FC2ブログ

記事一覧

(論)バリアフリー(2021年4月5日)

客席やロビーでの会話はダメ…(2021年4月5日配信『毎日新聞』-「余録」) 客席やロビーでの会話はダメ、かけ声や声援、歌舞伎の大向こうはもちろん禁止だ。コロナ禍による緊急事態宣言で劇場や寄席が一斉に閉じてから、はや1年。再開はしたものの制約は続く。その代わり、拍手する手にひときわ力がこもる▲こんなカーテンコールの光景なら増えていってほしい。先日、東京・下北沢の小劇場が静かな、けれども大きな拍手のう...

続きを読む

改正バリアフリー法施行 地方の駅やバスターミナル 整備に課題(2021年4月4日配信『NHKニュース』)

改正バリアフリー法が今月1日に施行されました。国はお年寄りや障害のある人が円滑に移動できるよう、対策が遅れている地方の鉄道の駅やバスターミナルで、エレベーターやスロープの整備などに力を入れることにしています。バリアフリー法は、東京オリンピック・パラリンピックのレガシーとしての共生社会を実現するとして、ハード対策に加えてソフト対策も強化するために改正され、今月1日に施行されました。ハード面では、都市部...

続きを読む

「多目的トイレ」名称控えて 利用対象者の明確化を―国交省(2021年3月12日配信『時事通信』)

 国土交通省は12日、高齢者や障害者が使いやすいトイレの整備に関する検討会の報告書をまとめた。本来必要な人が使えない事態を避けるため、「多目的トイレ」などの名称を控えるよう要請。「車いす対応」「乳幼児連れ対応」など利用対象者を明確に示すことを求めた。 同省は、建築物や旅客施設のバリアフリーに関する指針に順次反映させる。 バリアフリー法は、一定規模以上の施設に車いす対応のトイレを一つ以上設けるよう設...

続きを読む

車椅子や高齢者疑似体験 佐賀でバリアフリー考える研修会 ホテル従業員「声かけで距離縮め」 /佐賀(2021年2月16日配信『毎日新聞』)

車椅子でレストランのサービスを受けるホテル従業員(中央) 車椅子利用者や高齢者の立場でバリアフリーを考える研修会が10、12日、佐賀市天神2の「ホテルグランデはがくれ」であった。参加したホテル従業員約40人は車椅子で館内の段差やトイレの使いやすさなどを体験し、障害者らに寄り添って行動するユニバーサルマナーを学んだ。 人に優しい街づくりを進める県の「さがすたいる」プロジェクトの一環で、2018年に始...

続きを読む

改正バリアフリー法…道路管理者に職員の対応や音声案内を義務付け ソフト基準(2021年1月25日配信『』)

国土交通省は1月22日、改正バリアフリー法の施行に伴って、道路管理者に義務付けられるハードとソフトの基準の詳細などを制定するため、省令を改正すると発表した。高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)が一部改正され、昨年5月に公布された。道路管理者が旅客特定車両停留施設を新設または改築する場合のハード基準と、道路管理者が旅客特定車両停留施設を使用して役務の提供方法に関するソフト...

続きを読む

香川県観音寺市、意思疎通の助けに、イラストや文字盤ボードを設置

 2020年4月に手話を独自の言語と認めて普及を図る「手話言語条例」と知的障害や発達障害などあらゆる障害のある人が、障害のない人と同等の情報を得られる権利を保障する「コミュニケーション条例」を制定した。 条例の具体化の一つとして市は、聴覚障がい、音声・言語機能障がい、精神障がい、知的障がい、発達障がいのある方、高齢等により会話が困難な方、日本語での会話が困難な外国の方などが、言葉でうまく意思や状況...

続きを読む

参院本会議場にスロープ設置 車いすで演壇に上がれるように(2021年1月17日配信『NHKニュース』)

18日に通常国会が召集されるのを前に、参議院本会議場に、車いすに乗ったまま演壇に上がれるようにするためのスロープが新たに設置されました。参議院では、おととしの選挙で、重度の障害がある議員が当選したことを受けてバリアフリー化が進められています。18日の通常国会召集を前に、本会議場には議場中央の演壇に車いすに乗ったまま上がれるようにするため、演壇の両側に長さ7メートル、幅が80センチのスロープが設置されまし...

続きを読む

バリアフリー化、着実に進展 2019年度末の実績(2021年1月3日配信『点字毎日』)

 国土交通省は今年3月末時点の公共交通機関でのバリアフリーの進捗(しんちょく)状況を発表した。1日あたりの利用者が3000人以上の鉄道駅など旅客施設全体で、視覚障害者誘導用の点字ブロック設置は、前年同時期より0・4ポイント増加し、95・1%の施設で整備された。 点字ブロックの設置は、バリアフリー化の計画目標で今年度末までに100%となっている。公式サイト➡ここをクリック...

続きを読む

せりふに名前・効果音も 映画会 誰でも楽しく 愛媛・川之江図書館 字幕表示充実

川之江図書館が開いたバリアフリー映画会川之江図書館が設置した非常点滅灯 四国中央市川之江町の川之江図書館は、2020年度から「バリアフリー映画会」と銘打ち、聴覚障害者らに対応した鑑賞会を定期的に開いている。娯楽と教養を提供する公共施設として、障害の有無にかかわらず利用しやすい環境整備につなげるのが狙いだ。 川之江図書館は10年度から、市の指定管理者となったNPO法人「紙のまち図書館」が運営している...

続きを読む

手作り”どこでもトイレ”街を走る! 障害者の声たくさん乗ってます(2020年12月21日配信『東京新聞』)

モバイルトイレのスロープを降りる鱒渕羽飛さん。「こういうトイレがあると外出が増える」と話す=いずれも横浜市で 屋外イベント時にトイレに困る車いすの障害者らのために、トヨタ自動車(愛知県豊田市)と住宅設備機器メーカー「LIXIL」(東京都江東区)がモバイルトイレ(移動式トイレ)を開発した。車でけん引して移動できる“どこでもトイレ”。パラアスリートを含む障害者らからヒアリングし、意見を反映させた。まだプ...

続きを読む

バリアフリー推進の団体など 内閣総理大臣表彰(2020年12月16日配信『NHKニュース』)

いわゆる「バリアフリー化」に取り組んでいる団体などの表彰式が総理大臣公邸で行われ、大阪のイベント企画会社と東京の鉄道会社に内閣総理大臣表彰が贈られました。政府は、いわゆる「バリアフリー化」やあらゆる人が利用しやすい「ユニバーサルデザイン」の開発に取り組んでいる個人や団体を毎年、表彰しています。このうち、ことしの内閣総理大臣表彰には、視覚障害者向けにテレビの音声が聞けるラジオを開発した大阪市のイベン...

続きを読む

<山崎まゆみのようこそ!バリアフリー温泉>京王プラザホテル(新宿) 視聴覚障害者にやさしい(2020年12月15日配信『東京新聞』)

 京王プラザホテル(新宿)のバリアフリーに対する取り組みは、今年2月に本連載で取り上げました。2018年に10室を全面リニューアルし、ラグジュアリータイプ3室を新設。「ジュニアスイートツイン」67・4平方メートル、「ラグジュアリーデラックスツイン」47平方メートル、「デラックスツイン」35・5平方メートルの3タイプ計13室がバリアフリーも可能になりました。 高級感あふれるデザインの各部屋にはリクラ...

続きを読む

変わる「東急プラザ渋谷」障害者と高齢者向けの専門店充実(2020年12月10日配信『日刊ゲンダイ』)

東京ヒアリングケアセンター(提供写真) 1982年に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択された日を記念して制定された「障害者週間」(12月3日から9日)。若者の街・渋谷で異彩を放っているのが、1年前に生まれ変わった「東急プラザ渋谷」だ。年を重ねても楽しめる街――をコンセプトに高齢者や障害がある人が気軽に立ち寄れる店舗がいくつもある。今回はその中の2店舗を紹介してみよう。 まずは4階にある「...

続きを読む

身体が不自由な人らに本を宅配 京都府北部で初めて福知山市立図書館(2020年12月5日配信『両丹日日新聞』)

希望のあった書籍などを図書館が自宅へ届ける 京都府福知山市立図書館(浅田久子館長)が、身体の障害などで来館が難しい人を対象にした「図書館資料宅配サービス」を始めた。職員が利用者の自宅を訪問し、本の貸し出しと返却を受け付ける。 昨年6月に読書バリアフリー法が制定されたことを受けて事業の準備を進め、今年の障害者週間(12月3日~9日)に合わせてスタートした。来年3月末までを試行期間とする。府北部では初の試み...

続きを読む

志賀高生、バリアフリー調査 東京パラ事前合宿に備え 障害物 目線変えて実感(2020年11月15日配信『中日新聞』-「石川版」)

段差などを調べる志賀高生=志賀町役場で 来年に延期された東京パラリンピックに向け、事前合宿地となっている石川県羽咋(はくい)郡志賀町の志賀高校2、3年21人は14日、町内の公共施設やスーパーなどのバリアフリー状況を調査した。結果は、障害者や高齢者、妊婦など、多様な人のために情報を共有する地図アプリに投稿した。(林修史) 「共生社会ホストタウン事業」の一環で、町や町心身障害者福祉協会と連携した。4チ...

続きを読む

「坂の街」観光楽しんで ながさき旅ネットがバリアフリー情報公開(2020年11月10日配信『長埼新聞』)

施設ごとにバリアフリー情報を公開している「ながさき旅ネット」サイト 長崎県は、観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」で観光地と宿泊施設のバリアフリー情報の公開を始めた。体に不安を抱える高齢者や障害者も「坂の街」での観光を楽しめることをアピールしていく。 県は、高齢者や障害者ら、体が不自由な人を含め誰もが旅行を楽しめる「ユニバーサルツーリズム」を推進している。これまで同サイトには、観光地に設置された...

続きを読む

道路のバリアフリー基準改正を検討 車両停留施設や歩行者道路(2020年11月9日配信『レスポンス新聞』)

(イメージ)国土交通省は11月5日、道路法改正に関するバリアフリー基準の策定について検討するため、11月9日に「道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会」を開催する発表した。「道路法」や「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(バリアフリー法)が改正されたことから、バリアフリー基準の策定について議論する。今回の道路空間のユニバーサルデザインを考える懇談会で、旅客特定車両停留施設の道路移...

続きを読む

「困りごと 訴え続けよう」;「障害」解消 社会の責務 四国中央で啓発事業 共生実現へ(2020年11月5日配信『愛媛新聞』)

共生社会の実現を呼びかける山口佐人支部長障害があると分かりづらい人が支援を求めやすくするために使う「ヘルプマーク」共生社会の実現を呼びかける山口佐人支部長障害があると分かりづらい人が支援を求めやすくするために使う「ヘルプマーク」【障がい者福祉団体連合会川之江支部 山口佐人支部長が講演】 障害者への理解を深めようと、四国中央市障がい者福祉団体連合会川之江支部は10月25日、同市金生町下分の川之江文化...

続きを読む

障害者の交通問題(2020年10月26日配信『佐賀新聞』-「論説」)

心のバリアフリー大切に 大分市で駅の無人化を進めるJR九州に対し、車いすを利用している同市内の障害者が「移動の自由を侵害された」として9月、損害賠償を求めて同社を提訴した。高齢化が進む中、車いす利用は障害者だけの問題ではない。「誰もが一人で自由に安全に、移動できる交通社会」の構築が問われている。企業任せにせず、地域住民も身近な問題として考えたい。 2000年11月の「交通バリアフリー法」施行から2...

続きを読む

バリアフリーのソフト基準を改正…車椅子固定の作業など義務付けへ(2020年10月10日配信『レスポンスジャパン』)

国土交通省は10月7日、公共交通事業者が提供する高齢者、障害者が移動するためのソフト基準を新設するなど、公共交通移動等円滑化基準省令を改正すると発表した。バリアフリーのハード基準に基づいて整備された車両や旅客施設のうち、設備の構造上の問題、運行の安全や旅客の安全確保の観点から、旅客が利用するには公共交通事業者の職員などが操作する必要のあるものについては、役務の提供を義務付ける。具体的には、旅客施設や...

続きを読む

<山崎まゆみのようこそ!バリアフリー温泉>くつろいで免疫力発揮 コロナとの関係、識者に聞く(2020年9月15日配信『東京新聞』)

 温泉地には7割程度のお客さんが戻ってきていると聞きます。温泉とコロナの関係を温泉療法医・京都大学医学部付属病院免疫・膠原病内科の大村浩一郎先生に聞いてみました。 「コロナはレジオネラ感染のように温泉で増殖するものではないので、温泉で感染することはありません。ウイルス自体は温泉の中で生きることはできませんが、しかしすでに感染して細胞の中に入り込んだウイルスも殺すことはできません。ただ、温泉に入るこ...

続きを読む

<山崎まゆみのようこそ!バリアフリー温泉>逃げるバリアフリー 観光地の災害弱者対応(2020年7月21日配信『東京新聞』)

逃げるバリアフリーマニュアル ~観光地における移動・災害弱者に対する避難対応~➡ここをクリック 九州での豪雨で、熊本県球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」の入居者14人が亡くなる痛ましい出来事がありました。 「避難するには、利用者さんの倍の人数のスタッフが必要ですから、人員配置の問題もあったのではないでしょうか」。2007年に「観光バリアフリー宣言」した沖縄県で活動しているNPO法人バリアフリーネッ...

続きを読む

多機能トイレに使用制限、神奈川(2020年7月3日配信『共同通信』)

JR、運行時間内に10駅で施錠JR相模線上溝駅の多機能トイレのドアに張られた、使用制限についての案内=6月17日、相模原市 神奈川県のJR線の10駅で、電車の運行時間内にもかかわらず、多機能トイレの使用を制限していることが3日、分かった。いずれも駅員が出入り口を施錠していた。東京五輪・パラリンピックを来年に控え、バリアフリー化は急務となっているが、JR東日本横浜支社は防犯上の理由などを強調。専門家は「公共交通機関...

続きを読む

アンジャッシュ・渡部建「多目的トイレ不倫」で障害者団体からクレーム必至(2020年6月12日配信『日刊サイゾー』)

本当に必要な人がいるかもしれない状況でも、自らの性欲処理を優先させていたということか。6月11日に発売された「週刊文春」(文藝春秋)にて、アンジャッシュ・渡部建が複数の女性たちと不倫に及んでいたことが報じられた。渡部は記事を認め、芸能活動を休止することを発表している。「衝撃だったのは、渡部と結婚後も含めて、多い時には週2回、計30回以上も肉体関係を持ったというB子の告白です。しかも渡部が密会場所に選んで...

続きを読む

見えない障壁(バリア)(2020年4月12日配信『河北新報』-「河北春秋」)

 病の悪化を告げられた車いすの女性に、男性美容師が語り掛ける。「どんな人生でも、人は絶対に幸せになる力 持ってると思うからさ」。ドラマ「ビューティフルライフ」の一場面だ。車いすの高さから見た世界や気持ちを丁寧に描き、バリアフリーという言葉を広める契機になった▼放映から20年。バリアフリーは進んだだろうか。気仙沼市の熊谷さおりさん(50)の答えは「まだ」。3年前、壊疽(えそ)のため右脚の膝から下を切...

続きを読む

障害者も参画してバリアフリー施策を評価 書面会議で実施(2020年3月16日配信『レスポンス』)

 国土交通省は、障害者の参画によるバリアフリー施策を把握・評価施するため、「移動円滑化評価会議」を開催すると発表した。 国土交通省では、移動等円滑化を促進するため、2018年5月に公布された改正バリアフリー法に基づき、関係行政機関、高齢者、障害者、地方公共団体、施設設置管理者その他の関係者で構成する「移動等円滑化評価会議」を2019年2月に設置した。評価会議では、定期的に移動等円滑化の進展の状況を把握・評価...

続きを読む

社会貢献ではなく、ビジネス施策としての「バリアフリー」が本質的に重要なワケ(2020年3月9日配信『ハフポスト』)

「サステナブル・ブランド国際会議 2020 横浜」では、「セクターを超えた連携が加速する変革の可能性」をテーマにランチ・セッションが開催され、ミライロの垣内俊哉社長と、一般社団法人RCFの藤沢烈・代表理事が登壇した。自身も障がいを持つ垣内社長は障がい者の視点から「バリアを価値に変えていくことが必要」と話し、藤沢代表理事は復興支援の考え方から、「企業が地域のプロトコルを理解してほしい」と呼びかけるなど、社会...

続きを読む

ANAと京急、障害者らの次世代移動支援「MaaS」で連携を開始(2020年2月7日配信『毎日新聞』)

京急の電車から駅員の手助けで降りる車椅子の女性=神奈川県横須賀市で2020年2月7日 全日本空輸(ANA)と京浜急行電鉄は7日、車椅子の高齢者や障害者らの移動を支援する次世代の移動サービス「MaaS(マース)」で連携を始めたと発表した。バリアフリーの経路を案内し、飛行機と電車など異なる交通機関をスムーズに乗り継げるよう支援する。羽田空港から神奈川県横須賀市への旅行を想定したスマートフォン専用アプリを開発して実証...

続きを読む

JR西広島駅がバリアフリーに 南北自由通路も(2020年2月1日配信『広島ホームテレビ』)

JR西日本は西広島駅の改築工事開始を前に安全祈願祭を行いました。祈願祭には広島市の松井市長や関係者およそ60人が出席し、工事の安全を祈りました。アストラムラインが延伸されれば路面電車も合わせて3つの軌道系がつながる西広島。今回の改築工事はまちづくりの一環と位置付けられています。駅の南北を自由に行き来できる通路や駅舎は2022年の3月に使用開始の予定です。被爆の翌年に再建され70年以上が経過した駅は今後バリアフ...

続きを読む

温泉エッセイスト・山崎まゆみ 新著が話題、親孝行で温泉を バリアフリー宿を詳しく紹介(2020年1月30日配信『スポニチアネックス』)

兼任講師(観光温泉学)をつとめる跡見学園女子大学キャンパスで新著を手にする山崎まゆみ フリーアナウンサー生島ヒロシ(69)が会長をつとめる「生島企画室」所属の温泉エッセイスト・山崎まゆみ(49)の新著「行ってみようよ!親孝行温泉」(昭文社)が話題になっている。 「バリアフリー温泉で家族旅行」の第3弾。高齢者や体が不自由な人など、誰もが利用できる全国の温泉宿を自らの取材をもとに掲載。それぞれの宿について...

続きを読む

「心のバリアフリー」で障害者の社会参加(2020年1月29日配信『朝日新聞』)

ステッカーのシンボルマークは長野市内の障害者施設に通う押木春香さん(26)がデザイン。「七つのハートに包み込まれるような社会に」との願いを表したという 「心のバリアフリー」を合言葉に、障害者が安心してサービスを利用できる店舗を明示する長野市独自の制度が始まった。第1号は、JR長野駅前のそば料理店。28日、店にステッカーが貼られ、店代表者は「また行きたい、と思ってもらえるおもてなしのできる店にしたい...

続きを読む

第13回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けました(2020年1月29日配信『PRタイムス』)

阪急阪神ホールディングス株式会社北大阪急行電鉄株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:内芝伸一)は、2020年1月23日(木)に全駅可動式ホームドアの設置と多面的なバリアフリー化への取組が評価され、公共交通機関、建築物、道路などの国土交通分野におけるバリアフリー化の推進に多大な貢献が認められた個人又は団体が表彰される「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受けました。当社では全駅可動式ホー...

続きを読む

バリアフリー推進で大臣表彰 三菱ふそうバス製造(2020年1月27日配信『北日本新聞』)

 エレベーター付き大型観光バスを開発・製造した三菱ふそうバス製造(富山市婦中町道場、馬場高史社長)は、誰もが安心安全に利用できる交通インフラの整備に貢献したとして、国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣賞を受けた。 同社、三菱ふそうトラック・バス、東京空港交通の3社で受賞。国交省庁舎で表彰式があり、馬場社長が赤羽一嘉国交相から表彰状を受け取った。 エレベーター付きバスは2018年11月に東京空港交...

続きを読む

復元天守閣にEV設置は当然(2020年1月25日配信『共同通信』」)

障害者団体が名古屋市を批判 名古屋市が木造復元を目指す名古屋城天守閣にエレベーター(EV)を設けるよう求める愛知県の障害者団体は25日、名古屋市でシンポジウムを開き、「設置は当然だ。代替する技術などない」と新技術で対応する方針の市を批判した。 複数の障害者団体などでつくる「名古屋城木造天守にエレベーター設置を実現する実行委員会」が主催。斎藤県三共同代表はパネルディスカッションで、市名古屋城総合事務所の...

続きを読む

日本の空港のおもてなしが、すごい。(2020年1月22日配信『ココカラー』)

吉澤彩香プランナー吉澤彩香みなさん、最近、空港を利用されましたか?スポーツインベントの開催や、観光などたくさんの人が日本の空港を利用され、近年では国内・国外ともに増便もあり、年々賑わいを増しているように感じます。お店や設備も充実している日本の空港は、海外からも好評とのこと。日本の第一印象の場となる空港で、羽田・成田空港内のお土産屋さんやブランドショップ、免税店等を約100店舗を運営する「株式会社羽田...

続きを読む

観光地などのバリアフリーの施設一覧 三重県がスマホアプリ運用へ(2020年1月12日配信『中日新聞』ー「三重版」)

三重県が運用開始を目指すアプリのイメージ=県提供 三重県は3月下旬から県内全ての市町村役場に加え、観光地や宿泊施設などのバリアフリーに関する情報を一覧できるスマートフォン用アプリの運用を始める。障害者らが外出しやすくする狙いで設計を進めている。 アプリは、スマホ用に県が運用する観光・交通案内無料アプリ「信州ナビ」をベースに開発する。アプリ上で紹介されている施設を選択すると、障害者専用の駐車場や車い...

続きを読む

参議院 バリアフリー化推進へ 登壇用スロープなど改修進める(2020年1月5日配信『NHKニュース』)

バリアフリー化を推進するため、参議院はことし、本会議場に車いすの議員が登壇できるようスロープを設置するなどの改修工事を進めることにしています。参議院では去年、重度の障害があるれいわ新選組の議員が初当選し、大型の車いすに乗ったまま円滑に議員活動ができるよう本会議場の議席の改修などが行われました。参議院はバリアフリー化をさらに推進する必要があるとして、ことし、本会議場に車いすの議員が登壇して質問などが...

続きを読む

バリアフリー法改正を本格検討 東京パラ契機に「心のバリアフリー」s(2019年12月28日配信『産経新聞』)

バリアフリー化に向け、工事する作業員ら=28日午後、参院本会議場 来年の東京パラリンピックを前に、政府が障害者や高齢者の自立した生活を支援するバリアフリー法の改正を検討していることが28日、政府関係者への取材で分かった。障害者の実情や必要な支援への理解を深める「心のバリアフリー」を法制度の根幹に位置づけて学校教育に導入するほか、公立学校でさらにバリアフリー化を促進するため、施設整備の義務化も盛り込...

続きを読む

新幹線バリアフリー対策見直し 作業部会設置へ 国交省検討会(2019年12月23日配信『NHKニュース』)

 新幹線のバリアフリー対策について国土交通省はJR各社や障害者団体を集めた検討会を開き、車いすのスペースが少なく、それに予約の方法も不便だといった指摘を踏まえ、作業部会を設けて見直しを進めることになりました。 新幹線にある車いすのスペースの利用についてJR各社は原則、2日前までに申し込むよう求め、直前では利用できない場合もあるため、今月はじめの参議院の委員会でバリアフリー対策が不十分だと議論になり...

続きを読む

JR高崎駅周辺のバリアフリー地図 市のHPで紹介(2019年12月22日配信『東京新聞』-「群馬版」)

 高崎市はJR高崎駅周辺の中心市街地を対象にした「バリアフリーマップ」を紹介している。市ホームページ(HP)に掲載し、障害福祉のページから利用できる。市ホームページ➡ここをクリック(タップ) 不特定多数の人が利用する公共施設や大型商業施設の集積するエリアで、障害者や高齢者、子育て世代などに活用してもらおうと企画。多目的トイレや車いす対応駐車場、授乳室・おむつ替えスペースなどを地図上や一覧表で閲覧で...

続きを読む

佐多岬(2019年12月22日配信『南日本新聞』ー「南風録」)

 久しぶりに南大隅町の佐多岬を訪ねた。今年3月に整備が終わった展望台まで約800メートルの遊歩道は、段差がなくなり歩きやすい。道のりがこれまでよりも短くなったように感じた。 以前は「崩れそうな展望台にがっかりした」「荒れているのに、なぜ入園料をとるのか」と散々な言われようだった。新しく生まれ変わったことで大隅の魅力が広がり、観光客は満足しているに違いない。 何より、介助者がいれば車いすでも展望台ま...

続きを読む

HIS、十六銀行と共同企画で「岐阜県縦断のバリアフリーツアー」発売(2019年12月21日配信『観光経済新聞』)

 HISは、十六銀行などと共同企画で「岐阜県縦断のバリアフリーツアー」を発売する。 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役会長兼社長:澤田秀雄 以下、HIS)は、株式会社十六銀行(本店:岐阜県岐阜市 取締役頭取:村瀬幸雄)、株式会社キュリオ(本社:岐阜県岐阜市 代表取締役:高橋陽介)と共同で、車いすや杖を日常的にご使用されていらっしゃる方を対象に、最新型の電動車いす「SCOO(スクー)...

続きを読む

【時代の節目に】バリアフリー進む「良識の府」9億円投入、全党一致で改修(2019年12月19日配信『産経新聞』)

れいわ新選組の舩後靖彦氏 7月の参院選後に開かれた国会はバリアフリーが大きなテーマとなった。障害があり、車いすを利用する3人の参院議員が初当選し、議席の改修などの整備が求められたためだ。参院は総額9億円程度の施設整備案をまとめ、「良識の府」のバリアフリー化は着々と進んでいる。 ■介助者入場 当選したのは、れいわ新選組の木村英子、舩後靖彦両氏と国民民主党の横沢高徳氏。過去には脊椎を損傷した八代英太元...

続きを読む

都がバリアフリー情報一元化へ 年度内にサイト立ち上げ(2019年12月11日配信『産経新聞』)

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けて、バリアフリー化された宿泊施設や駅のエレベーターがどこにあるかなど、東京都は都内の施設の情報を一元化するためのインターネットサイトを今年度内に立ち上げることを決めた。高齢者も含めて誰でも不便なく使える施設をサイトに明示することで、五輪・パラ後のレガシー(遺産)にするという。 都は11月に一般社団法人「日本旅行業協会」と協力協定を締結。同会からは宿泊施設の情報...

続きを読む

与野党一致で参院のバリアフリー化推進費用として9億円を要求(2019年12月4日配信『FNNニュース』)

与野党バリアフリー化推進プロジェクトチーム第2回会合(12月2日)臨時国会の会期末まで1週間となる中、野党側は「桜を見る会」をめぐる問題で安倍首相への追及を強めている。そんな中、追及の急先鋒でもある共産党の田村智子参院議員も出席した各会派代表によるプロジェクトチームの会合で、本会議場に車いすで登壇するためのスロープを設置することなどを含めた参議院の一層のバリアフリー化を進める新たな施設整備案が取りまとめ...

続きを読む

町内の歩道、安全度は 宇多津の身障者協会 点字ブロックや段差点検 香川短大生も協力(2019年12月3日配信『四国新聞』)

 障害のある人が住みやすいまちづくりを目指し、宇多津町身体障害者協会(藍川三郎会長)は、町内で歩道の点検・調査活動を行った。 協会メンバーの障害者のほか、香川短期大(同町)で介護福祉士を目指す学生も加わった。(2019年11月27日配信『KBN香川テレビ放送網』)...

続きを読む

参院、車いすで本会議登壇可能に(2019年12月3日配信『共同通信』)

 参院のバリアフリー化を検討する与野党会派のプロジェクトチームは2日、本会議場に車いすで登壇するためのスロープ設置など新たな施設整備案を取りまとめた。松村祥史議院運営委員長に報告。関連経費は9億円程度の見通しで、2019年度補正予算案に盛り込むよう政府に要請する。 整備案には、参院正面玄関から登院できるようにする昇降機設置や、車いすで利用可能な多目的トイレへの改修など14項目を明記した。全会派が賛...

続きを読む

国立競技場 国民から永く愛される施設に(2019年12月1日配信『読売新聞』ー「社説」)

 日本を代表する競技場として、末永く使われる施設になってほしい。 2020年東京五輪のメイン会場となる国立競技場が完成した。6万人を収容し、開閉会式のほか、陸上競技やサッカーが行われる。 国際オリンピック委員会(IOC)が求めていた、20年1月の期限に間に合わせ、開幕まで8か月を残した時期に完成にこぎつけたことは評価されよう。 建設には曲折があった。総工費1300億円のコンペで壮大なデザインが決ま...

続きを読む

先導的共生社会ホストタウンの取組からつなげる 「心のバリアフリー」シンポジウム開催(2019年11月1日配信『PRTIMES』)

 株式会社JTB(本社:東京都品川区 代表取締役 社長執行役員 高橋 広行/以下、JTB)は、「地球を舞台に、人々の交流を創造し、平和で心豊かな社会の実現に貢献する」というJTBグループ経営理念に基づき、国が目指す「共生社会の実現」に向けて、「心のバリアフリー」のきっかけとなることを目的としたシンポジウムを、2020年1月24日(金)川崎市高津市民館にて開催します。 第一部では、全国3箇所の先導的共生社会ホストタウ...

続きを読む

バリアーに気付き、取り払う時間は、まだある(2019年11月28日配信『南日本新聞』ー「南風録」)

「障害者が地域で生活するにはさまざまなバリアーがある」。7月の参院選で初当選したれいわ新選組の木村英子議員が、先の国土交通委員会でこう切り込んだ。 脳性まひで、ほとんど体を動かせない。車いすに乗ったまま、質問が書かれた紙を介助者に示されながら質疑に臨んだ。当事者の力ある言葉が社会を変える一歩になればいい。 バリアフリー化は一向に進んでいないのが現状だ。障害者団体「DPI日本会議」が鹿児島を含む21...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ