FC2ブログ

記事一覧

まちづくりに手話生かしたい 条例制定の新得町、推進員に京都出身・小室さん 協力隊員として着任(2021年4月16日配信『北海道新聞』)

地域おこし協力隊の手話推進員として新得で活動を始めた小室さん 【新得】手話を言語として位置づける手話条例を全国の町村で初めて2014年に施行した北海道新得町に、手話普及に取り組む新しい推進員が着任した。京都出身の小室弥生さん(46)。地域おこし協力隊員として町が採用した。役場や行事で手話通訳を担当するほか、町民講座や学校で講師を務める予定で、活躍が期待されている。 小室さんは原因不明の難聴で、高校...

続きを読む

新得 手話推進員に聴覚障害の小室さん着任(2021年4月8日配信『十勝毎日新聞』)

手話を交えて職員とコミュニケーションを取る小室さん。「声で会話はできるけど、手話を見てもらうことも大事だと思うので」と話す。北海道新得町の地域おこし協力隊員「手話推進員」に3月、聴覚障害のある小室弥生さん(46)=京都府出身=が着任した。手話の普及に努めると同時に、手話にこだわらずに誰もが耳の不自由な人とコミュニケーションを取れる地域づくりを目指す。 小室さんは高校卒業後、働きながら仏教大学通信課...

続きを読む

自民・今井氏、手話で武田総務相に質問 参院決算委(2021年4月5日配信『産経新聞』)

参院決算委員会で手話を使い質問する自民党・今井絵理子氏=5日午前、参院第1委員会室(春名中撮影) 自民党の今井絵理子参院議員は5日午前の参院決算委員会で、耳の不自由な人がインターネットのテレビ電話による手話通訳を介して電話を利用できる「電話リレーサービス」について、武田良太総務相らに手話を使って質問した。 今井氏は、電話リレーサービスの認知度の向上に向けた決意などを手話を交えて武田氏に質問。武田氏...

続きを読む

アメリカの手話講座、開講 宇都宮市の亀和田さん(2021年3月28日配信『下野新聞』)

手話でアルファベットを説明する亀和田さん 宇都宮市菊水町、フリーランス通訳の亀和田香(かめわだかおり)さん(59)がこのほど、市内の聴覚障害者を対象に米国手話講座を始めた。日米の手話を習得して通訳として活動する健聴者は、亀和田さんを含め全国に数人しかいないという。「手話を一つの言語として広げるとともに、ろう者の国際交流を後押ししたい」と話している。 亀和田さんは宇都宮女子高、日本大文学部に通いながら...

続きを読む

歌えないなら手話で校歌を…卒業式もコロナ対策「感謝の気持ち伝えられた」(2021年3月26日配信『東京新聞』)

卒業式で、校歌を手話で表現する卒業生たち 校歌を歌えないなら手話で。東京都府中市の市立府中第二小学校(山田順子校長)で26日、卒業式が行われた。新型コロナウイルス感染防止のために校歌斉唱は取りやめ、卒業生173人が手話で校歌を披露した。 会場の体育館に録音された校歌が流れると、マスク姿の卒業生たちはそろって手話で歌詞を表し、保護者や教職員が見守った。岩崎莉央さん(12)が「みんなが協力してコロナ禍...

続きを読む

園児ら、手話と歌でエール パラ陸上応援動画撮影 高松市、心のバリアフリー醸成へ(2021年3月26日配信『四国新聞』)

mimikaさん(後列左から3人目)と一緒に手話を交えて元気よく歌う園児たち=高松市屋島西町、屋島こども園高松市で来月開催される障害者陸上の「ジャパンパラ陸上競技大会」に出場する選手たちにエールを送ろうと、市が地元の園児らによる応援動画の制作を進めている。ジャパンパラ競技大会とは、日本障がい者スポーツ協会と競技団体が共催して開催する、日本国内最高峰のパラスポーツ競技大会です。陸上競技や水泳などの個...

続きを読む

<新型コロナ>卒業式、校歌は手話で 府中第二小 感染防止へ練習重ねる(2021年3月25日配信『東京新聞』)

手話で校歌を表現する児童たち=府中市立府中第2小学校で 府中市立府中第2小学校の6年生173人が、26日の卒業式で校歌を初めて手話で表現する。新型コロナの感染防止策として、昨夏から練習を重ねてきた。24日に式の最終リハーサルがあり、児童たちは「卒業の喜びを手話でみんなに伝えたい」と笑顔を見せた。 (服部展和) ♪緑の野辺にそよぐ風 流れも清き多摩川や 24日に同校体育館で行われたリハーサル。CDに...

続きを読む

国歌「黙唱」、党歌は手話 コロナ対策あの手この手 自民党大会(2021年3月21日配信『時事通信』)

自民党大会で党歌の歌詞を手話で表現する議員ら=21日午後、東京都港区 首都圏に出された緊急事態宣言の最終日となった21日に東京都内で開かれた自民党大会は、新型コロナウイルス対策から、国歌は出席者が心の中で歌う「黙唱」が呼び掛けられるなど、飛沫(ひまつ)防止にさまざまな工夫がなされた。  国歌は歌手の由紀さおりさんが登場し、独唱。これに先立ち、司会者は出席者に「声を出しての斉唱はお控えください」と求め...

続きを読む

手話で“感謝の歌” 卒業生「旅立ちの日に」披露 常陸大宮・大宮小(2021年3月20日配信『茨城新聞』)

 手話で「旅立ちの日に」を披露する常陸大宮市立大宮小の卒業生=同市北町手話で「旅立ちの日に」を披露する常陸大宮市立大宮小の卒業生=同市北町 茨城県内の約4割に当たる202校の小学校で19日、卒業式が行われた。常陸大宮市北町の市立大宮小学校(小池浩一(ひろかつ)校長)では、卒業生48人が、手話で卒業ソングの定番「旅立ちの日に」を披露し、先生たちや家族に感謝を伝えた。 例年、卒業生は式の2部で合唱を披露してきたが、...

続きを読む

古今亭菊千代が手話落語会 31日・池袋演芸場(2021年3月19日配信『東京新聞』)

 落語家の古今亭菊千代(64)=写真=が31日午後6時から東京・池袋演芸場で「手話と一緒に楽しむ演芸会」を開く。 菊千代は1984年、手話落語を創案した二代目古今亭円菊(2012年死去)に入門、93年に真打ち昇進。手話落語の演芸会を開くなどして意欲的に取り組んでいる。 手話と口演で一席を披露、見せて聴かせる高座。コロナ禍の日々が続き「マスク姿でも手で表現できる。手と手がつなぐ心の優しさを感じて」と...

続きを読む

石破氏、手話で党歌を ツイッターに動画「可愛い」?(2021年3月18日配信『産経新聞』)

 自民党の石破茂元幹事長は18日付のツイッターに、手話で党歌「われら」を表現した動画を投稿した。若干ぎこちないながら、手を大きく振ってメロディーにリズムを合わせている。ツイッター上には「石破さん可愛い」「ちょっと笑ってしまった」といった反応が寄せられた。 21日の党大会では新型コロナウイルスの感染予防のため、出席議員は手話で党歌を唱和する予定。動画アドレス➡ここをクリック石破氏のツイッター➡ここをク...

続きを読む

コロナ禍の卒業式 “手話”で別れの思いや感謝(2021年3月17日配信『テレ朝ニュース』)

 北九州市の小学校で卒業式が行われ、新型コロナウイルス感染防止対策として別れの思いや感謝が手話で伝えられました。 北九州市立松ケ江南小学校では、115人の卒業生がマスク姿で式に臨みました。 感染防止対策で声を出すことへの自粛が求められるなか、式では事前に収録した歌に合わせて2カ月間練習を重ねた手話が披露されました。 今年度は学校行事の中止も相次ぎましたが、卒業生たちは皆で力を合わせた思い出を胸に、学び...

続きを読む

「だれもが安心な窓口」に-手話ができる職員増やそうと市が講習会(2021年3月15日配信『両丹日日新聞』)

手話を練習する職員たち 京都府福知山市は、職員を対象にした手話実技研修にこのほど取り組んだ。手話利用者らが、安心して窓口対応を受けられる環境づくりをすることが目的。約60人が参加し、すぐに使える手話から学んだ。 市は2013年から「絆プロジェクト」として、聴覚や言語などに障害がある人らとの情報交換、意思疎通ができる職員の養成に努めている。手話実技研修もその一つ。2日間で3回の研修があり、講師は、市聴覚言語...

続きを読む

食事は黙食で...手話を使ったクッキング教室(2021年3月13日配信『KBS京都』)

 新型コロナウイルスで「黙食」などが推奨されるなか、手話を使ったクッキング教室が行われました。 手話によるクッキング教室は、新型コロナウイルスの影響で飛沫防止の観点からコミュニケーションの機会が減る中、手話や筆談を使い、協力して料理を楽しんでもらおうと行われました。 きょうは、新型コロナウイルスの課題の一つでもある増えているフードロスの食材を使い、聖護院大根の野菜スープや鹿肉のボロネーゼなどを作って...

続きを読む

聴覚障害者に寄り添いたい(2021年3月12日配信『ニュース和歌山』)

看護師の田中匡子さん 手話バッジ作成 手話や筆談ができることを聴覚障害のある人に伝える「手話バッジ」を、和歌山市の看護師、田中匡子さんが考案し、普及を図っている。昨年夏に販売を始め、これまで400個が売れた。「サポートが必要な時に聴覚障害者が声をかける目印になる。助けになりたい、寄り添いたいとの思いを伝えるバッジです」とほほ笑む。 聴覚障害のある患者から「おはよう」「薬」などの手話を教わり、心が通...

続きを読む

みやざき弁、手話学ぶ 伝えたい気持ち、顔と体で表現 宮崎大など制作 ユーチューブで公開 /宮崎(2021年3月2日配信『毎日新聞』)

手話講座の一場面=宮崎大公式ユーチューブチャンネルから 宮崎大産学・地域連携センターと宮崎県聴覚障害者協会などが無料で視聴できる「みやざき弁(もろかた弁)で楽しく学ぶ手話講座」を宮崎大公式ユーチューブチャンネルで公開している。東京オリンピック・パラリンピックを機に、障害のある人もない人も生きやすい社会を作ろうと制作した。同大は「一人でも多くの人に見てほしい」としている。 同大は2020年5月から、...

続きを読む

みずほ銀行に足を運んだ難聴者「窓口の衝撃的な対応」に拍手の嵐「うおおぉ……行員さんカッコいい…」「感動してしまいました」(2021年2月24日配信『GOOニュース』)

難聴を抱えるとある投稿者さんが、みずほ銀行での体験談をTwitterに投稿し注目を集めています。その投稿がこちら。みずほ銀行行っててね、公共料金の支払いがあったからね、窓口に行ったの………筆談をお願いしようと、「あの…耳が聞こえないのですが…」と言ったら、即手話で!!!対応してくれたの!!!!呼び出しも完璧で、最後まで手話!!!ええええっ!!ありがとうございます!!!●SNSの声・素晴らしい!岡山のとある銀行では...

続きを読む

刀抜く動作で「佐々木」 初心者向け手話教室 高松 /香川(2021年2月18日配信『毎日新聞』)

手話を使った簡単な会話を教える手話教室=高松市片原町の高松市生涯学習センターで、川原聖史撮影 高松市片原町の市生涯学習センターで17日、初心者向けの手話教室が開かれた。市教委の主催で、県聴覚障害者福祉センターの職員2人が講師を務めた。参加した5人が、基本的な日常会話などのコミュニケーション方法を学んだ。 教室は、自身も聴覚に障害を持つ職員の藤井真作憲さん(54)が手話を使って説明し、施設長の太田裕...

続きを読む

和歌山北署・地域課 瀧本敦哉警部補(56) 手話対応で寄り添い /和歌山(2021年2月18日配信『毎日新聞』)

瀧本敦哉警部補 和歌山県警で3人しかいない手話通訳者の一人として、聴覚障害者の相談や事故対応をしている。「耳が不自由なことで警察になかなか相談できず、独りで悩んでいる人もいる。そんな人たちの力になりたい」 きっかけは29歳の時。職務質問した相手に聴覚障害があり、意思疎通ができなかった。「耳が不自由な人に対応できる警察官が必要だ」と感じ、手話サークルに通うようになった。 サークルを通じて仲間が増える...

続きを読む

足立梨花「手話でアドリブもあった」 YouTube再生1000万回突破のMVの舞台裏(2021年2月15日配信『encount』)

女優の足立梨花が出演したHANDSIGNのミュージックビデオ「僕が君の耳になる」がYouTubeで再生1000万回を突破した。同MVは耳の聞こえない女性と聞こえる男性の実話を基にしたラブソング。「Jリーグ名誉女子マネージャー」の足立は、耳の聞こえないヒロイン役を振り返りながら、コロナ禍で苦境に立たされているJリーグへの思いも熱く語った。インタビューに応じた足立梨花【写真:山口比佐夫】HANDSIGNのミュージックビデオ「僕が君...

続きを読む

ハートネットTV 手話で楽しむみんなのテレビ!(2021年2月14日配信『毎日新聞』)

 ◆ハートネットTV 手話で楽しむみんなのテレビ!(Eテレ=後8・0)公式サイト➡ここをクリック 過去の番組に手話を付け放送する「手話で楽しむみんなのテレビ!」。今回は童話や昔話を一人芝居で演じる番組「おはなしのくに」を取り上げる。 ミュージシャンの浜野謙太が演じ人気が高かった「ブレーメンのおんがくたい」には、リズミカルな手話が付けられた。歌と手話のタイミングが合うよう工夫され、動物の鳴き声なども豊...

続きを読む

オンライン手話講座人気 聴覚障害者にマスクが苦境 「伝えたい意識大切に」(2021年2月13日配信『産経WEST』)

 新型コロナウイルス感染予防のために多くの人がマスクをするようになり、相手の口元や表情を見ながらコミュニケーションをとる聴覚障害者にとって厳しい状況が続いている。そんな中、手話を使った演劇などを行う「手話エンターテイメント発信団oioi(オイオイ)」(大阪市)が今月から、オンラインでの手話講座を始めた。「相手に気持ちを伝えようという意識を大切にしてほしい」。手話だけでなく、そんなメッセージも伝えて...

続きを読む

歌交え「手話」学べる動画 福島県が作成、普及へ初の試み(2021年2月7日配信『福島民友新聞』)

手話の魅力を歌に合わせて披露するまーちゃん(左)とおーちゃん 福島県は手話の普及を目指して、歌を交えて手話を学べる動画を作成した。動画投稿サイト「ユーチューブ」で、家族で楽しめるとして人気を集めている本県在住のユーチューバー「HIMAWARIちゃんねる」のまーちゃんとおーちゃんが歌いながら手話に取り組み、魅力を発信している。 県が手話普及に向けた動画を作成するのは初めて。「シュワシュワしゅわでごあ...

続きを読む

手話通訳の普及へ 富山県手話施策推進協議会(2021年2月5日配信『北日本放送』)

 富山県内の手話の普及などについて話し合う県の会議が開かれ、県がことし春に策定する障害福祉計画の素案について説明しました。 県内には現在、17人の手話通訳士がいますが、県が理想とする人数には届いておらず、県は新年度から、新たに手話通訳の人材などの育成に取り組む方針です。 出席した委員からは、手話通訳への取り組みが市町村によって温度差があり改善が必要だとする声や、県内で行われているスマートフォンなど...

続きを読む

ろう児に手話動画の動物図鑑を 伊勢崎出身の今井さん、CFで制作費募る(2021年2月1日配信『上毛新聞』)

ろう児の学習環境を変えたいと、支援を呼び掛ける今井さん今井ミカさん公式サイト➡ここをクリック 手話を母語とするろう児の学習環境を整えようと、群馬県伊勢崎市出身で自身も耳が不自由な今井ミカさん(32)が理事長を務めるNPO法人シュアール(東京都)が、手話動画で動物の生態などを学べる「手話で楽しむ生きものずかん」(https://shuwa-zukan.com/)の制作費をクラウドファンディング(CF)で募っている。動画20本を目標に...

続きを読む

足立梨花 主演MV再生1000万回突破 耳が不自由な女性の実話ラブソング「僕が君の耳になる」HANDSIGNと再会(2021年1月31日配信『中日スポーツ』)

それぞれお気に入りの手話ポーズをとる(左から)HANDSIGNのSHINGO(本気)、TATSU(お風呂)、足立梨花(ヤバイ) ボーカル&手話パフォーマーの男性2人組ユニット「HANDSIGN(ハンドサイン)」が2017年にリリースした実話を基にしたラブソング「僕が君の耳になる」のミュージックビデオ(MV)のYouTube再生回数が1000万回を突破したことを記念し、MVで主演した女優・足立梨花(28)とHANDSIGNのTATSUとSHINGO(いずれも年齢非公表)が久々に顔を...

続きを読む

自民党青年局で手話の自民党青年局で手話の党歌を収録を収録(2021年1月29日配信『選挙ドットコム・自見はなこ』)

自民党青年局で手話の党歌を収録しました!心一つになる素晴らしい手話となりました。ご期待ください!青年局で党歌『われら』(1番)に手話をつけました!!青年局では、今回、党の歌『われら』に手話をつけることにいたしました。私たちは、多様性を大切にする政策を実践し、青年局自体が多様な人材の受け皿となることを目指しています。きこえない・きこえにくい人々と共に生きる社会を実現するため、より一層、手話言語の理解、...

続きを読む

岐阜県・土岐手話サークル竹の子 コロナで活動縮小、でも灯は消さず(2021年1月24日配信『中日新聞』)

a href="https://gogotamu2019.blog.fc2.com/img/20210124162043d9b.jpg/" target="_blank">児童に手話を教えるサークルのメンバー(右)=土岐市濃南小で 岐阜県内の手話サークルで2番目に長い約半世紀の歴史がある土岐手話サークル竹の子(土岐市)が、新型コロナウイルスの感染拡大により活動の縮小に直面している。聴覚障害者への理解を深める講演や手話通訳などに取り組んでいるが、メンバーも徐々に高齢化。若い世代への引...

続きを読む

手話で届ける応援歌 耳の不自由な人に意識が向くように リモートで全国つなぎ、動画制作(2021年1月19日配信『東京新聞』)

 「Be One」手話版の動画制作を企画したyukaさん=千葉市中央区で 「コロナと闘う人々への応援歌を、聴覚障害者にも届けたい」−。昨年、新型コロナウイルスが感染拡大する中、活動を自粛していた音楽家と一般の人々がリモートでつながって制作した歌「Be One」を、全国各地の人々が手話で表現した動画が注目を集めている。千葉市の会社員yukaさんが動画制作の中心となり、これまでの参加者は北海道から沖縄...

続きを読む

児童対象に手話教室 田辺の龍神市民センターで開催(2021年1月7日配信『紀伊民報』)

児童25人が参加した手話教室(6日、和歌山県田辺市龍神村安井で) 和歌山県田辺市龍神村(りゅうじんむら)安井の龍神市民センターで6日、冬休み中の児童を対象にした市の「山村地域における子供の居場所づくり事業」の講座で手話教室があった。 龍神村内の小学1~6年生25人が参加。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、大ホールを会場に席の間隔を空けて開いた。 講師は、西牟婁振興局総務福祉課の竹中美子さん...

続きを読む

冊子「十人十色Ⅱ~見えない・障害を考える2020~」 手話秋田普及センター

冊子「十人十色Ⅱ~見えない・障害を考える2020~」公開ページ手話秋田普及センターでは、2020年度も「見えない障害」をテーマに事業活動を行いました。「一般財団法人 秋田県教育関係職員互助会助成事業」です。講演会で講師をされた藤木和子様、伊藤芳浩様、そして障害と関わってご活躍されている薬師寺みちよ様、髙橋恒治様、渡辺敦生様、朽木秀雄様、中山隆子様、佐藤万美様、田村剛様、綿貫彩様、坂下美沙様、武内伸文様、志方...

続きを読む

手話を「切り絵」アートに 和紙切り絵作家・田中道男さん作品展、12月31日まで右京区・ホテルビナリオ嵯峨嵐山(2020年12月27日配信『京都民報WEB』)

新作「手話指話千手観音」と聾学校の生徒とのコラボ作品の説明をする田中さん府立聾学校生徒とコラボ作品も展示 手話の指文字をアートに取り入れ、切り絵で表現した作品展が、京都市右京区のホテルビナリオ嵯峨嵐山(JR嵯峨嵐山駅東側・旧コミュニティ嵯峨野)1階ロビーで開催中です。和紙切り絵作家の田中道男さん(61)=京都市右京区=が、千手観音と組み合わせて、50音を表す手の動きを色とりどりの和紙で表した「手話指話...

続きを読む

ともに・共生社会めざして;私の歌声、手話に乗せ サインボーカリスト・水戸まなみさん(2020年12月27日配信『毎日新聞』)

=西夏生撮影 音楽は「聞こえる人」だけのもの?――答えは「NO」だ。「サインボーカリスト」として活動する水戸まなみさん(38)は、手話で歌詞の世界を表現しながら歌う。健聴者の水戸さんがパフォーマンスに込めるメッセージとは。 ♪起きたら枕を外しましょ 朝のあいさつ「おはよう」♪ 水戸さんが作詞した「あいさつの歌」は、リズムに合わせて振り付けのように楽しく手話を学べる。右手で枕を外す動きは「朝」。両手の人...

続きを読む

ともに・共生社会めざし; 今月の大学 群馬大、増やせ手話教員(2020年12月27日配信『毎日新聞』)

 群馬大(前橋市)は2017年度から教育学部(現・共同教育学部)の教員養成課程で、手話通訳の資格取得を目指すコースを取り入れている。特別支援学校や特別支援学級などで「手話ができる教員」を増やすためだ。群馬大によると、福祉系の大学以外では珍しい取り組みだという。 群馬大が、手話ができる教員の育成に乗り出した背景には、主に特別支援教育の現場で需要が高まっていることがある。 補聴器や人工内耳の技術が向上...

続きを読む

手話劇で防犯呼び掛け 米原署と市、聴覚障害者向けに動画(2020年12月22日配信『中日新聞』)

手話劇で聴覚障害者に防犯を呼び掛ける(左から)米原署員、吉田さん、森さん=米原市下多良で 米原署と米原市は18日、同市下多良の県文化産業交流会館で、盗難被害防止のための聴覚障害者向け啓発動画を撮影した。 手話劇による動画で、市聴覚障害者協会員の森典夫さん(67)と市の手話講座を受講していた吉田洋子さん(70)、同署員2人が出演。森さんと吉田さんが夫婦役で、手話を通して警察から防犯の助言を受けるとい...

続きを読む

来年はこれ!卓上手話カレンダー よく使う単語をイラストでわかりやすく(2020年12月19日配信『琉球新報』)

カレンダー 手話 みみの木みみの木による「卓上手話カレンダー」。利用者が月ごとに描いた絵や手話イラストが掲載されている 手話を身近に感じてもらおうと、聴覚障がい者を支援する就労継続支援B型事業所みみの木(那覇市若狭)が、利用者が描いた絵と手話イラストが付いた2021年「卓上手話カレンダー」を制作・販売している。(吉田早希) 今年8月に事業所内で話し合いを持ち、利用者による絵や手話イラストを活用した卓上カレ...

続きを読む

手話言語学習講座「明日から使える手話レッスン(東京・港区観光編)

明日から使える手話レッスン 16分10秒の動画(港区生涯学習講座の動画配信事業)港区聴覚障害者協会 玉城・橋爪さん出演。港区聴覚障害者協会・港区手話通訳者の会協力で作成。泉岳寺、ゆりかもめ、レインボーブリッジなど、区内でよく使われている独自の地名手話などを紹介している!内容 (港区教育委員会事務局教育推進部生涯学習スポーツ振興課生涯学習係)港区は、生涯学習に関する情報を効率的に発信し、区民の学習機会の充...

続きを読む

手話も心も通じた 加賀の児童 オンライン教室 成果発表(2020年12月17日配信『中国新聞』)

教室と市役所をオンラインで結んで開かれた手話教室の成果発表会=加賀市役所で オンラインでの手話教室の成果発表会が十六日、加賀市河南小学校と市役所を結んで開かれた。新型コロナウイルス禍を受け、児童たちは聴覚障害のある人から、画面越しに手話を習ってきた。最後は「ありがとう」と互いに手話で伝え合い、距離は離れていても精いっぱい心を通わせた。 (小室亜希子) 手話教室は希望した小学校を対象に、市が開いてい...

続きを読む

障害者支援で大臣表彰 浜松の手話サークル「いちばん星」(2020年12月11日配信『中日新聞』)

鈴木康友市長(右から3人目)に文部科学大臣表彰の受賞を報告した(左から)堀尾喜子さん、研一さん夫妻、藤原幹也会長、石田栄子さん、小野芳子さん=浜松市役所で 浜松市北区三ケ日町の手話サークル「いちばん星」が、障害者の生涯学習支援活動の分野で、本年度の文部科学大臣表彰を受けた。サークルでは30年以上、聴覚障害者と町民の交流を進めたほか、地元のイベントに参加して手話の普及に貢献した。藤原幹也会長(49)...

続きを読む

SHOGO 元妻・今井絵理子議員と長男試合で会話「まるで漫才」と驚かれる(2020年12月8日配信『デイリースポーツ』)

試合後に息子・礼夢(右)と一緒に手話を交えて会見する今井絵理子氏=7日© デイリースポーツ 試合後に息子・礼夢(右)と一緒に手話を交えて会見する今井絵理子氏=7日 ロックバンド175Rのボーカル、SHOGOが8日、インスタグラムを更新。元妻で参院議員の今井絵理子氏(37)との長男・礼夢(らいむ=16)のプロレスラーデビューについて記した。 生まれつき耳が聞こえない障害を持つ礼夢は7日、神奈川県で行わ...

続きを読む

注文は手話、体験カフェ 三原で障害者週間に合わせ(2020年12月3日配信『中国新聞』)

手話を交わしながら、菓子や飲み物を注文するカフェ 障害者週間(3~9日)に合わせ、三原市の障害者たちが3日、手話で注文するカフェを同市城町の多目的スペース「サテラス」で開いた。来場者は三原ろうあ協会のメンバーから手話を教わるなどし交流した。三原駅前に多目的スペース「サテラス」23日開業(2020年7月17日配信『中国新聞』)「小宇宙空間をイメージした」と語る河口さん 三原市城町のJR三原駅前の再開...

続きを読む

手話冊子学校で使って 西都の団体市内全小中へ贈る(2020年12月4日配信『宮崎日日新聞』)

子ども向けに手話を紹介する冊子を製作した「ひまわり」のメンバー 西都市民でつくる手話サークル「ひまわり」(長友優裕会長、13人)は、手話を紹介する子ども向けの冊子「手話で話そう」(A5判、12ページ)を作製した。メンバーは「学校現場などで活用してもらい、より多くの人に、手話を身近に感じてほしい」と話している。 同サークルは1975(昭和50)年の創設以来、勉強会などを通じた手話の普及活動に取り組ん...

続きを読む

今井絵理子氏、麻生太郎氏と手話で「I LOVE YOU」 2ショット写真を公開(2020年12月3日配信『サンケイスポーツ)

参院本会議で手話を交えて質問する自民党の今井絵理子参院議員=先月30日、国会 自民党の今井絵理子参院議員(37)が2日、ツイッターを更新し「麻生太郎財務大臣と世界共通手話の『I LOVE YOU』」と笑顔で手話を披露する2ショット写真を公開。「以前、息子とテレビ電話で少しお話ししてくださりました」と麻生氏と自身の長男との秘話を明かした。 今井氏は先月30日の参院本会議で、手話を交えて菅義偉首相らに...

続きを読む

自民・今井氏が手話交え質問 参院本会議初、障害者の声受け(2020年11月30日配信『時事通信』)

参院本会議で手話を交えて質問する自民党の今井絵理子氏=30日午後、国会内 自民党の今井絵理子参院議員は30日の参院本会議で、手話を交えて質問した。参院事務局によると、参院本会議での手話による質疑は初めて。約10分の持ち時間中、防災のバリアフリー化などについて菅義偉首相らにマイクを通じて聞くとともに手話を使った。 今井氏は聴覚障害のある長男を持ち、障害者福祉に力を入れる。「マスクで口の動きが読めない...

続きを読む

旅・いろいろ地球人 異文化を生きる/3 手話は言語(2020年11月21日配信『毎日新聞』)

 手話は手の「形・位置・動き」という、それぞれは意味を持たない最小単位を組み合わせることで沢山の語彙(ごい)を作り出し、その語彙をルールに則(のっと)って連ね、活用することで文を創出する。有限個の最小単位を使って無限の文・文章を作ることができるという意味で、音声言語と同等の構造を持つ言語である。 また、視覚言語である手話には手には表れない重要な要素がある。眉・目(線)・頰・口(口形・舌)・肩などの...

続きを読む

大島優子、手話通訳シーンに挑戦「小学生の時、手話クラブだった」(2020年11月19日配信『山陽新聞』)

木曜ドラマ『七人の秘書』第5話(11月19日放送)都知事の演説で三和(大島優子)が手話通訳をするシーンが登場 テレビ朝日系で放送中の木曜ドラマ『七人の秘書』(毎週木曜 後9:00~9:54)。木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が、“影の仕事人”となり、人知れず悪をぶっ潰していく痛快さの裏で、人助けをするようになった女性たちの過去も描かれてきた。19日放送の第5話では、東京都...

続きを読む

子どもと保護者に手話を(2020年11月19日配信『タウンニュース』「横浜南区版」)

神奈川県が聴覚障害者支援事業意見交換をする参加者ら交流会始まる 聴覚障害者を支援する神奈川県聴覚障害者連盟が主催する交流会が11月7日、栄区の「あーすぷらざ」で開かれた。聴覚障害のある子どもと保護者が県内各地から参加し、専門家や聴覚障害者らが乳幼児のうちに手話を獲得できる機会の必要性を訴えた。 交流会は、2015年に手話言語条例を施行した神奈川県が同連盟に委託した事業。聴覚障害のある乳幼児がその保護...

続きを読む

手話であいさつ実践 朝日で30人基本学ぶ(2020年11月17日配信『北日本新聞』)

手話であいさつ実践 朝日で30人基本学ぶ あさひ総合病院(朝日町泊)を拠点に住民や患者が交流する「カワセミの会」(水野瑠美子会長)の本年度最初のサロンが17日、同町の五叉路クロスファイブであり、手話によるコミュニケーションの基本を学んだ。 新川ろう連合会で手話指導をする松倉助明さんが講師を務め、参加者約30人が「おはよう」「すみません」などのあいさつを手話で実践した。動物やスポーツなど簡単な単語を...

続きを読む

「ボランティアガイド お笑い手話劇場 夫婦漫才編」 特設ページとYouTubeで公開開始!

東京2020大会 ボランティア活動時によく使う手話を動画で学ぶ第3弾! 「ボランティアガイド お笑い手話劇場 夫婦漫才編」 特設ページとYouTubeで公開開始!日本財団ボランティアサポートセンター2020年11月16日 15時38分日本財団ボランティアサポートセンター(以下ボラサポ)では、ボランティア活動時によく使うあいさつなどの手話を夫婦漫才で紹介する特設ページ「ボランティアガイド お笑い手話劇場 夫婦漫才編」を11/16(月)よ...

続きを読む

手話サークル40年の歩み回顧 「こゆびの会」が記念式典(2020年11月16日配信『神戸新聞』)

創立40周年の喜びを手話で伝える福田知子会長=アイ愛センター 兵庫県伊丹市を拠点とする手話サークル「こゆびの会」の創立40周年記念式典が15日、同市昆陽池2のアイ愛センターで開かれた。出席した同会の会員たちは、聞こえない人と聞こえる人の“懸け橋”であり続けた40年の歩みを手話で振り返り、今後の活動に向けて思いを新たにした。 こゆびの会は1980年9月、伊丹市社会福祉協議会が開く手話講座の受講者が中心...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ