FC2ブログ

記事一覧

政府が蔓延防止措置を東京に適用へ 9日にも決定 沖縄、京都など同時適用も(2021年4月8日配信『日本経済新聞』)

記者団の取材に応じる菅義偉首相=7日午後、首相官邸(春名中撮影) 政府は、東京都に新型コロナウイルス特別措置法に基づく「蔓延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。小池百合子都知事が7日、感染状況の悪化を受け「国への要請の準備に入る段階にあると考えている」と表明。政府は都から正式な要請があり次第、対応する構えで、9日にも対策本部を開いて適用を決める。沖縄、京都など感染が拡大している他の府県への適用...

続きを読む

会食問題でドコモのNTTコム子会社化に待った 21社が総務省に意見書を提出(2021年4月5日配信『ITmedia』)

 ソフトバンクやKDDIなど電気通信事業を行う21社が4月5日、NTT持株のNTTドコモ完全子会社化が与える影響を中心に議論する「公正競争確保の在り方に関する検討会議」の報告書(案)に対して、連名意見書を総務省に提出した。連名意見書の内容 NTT持株は2020年9月29日付でNTTドコモの株式公開買い付けを行ったが、ドコモの完全民営化に逆行し、NTTの一体化につながるとして、他の電気通信事業者が連名で総務大臣に意見書を提出。こ...

続きを読む

(論)総務省接待 (2021年2月5・6・7・8・9・10・13・14・・17・18・19・20・21・22・23・24・25・26・27・28・3月2・3・4・5・6・7・8・9・10・12・13・14・15・16・17・18・19・20・21・2・25・27日・4月3日)

地方自治体の職員が食糧費を使って中央官僚…(2021年4月3日配信『河北新報』-「河北春秋」) 地方自治体の職員が食糧費を使って中央官僚らをもてなす。「官官接待」が全国で問題になったのは四半世紀前。宮城県庁では食糧費を使った懇談会が実際には開かれていなかったり、カラ出張で裏金が作られたりしていた▼「あしき慣習」として県政史に汚点を残した。湯水のように使われた血税は利子分も含め約9億円。県は管理職全員...

続きを読む

総務省接待、真相究明されず 正剛氏招致は拒否、官僚処分のみ 21年度予算成立、幕引き図る政府・与党(2021年3月27日配信『東京新聞』)

 26日に成立した2021年度予算の審議では、総務省の政務三役や幹部職員らが利害関係者から繰り返し接待を受けていた問題を巡り、政官業の不適切な関係が浮き彫りになった。当事者の一部は国会に呼ばれたものの、「密室」のやりとりはほとんど明るみに出ず、真相究明にはほど遠い。総務省は同日、菅義偉首相の長男正剛せいごう氏が勤める放送事業会社「東北新社」側への処分を発表。政府・与党は幕引きを図る構えだが、行政が...

続きを読む

証人喚問すらなし デタラメ予算成立に国民の怒りと絶望

ロクなもんじゃない 一般会計の総額が2020年度当初予算と比べて3・8%増の106兆6097億円となる21年度予算案が、26日の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。 予算案は9年連続で過去最大を更新。新型コロナウイルスの感染拡大に備え、予備費として5兆円を計上したほか、菅義偉首相が政権の看板政策として掲げる「デジタル庁」設置に関する経費、温室効果ガス排出量の「50年実質ゼロ」...

続きを読む

東北新社 子会社の衛星放送事業 認定取消 事実と異なる申請(2021年3月26日配信『NHKニュース』)

衛星放送関連会社「東北新社」が、4年前、放送法の外資規制に違反した状態だったにもかかわらず、事実と異なる申請を行って衛星放送事業の認定を受けていた問題で、武田総務大臣は、現在、子会社の「東北新社メディアサービス」が継承しているBS4K放送「ザ・シネマ4K」の認定を5月1日付けで取り消す処分を行ったと発表しました。衛星放送事業の認定の取り消しは、2007年に長期間にわたって放送ができなくなった事業者に対して行っ...

続きを読む

菅人脈また接待漬け!“官邸のスパイ”次官が利害関係者から(2021年3月23日配信『日刊ゲンダイ』)

藤原誠文科次官のあだ名は「官邸のスパイ」 ヨレヨレの菅政権にダメ押しとなるか。農水省の鶏卵汚職、総務省の違法接待問題に続き、文科省でも接待攻勢によって行政が歪められた疑惑が浮上。22日の「しんぶん赤旗」がスッパ抜いた。疑いの目を向けられているのは、安倍政権末期に文科副大臣を務めた自民党の亀岡偉民復興副大臣、それに藤原誠文科次官だ。官邸に大打撃となる可能性がある。■2015年から19年末にかけて会食14回 赤...

続きを読む

総務省幹部接待、73%が首相説明は不十分(2021年3月21日配信『共同通信』)

 共同通信の世論調査によると、総務省幹部が菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社やNTTから接待を受けていたことについて、首相の説明は「十分ではないと思う」が73.9%だった。...

続きを読む

山田真貴子前内閣広報官「飲み会を絶対断らない女」誕生の瞬間(2021年3月20日配信『NEWSポストセブン』)

「飲み会を絶対断らない女」と自ら名乗った山田真貴子氏(時事通信フォト) 菅義偉首相の長男接待問題で辞任した山田真貴子・前内閣広報官。自ら名乗った「飲み会を絶対断わらない女」というフレーズは話題を呼んだが、原点は都内屈指の進学校である東京学芸大附属高校時代にあったようだ。【写真】同窓会誌『泰山木』内にて、山田氏が寄稿したページの一部 山田氏の同級生である精神科医の香山リカ氏はこう話す。「クラスが一緒...

続きを読む

「“接待漬け”はごく一部だけ!」元官僚が語る、ブラックすぎる霞が関の実態(2021年3月20日配信『週刊女性PRIME』)

※写真はイメージです「非常に腹立たしい。ほとんどの官僚はあんなことしていないんです!」 そう語気を強めて訴えるのは、厚生労働省(以下、厚労省)に18年半勤めていた元官僚・千正康裕さん。“あんなこと”とは、一連の官僚幹部による国家公務員倫理法違反の接待問題のことだ。問題になっているのは接待に対してゆるい世代「発端は、菅首相の長男が勤める放送事業会社から総務省の幹部ら13人が接待を受けていたというもの」(政治...

続きを読む

「武田大臣が身を持って証明を」“歪み”はあったのか? 接待問題に揺れる総務省(2021年3月20日配信『ABEMA TIMES』)

接待問題に揺れる総務省 武田総務大臣が19日の国会でも厳しい追及を受けた。発端は16日、放送事業会社・東北新社の外資規制に関する国会質疑で行われた、総務省・鈴木信也電波部長の答弁だ。鈴木部長が答弁台へ歩き出すと、どこからか「記憶がない」とささやき声が聞こえた。【映像】蓮舫議員「珍答弁はやめて」➡ここをクリック この声を、野党側は「武田大臣の声だ」と指摘。鈴木部長に「記憶がないと言え」などと指示した疑い...

続きを読む

【参院予算委】小西洋之議員、東北新社外資規制違反における菅総理の政治責任を追及(2021年3月19日配信『立憲民主党』)

 参院予算委員会で19日、集中審議が行われ、参院会派「立憲民主・社民」から小西洋之議員が質問に立ちました。 東北新社の外資規制違反について、小西議員は総務省で11年間勤務し情報通信政策局放送政策課課長補佐を務めていた経験に基づき、これまでの東北新社中島社長と総務省の答弁を振り返り、東北新社は2017年8月に外資規制違反を正常化するため、同局の鈴木総務課長(当時)や山田局長(元内閣広報官)らに東北新社から子...

続きを読む

「記憶ないと言え」武田総務大臣が一部発言認める(2021年3月19日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 国会で答弁に向かう総務省の職員に「記憶がないと言え」と指示した疑いの武田総務大臣。一部発言を認め、「無意識で口に出た」などと述べています。 19日も釈明に追われていました。武田大臣は総務省職員の答弁を指図するつもりは、なかったそうです。 問題となったのは東北新社側から外資規制違反の報告をしたと名指しされた総務省の鈴木信也部長が武田大臣の前を通った際に出た発言。 この直後、「報告を受けた事実に関する...

続きを読む

総務相「記憶がないと言え」一部を認め謝罪(2021年3月19日配信『日本テレビ系(NNN)』)

衛星放送関連会社東北新社の外資規制違反をめぐる質疑で、武田総務相は答弁に向かう総務省幹部に「記憶がないと言え」と指示をしたかについて、発言の一部を認め謝罪しました。武田総務相は発言の一部は認めたものの、指示をしたことは否定し「誤解を与えることにつながったのであれば申しわけない」と謝罪しました。立憲民主党・蓮舫代表代行「3月16日の衆議院予算委員会、東北新社との面談を問われた電波部長へ『記憶がないと...

続きを読む

武田大臣にささやき疑惑…本人否定も映像に残る声は(2021年3月18日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 会食問題の渦中にある武田総務大臣にささやき疑惑が浮上です。“記憶がない”という音声を巡って今、波紋が広がっています。 「記憶がないと言え」と指示したのではないかという指摘に18日朝、「指示した記憶はございません」と否定した武田大臣。問題となったのは16日の「記憶はございません」。 東北新社の外資規制違反を巡る議論で答弁を求められた総務省の鈴木電波部長が答弁台へ歩き出したところで、どこからか「記憶がない...

続きを読む

「記憶にない」通用しません 接待問題、政府答弁に苦言―自民・中谷氏(2021年3月17日配信『時事通信』)

 自民党の中谷元・元防衛相は17日の旧谷垣グループの会合で、総務省接待問題をめぐる政府側の国会答弁について、「『記憶にございません』『国民の疑念を持たれないようにする』と言われても、ますます国民は疑念を持つ」と苦言を呈した。また、「正直に包み隠さずに(答弁)しておかなければ、国民の信頼は失われる」と強調した。 中谷氏は総務省政務3役経験者がNTT幹部と会食していたことに関しても、「『ただ飯』を食わ...

続きを読む

橋下徹氏「最悪の危機管理の典型例」 武田総務相のNTT社長との会食同席に言及(2021年3月18日配信『東スポWeb』)

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(51)が18日、ツイッターでNTT社長との会食を認めた武田総務相に言及した。 武田総務相は18日の衆院総務委員会で昨年11月にNTT澤田社長やJR東海の葛西名誉会長との会食に同席したことを認めた。武田総務相は総務省の接待問題に絡み、自身については「国民の疑念を抱くような会食に応じることはない」などと明言を避けていた。 これについて橋下氏は「初めからそう言って、あと...

続きを読む

なぜ会食接待事件は起きたか…東北新社「昭和の時代感覚」の根本原因(2021年3月18日配信『現代ビジネス』)

 「役人接待の社内ルールもなければ、外資規制をクリアするための資本政策もない。コンプライアンス(法令遵守)とガバナンス(統治)なき企業体質に国民は呆れたと思いますが、それが東北新社という会社。植村伴次郎商店のままであったことが、今回の事件の原因なんです」(東北新社関係者) 衆参両院で繰り広げられた中島信也・東北新社社長の参考人招致は、東北新社が洗練された巧みな供応接待で総務官僚を意に沿わせるというより、...

続きを読む

総務省接待事件:NTT社長の老獪答弁と東北新社社長が残した「火種」(2021年3月17日配信『ニューズウィーク日本版』)

<NTT社長と東北新社社長の国会参考人質疑でも総務省接待事件は鎮火しなかった。放送事業者の外資規制違反を巡る新たな問題が浮上。当事者の東北新社社長はこの疑惑にどう答えたのか>3月16日、武田良太総務相はNTTから接待を受けていた谷脇康彦前総務審議官を停職3カ月の懲戒処分とし、谷脇氏は同日付で辞職した。週刊文春が報じたNTTグループによる接待について、参考人として招致されたNTTの澤田純社長は「おおむね事実である」...

続きを読む

谷脇前総務審議官が定年直前 慌ててトンズラ辞職した理由(2021年3月17日配信『日刊ゲンダイ』)

退職金は支払い留保(突如辞任した谷脇康彦前総務審議官) 総務省の接待問題で、前総務審議官の谷脇康彦氏が16日、衆院予算委員会が始まる直前に突然、辞任した。 武田総務相は朝の閣議後会見で、谷脇氏を同日付で停職3カ月の懲戒処分にし、辞職願を受理したと説明したが、あまりに不自然だ。 総務審議官から更迭され、大臣官房付になった谷脇氏は、もともと今月末で定年退職を迎える予定だった。なぜ2週間が待てなかったのか...

続きを読む

総務省「記憶にございません」11連発 東北新社問題(2021年3月17日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 高額接待を巡り、東北新社が外資規制違反にあたる恐れがあると、当時の総務省総務課長に報告したとする問題で、16日も総務省は「記憶にない」を連発しました。 野党の質問に、繰り返し「記憶にございません」と答えたのは、総務省の鈴木信也電波部長です。その数、少なくとも11回に上りました。 立憲民主党の後藤祐一議員が「何度、この言葉で国民はだまされてきたんですか」と話すと、「政治家みたいなこと言うなぁ」と声が上...

続きを読む

総務省と東北新社 外資規制違反めぐり新たな食い違い 参予算委(2021年3月17日配信『NHKニュース』)

衛星放送関連会社「東北新社」の外資規制違反をめぐり、総務省は、参議院予算委員会で、東北新社が休暇中だったと説明した衛星放送の許認可を担当する課長は、当時、休暇を取っておらず、出勤していたと説明し新たな食い違いが明らかになりました。衛星放送関連会社「東北新社」の外資規制違反をめぐり、中島信也社長は、16日の衆議院予算委員会で、4年前、担当の管理職が、総務省の担当局の総務課長に面談して違反のおそれを伝え...

続きを読む

接待問題 “武田総務相自身の会食”ただす(2021年3月17日配信『日本テレビ系(NNN)』)

総務省幹部らがNTTや東北新社から接待を受けていた問題で、野党側は、武田総務大臣本人の会食の有無について、改めてただしました。野党側は「もし会食があったら大臣を辞職するか」と迫りましたが、武田大臣は、これまで通り、疑念を招く会食はないとして辞職については明言を避けました。立憲民主党・小西洋之議員「NTTとの会食について、答弁拒否を何十回としておりますけども、もし会食があったら、大臣を辞職することで...

続きを読む

NTT接待で元総務相の高市氏、野田氏らを刑事告発…検察のメスは入るのか?(2021年3月17日配信『東京新聞』) 

 NTTの澤田純社長らから接待を受けた総務省幹部や当時の総務相らが、贈収賄容疑で相次いで刑事告発されている。過去には利害関係者から接待を受けた官僚らが有罪になったこともある。今回の一連の問題が罪に問われるかどうかは、接待の目的や金額が焦点になってきそうだ。(小沢慧一、三宅千智)高市早苗元総務相らを刑事告発後、記者会見する市民団体の岩田薫共同代表(中)ら=東京都千代田区で 「なぜ総務省でズブズブの接...

続きを読む

「報告した」名指しされても「記憶ない」 総務省の当時課長、東北新社側の説明を繰り返し否定(2021年3月16日配信『東京新聞』)

 衆院予算委員会は16日、総務省幹部らへの一連の違法接待問題に関する質疑を行った。放送事業会社「東北新社」の衛星放送事業を巡り、放送法が定める外国資本規制違反の報告をしたと同社側が主張している総務省の鈴木信也電波部長は「報告を受けた記憶は全くない」と強調した。外資規制違反の報告を巡る東北新社と総務省の説明は、根幹部分で主張が対立している。(清水俊介、村上一樹) 参考人招致された東北新社の中島信也社...

続きを読む

NTT接待、政務三役経験者らを告発 市民団体(2021年3月16日配信『産経新聞』)

 総務省幹部らがNTT側から接待を受けていた問題で、市民団体「検察庁法改正に反対する会」は16日、高市早苗前総務相ら政務三役経験者や同省幹部ら計15人に対する収賄罪と、NTTグループ幹部ら7人の贈賄罪での告発状を東京地検特捜部に提出した。 告発状では、高市氏や野田聖子元総務相らが平成28年~令和2年、NTTグループ幹部らから約40回で計約150万円分の接待を受けたほか、同省の秋本芳徳・前情報流通行...

続きを読む

総務省幹部「記憶がございません」11連発国会大揺れ(2021年3月16日配信『日刊スポーツ』)

総務省幹部らによる違法接待問題は16日の衆院予算委員会でも与野党から追及が続いた。菅義偉首相の長男正剛氏が勤務する放送事業会社「東北新社」の外資規制違反をめぐり、総務省双方の主張の食い違いは続いた。東北新社側から違法状態の報告をした相手と指摘され、新たに参考人招致された総務省の鈴木信也電波部長は「記憶がございません」を連発。東北新社側の主張を重ねて否認した。  ◇  ◇  ◇総務省幹部らによる違法接待...

続きを読む

総務省、東北新社からの報告「記憶にない」 外資規制違反(2021年3月16日配信『日本経済新聞』)

衆院予算委、食い違い変わらず衆院予算委員会は16日午前、放送事業会社「東北新社」の中島信也社長を参考人招致した。中島氏は2017年8月に放送法の外資規制に違反したと認識し、総務省に報告したと改めて説明した。当時総務課長だった鈴木信也総合通信基盤局電波部長は「記憶にない」と繰り返した。鈴木信也総合通信基盤局電波部長放送法は議決権ベースで外資比率が20%未満となるよう定める。中島氏は17年8月に外資規制に抵触する...

続きを読む

総務省の姑息な切り捨てに東北新社“意趣返し”か?「外資規制違反」の説明で真っ向対立(2021年3月16日配信『日刊ゲンダイ』)

「報告した」と主張(中島社長) いったいどっちが嘘をついているのか。15日の参院予算委員会に東北新社の中島信也社長が参考人として出席。問題となっている「外資規制違反」についての説明が、総務省の言い分と真っ向対立しているのだ。 衛星放送は放送法で、外資の出資比率20%未満と定められている。東北新社がこれに違反し、衛星放送事業を子会社に移管したことが分かっているが、中島社長はその旨を総務省に伝えたと、次の...

続きを読む

マトモに答えない国民愚弄 【社長招致】消化試合の茶番劇(2021年3月16日配信『日刊ゲンダイ』)

強気の答弁(左からNTTの澤田社長、東北新社の中島社長) 野党も菅政権と握っているのか。そう勘繰りたくなるほど、総務省汚染をめぐる国会審議は期待外れのスッカスカだ。第1ラウンドとなったのは、菅首相と関係閣僚が出席した15日の参院予算委員会集中審議。政務三役から幹部官僚まで手厚く接待してきたNTTの澤田純社長、菅首相の長男が勤める東北新社の中島信也社長が参考人として出席し、NHKが夕方まで生中継したが...

続きを読む

菅首相長男ゆえの「忖度」疑惑晴れず、総務省は意図的見逃しか 東北新社の外資規制違反問題(2021年3月16日配信『東京新聞』)

 参院予算委員会にNTTと東北新社の経営トップが参考人招致された15日の集中審議。当事者は許認可など事業への影響を一様に否定したが、政治・行政への信頼回復には程遠い。中でも東北新社の外資規制違反問題は、総務省が意図的に見逃した疑惑も浮上し、菅義偉首相の長男菅正剛せいごう氏の勤務先ゆえに忖度そんたくが働いていたという見方はくすぶる。(山口哲人、川田篤志)参院予算委に参考人として出席し、答弁のため挙手する...

続きを読む

前総務審議官の谷脇氏辞職 接待問題で停職処分受け(2021年3月16日配信『共同通信』)

参院予算委で答弁する谷脇康彦氏=10日 武田良太総務相は16日の記者会見で、同省幹部らへの接待問題を巡り、前総務審議官の谷脇康彦氏を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。谷脇氏は退職届を出し、認められた。武田氏は「公務に対する信頼を著しく失墜させる行為で職を辞するに至ったのは誠に遺憾だ。深くおわび申し上げる」と述べた。 武田氏は、NTTから高額接待を受けた巻口英司国際戦略局長を減給10分の1(2カ月)の懲戒処...

続きを読む

総務省NTT疑獄事件が引き金に。日本の通信業界を襲う恐ろしい事態(2021年3月16日配信『MAG2ニュース』)

週刊文春の報道で明らかとなった、NTTによる総務省幹部らへの接待問題。15日には同社社長の澤田純氏が参院予算委員会に参考人として出席し、業務上の要請や便宜依頼を否定しましたが、社長辞任は避けられないとの声も上がっています。今回のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』では著者でケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんが、澤田氏去りし後の同社の経営体制を危惧するとともに、日本の通信業界が近い将来...

続きを読む

外資規制違反、食い違う説明 東北新社招致も深まる疑問 総務省接待(2021年3月16日配信『時事通信』)

 総務省幹部の高額接待問題をめぐり、放送関連会社「東北新社」の中島信也社長が同社関係者では初めて、参考人として15日の参院予算委員会に出席した。 民間人の参考人招致は異例だ。焦点の外資規制違反について、中島氏は気付いた時点で報告したと訴えたが、総務省は報告を受けていないと否定。双方の説明は真っ向から食い違い、真相解明どころか疑問はさらに深まった。 ◇「報告した」「受けてない」 中島氏は社内調査の結果...

続きを読む

NTT・東北新社、働き掛け否定 2社長、接待問題で陳謝 総務省、調査対象を拡大(2021年3月16日配信『時事通信』)

参院予算委員会で答弁するNTTの澤田純社長(写真左)と東北新社の中島信也社長=15日午後、国会内 総務省の政務3役や経験者、幹部職員への一連の接待問題をめぐり、NTTの澤田純社長と放送関連会社「東北新社」の中島信也社長が15日の参院予算委員会に参考人として出席した。 両社長はともに「心よりおわびする」と陳謝しつつ、同省への業務上の働き掛けは否定した。総務省は省内の調査対象を144人に拡大すると発表した。 ...

続きを読む

古賀茂明「接待中毒の高級官僚を一掃せよ」(2021年3月16日配信『AERA.com』)

古賀茂明氏 総務省の幹部官僚接待不祥事は次官と同格の歴代総務審議官ら幹部が、次々に処分、更迭、辞職などに追い込まれる異例の展開となった。なぜここまでド派手な接待にエスカレートしたのか。会食で満面の笑み…山田真貴子前内閣広報官と安倍昭恵前首相夫人 東北新社の件では、菅義偉総理の長男の誘いを官僚は断れなかったと解説されたが、NTTにはそんな事情はない。また、山田真貴子前内閣広報官や谷脇康彦前総務審議官以外...

続きを読む

大臣規範、曖昧さ浮き彫り 「疑惑招かぬ接待」容認(2021年3月16日配信『時事通信』)

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=15日午後、国会内 閣僚など政務3役が関係業者から接待を受けることを制限した「大臣規範」の曖昧さが、総務省接待問題などに関する15日の参院予算委員会の質疑で浮き彫りになった。 接待を厳格に禁じた官僚向けのルールとの違いは大きく、公平性に欠けるとの批判が強まりそうだ。 閣僚、副大臣、政務官の服務ルール「大臣規範」は、関係業者との接触について「供応接待を受けることであ...

続きを読む

携帯値下げも…国と歩調合わせるNTT 接待で何が、消えぬ疑問(2021年3月15日配信『毎日新聞』)

参院予算委員会で国民民主党の矢田稚子氏の質問に答えるため挙手する東北新社の中島信也社長(右端)。中央はNTTの澤田純社長=国会内で2021年3月15日午後3時40分、竹内幹撮影 総務省幹部への接待を巡りNTTの澤田純社長が15日、国会に参考人として出席して陳謝した。自社の事業に絡む便宜や総務省への具体的な要望は否定したが、国と歩調を合わせる場面が目立つ近年のNTT。東北新社の中島信也社長も初めて国会に出席し、外資規制...

続きを読む

総務省接待問題 政官民の距離感にくすぶる疑念 高額接待の背景は不透明 (2021年3月15日配信『産経新聞』) 

参院予算委員会に臨む参考人のNTT澤田純社長(左)と東北新社中島信也社長=15日午前、参院第1委員会室(春名中撮影) 総務省幹部への接待問題に関する15日の参院予算委員会で、NTTの澤田純社長と放送事業会社「東北新社」の中島信也社長は便宜を図ってもらう意図はなかったとの見解を繰り返した。ただ、高額接待を繰り返した背景の十分な説明はなく、政界をめぐる両社の動きなどには不透明な部分も多い。政官民の距離...

続きを読む

「業界へのにらみ利かなくなる」…通信改革の司令塔・谷脇氏の更迭痛手(2021年3月15日配信『読売新聞』)

 放送関連会社「東北新社」やNTTの接待問題では、とりわけ谷脇康彦・前総務審議官の更迭を痛手とみる向きが総務省内に強い。通信業界の改革の「司令塔」として省内外に知られており、米中を含め通信業界の国際競争が激化する中、日本のさらなる出遅れにつながりかねないとの声も上がる。NTTによる接待問題について、参院予算委員会で答弁する総務省の谷脇康彦・前総務審議官(8日、国会で)=源幸正倫撮影 谷脇氏は旧郵政...

続きを読む

NTT澤田社長「事業に影響…控えさせていただきたい」 菅首相や武田総務相との会食の有無答えず(2021年3月15日配信『東京新聞』)

参院予算委で答弁するNTTの澤田純社長 総務省幹部らへの接待問題で15日、NTTの澤田純社長が参院予算委員会に参考人招致された。澤田氏は、これまでに国会議員ら日常的に懇談をしてきたと認めた上で、「業務上の要請や、便宜を受ける話はしていない」と働き掛けを否定した。 自民党の大家敏志議員から接待問題について問われた澤田社長は冒頭、「関係の皆様に大きなご迷惑と、ご心配をかけた。心よりお詫びを申し上げる」と...

続きを読む

NTTと東北新社社長が接待問題で陳謝 参院予算委 集中審議(2021年3月15日配信『NHKニュース』)

参議院予算委員会の集中審議では、NTTと東北新社の社長が出席し、総務省幹部らの接待問題などをめぐって質疑が行われました。2人の社長は、一連の接待問題を陳謝しました。集中審議には、NTTの澤田純社長と東北新社の中島信也社長が参考人として出席しました。自民党の大家敏志氏は、NTTの総務省幹部らへの接待をめぐり、その事実関係と目的をただしました。これに対して、澤田社長は「大きなご迷惑とご心配をかけ、心よりおわび申...

続きを読む

衛星放送事業認定の問題 総務省と東北新社で説明に違い(2021年3月15日配信『NHKニュース』)

衛星放送関連会社「東北新社」の衛星放送事業の認定をめぐる問題で、会社側は、参議院予算委員会で、放送法の外資規制違反に気付いた時点で総務省に報告したと説明しました。一方、総務省側は、報告を受けたことは確認できていないと述べました。「東北新社」は、2017年1月に、放送法の外資規制に違反した状態だったにもかかわらず、事実と異なる申請を行って衛星放送事業の認定を受けていたことが明らかになり、総務省が、子会社...

続きを読む

NTTと東北新社社長が接待問題で陳謝 参院予算委 集中審議(2021年3月15日配信『NHKニュース』)

参議院予算委員会の集中審議では、NTTと東北新社の社長が出席し、総務省幹部らの接待問題などをめぐって質疑が行われました。2人の社長は、一連の接待問題を陳謝しました。集中審議には、NTTの澤田純社長と東北新社の中島信也社長が参考人として出席しました。自民党の大家敏志氏は、NTTの総務省幹部らへの接待をめぐり、その事実関係と目的をただしました。これに対して、澤田社長は「大きなご迷惑とご心配をかけ、心よりおわび申...

続きを読む

自民 高市元総務相 NTT社長らとの会食「接待にはあたらない」(2021年3月15日配信『NHKニュース』)

大臣在任当時のNTTの社長らとの会食について自民党の高市元総務大臣は、完全な割り勘以外は応じられないと事前に伝え、自身の食事代は応分の負担をしたとして、接待には当たらないという認識を示しました。この中で、高市元総務大臣は、大臣在任当時NTT社長らと行った2度の会食について、「先方から意見交換の申し出があり、サイバーセキュリティー対策をレクチャーしてもらった。NTTから具体的な依頼ごとを受けたことはなく、決し...

続きを読む

【総務省汚染】社長招致 どこまで疑惑の核心に迫れるか(2021年3月15日配信『日刊ゲンダイ』)

会食の有無も答えない2人(手前から、菅首相と武田総務相) 参考人招致で疑惑の核心を炙り出すことができるのか。 総務省総汚染の接待問題で、ようやく「接待した側」の参考人招致が実現。野党の要求に応じ、東北新社の中島信也社長とNTTの澤田純社長が15日の参院予算委、16日の衆院予算委に出席することになった。 だが、東北新社の部長として総務省幹部との“パイプ役”を務めたとみられる菅首相の長男については、与党...

続きを読む

谷脇氏の退職金留保も 接待調査後に減額の可能性―武田総務相(2021年3月15日配信『時事通信』)

 武田良太総務相は15日、利害関係者からの接待問題で官房付に異動した谷脇康彦前総務審議官の退職金の支払いを、本人の同意を得た上で留保する可能性を示唆した。 不祥事を起こした職員が退職後に処分相当と判断された場合、退職金から処分相当分を減額した事例があり、武田氏は同日の参院予算委員会で「同様の取り扱いを行うことができるのではないか」と述べた。公明党の平木大作氏への答弁。...

続きを読む

あの有名CM監督が東北新社新社長として国会に 菅首相長男を「優秀な若者」とヨイショする一方、総務省の便宜供与を示唆する爆弾証言(2021年3月15日配信『リテラ)

予算委員会に出席した中島社長(参議院インターネット審議中継より) 総務省の接待問題で、本日、東北新社の中島信也社長とNTTの澤田純社長が参院予算委員会に参考人招致された。 これまで再三、野党からは高級接待をおこなってきた菅義偉首相の長男・菅正剛氏や、東北新社の子会社「東北新社メディアサービス」の木田由紀夫・前社長の国会招致が要求されてきたが、与党側がここにきて招致を認めたのは、約2週間前に社長に就任し...

続きを読む

東北新社「違法状態を伝えた」…総務省「報告の覚えない」外資規制違反で食い違い(2021年3月15日配信『東京新聞』)

参院予算委で答弁する東北新社の中島信也社長 菅義偉首相の長男が勤務し、総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」の中島信也社長は15日の参院予算委員会に参考人として出席し、官僚への接待や放送法の外資規制違反について「多大なるご心配とご迷惑をかけたことを心より深くお詫び申し上げる」と陳謝した。 東北新社は2016年10月に行った衛星放送事業の申請で、外資比率が規制上限の20%未満だと虚偽...

続きを読む

菅正剛氏は「優秀な若者。接待要員ではない」総務省接待で東北新社の社長説明(2021年3月15日配信『東京新聞』)

参院予算委で答弁する東北新社の中島信也社長 総務省の幹部らを接待していた衛星放送関連会社「東北新社」の中島信也社長は15日の参院予算委員会に参考人として出席し、同社に勤務する菅義偉首相の長男、正剛氏について「大変優秀な若者だが、総務省との接待の要員のためにいたのではない」と述べた。 立憲民主党の福山哲郎氏は、2016年7月から20年12月にかけて総務省幹部ら13人に39件の接待があり、その半数以上...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ