FC2ブログ

記事一覧

ともに生きる佐伯市手話言語条例

大分県佐伯(さいき)市議会は、2021年3月17日、ともに生きる佐伯市手話言語条例(案)を可決、市は3月22日に公布・施行した。 同種の条例は、県内では、大分県、津久見市、豊後大野市、宇佐市、中津市、豊後高田市、別府市、大分市、杵築市についで1 0例目。全国では、382例目。提案理由本市における手話への理解の促進、手話の普及及び手話による円滑な意思疎通の支援に関する基本理念、市の責務、市民及び事業者の役割...

続きを読む

手話普及へ条例広がる 10自治体施行、今年度は大分県と5市(2021年3月26日配信『読売新聞』ー「大分版」)

 手話の普及啓発や学習する機会の確保などを目的とする条例を制定する動きが県内で広がっている。今年度は大分県を含む6自治体で施行され、計10自治体になった。大分県聴覚障害者協会は「手話への理解が深まる」と歓迎している。 「手話であいさつができるよう、しっかり学びたい」。5日、大分県議会の議場で行われた手話講座で、嶋幸一副議長はあいさつした。 県議会では条例制定に向け、昨年6月から全会派でつくる協議会...

続きを読む

点字や手話普及へ条例化要請 佐賀市議会委員会、市長に(2021年3月25日配信『佐賀新聞』)

情報コミュニケーション条例の早期制定を秀島敏行市長(右から3人目)に求めた佐賀市議会文教福祉委員会の関係者ら=市役所 佐賀市議会文教福祉委員会(池田正弘委員長)は23日、点字や手話など障害に応じた意思疎通手段の普及につなげる「情報コミュニケーション条例」の早期制定を秀島敏行市長に要請した。秀島市長は前向きに検討する方針を示した。 市聴覚障害者協会などから手話言語条例の制定を求める要望書が2019年...

続きを読む

手話の普及目指し・・・宮城県「手話言語条例」成立<宮城>(2021年3月25日配信『仙台放送』)

手話の普及などを目指す県の「手話言語条例」が県議会で可決・成立し、聴覚障害者の団体が村井知事を訪問しました。県聴覚障害者協会の会員などは、県の「手話言語条例」の成立を受け県庁で村井知事に感謝を伝えました。この条例は国際的に言語として認められている手話に対する県民の理解を深めることを目的に、制定されたものです。この日は県聴覚障害者協会の小泉会長が「手話を県民の皆さんに広めていけるようがんばりたい」と...

続きを読む

埼玉県蕨(わらび)市手話言語条例が成立

 2021年3月23日、埼玉県蕨市(わらびし)議会は、蕨市手話言語条例案を可決した。施行は4月1日。 同種の条例は県内では、埼玉県、朝霞市、三芳町、富士見市、三郷市、桶川市、ふじみ野市、久喜市、熊谷市、川口市、蓮田市、秩父市、行田市、本庄市、小鹿野町、横瀬町、長瀞町、皆野町、上尾市、越谷市、伊奈町、川越市、八潮市、北本市、加須市、神川町、鴻巣市、毛呂山町、東松山市、坂戸市、吉川市、美里町、戸田市、...

続きを読む

「手話言語条例」青森県内全10市で制定(2021年3月20日配信『東奥日報』)

手話言語条例案の可決を受け、三沢市議会の議場で写真に納まる関係者 青森県内10市での手話言語条例の制定は、2016年10月の黒石市が皮切り。三沢市は今月15日に議案が可決された五所川原市と同様、今年4月から施行する。県の条例は20年7月に施行されている。三沢市議会で手話言語条例が可決 県内10市で条例施行へ(2021年3月20日配信『NHKニュース』)手話の普及や理解の促進を進める「手話言語条例」が、三沢市議会で可...

続きを読む

点字や音訳普及に条例を 佐賀市議会、執行部に提言へ(2021年3月18日配信『佐賀新聞』)

報告書を川原田裕明議長(左)に提出する池田正弘文教福祉委員長(左から2人目)=佐賀市議会 佐賀市議会文教福祉委員会(8人)は福祉政策の充実を図るため、「情報コミュニケーション条例」の制定を市に求める報告書をまとめた。手話や筆談、点字や音訳など障害に応じた意思疎通手段の普及や促進を念頭に置く。池田正弘委員長が18日、川原田裕明議長に報告書を手渡した。 2019年12月、市聴覚障害者協会などから、手話...

続きを読む

手話・筆談促進へ条例 武雄市、佐賀豪雨教訓に制定(2021年3月18日配信『佐賀新聞』)

 佐賀県武雄市は18日、手話や点字、筆談など障害に応じたコミュニケーション手段の利用を促進する条例を制定した。佐賀県や嬉野市、唐津市に手話に関する同様の条例があるが、意思疎通手段を幅広く対象にしたのは県内で初めてという。 佐賀豪雨の時、耳の不自由な人から「防災行政無線が聞こえなかった」という指摘があったことを受け、制定を考えた。 市議会が「手話言語の普及及び障がいの特性に応じた多様なコミュニケーシ...

続きを読む

東京・府中市手話の普及及び障害者の意思疎通の促進に関する条例を可決

府中市手話の普及及び障害者の意思疎通の促進に関する条例 2021年3月13日、東京都府中市議会は、障害の有無にかかわらず、相互に尊重し合いながら安心して暮らすことができる地域社会の実現を目指し、手話の普及や障害者の意思疎通の促進について定めた「府中市手話の普及及び障害者の意思疎通の促進に関する条例」案を全会一致で可決した。施行は2021年4月1日。 この種の条例は東京都とでは、東京都、江戸川区、荒...

続きを読む

手話を言語に規定、習得を後押し 大分県条例案を全会一致で可決(2021年3月6日配信『大分合同新聞』)

手話を言語に規定、習得を後押し 大分県条例案を全会一致で可決 県議会は5日の本会議で、議員提案された県手話言語条例制定案を全会一致で可決した。手話を言語と定めて県が習得の機会を確保するなどし、意思疎通のための環境を整えることを明記した。今月中旬ごろに県報に掲載後、施行される。 手話は2011年の障害者基本法改正で言語として規定され、既に全国29道府県が条例をつくった。県内は津久見、豊後大野など8市...

続きを読む

大分県議会「手話言語条例」を可決(2021年3月5日配信『NHKニュース』)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って手話通訳の活用が広がる中、手話を言語と位置づけて普及を進める条例案が、5日、大分県議会で可決されました。先月25日に開会した県議会では5日、本会議が開かれ補正予算案など16の議案の採決が行われました。このうち、「大分県手話言語条例案」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、全国の自治体の記者会見などで手話通訳の導入が広がる中、議員提案されたもので、採決の結果、...

続きを読む

入間市手話言条例可決

 2021年2月26日、埼玉県入間市議会は、手話は言語であるとの認識に基づき、ろう者とろう者以外の人が手話によって心通わせお互い尊重し共生できる社会を目指す入間市手話言条例を可決した。施行は2021年4月1日。提案理由 手話が言語であるとの認識に基づき、手話を必要とする人が安心して暮らすことができる環境を整え、共に生きることができる地域社会の実現に寄与するため、新たに条例を制定したいので、この案を...

続きを読む

手話言語普及推進議員連盟設立(2021年2月11日配信『タウンニュース都筑区版』)

 2014年12月、県議会は、鳥取県に次いで全国2例目、議員提案としては全国初となる手話言語条例を制定いたしました。これは、日常的に「手話」をコミュニケーション手段として使用されている方々の当事者団体である神奈川県聴覚障害者連盟より、約5万5000筆超の署名とともに条例制定を求める陳情が提出されたことを受け、県議会内に設置した検討チームで議論を重ね、制定されました。 私も、検討チームの一員として、当...

続きを読む

『手話言語普及推進議員連盟』設立!(2021年2月5日配信『タウンニュース厚木・愛川・清川版』)

全てに『全力を尽くす!』パパ・ママの代弁者! 活動報告神奈川県議会議員 総務政策常任委員会 委員長 山口貴裕 県議会は昨年12月に議員105名中86名の参加により『神奈川県議会手話言語普及推進議員連盟』を設立。私も中心メンバーとして参画し『手話言語』の一層の普及推進に全力を尽くす覚悟です。 県議会での手話言語条例は2014年12月の鳥取県に次ぎ全国2例目で、議員提案としては全国初の制定です。県聴覚障害者連...

続きを読む

佐賀市議、聴覚障害を疑似体験 文教福祉委、手話普及の条例案に反映(2021年1月14日配信『佐賀新聞』)

ヘッドホンや耳せんを付けて聴覚障害の疑似体験をする佐賀市議ら=市議会会議室 手話の普及を目指す条例案の検討を進めている佐賀市議会の文教福祉委員会(池田正弘委員長)が13日、県聴覚障害者サポートセンターから意見を聞き取った。条例案に反映する内容を精査して3月に市執行部へ要望する。 同様の県の条例はあるが、センターは市独自につくるように要望している。伊東康博センター長は「市町は住民と直結し、啓発や普及...

続きを読む

養父市みんなの手話言語条例制定 2020年12月25日

  兵庫県養父市(やぶし)議会は、2020年12月25日、「手話が言語であるという認識に基づき、手話言語に対する理解、普及及び手話言語を必要とする障がいのある人への理解について、その基本理念を定めて、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにすることにより、障がいの有無にかかわらず、全ての市民がお互いの人格と個性を尊重し合い、安心して暮らせる共生社会を実現することを目的」とする養父市みんなの手話...

続きを読む

大分県議会、手話言語条例制定へ 県が普及や習得の機会確保

 大分県議会は「県手話言語条例(仮称)」を議員提案で新たに制定する。素案には手話を言語と定め、県が普及や習得できる機会の確保に努めることを記した。  県議会は、県民の意見を参考としながら条例づくりを進めるため、2020年12月21日(月曜日)~2021年1月22日(金曜日) まで条例案に対する意見の募集(パブリックコメント)を行う。 なお、同種の条例は大分県では、津久見市、豊後大野市、宇佐市、中津...

続きを読む

杵築市手話言語条例制定 2020年12月18日

 2020年12月18日、大分県杵築(きつき)市議会は、「手話への理解の促進及び手話の普及に関する基本理念、市の責務、市民及び事業者の役割並びに総合的かつ計画的な施策の推進について定めることにより、ろう者とろう者以外の者が相互に人格及び個性を尊重し、心豊かに共に生きる地域社会を実現することを目的」とする杵築市手話言語条例案を全会一致で可決した。提案理由→手話への理解の促進及び手話の普及に関する基本...

続きを読む

福岡県筑西市、手話コミュニケーションパンフレットを作成

●手話言語条例ってなぁに?2018(平成30)年9月30日に「聞こえない人の大切な言語である手話に対する理解や手話の普及、手話の使用しやすい環境を整えるために」手話言語条例を制定した筑西市が手話に興味を持っていただくためにパンフレットを作成した!! 聞こえない人とのコミュニケーション方法や聞こえない人が困ること、災害や避難所で 配慮や援助してほしいこと、簡単なあいさつの手話などを掲載。公式サイト➡ここ...

続きを読む

シュワ(手話)ちゃん(2020年11月24日配信『朝日新聞』-「南風録」)

 「シュワちゃん」の傑作を見た。といっても、あのハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんではない。未来から送り込まれてきた「シュワ(手話)ちゃん」が活躍する20分ほどの動画だ。 兵庫県伊丹市のイベント企画団体などが製作し、動画投稿サイトのユーチューブで公開した。サングラスに革ジャン姿の主人公が、困難を乗り越えながら、手話を社会に広めていく。 伊丹市の手話言語条例制定がきっかけだった。「...

続きを読む

上越市 手話・点字など市民理解進める条例制定へ(2020年11月20日配信『上越妙高タウン情報』)

手話や点字などを使う障がい者とのコミュニケーションについて、市民の理解を深めてもらい、住みよい社会を実現する条例の制定を、新潟県上越市が目指していることが分かった。20日に開かれた上越市自立支援協議会で明らかになった。名称は「(仮称)手話言語およびコミュニケーション条例」。目的は聴覚に障がいのある人や高齢者などとのコミュニケーションについて、市民の理解を深めてもらい、偏見や差別を解消すること。具体的に...

続きを読む

周南市議会議員が手話を学ぶ(2020年11月12日配信『KRY山口放送』)

9月に手話言語条例を制定した山口県周南市で11日市議会議員を対象にした手話の研修会が開かれた。手話研修の講師を務めたのは周南市聴覚障害者協会の塚原辰彦会長。産まれたときから耳が聞こえなかったと話す塚原会長は、耳が聞こえない人が実際にどのようなことに困っているかを説明した。塚原会長は、「少しずつ字幕がついているテレビ番組が多い。それを見てわかる人もいるしそれを見て文章がわからない人もいる。文字と手話...

続きを読む

「手話言語条例」制定7年 地域と関わりもっと 聴覚障害者・田中さん講演 鳥取 /鳥取(2020年10月27日配信『毎日新聞』)

小学校で行っている手話の授業を再現する田中作治さん。バイクで日本一周した際に着た黄色いジャケットも=鳥取市で、阿部絢美撮影 手話を言語に位置づけて広める「手話言語条例」を県が全国で初めて2013年10月に制定してから7年。鳥取市八坂の倉田地区公民館で21日、聴覚障害者の田中作治さん(82)=鳥取市=は「聴覚障がい者が地域で安心して生活していくために」と題した講演会を開いた。地域住民ら約30人は真剣...

続きを読む

塩尻市議会 手話条例制定を模索 当事者団体と協働で研究(2020年10月24日配信『株式会社市民タイムス2020年 10月24日(土)松本・安曇野・塩尻・木曽 信州の地域紙市民タイムスWEB』)

手話言語条例について専門家から学ぶ塩尻市議会の議員 長野県塩尻市議会は「市手話言語条例」制定を目指し、議員間での研修や関係団体との協議や研究を進めている。障害の有無にかかわらず、市民が等しく情報を取得して意思を伝え合い、安心して暮らせる環境をつくる考えがある。地域の実態を把握しつつ、塩尻に見合った条例案を作成できるよう共通認識を深めていく。 手話普及の意義などを示す理念条例を、議員提案で制定するこ...

続きを読む

松原市手話言語条例

中央が澤井宏文市長 2020年9月24日大阪府松原市議会定例会において、手話が言語であるという認識に基づき、ろう者に対する理解の促進及び手話の普及に関する基本理念を定め、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするとともに、市が実施する施策の基本事項を定めることにより、ろう者とろう者以外の者が共生することのできる地域社会を実現することを目的とする「松原市手話言語条例」案が可決され、9月29日に...

続きを読む

矢掛町手話言語条例

岡山県小田郡矢掛町(やかげちょう)議会は、2020年9月15日、手話が言語であるとの認識に基づき,手話に対する理解及びその普及並びに地域において手話を使用しやすい環境の構築に関する基本理念を定め,町の責務並びに町民及び事業者の役割を明らかにするとともに,総合的かつ計画的に施策を推進し,障害の有無にかかわらず,全ての町民がお互いの個性と人格を尊重し合い,共生することのできる地域社会を実現することを目...

続きを読む

喜多方市手話言語条例

 福島県喜多方市市議会は、2020年9月17日、「手話が言語であるとの認識に基づき、手話への理解の促進及び手話の普及(以下「 手話の普及等」という。)に関し基本理念を定め、市の責務並びに市民及び事業者の役割を明らかにするとともに、手話の普及等に関する施策の基本となる事項を定めることにより、市民の手話及びろう者 等に対する理解の促進を図り、もって全ての市民が共生することのできる地域社会を実現すること...

続きを読む

山口県周南市議会;「手話はいのち!条例」制定(2020年9月24日配信『新周南新聞』)

理解促進、通訳養成に期待藤井市長を囲む報告会の出席者 周南市9月定例議会に提出されていた「手話はいのち!周南市手話言語条例」を制定する議案が18日に本会議で可決、成立した。市聴覚障害者協会(塚原辰彦会長)の会員らが傍聴して審議を見守り、議会終了後にはシビック交流センターで会員と手話サークルのメンバー30人が出席して報告会も開かれた。 この条例は昨年10月の県による同様の条例制定を受けて基本理念、市の責務...

続きを読む

暮らしに手話を」使用環境構築へ山口県周南市も条例を制定

手話を通じて市議会を傍聴する市聴覚障害者協会の役員ら=18日、周南市役所手話を通じて市議会を傍聴する市聴覚障害者協会の役員ら=18日、周南市役所 周南市は18日、聴覚障害者のために手話の普及啓発と利用促進に取り組む手話言語条例を制定した。同日開かれた市議会定例会の最終本会議で可決され、市聴覚障害者協会(塚原辰彦会長、約30人)の会員ら約10人が傍聴した。 同条例は、市が手話習得の機会を確保し、市民...

続きを読む

「大分市こころをつなぐ手話言語条例」可決(2020年6月15日)

 大分県大分市議会は、2020年9月15日、「大分市こころをつなぐ手話言語条例」案を可決した。 条例は、「手話が言語であるとの認識に基づき、手話及びろう者に対する理解の増進並びに手話の普及について、基本理念を定め、市民及び事業者の役割並びに市の責務を明らかにするとともに、手話及びろう者に関する市の施策の基本となる事項等を定めることにより、手話及びろう者に対する理解の増進並びに手話の普及をこれまで以...

続きを読む

三春町手話言語条例

手話言語条例制定を歓迎する町聴力障害者会のメンバーと町議ら  福島県田村郡三春町議会は、2020年9月8日の最終本会議で、手話を言語として捉え、手話の普及に努める町手話言語条例案を可決した。 同種の条例は、福島県内では、福島県、郡山市、伊達市、福島市、須賀川市、二本松市、白河市、田村市についで9例目。町では福島県内で初めて。全国では、358例目。 条例は、手話を使いやすい環境を整備することで、誰も...

続きを読む

北海道白老町  2023年度まで手話条例制定へ(2020年9月10日配信『苫小牧新報』)

 白老町は、障害者支援策の一環として「手話言語条例」を制定する。聴覚障害者があらゆる場面で手話が使える環境を整え、誰もが安心して暮らせる共生社会の実現を図る。 手話言語条例は、道内では、北海道、石狩市、新得町、鹿追町、名寄市、登別市、室蘭市、帯広市、旭川市、洞爺湖町、伊達市、苫小牧市、釧路市、赤平市、札幌市、千歳市、小樽市、三笠市、岩見沢市、釧路町、江別市、豊浦町、北斗市、網走市、恵庭市、根室市、...

続きを読む

【倉敷市議会議員・さいとう武次郎】手話言語条例の質問に聴覚障がい者が議会傍聴(2020年9月9日配信『選挙ドットコム』)

9月7日から9月10日まで、倉敷市議会一般質問が行われます。今回は、18人の議員が質問します。私が所属する会派「未来クラブ」からは小郷ひな子議員が登壇し、手話言語条例の制定等について質問しました。倉敷市聴覚障害者協会の皆さんが傍聴されました。傍聴席から手話通訳の方が通訳していただきました。『倉敷市議会議員・小郷ひな子】手話言語条例について勉強するため里庄町を訪問について(2020年9月9日配信『選挙ドッ...

続きを読む

大分市が手話言語条例の素案策定 意見を募集

「(仮)大分市こころをつなぐ手話言語条例」(素案)についての市民意見を募集します手話は、日本語を手の動きで置き換えたものではなく、独立した一つの言語です。そして、手話を必要とする人(ろう者)が社会で自立して、自分らしく生活していくために、必要不可欠なものです。しかし、手話は言語であるという認識や、ろう者への理解が十分に広まっているとは言えず、ろう者が手話を通じて自由にコミュニケーションを図ったり、自...

続きを読む

「手話言語法」制定を コロナで課題浮き彫り 香川・聴覚障害者協会理事長に聞く(2020年7月23日配信『毎日新聞』)

聴覚障害者を取り巻く状況などについて説明する近藤龍治さん=香川県観音寺市で2020年6月11日午後3時36分 手話を言語の一つとして位置付け、普及啓発に努めることを定めた「手話言語条例」が全国に広まっている。一方、現実的には手話で会話できる人はまだ圧倒的に少なく、新型コロナウイルス禍で改めて聴覚障害者への情報保障が課題として浮き彫りになった。香川県聴覚障害者協会の近藤龍治理事長(55)に手話通訳を介して現状...

続きを読む

「大分市こころをつなぐ手話言語条例」(素案)についての市民意見の募集(パブリックコメント)(2020年7月1日)

 同種の条例は、全国では352の自治体、大分県では津久見市、豊後大野市、宇佐市、中津市、豊後高田市、別府市で制定されている。手話言語条例を制定した自治体一覧➡ここをクリック全国の手話言語条例➡ここをクリック 手話は、日本語を手の動きで置き換えたものではなく、独立した一つの言語です。そして、手話を必要とする人(ろう者)が社会で自立して、自分らしく生活していくために、必要不可欠なものです。しかし、手話は言...

続きを読む

青森県手話言語条例が制定 関係者は歓迎(2020年6月30日配信『東奥日報』)

「I love you」の手話で条例制定を喜ぶ県ろうあ協会の会員らと三村知事 手話は言語であると明記し、その理解や普及促進を図る青森県手話言語条例が30日、県議会で可決、制定された。県に条例化を要望し、骨子案の検討会にも加わってきた県ろうあ協会の会員ら31人が県議会を傍聴し、待望の条例成立を喜んだ。7月6日から施行する。 手話言語条例は全国で制定が進み、6月末現在、制定済みは青森県を加えて29道府県となった。3月の...

続きを読む

手話言語条例、別府市が制定 大分県内で6市目

別府市議会は2020年6月29日の本会議で、手話言語条例制定案を可決し、7月1日施行した。同種の条例は、全国で351例目。大分県内では、津久見市、豊後大野市、宇佐市、中津市、豊後高田市に次いで6例目。市の直近の聴覚障害者数は469名(2020年6月30日現在)。 別府市手話言語条例(条例第55号)(前文)言語は、お互いの感情を分かり合い、知識を蓄え、文化を創造するうえで不可欠なものであり、人類の...

続きを読む

上田市「手話言語の普及及び視聴覚障害者等の意思疎通手段等の利用促進に関する条例」を制定へ

 上田市は、障害を抱える人たちの意思疎通手段の促進などを目指す「手話言語の普及及び視聴覚障害者等の意思疎通手段等の利用促進に関する条例」案(議案第51号) を6月8日開会の6月市議会に提案した。本会議最終日の6月25日に可決されれば長野県、佐久市に次いで長野県内で3例目、全国では347例目の制定となる。 市は、市内の障害者団体などからの要望を踏まえて条例案を検討。手話を「言語」と位置付けて学ぶ機会を積極的...

続きを読む

岡市に「手話言語条例」制定を要望(2020年5月9日配信『IBC岩手放送』)

 岩手県盛岡市内の聴覚障害者の団体などが、盛岡市に対し手話の普及を目指す条例を、制定することを求める要望書を提出しました。 要望書を提出したのは、県聴覚障害者協会盛岡支部の会員などで作る、盛岡市手話言語条例制定準備委員会です。 8日は委員長で聴覚に障害がある菊池るり子さんが、盛岡市の藤尾善一副市長に要望書を手渡しました。 手話言語条例は手話を「言語」として普及させるため、手話教育の推進や手話が使い...

続きを読む

益田市手話言語条例制定

 島根県益田市議会は3月定例会最終日の2020年3月24日、手話を言語と位置づけ、手話への理解促進と普及、手話での意思疎通が円滑にできる環境整備を目指す「益田市手話言語条例」案を可決した。施行は、2020年4月1日。 条例は、手話に関する施策を進めて全ての市民が共生できる地域社会の実現を目的とし、市には必要な施策を実施する責務があり、市民は市の施策に協力するよう努めると定めている。 同種の条例は島...

続きを読む

青森県障害者の意思疎通手段の利用の促進に関する条例 3月27日施行

 青森県議会は、2020年3月24日、身体障害者や知的障害者の特性に応じた多様なコミュニケーション手段に対する理解を深め、障害者が安心して暮らせる社会の実現をめざす、点字や音訳、意思伝達装置など様々な障害者の意思疎通手段の利用を促進する「青森県障害者の意思疎通手段の利用の促進に関する条例」案を全会一致で可決し、同月27日に施行した。 条例は、意思疎通手段の利用促進を県の責務として定めた上で、これを県...

続きを読む

鹿児島県議会、手話言語条例を可決(2020年3月25日配信『南日本新聞』)

手話言語条例案の提案理由説明後、賛同の拍手を手話でする議員=鹿児島県議会 鹿児島県議会は24日の本会議で、手話の普及と理解促進を図る「手話言語条例案」を議員発議で上程、全会一致で可決した。2020年度一般会計当初予算(総額8398億5300万円)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急対策費10億1100万円を盛り込んだ補正予算など45議案も可決した。 手話言語条例は、手話を独自の言語として認め...

続きを読む

観音寺市手話言語条例成立(2020年3月25日)

 香川県観音寺(かんおんじ)市議会は、2020年3月25日、手話に対する理解の促進及び手話の普及について基本理念を定め、手話に係る施策を総合的に推進するための「観音寺市手話言語条例」案を可決した。施行は、2020年4月1日。 市は、障害者団体などから要望を受け、同県の三豊市と協力して条例制定の準備を進めてきた。両市の議案書によると、「手話言語条例」は手話を他の言語と同等に言語として位置付ける。教育...

続きを読む

「熊本市手話言語条例」成立で記念撮影(2020年3月24日配信『NHKニュース』ー「熊本」)

 手話を言語と位置づけ、普及や通訳者の育成などを進める「手話言語条例」が熊本市議会で可決したことを記念して、手話を使う当事者たちが市役所で写真撮影をして、条例の成立を喜びました。 熊本市の手話言語条例は、24日に閉会した定例市議会で、熊本県ろう者福祉協会のメンバーが見守るなか、可決成立しました。 この条例は、手話を「言語」と位置づけたうえで、普及や通訳者の確保と養成、障害児への支援などを市の施策と...

続きを読む

手話・コミュニケーション条例へ 三豊、観音寺両市提案 県内では高松、さぬき市で施行(2020年3月24日配信『毎日新聞』-「香川版」)

 香川県三豊、観音寺両市は手話を言語として定める「手話言語条例」と、さまざまな障害を持つ人のコミュニケーション手段を保障する「情報保障とコミュニケーション条例」の導入を目指している。開会中の両市議会3月定例会で提案されており、可決されれば4月から施行する。 両市は障害者団体などから要望を受け、協力して条例制定の準備を進めてきた。両市の議案書によると、「手話言語条例」は手話を他の言語と同等に言語とし...

続きを読む

障害に応じた多様な意思疎通環境整備へ 福島県田村市が県内初条例(2020年3月21日配信『福島民友新聞』)

 福島県田村市の3月議会は2020年3月19日、最終本会議を開き、手話が言語であることを理解し、障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段の利用を促進し、障害の有無によって分け隔てられることなく、障害のある人もない人も安心して暮らすことのできる地域社会の実現を目的とした「手話言語及び障害者コミュニケーション条例」案を可決した。施行は2020年4月1日。 手話言語条例としては全国で307例目。 ...

続きを読む

平川市議会 手話言語条例案可決(2020年3月18日配信『ABA青森朝日放送』)

 青森県平川市議会定例会最終日の2020年3月18日、手話が言語であることを認め、ろう者があらゆる場面で手話による意思疎通ができる社会を目指す手話言語条例案を全会一致で可決した。条例は4月1日に施行される。 市には、200人のろう者の方々が定住している。 青森県では、2019年までに、黒石市や青森市など5つの市で手話言語条例が制定されており、2020年3月はむつ市、つがる市、藤崎町でも制定された。...

続きを読む

手話言語条例制定、議場で関係者とセレモニー開催/むつ市議会(2020年3月17日配信『東奥日報』)

「アイラブユー」の手話で条例制定を祝う、むつろうあ協会関係者らむつ市議会議場で13日、手話への理解と普及を図る「市手話言語条例案」の可決を受けたセレモニーが開かれ、むつろうあ協会関係者らが市職員や市議に感謝を伝え、条例制定を一緒に祝った。条例は4月1日に施行される。 同日は市議会傍聴席で、同協会関係者ら17人が定例会本会議の議事進行を見守った。議案が可決されると、一斉に「拍手」の手話で喜びを表現し...

続きを読む

共に暮らす社会PR 二つの条例、県が動画とパンフで紹介(2020年3月16日配信『福島民友新聞』)

 福島県は、「障がいのある人もない人も共に暮らしやすい福島県づくり条例」「福島県手話言語条例」の二つの条例内容をPRする動画とパンフレットを作り、公開している。 両条例は、昨年4月に施行された。動画では、共生社会をPRするオリジナルキャラクター「ともたろう」と、トリ、サル、イヌをモチーフにした仲間たちが登場し、障害の特性や障害者への対応、不当な差別の具体例などを説明している。 また「こんにちは」「...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ