FC2ブログ

記事一覧

コロナ感染予防の五七五(2021年3月28日配信『中国新聞』-「天風録」)

 川柳もあれば、標語もある。新型コロナ禍をしのぐ感染予防の豆知識を五七五にまとめ、熊本市が配信している。1日に1句ずつ、公式ツイッターなどでお披露目する▲〈飲み会は記憶があるうちお開きで〉〈大皿で食事もコロナもシェアしちゃう〉。思い当たる人は度を過ごさぬよう、周りはそれ以上にご用心あれ。休憩時間も油断ならない。〈昼休み気づけばうっかりノーマスク〉▲連日連夜、感染者への聞き取り調査に当たっている保健師...

続きを読む

飲食だけ強調し過ぎ、買い物カゴからだって感染する(2021年1月31日配信『MBSニュース』)

(作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)*写真はイメージ© JBpress 提供 *写真はイメージ 新型コロナウイルス対策の特別措置法と感染症法が改正される。 1月22日に閣議決定した感染症法の改正案では、新たに刑事罰を設け、入院を拒否した感染者には「1年以下の懲役か100万円以下の罰金」、保健所の調査を拒否したり虚偽の申告をしたりした場合は「50万円以下の罰金」としていた。 ところが28日の与野党の修正協議で、前者を「5...

続きを読む

尾身会長「20代~50代の皆さまへ…日本を救う立役者に」ネットで拡散希望(2021年1月21日配信『東京新聞』)

コロナ専門家有志の会のページ 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、専門家の一人として若い世代に感染防止の協力を呼び掛けるメッセージをウェブサービス「note」で公開した。「日本の危機を救う立役者になってください」と呼び掛けた。 1月7日に緊急事態宣言が発令された後も首都圏を中心に感染者数の高止まりが続き、感染者の内訳では若い世代が多数を占める。東京や神奈川、千葉では医療機関がひっ迫...

続きを読む

医療・検査・補償

感染抑止の積極的方策を志位委員長 政府に要求 日本共産党の志位和夫委員長は14日、国会内で記者会見し、菅義偉首相が緊急事態宣言の対象地域を拡大した13日の記者会見で「飲食店の営業時間短縮」や「不要不急の外出の自粛」など「四つの対策」を要請したことについて、「これらのすべてが国民に対する要請ばかりだ。国民に要請するだけで、政府としての感染抑止の積極的な方策が何一つない。ここに本質的な問題がある」と述...

続きを読む

外出激減で話さない… 口の体操で予防する「オーラルフレイル」(2021年1月3日配信『毎日新聞』)

 新型コロナウイルスとの共生・共存によって、私たちのライフスタイルに大きな変化が起きている。口の周りの筋力で表情豊かに 「食べる」「話す」は日常生活を送るうえでの基本的な動作だ。しかし、外出の機会が減ると人との会話も少なくなる。口を動かす機会の減少につながり、高齢者を中心に、口の周囲の筋肉の衰えが心身の老化につながる「オーラルフレイル」が懸念される。 日本歯科医師会の調査によると、常にマスクをして...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ