FC2ブログ

記事一覧

2回目の緊急事態宣言、通勤客は微減 テレワーク率減り効果薄く(2021年3月21日配信『毎日新聞』)」

写真はイメージ=ゲッティ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け2回目の緊急事態宣言が発令された1~3月の平日朝に首都圏で鉄道を利用した人数の平均は、宣言が解除されていた2020年5月以降の7カ月間に比べて微減にとどまることが国土交通省のまとめで明らかになった。利用者が激減した1回目の宣言時とは異なり、効果は限定的で、専門家は「緊急事態宣言慣れ」が背景にあると分析する。 2回目の宣言で最後の平日となった19日朝、...

続きを読む

(論)緊急時多宣言再延長(2021年3月5・6・7・8・9・1・12・16日)

「花疲れ」(2021年3月16日配信『産経新聞』ー「産経抄」) 「花疲れ」という言葉がある。花見に出かけて、人混みに酔ってしまう。あるいは花見酒を飲みすぎる。あれやこれやで、くたびれはてた状態をいう。 ▼昭和の俳人、鈴木真砂女(まさじょ)に「坐(すわ)りたるまゝ帯とくや花疲れ」の句があるように、春の季語である。各地から桜開花の便りが届く、花見の季節が今年もやってきた。ただ、新型コロナウイルス感染拡...

続きを読む

1都3県の緊急事態宣言めぐり与野党が議論 日曜討論(2021年3月14日配信『NHKニュース』)

首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言について、NHKの「日曜討論」で、与党側が、医療提供体制や専門家の意見を踏まえて解除の是非を判断すべきだと主張したのに対し、野党側からは、感染が再び拡大するのを避けるため、対策の徹底を求める意見が相次ぎました。▽自民党の世耕参議院幹事長は「新規陽性者数は8割減り、ここまでの政府の対応は評価していいのではないか。緊急事態宣言の解除は、専門家の意見を重視して決めるこ...

続きを読む

浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々(2021年3月8日配信『日刊ゲンダイ』)

2週間延長の効果は疑問(8日、首都圏1都3県の緊急事態宣言再延長について記者会見する菅首相。右は新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身会長)/(C)JMPA 3月21日まで延長された首都圏1都3県の緊急事態宣言。2週間だけの延長では大きな効果は期待できず「再々延長」もささやかれる。実際、足元の感染状況は、減少ペースの鈍化から上昇傾向に転じ、感染力の強い変異株も各地で確認が相次ぐ。首都圏に絞った緊急宣言だ...

続きを読む

宣言再延長(2021年3月7日配信『しんぶん赤旗』)

首相 「検査拡充」いうなら 徹底した抑え込み戦略を 菅義偉首相は5日夜の記者会見で、首都圏4都県での緊急事態宣言の再延長にあたり、なぜ「再延長」なのか、なぜ「2週間」なのかという基本的疑問に答えない一方、延長の理由として「リバウンド(再拡大)を防ぐ」と言及。3月末までに3万カ所の高齢者施設で検査を行い、市中感染探知のため無症状者のモニタリング検査を大都市で実施するとしました。 2月2日に10都県で...

続きを読む

緊急事態宣言の延長は「全くの愚策」京大・宮沢孝幸准教授が感染傾向を指摘「3月に下がる」(2021年3月6日配信『中日スポーツ』)

宮沢孝幸准教授 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の宮沢孝幸准教授(56)が6日、読売テレビの情報番組「あさパラ!」に出演し、1都3県の緊急事態宣言の2週間延長について、「申し訳ですけれど、全くの愚策と思っています」と嘆いた。菅義偉首相は5日の会見で、21日までの宣言延長を発表したが、宮沢准教授は「(新規感染者は)下げ止まりで、これ以上、下がらないですね。もっと強力なロックダウン、外に完璧に出ないというこ...

続きを読む

宣言再延長「1か月では心が折れる」…野党は「2週間の根拠不明」(2021年3月6日配信『読売新聞』)

緊急事態宣言の再延長についての質疑と西村経済再生相の説明が行われた衆院議院運営委員会(5日午後、国会で)=源幸正倫撮影 政府が緊急事態宣言の再延長期間を「2週間」と設定したことについて、野党は「根拠不明」と批判している。5日の衆参両院の議院運営委員会では2週間とした理由を問う声や、感染抑制の状況を見極めるには短いのではないかとの指摘が上がった。 「2週間の根拠は何か」 トップバッターとして質問した...

続きを読む

見えぬ全面解除 2週間「根拠なし」 菅首相、続く苦境・緊急宣言〔深層探訪〕(2021年3月6日配信『時事通信』)

首都圏4都県の緊急事態宣言の再延長を決め、記者会見で頭を下げる菅義偉首相=5日夜、首相官邸 菅義偉首相は、東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県に発令している緊急事態宣言の再延長に踏み切った。ただ、新型コロナウイルス感染の状況は一進一退を繰り返しており、2週間での全面解除は見通せない。「第4波」への懸念も漏れる中、再々延長となれば出口がさらに不透明になるのは必至で、首相の苦境は続きそうだ。 ◇延長に急旋回 ...

続きを読む

菅氏「自らの決断」アピールしたいだけ? 期間も解除基準もあいまいのままの緊急事態宣言延長(2021年3月6日配信『東京新聞』)

 東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県を対象とした新型コロナウイルス緊急事態宣言の再延長が5日、正式に決まった。菅義偉首相はコロナ対応への「後手」批判を意識し、自らの決断を前面に押し出した。だが「1カ月後に必ず改善させる」と断言した発令時から、既に2カ月。解除の基準や、なぜ2週間延長なのかの明確な説明がないまま、国民はさらなる我慢を強いられる。 (上野実輝彦)◆知事らに先んじたくて 首相は5日...

続きを読む

【瀬戸際の2週間】期限延長で感染再拡大のリバウンド防げるか(2021年3月5日配信『NHKニュース』)」

首都圏の1都3県に出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、菅総理大臣は5日夜、今月7日の期限を2週間延長し、21日までとすることを政府の対策本部で表明しました。2度目の緊急事態宣言がことし1月に発出されてから、感染者数は減少傾向にありましたが、このところ減少スピードの鈍化が続いています。宣言の期限延長で「感染者数が再び増加するというリバウンドを起こさない体制の強化」ができるのか。政府関係者は...

続きを読む

緊急事態宣言 1都3県に2週間延長決定 菅首相会見(2021年3月5日配信『NHKニュース』)

菅総理大臣は、記者会見で「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県において緊急事態宣言を2週間延長し、3月21日までにすることを決定した。宣言を発出した1月以降、大きな効果が目に見えて現れていて、全国の新規感染者は8割以上減少した」と述べました。「東京の感染者500人下回る日続く 皆様の踏ん張りの結果」「東京では、解除の目安としていた1日あたりの新規感染者数が500人を下回る日が続き、...

続きを読む

菅首相「緊急事態宣言」再延長を謝罪…“口だけ”より補償を(2021年3月5日配信『日刊ゲンダイ』)

国民が望むものは謝罪ではない 政府は5日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・菅義偉首相)の会合を首相官邸で開き、東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言を21日まで2週間延ばすことを決めた。「国民や事業者の(これまでの)協力にもかかわらず、延長に至ったことは率直に申し訳ない」 この日の参院予算委で、菅首相は宣言を解除できなかったことを謝罪し、感染収束に「全力で取り組む...

続きを読む

1都3県の緊急事態宣言、政府が2週間の再延長を正式決定…21日まで(2021年3月5日配信『読売新聞』)

 政府は5日、新型コロナウイルス対策として東京、埼玉、千葉、神奈川の首都圏4都県に発令している緊急事態宣言の再延長を正式決定した。7日までの期限を21日まで2週間延ばす。菅首相は5日の参院予算委員会で「リバウンド(感染再拡大)を何としても防ぐという思いで全力を挙げて取り組みたい」と決意を語った。 首相は5日夜、首相官邸で開かれた政府対策本部で再延長を表明した。緊急事態宣言は1月7日に発令され、2月...

続きを読む

竹下亘氏、島根知事の意見に「黙って受け流せば良い」 宣言1カ月延長主張に不快感示す(2021年3月5日配信『中国新聞』)

竹下氏(右)に陳情書を手渡す丸山知事=2月25日議員会館 自民党竹下派の竹下亘会長(島根2区)は4日、首都圏4都県の新型コロナウイルス緊急事態宣言を1カ月再延長するべきだとの考えを示した島根県の丸山達也知事に不快感をあらわにした。知事が意見する案件ではないとの見方を示した上で、「発言は聞いていないが、黙って受け流しておけば良いんじゃないか」と述べた。 党本部であった派閥会合後、報道陣に答えた。竹下...

続きを読む

1都3県の緊急事態宣言、2週間延長を決定へ…首相「国民に協力頂ければ収束に向かう」(2021年3月4日配信『読売新聞』)

 政府は5日、新型コロナウイルス対策として東京都と埼玉、千葉、神奈川3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。7日までの期限を21日まで2週間延ばす方向だ。対策を続けて感染再拡大の可能性をさらに低減させ、宣言の解除に臨む。 菅首相は4日の参院予算委員会で、「感染症を抑え込むために大変重要な局面にある」と述べ、再延長の必要性を強調した。「2週間程度、国民に協力を頂ければ、収束に向かうことが出...

続きを読む

宣言延長2週間で結果出せるか 専門家「都市封鎖しかない」の声も(2021年3月4日配信『毎日新聞』)

新型コロナウイルス感染症対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合後、記者会見で感染状況を説明する座長の脇田隆字・国立感染症研究所長(右)=東京都千代田区で2021年3月3日午後8時32分、矢澤秀範撮影 菅義偉首相が3日に首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)に発令中の緊急事態宣言を2週間延長すると表明したちょうど同じ時刻に、厚生労働省の専門家による助言組織「アドバイザリーボード...

続きを読む

菅首相の緊急事態再延長の根拠なのに…「病床逼迫の定義ない」と加藤官房長官(2021年3月4日配信『東京新聞』)

加藤勝信官房長官 加藤勝信官房長官は4日の記者会見で、菅義偉首相が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を1都4県で2週間程度再延長する理由に「病床の逼迫(ひっぱく)」を挙げたことを巡り「『逼迫』の定義はない」と説明した。 加藤氏は「病床の逼迫」について「病床使用率が高いところを指す」と指摘。「地域によっては、ステージ3(感染急増)とステージ4(感染爆発)の間の数値ぎりぎりという状況もある」として、病床...

続きを読む

菅首相、宣言延長へ「先手」演出 都知事の動き受け軌道修正(2021年3月4日配信『時事通信』)

首都圏1都3県の緊急事態宣言について、2週間程度延長する方針を表明する菅義偉首相=3日午後、首相官邸 菅義偉首相が首都圏1都3県を対象とする緊急事態宣言を2週間程度延長する方向性を打ち出した。 当初は期限の7日をもって全面解除する腹づもりだったが、小池百合子東京都知事らの延長要請の動きを受けて軌道修正を余儀なくされた。総務省幹部接待問題などで「後手」批判を浴びる中、かろうじて「先手」を演出した形だ。 ...

続きを読む

緊急事態2週間延長方針 専門家「より厳しい対策を」 感染再拡大を懸念(2021年3月3日配信『毎日新聞』)

国立感染症研究所の脇田隆字所長=吉田航太撮影 新型コロナウイルスの感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード(AB)」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)は3日、緊急事態宣言の期限が迫る東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県について「新規感染者数の減少傾向は続いているが、減少スピードが鈍化している」と分析し、リバウンド(感染の再拡大)への懸念が示された。会議中に菅義偉首相が宣言を2週間...

続きを読む

8分間に2回、首相「私自身が判断」…延長決断をアピール(2021年3月3日配信『読売新聞』)

記者の質問に答える菅首相(3日午後、首相官邸で)=鈴木毅彦撮影 菅首相は3日、緊急事態宣言の2週間程度の「再延長」に言及し、自らの政治決断を演出した。宣言解除に難色を示す東京都の小池百合子知事の機先を制する狙いもあるとみられる。 首相は約8分間にわたり、立ったまま記者団の質問に答える「ぶら下がり取材」に応じた。東京など4都県での延長に触れ、「最終的に私自身が判断したい」と2回、繰り返した。 「私自...

続きを読む

宣言延長の背景に新型コロナ変異株の脅威 リバウンド、第4波の懸念も(2021年3月3日配信『産経新聞』)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都圏1都3県に発令されている緊急事態宣言について、菅義偉首相が3日、期限の7日以降も継続する方針を表明した。政府や1都3県が解除に慎重な姿勢を示す背景には、感染力が強いとされる変異株の脅威がある。2月中旬ごろから全国的な広がりが鮮明になり、クラスター(感染者集団)の発生も相次いでいる。専門家らの間でも将来的に従来株を上回り、リバウンド(感染再拡大)や第4波を引...

続きを読む

山田真貴子隠し? 菅首相会見ドタキャンで“辻元節”炸裂「国家にとって損失ですよ」(2021年2月26日配信『東スポWeb』)

 菅義偉首相(72)の長男・正剛氏らから高額接待を受けた山田真貴子内閣広報官(60)をめぐり、野党が攻勢を強めている。 菅首相が山田氏の広報官続投を決めたことで、事態は泥沼化。こういう時こそ説明責任を果たしてもらいたいところなのに、菅首相は26日に予定されていた会見を中止した。 当初は緊急事態宣言を6府県で今月末で解除される見通しを発表するはずだったが、3月上旬にも首相会見が想定されているため「二...

続きを読む

「自粛疲れた」「金曜に帰りたくない」で行列も 午後7時以降に酒を出す居酒屋は満席状態(2021年2月8日配信『AERA.com』)

夜営業の店に客が集中?写真は1月7日午後6時過ぎの東京・中野駅付近の様子。写真はイメージ。 先週末の夜、首都圏のとある繁華街。午後7時以降の酒類提供を続ける居酒屋の入り口には、サラリーマンや若者らの列ができていた。店内は客でぎっしり埋まり、酔って声のボリュームが上がる人たちも。10都府県への緊急事態宣言が延長された中、人々の自粛疲れが垣間見える。*  *  * 5日金曜の午後7時半。千葉県の北西部にある繁...

続きを読む

(論)緊急事態宣言の延長(2021年2月3・4・5日)

緊急宣言延長 確実な収束につなげねば(2021年2月5日配信『新潟日報』-「社説」) 新型コロナウイルスの感染拡大を、何としても収束に向かわせなくてはならない。 菅義偉首相は、約束を果たせずに国民に重ねて負担を強いる事態になったことを重く受け止め、毅然(きぜん)とした覚悟を持って指導力を発揮してもらいたい。 首相は、7日が期限となっていた新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を、発令中の...

続きを読む

緊急事態宣言、10都府県で延長 時短はステージ2まで(2021年2月3日配信『日本経済新聞』)

記者会見する菅首相(2日、首相官邸)政府は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発令していた緊急事態宣言の延長を決めた。栃木県を除く10都府県は3月7日まで1カ月延ばす。午後8時までの飲食店の時短営業の要請などこれまでの対策は続け、新たに日中も不要不急の外出は自粛するよう求めた。宣言を延長するのは東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、大阪、京都、兵庫、福岡の10都府県。多くは病床の逼迫度などが4段階の感...

続きを読む

緊急事態延長出口へ道険し 重症者向け病床は0.4%減(2021年2月2日配信『日本経済新聞』)

 「大阪コロナ重症センター」で行われた医療研修=2020年12月、大阪市新型コロナウイルスを巡り、栃木県を除く緊急事態宣言の1カ月延長が決まった。新規感染が減る一方、重症者向けを含めて病床確保は進まず、病床使用率も高止まりが続く。解除の目安となる「ステージ3」を目指すには、重症者に対応できる病床を確保しながら、不要不急の外出を避けるなど感染抑制の取り組みを徹底する必要がある。ワクチンの準備も急務だ。緊急事...

続きを読む

菅首相会見 ワクチン接種開始 今月中旬目指す考え 目標前倒し(2021年2月2日配信『NHKニュース』)

菅総理大臣は、2日夜、総理大臣官邸で記者会見し、新型コロナウイルスのワクチン接種の開始時期について「できるかぎり今月下旬」としてきた目標を前倒しして、今月中旬を目指す考えを明らかにしました。「10の都府県 来月7日まで1か月延長することを決定した」菅総理大臣は記者会見で「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、緊急事態宣言について栃木県は今月7日で解除することとし、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛...

続きを読む

首相会見「予定の時間だから」49分で打ち切り 本紙7回連続で指名されず 緊急事態宣言の延長(2021年2月2日配信『東京新聞』)

10都府県の緊急事態宣言の延長を決め、記者会見する菅首相=首相官邸 菅首相は2日、首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の期限を東京など10都府県で延長する理由を説明した。 首相が「1か月後には、必ず事態を改善させる」と緊急事態宣言を発出した時の約束を裏切る形になり、質問を求める記者の手が上がっていたが「予定した時間」を理由に会見を49分で打ち切った。 首相の会見...

続きを読む

「正直うんざり」緊急事態宣言延長で飲食店から悲痛な声 福岡(2021年2月2日配信『毎日新聞』)

入り口に「20時以降も営業中!」の張り紙を掲げる居酒屋=福岡市中央区で2021年2月2日午後7時37分、徳野仁子撮影 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が福岡県を含む10都府県で延長されることになり、飲食店からは悲痛な声が上がっている。営業時間の短縮要請が続く一方で、要請に応じず命令にも従わない店舗に過料を科す特措法改正案も衆院を通過した。この先も要請に応じるのか応じないのか。揺れ動く飲食店の声...

続きを読む

緊急事態宣言、10都府県で1か月延長…解除水準「東京で1日500人下回れば」(2021年2月2日配信『』読売新聞)

 菅首相は2日、新型コロナウイルス対策で11都府県に7日まで発令中の緊急事態宣言について、栃木県を除く10都府県で3月7日まで1か月延長すると表明した。首相は記者会見で「何としても感染の減少傾向を確かなものにしなければならない」と強調した。感染状況の改善が十分だと判断した場合は、期限を前倒しして解除する方針も示した。緊急事態宣言の延長などについて表明後、記者会見する菅首相(奥中央、同右は分科会の尾...

続きを読む

緊急事態延長で「二番底」不可避 時短継続、民間悲鳴(2021年2月2日配信『産経新聞』)

緊急事態延長で「二番底」不可避 時短継続、民間悲鳴© 産経新聞社 緊急事態延長で「二番底」不可避 時短継続、民間悲鳴 政府が2日、緊急事態宣言の延長を決定し、営業時間短縮の継続を求められる飲食店などから落胆の声が上がった。自粛生活の長期化が消費や雇用に打撃を与え、1~3月期の実質国内総生産(GDP)は10%を超える大幅なマイナス成長になるとの見立ても出ている。持ち直しかけた日本経済が「二番底」に落ち...

続きを読む

緊急事態宣言延長、和歌山知事は歓迎 感染状況「本質的に変わっていない」(2021年2月2日配信『毎日新聞』)

10都府県への緊急事態宣言の延長を歓迎する仁坂吉伸知事=県庁で2021年2月2日午前9時29分、木原真希撮影 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が10都府県の緊急事態宣言を延長する方針であることを受け、和歌山県の仁坂吉伸知事は2日、「感染者は少し減ってきた感じもあるが、本質的にあまり変わっていない。当然延長すべきだ」と歓迎した。また、県民に対して10都府県との不要不急の往来を控えるよう改めて要請した。 同日午前...

続きを読む

「仕方ない」だけど…緊急事態宣言延長に漏れたため息 解除の栃木では「県民の努力の結果」(2021年2月2日配信『東京新聞』)

 「仕方ない」「客足さらに遠のく」。緊急事態宣言の延長が決まった首都圏の1都3県では2日、逼迫する医療体制を念頭に理解を示す声と、営業時間の短縮がさらに1カ月続くことへの飲食店主の嘆きが入り交じった。宣言解除が決まった栃木県では「県民の努力の結果」と評価する声も聞かれた。 横浜市有数の繁華街・野毛地区。1月の緊急事態宣言発令を受け、対象都県が求める午後8時までの時短営業や休業に多くの店が踏み切った...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ