FC2ブログ

記事一覧

乳幼児の送迎変更、おもちゃ消毒… 保育士の負担増える一方<緊急事態再宣言へ>(2021年1月5日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルスの猛威を受け、菅義偉首相が4日、緊急事態宣言再発令の検討を表明した。先行きが見えない中、保育現場では感染対策を凝らしながらの預かりが続く。感染リスクを下げるため、送迎時や子どもが触れるおもちゃの消毒にかかる人手や時間が増え、保育士の負担は重くなるばかり。「対策はし尽くしており、これ以上やりようがない」と心は複雑だ。(杉戸祐子)子どもたちの昼寝中におもちゃを消毒する保育士ら。緊急...

続きを読む

待機児ゼロ先送り 安心な受け皿整備を急げ(2020年9月9日配信『山陽新聞』-「社説」)

 誰もが安心して子どもを預け、育児と仕事を両立できる環境はいつ整うのか。厚生労働省は、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が今年4月1日時点で約1万2千人だったと発表した。3年連続で減少したものの、年度末までにゼロにするとの目標達成は極めて難しい。 「待機児童ゼロ」は第2次安倍政権が子育て分野で最初に掲げた目玉政策である。2013年、17年度末までに解消させる計画を打ち出したが保育所不足など...

続きを読む

待機児童ゼロ先送り 実情に沿った整備急げ(2020年9月8日配信『中国新聞』-「社説」)

 厚生労働省は今年4月1日時点での全国の待機児童数が1万2439人だったと発表した。調査を始めた1994年以降で最も少ないが、依然として1万人を超えている。 そもそも政府の目標では、2020年度末までに待機児童数はゼロになるはずだった。加藤勝信厚労相は本年度中の達成を事実上断念し、先送りする方針を明らかにした。 待機児童ゼロは長年の懸案である。とりわけ安倍晋三首相は成長戦略に「女性活躍」を掲げ、そ...

続きを読む

企業型保育事業、増えたけど「質」低下 事業者のノウハウ乏しく(2020年9月5日配信『東京新聞』)

 「女性活躍」を掲げた安倍政権は、待機児童解消を重要政策に位置付け、保育の受け皿整備を進めた。急速な「量」の拡大を引っ張ったのが、2016年に国が設けた企業主導型保育事業。ただスピード感を重視するあまり、運営能力に問題がある事業者の参入や保育士不足など「質」の低下も招いた。事業を点検・評価する内閣府設置の委員会座長の吉田正幸さんは、指導監査体制の強化や、悪質な事業者を排除できる仕組みの必要性を指摘...

続きを読む

「あっち行け」「ブタ!」 各地で相次ぐ「不適切保育」、園児の心に深い傷(2020年8月31日配信『東京新聞』)

 園児を突き飛ばす、怒鳴る、食事を無理やり食べさせる―。こうした保育所内の「不適切保育」は、子どもが被害を訴えにくく表面化しづらい。厚生労働省は今月、これまでになかった全国的な虐待防止策づくりに着手したが、虐待の一因とされる保育士不足や労働環境の悪化を同時に是正する必要性を指摘する声も出ている。(奥野斐)◆今も夜泣き保育所の一歳児クラスに通う子どもが帰宅後に「痛い、痛い」と訴え、絆創膏を貼った時の様...

続きを読む

園児への暴言や虐待… 保育所内の「不適切保育」を厚労省が初の実態調査へ(2020年8月31日配信『東京新聞』)

 保育所内で起きた園児への暴言や暴力、放置など虐待が疑われる「不適切保育」について、厚生労働省が本年度中にも初の実態調査をする方針であることが分かった。待機児童対策で保育施設が急増する中、保育士らが園児をたたいてけがをさせたり、怒鳴ったりする事例が発覚しており、国は市区町村の対応状況の把握や虐待防止策のマニュアル作成を目指す。 厚労省が本年度に実施する「子ども・子育て支援推進調査研究事業」の1つ。...

続きを読む

職員一斉退職の意向 兵庫・須磨の企業主導型保育所 運営見通し不透明に(2020年8月30日配信『毎日新聞』)

職員が一斉に退職届を提出した企業主導型保育所「須磨うみとやま保育園」=神戸市須磨区で2020年8月28日午後3時22分、反橋希美撮影 神戸市須磨区の企業主導型保育所「須磨うみとやま保育園」で、事務職を除く全職員11人が8月末から9月にかけて一斉に退職する意向を示していることが明らかになった。運営会社は「早急に職員を確保し、立て直したい」としているが、安定的な運営が継続できるか不透明になっている。 ...

続きを読む

無期限ストライキ中の保育士「待遇改善を」 保育所への指導を求め横浜市に署名提出(2020年8月18日配信『東京新聞』) 

保育園の前で横断幕を掲げて職場環境改善を訴える介護・保育ユニオンの組合員ら=6月2日、横浜市鶴見区で 勤務する保育所で新型コロナウイルス感染防止策など職場環境の改善を求めたところ異動を命じられるなどしたとして、横浜市鶴見区の認可保育所「鶴見ハート保育園」の保育士2人が6月からストライキを続けている問題で、2人と、支援する労働組合は17日、同保育所の実態調査や指導を市に要望した。 市役所で記者会見し...

続きを読む

保育の安全・安心 現場の切実な願いにこたえよ(2020年4月6日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、各地の保育園は例年と全く異なる対応を迫られる新年度を迎えています。年度初めの忙しい業務に加え、通常よりさらに厳しい感染防止対策が必要となる中、不足するマスクと消毒液の確保や、十分な人手をそろえるために苦労する保育園も少なくありません。感染への強い不安を抱えながら、子どもを守ろうと現場は必死です。 一方、今年も「保育園落ちた!」という父母の悲痛な叫びはSNS上であふ...

続きを読む

スマート保育園で負担減 県が実証実験 昼寝の体勢をセンサーで記録(2020年2月16日配信『東京新聞』-「埼玉版」)

スマートフォンの連絡帳アプリに園児の様子を記入する保育士=いずれも2019年11月、川口市で 保育士不足が深刻な本県で、情報通信技術(ICT)を用いた「スマート保育園」の実証実験が始まっている。保育の記録をデジタル化するなど事務作業の手間を省くことで「保育士と子どもが接する時間が増える」と保護者からも好評だ。 川口市のフォーマザー西立野保育園。昼食を終えた園児たちがパジャマに着替えて保育士に駆け寄...

続きを読む

保育「指針」 いつも手元に 保育士向けクリアファイル製作へ(2020年1月20日配信『東京新聞』)

保育所保育指針を抜粋して載せるクリアファイルのデザイン案を手に話す河合清美さん=東京都内で 保育のあり方をまとめた国の「保育所保育指針」を忘れないよう、保育士らのグループが指針を載せたクリアファイルの製作を目指している。一部で不適切な保育や園児への虐待も起きている中、グループは「指針を手元に置き、保育の質の向上に生かして」と期待する。 保育士らが2016年に設立したNPO法人「こども発達実践協議会...

続きを読む

幼稚園教諭の支援置き去り 残業代未払いも…目立つ早期離職(2019年12月1日配信『西日本新聞』)

5年間勤めた幼稚園を今年3月に退職した女性。劣悪な労働環境に「もう限界だった」と訴える=福岡市専門家「保育士より厳しい」 待機児童の解消に向け、保育士の処遇改善が叫ばれる中、幼稚園教諭(幼教諭)への支援が置き去りになっている。国が進める処遇改善策は認可保育園と認定こども園などの保育士らが対象で、私立幼稚園は原則対象外。その多くは、少子化による経営難や人員不足を背景にサービス残業が常態化し、早期離職者...

続きを読む

店舗一体の保育所、来春開設 名古屋市とファミマ連携、全国初(2019年10月16日配信『中日新聞』)

 名古屋市は15日、コンビニ大手のファミリーマート(東京)と連携し、コンビニ店舗と認可保育所が一体となった施設を来年4月に名古屋市東区葵一で開所すると発表した。賃料の高い都心部に保育所を設置する施策の一環。ファミマと認可保育所の一体施設は全国で初めて。 市とファミマは昨年12月に待機児童対策に関する連携協定を結び、コンビニ併設型の保育所整備を目指してきた。併設により、地価や賃料が高く物件確保が難し...

続きを読む

[保育士の低賃金]待遇改善待ったなしだ(2019年9月22日配信『沖縄タイムス』-「社説」)

 10月1日の幼児教育・保育無償化まで10日を切った。日本の保育制度の大きな変革だが、制度を支える保育士の待遇の問題が残されたままのスタートとなることに、危機感を覚える。 〈沖縄の保育士のリアルな給料 自分は保育経験トータル7年目で(手取り)12万6千354円。生活できません〉 県内の認可保育園で働く女性保育士は、総支給額17万1500円の給与明細とともにツイッターでそう発信した。 保育士の賃金の低さはかねて問題視...

続きを読む

保育所待機児童(2019年9月17日配信『しんぶん赤旗』-「主張」)

深刻な状況を打開できてない 認可保育所(園)などに入所を申し込んでも入れなかった子どもは、今年4月1日時点で1万6772人にのぼります。厚生労働省が今月初めに発表しました。昨年より3123人減少したものの、なお1万6000人以上が待機児童となっている現実は深刻です。認可園などに入れなかったのに、別の基準によって待機児童に算入されない「隠れ待機児童」はさらに数多くいます。希望する保育施設に子どもを預...

続きを読む

待機児童対策 ニーズに応じた保育環境 不可欠(2019年9月14日配信『愛媛新聞』ー「社説」)

 希望しても認可保育所などに入れない待機児童が、今年4月1日時点で昨年より3123人少ない1万6772人だったと厚生労働省が発表した。調査を始めた1994年以降で最少となった。 保育の受け皿が増え、状況に改善の兆しが見えているのは確かだが、政府が目標に掲げる2020年度末までの「待機児童ゼロ」は依然高いハードルだ。引き続き待機児童解消へ取り組みを加速させる必要がある。だが、単に数字をゼロにするだけ...

続きを読む

台風、でも保育園は開いた 交通混乱「一つ間違えば…」(2019年9月12日配信『朝日新聞』)

 9日朝に千葉市付近に上陸した台風15号。首都圏の交通網がまひし、早い段階で休校を決めた学校も多かった。一方、そんな中でも開いていたのが保育所。通常通り開けるよう要請している自治体もあり、保育士が近くに前泊して受け入れ態勢を作ったところもあった。働く親にとっては心強い存在だが、安全確保などの観点から、ルール作りを求める声もあがる。 「早めの出勤をお願いします」。東京都港区の私立認可保育園の園長の女...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ