FC2ブログ

記事一覧

視覚障害者の地下鉄駅利用を支援(2021年1月28日配信『NHKニュース』)

視覚障害者に安全に駅を利用してもらおうと、東京メトロが新たなシステムを導入しました。駅構内の点字ブロックに貼られたQRコードをスマートフォンで読み取ると、ホームまでの順路などを音声で案内するシステムで、27日から運用が始まりました。このシステムは東京メトロが初めて導入し、千代田線、有楽町線、副都心線の合わせて5つの駅で27日から運用が始まりました。このうち副都心線の西早稲田駅では、視覚障害者の女性...

続きを読む

(論)ホーム転落事故に関する論説(2020年12月6日) 

ホーム転落事故 後絶たぬ原因の分析必要(2020年12月6日配信『毎日新聞』-「社説」) またも痛ましいホーム転落事故が起きた。視覚に障害のある60代の男性が東京メトロ東西線の東陽町駅で線路に転落し、電車にはねられて亡くなった。 ホームドア工事は終わっていたが、来年2月の稼働に向けた調整のためにドアは開いたままだった。駅員は、改札を通る男性が持つ白杖(はくじょう)が見えなかったという。 駅には工事...

続きを読む

ホーム転落事故 危険箇所を見逃していないか(2020年8月8日配信『読売新聞』-「社説」)

 目の不自由な人が駅のホームから線路に転落する事故が後を絶たない。国や鉄道事業者は早期に防止策を講じ、再発を食い止めねばならない。 東京都杉並区のJR阿佐ヶ谷駅で7月、視覚障害者の男性がホームから転落し、死亡した。男性は自力でホームにはい上がろうとした。近くの人が助けようと駆けつけたが、間に合わなかった。痛ましい事故というほかない。 転落事故は年間3000件前後起きている。視覚障害者の事故は近年6...

続きを読む

視覚障害男性 電車にはねられ死亡 ブラインドサッカー元代表(2019年10月4日配信『東京新聞』)

 2日午後7時15分ごろ、東京都新宿区のJR新宿駅で、視覚障害がある会社役員石井宏幸さん(47)=豊島区巣鴨一=が、山手線外回り電車にはねられ死亡した。警視庁新宿署などによると、石井さんは視覚障害者と健常者の共生を目指すイベント企画会社の代表で、ホーム転落事故を防ぐ活動にも取り組んでいた。 署によると、石井さんはホーム最前列に立ち、電車が入ってくる前に自ら線路に降り、横たわったように見えたと複数の...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ