FC2ブログ

記事一覧

成年後見支援センター、別府市が設置 相談窓口の一本化 /大分(2020年12月5日配信『毎日新聞』)

 認知症高齢者や知的・精神障害者らの財産管理などを助ける成年後見支援センターが1日、別府市上田の湯町の市社会福祉会館内に設置された。 成年後見人は判断能力が不十分になった人の支援のために家庭裁判所が選ぶ。家族や親族、弁護士や司法書士らが務めるケースのほか、人数不足から、必要な講座を受講した一般市民を養成する自治体が増加。同市も昨年35人、今年は20人が講座を受講した。 同センターは成年後見人に関す...

続きを読む

成年後見 高知県内の担い手不足 社会福祉士に負担集中(2020年10月10日配信『高知新聞』)

制度スタート20年 低報酬や受け皿増課題   認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人を支援する「成年後見制度」が始まって20年。高知県内では、業務の難易度や報酬の低さもあって後見人の担い手が不足し、社会福祉士らに負担が集中する課題が浮かんでいる。 高知市の社会福祉士、片山崇志さん(42)は県内13人の後見人を担当。多くが介護施設や病院に入所、入院している。 このうち県中西部の80代女性は1人暮...

続きを読む

「10万円」成年後見制度の被後見人に届かぬ恐れ 宮崎県弁護士会が申し入れ(2020年6月22日配信『毎日新聞』)

宮崎県弁護士会の申し入れ書 新型コロナ問題で全国民に一律10万円が給付されるはずの特別定額給付金が、成年後見制度の被後見人など立場が弱い人に届かない恐れがある。世帯主による申請が原則のためだ。しかし、お金を使い込んだ世帯主から財産管理権を離すため、第三者が後見人となる例もある。宮崎県弁護士会は5月28日、総務省や県内自治体に対し、障害福祉サービスなどの通知書の送付先が後見人に変更されている場合、世帯主...

続きを読む

成年後見制度20年 本人の意思を尊重し生活支援を(2020年6月12日配信『愛媛新聞』-「社説」)

 認知症や知的、精神障害などで判断力が十分でない人を支援する成年後見制度が始まって20年がたった。同年に導入された介護保険とともに高齢化社会を支える「車の両輪」と期待されたが、利用は2018年末時点で約22万人と伸び悩んでいる。 成年後見制度では弁護士や社会福祉士、親族など家庭裁判所に選任された後見人が、本人に代わり不動産や預貯金の管理、福祉の利用手続きを行い、生活の見守りも担う。後見人に選ばれた...

続きを読む

[成年後見制度] 自治体は積極的関与を(2020年6月4日配信『南日本新聞』-「社説」)

 判断能力が低下したお年寄りらを支える成年後見制度がスタートして20年が過ぎた。 介護保険と同時に導入され、高齢社会を支える「車の両輪」といわれながら、利用は22万人程度に低迷する。高齢者のほぼ4人に1人が認知症か、その予備軍といわれ、厚生労働省の推計によると認知症の人は600万人を超す。つまり、3%余りしか利用していない計算だ。 一層の高齢化進展を考えれば、利用促進を図るのは急務といえる。利用者...

続きを読む

成年後見制度20年/生活支援に重点を移そう(2020年6月1日配信『河北新報』-「社説」)

 認知症や知的障害などで判断能力が不十分な人を支援する成年後見制度が始まって20年がたった。介護保険とともに高齢社会を支える「両輪」として期待されたが、その利用は伸び悩んでいる。 後見人が強い権限を持つことで、当事者の自由な生活が制限されるのではないかとの懸念が払拭(ふっしょく)されず、国民の間に十分な信頼感が育たなかった結果と言える。 成年後見制度は、禁治産、準禁治産制度を廃止して2000年4月...

続きを読む

成年後見制度20年 需要の増加見据え運用を(2020年5月10日配信『熊本日日新聞』-「社説」)

 認知症や障害により判断能力が衰えた人を支える成年後見制度が導入されて20年が過ぎた。介護保険とともに「高齢化社会を支える両輪」と期待されたが、国内の認知症の人が厚生労働省推計で現在602万~631万人に上るのに対し、利用者数は22万人程度と伸び悩んでいる。 団塊の世代が75歳以上になる2025年には、認知症患者は最大で730万人に達する見込みだ。特殊詐欺被害や虐待を防ぐためにも、これまでに浮かび...

続きを読む

成年後見制度20年

成年後見制度20年 柔軟な運用心掛けたい(2020年4月27日配信『茨城新聞』-「論説」)認知症や障害により判断能力が衰えた人を支える成年後見制度が導入され、20年が過ぎた。しかし高齢化社会に欠かせないといわれながら、制度の利用は伸びない。高齢者のだいたい4人に1人が認知症か予備軍とされ、厚生労働省の推計では現在、認知症の人は602万〜631万人に上るが、制度利用者数は22万人程度にとどまる。親族や弁護士、司法...

続きを読む

成年後見制度 使い勝手良くして利用促進を(2020年3月22日配信『読売新聞』-「社説」)

 認知症の高齢者など、判断力が不十分な人を支える成年後見制度の利用が伸び悩んでいる。運用の改善が必要だ。 制度の利用者は現在、22万4000人で、約600万人と推計される認知症高齢者の一部にとどまる。理由の一つには、後見人の業務が財産管理を中心としがちで、日常生活を支援するものになっていないことがある。 厚生労働省の有識者会議は今月、制度の利用促進に向けた中間報告をまとめた。本人の希望を可能な限り...

続きを読む

まるで犯罪者扱い「成年後見人」で地獄見た家族(2019年12月22日配信『東洋経済オンライン』)

認知症の夫を支える妻のあまりに過酷な現実奥野 修司 : ノンフィクション作家 認知症の人を介護する家族の間で成年後見制度が大きな問題になっています。ある日、家族が認知症とわかったら? かつては特別な人に起こる特別な出来事と思われていた認知症だが、その数は急速に増えてきており、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるという予測もあるほど。もはや、ひとごとではない状況になりつつあるのだ。もしも親やパートナー...

続きを読む

老母の財産を弁護士が管理、生活費を1円も渡さず… トラブル続出の「成年後見制度」(2019年8月19日配信『デイリー新潮』)

 認知症など判断能力が十分でない人の生活を支えるため、2000年に導入された成年後見制度。高齢化社会対策のひとつだったが、高齢者を守るどころか、その生活に不便さを招き、さらには老後の穏やかな生活まで奪っているという。いったい何が起きているのか。 ***■トラブル続出!高齢者を不幸にする成年後見制度――長谷川学(1/2)「成年後見制度は認知症のお年寄りや障害者を助けるための制度だと聞きました。ところが実際には...

続きを読む

生き地獄に落ちる…成年後見制度は“国家によるカツアゲ”(2019年7月26日配信『日刊ゲンダイ』)

「司法の暗黒領域」――。ロッキード事件裁判の公判担当検事を務めた堀田力弁護士は、いまの成年後見制度をそう呼んでいる。 認知症高齢者や知的精神障害者保護の美名の下、国家(家庭裁判所)と後見人弁護士・司法書士、認知症の診断や鑑定をする医師ら社会的強者が、社会的弱者を合法的に食い物にし、人権を抑圧する。この現実は、まさに「暗黒」と呼ぶにふさわしい。 この連載で私が言いたいことはただひとつ。「絶対に成年後見...

続きを読む

悪魔の成年後見制度 身内の前で…資産家の障害者を「ペットだ」とけなし笑う(2019年7月5日配信『日刊ゲンダイ』)

長谷川学ジャーナリスト1956年、兵庫県生まれ。早大教育学部卒。週刊誌記者を経て独立。近著に「成年後見制度の闇」(飛鳥新社刊・宮内康二氏との共著)がある。余命が長い分、悲劇に巻き込まれる 前回まで弁護士や司法書士などの職業後見人によって認知症高齢者とその家族が食い物にされている実態を告発してきたが、成年後見制度の最大の被害者は、実は知的・精神障害者とその家族と言っていい。「認知症高齢者に比べ、障害...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ