、病床を効率的に運用する体制づくりが求められそうだ。 厚生労働省は自治体から報告された前日までのデータをまとめている。それによると、2週間前の13日時点での重症者は234人で、「第2...

続きを読む

死者「第2波」越え、重症者は4日連続更新 新型コロナ「個々の努力に頼るステージは過ぎた」(2020年11月28日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルス感染症による死者が増加傾向にある。「第2波」ピーク時を超え、共同通信によると27日の死者は31人となり、5月2日と並び最多となった。また、27日の東京都の新規感染者は570人で過去最多を更新。重症者も61人で、緊急事態宣言解除後の最多を4日連続で更新した。(小坂井文彦、原昌志)◆専門家は強い危機感 厚生労働省によると、11月の全国の死者は1~26日で計285人。半年ぶりに多い水...

続きを読む

新型コロナ重症者数 24日全国で345人 過去最多に(2020年11月24日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、国内の重症者が今月に入って2倍以上に増加しています。厚生労働省によりますと、人工呼吸器や集中治療室などで治療を受けるなどしている重症者は23日の発表の時点で全国で331人と第一波の4月30日時点の328人を超えて過去最多となりました。24日もさらに多くなって345人となりました。...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ