FC2ブログ

記事一覧

「施設職員が加害者」3割超 障害者への虐待、過去最多125件(2020年1月30日配信『神戸新聞』)

 兵庫県内で2018年度に確認された障害者虐待の件数が125件と、過去最多を更新したことが県のまとめで分かった。17年度から1.4倍に増加した。このうち福祉施設の職員による虐待は9件増の40件でこちらも過去最多となった。県は「深刻な人手不足の影響で多くの職員が疲弊している状況が垣間見える」として施設に注意を呼び掛けている。 県障害福祉課によると、18年度に県や各市町に寄せられた障害者虐待に関する相談や通報は384件。...

続きを読む

障害者の就農支援で事例報告 岡山で農福連携推進セミナー(2020年1月30日配信『山陽新聞』)

障害者の農業就労について考えたセミナー 障害者の農業就労について考える「農福連携推進セミナー」が30日、岡山市内で開かれ、農業分野で障害者の働く場を確保しつつ、効率的な経営に努める県内の障害者福祉施設が事例を報告した。 登壇した望の丘ワークセンター(高梁市)の宮崎暁弘施設長は、作業を覚えやすくするため、野菜の収穫や運搬といった工程を一定期間同じ利用者に担当させていると紹介。「特に農業はシーズンによ...

続きを読む

2/1高知でシンポジウム「障がいのある人も参加できる地域の防災避難訓練」(2020年1月30日配信『高知新聞』)

 「障がいのある人も参加できる地域の防災避難訓練」をテーマにしたシンポジウムが2月1日、高知市桟橋通4丁目の高知市立自由民権記念館で開かれる。高知県障害者(児)福祉連合会の主催。 聴覚障害や自閉症の団体、自主防災組織の関係者らが討議する。高知県障害者(児)福祉連合会が障害者を対象に実施した防災ニーズ調査の結果報告もある。 午後1時半~4時50分。無料。当日参加可能。問い合わせは高知県障害者(児)福...

続きを読む

流鉄車両に猫満載 記念乗車券を発売 令和2年2月2日「ニャンニャンニャンの日」(2020年1月30日配信『東京新聞』)

流鉄が発売する記念乗車券セット=流山市で 令和2年2月2日の「ニャンニャンニャンの日」に合わせ、流山と松戸両市を結ぶ流山線を運行する流鉄(流山市)は、日付を印字した記念乗車券セットを発売する。台紙はイラスト作家の杉本聖奈(まりな)さん(33)が担当、猫好きの流鉄ファンらしく猫いっぱいの流鉄愛があふれる絵に仕上がった。 乗車券4枚セット。いずれも「2.-2.-2.」の発行日が打たれている。流山駅から...

続きを読む

「首相のポチ」批判に激怒 棚橋委員長は“変人”クレーマー(2020年1月30日『日刊ゲンダイ』)

棚橋泰文予算委員長 場外乱闘の様相になってきた。 27、28日に行われた衆院の予算委員会で、棚橋泰文委員長(自民党)の議事進行が政府寄りだとして野党が抗議。立憲民主党の枝野幸男代表は「そろそろ入閣したいということで、首相にシッポを振っているポチなのか」と批判した。 するとこれを聞いた棚橋氏が激怒。29日には「人を人とも思わぬ侮辱に憤りを覚える」と反発し、自民が立憲に謝罪と撤回を要求する事態に発展。...

続きを読む

橋本五輪相、運動員報酬疑惑の報道否定 「適正に処理」(2020年1月30日配信『朝日新聞』)

週刊誌に自らの疑惑が報道されたことに関して、取材に応じる橋本聖子五輪相=2020年1月30日午前7時57分、首相官邸週刊誌に自らの疑惑が報道されたことに関して取材に応じた後、記者らに一礼する橋本聖子五輪相=2020年1月30日午前7時57分、首相官邸参院予算委の開会前に、報道陣に対応する自民党の高橋はるみ氏=2020年1月30日午前8時58分参院予算委の開会前に、報道陣に対応する自民党の高橋はるみ氏=2020年1月30日午前8時58分 橋本...

続きを読む

安倍9条改憲発言(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)

自衛隊明記の危険な本音示す 安倍晋三首相が衆院予算委員会の質疑の中で、「自衛隊をしっかりと憲法に明記し、その正当性を確定することこそ安全保障・防衛の根幹」と発言(27日)しました。憲法9条への自衛隊明記に固執する姿勢を改めて示したものです。しかし、「安全保障」のために自衛隊を憲法に位置付けるというのは、口実にすぎません。本当の狙いは、自衛隊を海外で米軍とともに戦争に参加できるようにすることです。国...

続きを読む

安倍9条改憲発言(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」-「主張」)

自衛隊明記の危険な本音示す 安倍晋三首相が衆院予算委員会の質疑の中で、「自衛隊をしっかりと憲法に明記し、その正当性を確定することこそ安全保障・防衛の根幹」と発言(27日)しました。憲法9条への自衛隊明記に固執する姿勢を改めて示したものです。しかし、「安全保障」のために自衛隊を憲法に位置付けるというのは、口実にすぎません。本当の狙いは、自衛隊を海外で米軍とともに戦争に参加できるようにすることです。国...

続きを読む

女性政治指導者サミットの成果ふまえ(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」)

ジェンダー平等へ行動超党派女性議員らイベント女性政治指導者サミットのフォローアップイベントで発言する日本共産党の高橋千鶴子衆院議員=27日、国会内 昨年6月に国会内で開催された「WPL(女性政治指導者)サミット」の成果をふまえ、超党派の女性議員と諸団体、個人を招いてのフォローアップイベントが27日、国会内で開かれました。 WPLサミットは、衆院議長とWPLの共催でアジアで初めて開催されたもの。各国の...

続きを読む

汚職事件捜査の最中…カジノ大規模見本市(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」)

横浜市 疑惑報道の企業も参加 カジノをめぐる汚職事件の捜査がすすむなか首都圏では初となる大規模なカジノ見本市が29日、横浜市のパシフィコ横浜で開かれました。カジノに反対している市民団体は、会場前で抗議の宣伝をしました。カジノ見本市のウィン・リゾーツの展示コーナーで行われたダンスパフォーマンス=29日、横浜市内 横浜市の林文子市長は同市へのカジノ誘致について長く「白紙」と説明してきましたが、昨年8月、...

続きを読む

「桜」5点要求で合意(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」)

野党国対委員長連絡会審議妨害問題も野党国対委員長連絡会。左から5人目は穀田、右手前は塩川の各氏=29日、国会内「桜」5点要求で合意 日本共産党と、立憲民主党、国民民主党などの共同会派の国対委員長は29日、国会内で野党国対委員長連絡会を開き、27、28日の衆院予算委員会での質疑を踏まえ、「桜を見る会」をめぐり、政府に、(1)招待者名簿の廃棄ログ(記録)(2)安倍晋三後援会主催「前夜祭」の領収書(3)「前夜祭」...

続きを読む

救えたはずの命(2020年1月30日配信『しんぶん赤旗」ー「潮流」)

 千葉県野田市で小学生の女児が虐待によって死亡し、父親らが逮捕された事件から1年がたちました。このほど専門家による検証報告書がまとまりました。市や学校、教育委員会、児童相談所など関係機関に多くの問題があったことを指摘しています▼女児は学校のアンケートに「お父さんにぼう力を受けています」と書いていました。しかし、「周りのおとながその声に応えなかったせいで、その後、二度と訴えることをしなくなってしまっ...

続きを読む

横浜市20年度当初予算案 IR誘致推進に4億円 市長方針で大幅増(2020年1月30日配信『東京新聞』)

当初予算案を発表する林市長=横浜市役所で 横浜市は29日、2020年度の当初予算案を発表した。昨年8月に林文子市長が表明したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の推進費として四億円、林市長が強い意欲を示すオペラ・バレエを主体とする劇場整備の調査検討費に2億円を計上した。いずれも前年度当初予算より大幅な増額となり、在任11年目半ばを迎えた林市長の方針が色濃く反映された編成となった。(杉戸祐子)...

続きを読む

首相答弁でツイッター大喜利状態 「募る」と「募集」の違いをまじめに考えた(2020年1月30日配信『東京新聞』)

院予算委で共産党の宮本徹氏(下左から2人目)の質問に答える安倍首相=28日 募っていたが、募集ではなかった?「桜を見る会」への参加を安倍晋三首相の事務所が呼び掛けたことに関し、首相の国会答弁が炎上している。ざわつく議場の様子が拡散され、「お菓子を食べたが、オヤツではな~い」といったツイートで大喜利状態に。「募る」と「募集する」って、本当に違うのか?  ◆議場に失笑 ハッシュタグ盛況 問題の答弁は2...

続きを読む

「無国籍男性は難民」 東京高裁判決 国不認定、取り消し(2020年1月30日配信『東京新聞』)

 1991年の旧ソ連崩壊に伴い、無国籍になったジョージア(グルジア)生まれの男性(52)が、難民と認めるよう求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、難民認定しなかった国の処分を「違法」として取り消した。 野山宏裁判長は「男性が過去にジョージアで受けた民族差別による迫害の恐怖は、現在も継続している」と指摘。男性はジョージアに帰ることを望んでおらず、難民に該当すると判断した。国の退去強制命令につい...

続きを読む

ゴーン被告に入管法違反容疑で逮捕状 東京地検特捜部(2020年1月30日配信『毎日新聞』)

身ぶりを交えて記者会見するカルロス・ゴーン被告=ベイルートで2020年1月8日 保釈中に関西国際空港から不法に出国したとして、東京地検特捜部は30日、入管法違反容疑で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)の逮捕状を取った。 また、前会長の不法出国を手助けしたとして、元米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」隊員のマイケル・テイラー(59)▽ジョージ・ザイェク(60)▽ピーター・テイラー(26)――の3人についても、...

続きを読む

AIで視覚障害者の「目」になるアプリ カメラの先の物や人を読み上げ MSが開発(2020年1月30日配信『毎日新聞』)

スマホ用アプリの文字読み上げ機能を使い、娘が通う幼稚園からの便りなどを確認する石井暁子さん=東京都練馬区で2019年12月19日午前11時13分 人工知能(AI)を使って視覚障害者の日常生活を助けるスマートフォン用アプリが、利用者から「目が見えているのと似た感覚を持てる」と好評だ。このアプリは「Seeing AI」(シーイング・エーアイ)。マイクロソフトが開発し、無料で利用できる。 このアプリは、郵便物や食品のパッケー...

続きを読む

温泉エッセイスト・山崎まゆみ 新著が話題、親孝行で温泉を バリアフリー宿を詳しく紹介(2020年1月30日配信『スポニチアネックス』)

兼任講師(観光温泉学)をつとめる跡見学園女子大学キャンパスで新著を手にする山崎まゆみ フリーアナウンサー生島ヒロシ(69)が会長をつとめる「生島企画室」所属の温泉エッセイスト・山崎まゆみ(49)の新著「行ってみようよ!親孝行温泉」(昭文社)が話題になっている。 「バリアフリー温泉で家族旅行」の第3弾。高齢者や体が不自由な人など、誰もが利用できる全国の温泉宿を自らの取材をもとに掲載。それぞれの宿について...

続きを読む

不払い養育費の受け取り、自治体が支援 東京都内でも(2020年1月30日配信『日本経済新聞』)

離婚後にひとり親家庭が貧困に陥らないよう、不払い養育費の受け取りを自治体が後押しする動きが広がってきた。東京都豊島区や港区は4月以降、民間保証会社の仕組みを活用した支援制度を始める方向で調整する。ひとり親家庭の貧困率は5割を超えており、養育費不払いはその一因とされている。支援は兵庫県明石市や大阪市で先行していたが、地域を超えた動きになってきた。豊島や港が想定しているのは、保証会社が養育費の不払い分を...

続きを読む

安倍政治 言い換えという名のごまかし(2020年1月30日配信『日刊スポーツ』-「政界地獄耳」)

★予算委員会の答弁で「桜を見る会」を巡り首相・安倍晋三は「私は幅広く募っているという認識だった。募集しているという認識ではなかった」と謎の答弁を続け一般紙、テレビ・ラジオ、ネットで大騒ぎとなった。首相が漢字を読めないとか、言い換えとかさまざまな表現で首相の答弁を語っているが、この7年間の安倍政治の本質にはご自身の考えなのか、側近官僚たちの浅知恵なのか、印象操作を続けていた体質がある。首相は「募集では...

続きを読む

ゴーン被告と逃亡手助けの米国人、弘中弁護士事務所で面会か 特捜部が面会簿押収(2020年1月30日配信『毎日新聞』)

東京地検が事務所に家宅捜索に入ったことを受け、報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士(中央)=東京都千代田区で2020年1月29日午後4時37分 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中に逃亡した事件で、前会長が、逃亡を手助けしたとみられる米国籍の男と、弁護人だった弘中惇一郎弁護士の事務所で面会していた疑いがあることが、関係者への取材で判明した。東京地検特捜部は29日、入管法違反事件の関係先として、...

続きを読む

高野孟;都合のいい数字だけ列挙し現実を見ない「アベノチャット」(2020年1月30日『日刊ゲンダイ』)

 自民党の経済通のベテラン議員に先の安倍晋三首相の施政方針演説の感想を聞くと、「アベノチャット、絶好調だね」と笑う。それ、何ですか?「安倍話法というか、安倍流おしゃべり技法だ。第1に、アベノチャットでは常に、何を言うかよりも何を言わないかが大事だ。国民の皆さんがいちばん聞きたいことは、言わない。第2に、じゃあ何を言うかといえば、自分の理解可能な分野だけ取り上げて、都合のいいエピソードや数字の断片だ...

続きを読む

疑惑深まる桜見る会 招待者の解明が不可欠だ(2020年1月30日配信『琉球新報』-「社説」)

 不都合な事実の隠蔽(いんぺい)を図る安倍政権の姿勢が、衆参両院予算委員会の審議を通じて色濃く浮かび上がった。首相主催の「桜を見る会」を巡る疑惑である。 安倍晋三首相の山口県の地元事務所は「桜を見る会」への参加者を幅広く募集し、特別な便宜を図っていた。ツアーまで組まれた。首相は、政府が正式な招待状を発送する前に事務所から招待決定を通知する文書を送った事実を認め、「招待プロセスを無視した不適切な表現...

続きを読む

女人禁制(2020年1月30日配信『南日本新聞』-「南風録」)

 東大生なのに、東大のサークルに入れてもらえない。理由は「女子だから」。女人禁制を貫いてきた古来の神事でもあるまいに、性別で門前払いとはどうしたことか。 東大にはそんな男女混成のサークルが複数あるそうだ。男子は東大、女子は他大の学生のみ入会を認める。在籍大学で女性を分け隔てする意図は測りかねる。差別と指摘されても仕方あるまい。 日本国憲法24条には両性の本質的平等が明記されている。この条項の草案を...

続きを読む

漫画家の長谷川町子さん生誕100年

サザエさんが描いたもの(2020年1月30日配信『佐賀新聞』-「有明抄」) 敗戦の翌年、全国紙に風変わりな求人広告が載った。「仕事をたのみたく至急連絡たのみます」と相手の名前が書いてある。名指しされたのは当時、福岡にいた漫画家の長谷川町子さん。上京すると決めたはいいが、地元の夕刊に連載を抱えていた。やむなく主人公を突然結婚させ、無理やりハッピーエンドに◆「サザエさん」一家に夫マスオさんと息子タラち...

続きを読む

辺野古のいま(2020年1月30日配信『愛媛新聞』-「地軸」)

 エメラルドグリーンの海に、水しぶきを上げて砕石が投入される。スクリーンに映し出されたのは、米軍基地の移設に向けて埋め立て工事が進む沖縄県名護市辺野古の海。現地でカヌーに乗り、阻止行動を続けている鈴木公子さんの講演を松山市で聞いた▲埋め立て地を囲う護岸が大量の砕石で形づくられ、その上に巨大なブロックがクレーンで積み上げられていく。映像はカヌーの目線から、工事の進捗(しんちょく)をつぶさに記録してい...

続きを読む

捕虜、食事や郵便に不満 第1次大戦時 習志野に収容のドイツ兵(2020年1月30日配信『東京新聞』ー「千葉版」)

ドイツ兵捕虜が制作したとみられるボトルシップの説明もあった講演会=習志野市役所で 第1次大戦時、習志野市に設置された「習志野俘虜(ふりょ)収容所」の記録をたどる講演会が26日、市役所であった。同収容所内でドイツ兵捕虜らは、第2次大戦時の悲惨な状況とは異なり、国際法に基づいた扱いで音楽やスポーツに親しむことができたとされている。講演した研究者らは、捕虜の間で食事や郵便などを巡って不満があったことなど...

続きを読む

<多様な性で彩る国へ 埼玉から伝えたいこと> (下)差別の芽、理解し進む(2020年1月30日配信『東京新聞』)

25日のレインボーパレードで虹色の旗を掲げる加藤さん(中)。「パートナーシップ制度導入を促す大きな契機になる」と期待する=川越市内で ゲイのカップル、引きこもりだったXジェンダー、トランスジェンダーの子をもつ親、自治体職員や住職、外国人…。性別も立場も異なる200人が、まぶしい笑顔で市街地を歩いた。川越市内で25日、県内で初めて開かれた性の多様性を表現するレインボーパレード。「まさか地元でできると...

続きを読む

河井案里氏へ支出の1億5000万円 首相「全て執行部。報告受けていない」(2020年1月29日配信『毎日新聞』)

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年1月29日午後1時11分、川田雅浩撮影 安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で、昨年の参院選で自民党の河井案里参院議員側に党本部が計1億5000万円の政治資金を支出したことについて「全て党の執行部に任せている。報告は受けていない」と述べた。立憲民主党の杉尾秀哉氏への答弁。 また首相主催の「桜を見る会」を巡り、会の飲食物の提供業務を請け負ってきた「ジェーシー・...

続きを読む

8万円負担、与野党から異論 武漢からの帰国便―新型肺炎

 中国・武漢から到着したチャーター機=羽田空港で2020年1月29日午前9時22分自民党の二階俊博幹事長は29日、新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国・武漢からチャーター便で帰国した邦人に片道分約8万円の負担を求める政府方針について「緊急事態だ。財政的な問題はあるが、惜しんでばかりではいけない。国を挙げて対応するのは当然だ」と述べ、見直しを求めた。党本部で記者団の質問に答えた。チャーター機利用者に8万円...

続きを読む

<論戦ファクトチェック>首相「国債発行、8年連続減額」強調 決算ベースで増額の年も(2020年1月29日配信『東京新聞』)

 新規国債発行を巡り、安倍晋三首相が施政方針演説で「八年連続で減額」と実績を訴えたのに対し、国民民主党の前原誠司氏が28日の衆院予算委員会で、決算ベースで増額となった年度があることを指摘した。首相は事実を認めた上で、当初予算での国債発行抑制の重要性を強調した。前原氏は「なぜうその演説をするのか」と、首相の姿勢を批判した。 新規国債発行額を当初予算でみると、2012年度の44兆2440億円から8年連...

続きを読む

「脱法内閣」「民主主義の根幹に関わる」 東京で記者報告 「汚れた桜」発売記念(2020年1月29日配信『毎日新聞』)

「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」の出版記念イベントで、取材の舞台裏などについて語る(左から)江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者=東京都渋谷区で2020年1月29日午後8時16分 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」疑惑について、取材を続ける毎日新聞統合デジタル取材センターの記者と読者が交流するイベントが29日、東京都渋谷区の「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」で開かれた。記者がこれまでの取材の...

続きを読む

世耕氏、蓮舫氏を批判ツイート 自民幹部「軽率」(2020年1月29日配信『朝日新聞』)   

世耕弘成氏自民党の世耕弘成参院幹事長が29日の予算委員会中に投稿したツイート立憲民主党の蓮舫氏 自民党の世耕弘成参院幹事長は29日、参院予算委員会の質疑中に立憲民主党の蓮舫氏の質問内容についてツイッターで疑問を呈した。立憲側は反発し、蓮舫氏は訂正のツイートを要求。世耕氏に対しては自民内からも批判が出ている。 世耕氏は同日午前、自身のツイッターに「今、幹事長室で予算委を(テレビで)見ています」「野党の質...

続きを読む

内閣府、「桜を見る会」資料を8カ月間隠す 「不明」と説明…実は19年5月に把握(2020年1月29日配信『毎日新聞』)

 首相主催の「桜を見る会」に関して21日に初めて国会に示された新たな資料の存在を、内閣府は2019年5月9日の段階で既に把握していた。この日に共産党の宮本徹衆院議員が招待者の推移を示す資料を要求したが、内閣府はこの資料を提供しなかった。内閣府は8カ月以上にわたり国会側に対して資料を隠していたことになる。 新資料は、首相や省庁などの推薦による招待者の人数をまとめた「内訳表」。内閣府は21日以降の毎日新聞の取材...

続きを読む

「心のバリアフリー」で障害者の社会参加(2020年1月29日配信『朝日新聞』)

ステッカーのシンボルマークは長野市内の障害者施設に通う押木春香さん(26)がデザイン。「七つのハートに包み込まれるような社会に」との願いを表したという 「心のバリアフリー」を合言葉に、障害者が安心してサービスを利用できる店舗を明示する長野市独自の制度が始まった。第1号は、JR長野駅前のそば料理店。28日、店にステッカーが貼られ、店代表者は「また行きたい、と思ってもらえるおもてなしのできる店にしたい...

続きを読む

第13回 国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けました(2020年1月29日配信『PRタイムス』)

阪急阪神ホールディングス株式会社北大阪急行電鉄株式会社(本社:大阪府豊中市、代表取締役社長:内芝伸一)は、2020年1月23日(木)に全駅可動式ホームドアの設置と多面的なバリアフリー化への取組が評価され、公共交通機関、建築物、道路などの国土交通分野におけるバリアフリー化の推進に多大な貢献が認められた個人又は団体が表彰される「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」を受けました。当社では全駅可動式ホー...

続きを読む

「やまゆり園」事件 自分の内面 見つめる契機に 詩人・颯木さん 本紙へメッセージ(2020年1月29日配信『東京新聞』)

颯木あやこさん 前代未聞の事件には、この世界を反映する自分の内面を見つめ、変化を促すしか出口はない-。詩人の颯木(さつき)あやこさん(川崎市麻生区)が、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者らが殺傷された事件についてのメッセージを本紙に寄せた。事件は、私たちそれぞれに問題提起したという。  颯木さんは17歳でプロテスタントの洗礼を受け、ミッション系大学の社会福祉学科に進学。卒業後に障...

続きを読む

久光製薬が車いす3台寄贈 佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターへ(2020年1月29日配信『佐賀新聞』)

車いすを贈った矢野栄久光製薬総務部長(右)と小原健史BFTC会長=鳥栖市の久光製薬九州本社 東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーを務める久光製薬(中冨一榮社長)は29日、嬉野市の佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター(=BFTC)へ車いす3台を寄贈した。 贈呈式は鳥栖市田代大官町の久光製薬九州本社であった。矢野栄BU本部九州本社総務部長が「有効活用していたければ幸い」とあいさつし、...

続きを読む

NHK新会長 「公共」の責任を胸に刻め(2020年1月29日配信『新潟日報』-「社説」)

 国民が支払う受信料を基盤に成り立つ公共放送のトップである。視聴者の信頼や納得を強調するのは当然だろう。番組制作や組織運営を通し、具体的に見せてもらいたい。 NHKの新しい会長に、元みずほフィナンシャルグループ会長の前田晃伸氏が就いた。 27日に行った就任会見、会長になると決まったことを受けた昨年の会見では、それぞれ「(視聴者が)納得する番組を続けない限り存在価値はない」「国民から信頼される番組を...

続きを読む

参院予算委に不倫報道の大坪寛子氏 審議ストップも(2020年1月29日配信『日刊スポーツ』)

 昨年末、菅義偉官房長官の腹心とされる和泉洋人首相補佐官との「京都不倫旅行」疑惑を週刊文春に報じられた厚労省の大坪寛子大臣官房審議官が、29日の参院予算委員会に、政府参考人として出席した。京都で、京大iPS細胞研究所の山中伸弥教授と面会時、予算の削減を迫ったと報じられた問題について、立憲民主党の杉尾秀哉氏が 質問。杉尾氏は、山中氏との面会後、2人が出席して開かれた会議の「議事メモ」を入手したと述べ、この...

続きを読む

カネ、えこひいきと脅し 安倍最長政権「力の源泉」の醜悪(2020年1月29日『日刊ゲンダイ』)

公金私物化も悪びれず(衆議院予算委員会での安倍首相=28日 災害対策や景気刺激策を柱とする補正予算案が28日、衆院を通過、参院へ送られた。30日に成立の見通しだが、2日間、13時間の衆院予算委員会の審議で改めて分かったのは、安倍晋三という首相の最低最悪のデタラメぶりだった。「桜を見る会」問題では、安倍事務所による私物化の実態をまざまざと見せつけられた。「私が推薦するよう意見を伝えたこともあった」「妻...

続きを読む

安倍首相の答弁「募ってるけど募集してない」に予算委騒然(2020年1月29日『日刊ゲンダイ』)

「募っているが『募集』はしていない」と安倍首相 ここまで来ると、「漢字が苦手」という次元の話ではない。28日の衆院予算委員会で、安倍首相の口から、耳を疑う発言が飛び出した。 共産党の宮本徹議員が、「桜を見る会」の疑惑をただした時のこと。「招待基準が曖昧だから招待客が増えた」と責任逃れに終始する安倍首相に対し、宮本氏は「招待基準は変わっていない。功労者の推薦ではなく、第2次安倍政権になって、地元から...

続きを読む

「桜」昭恵総理夫人に関わり深い人ら多数(2020年1月29日配信『エコノミックニュース』)

 安倍晋三総理が公費で主催する「桜を見る会」に自身の地元後援会員らを多数招待し「私物化」が指摘されている問題で、28日の衆院予算委員会では安倍昭恵総理夫人の推薦で昭恵氏が作ったマラソンチームや昭恵氏率いる手話ダンス関係者ら昭恵氏にかかわり深い団体関係者らが多数入っていることが具体的な団体名をあげ指摘され、疑問が投げられた。 安倍総理は「地元の(自身の)事務所が各界で活躍されている人を幅広く把握する...

続きを読む

東京パラリンピック 日本選手団長に河合純一氏就任(2020年1月29日配信『NHKニュース』)

東京パラリンピックの日本選手団の団長に、パラリンピックで21個のメダルを獲得した河合純一氏の就任が決まり、「選手が最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整える」と意気込みを語りました。JPC=日本パラリンピック委員会は29日、都内で記者会見を開き、ことし8月に開幕する東京パラリンピックの日本選手団の団長に河合氏が就任したことを発表しました。河合氏は静岡県出身の44歳。中学生の時に病気で完全に視力を失い、...

続きを読む

耳聞こえない被災者助ける 県境越え手話通訳を派遣(2020年1月29日配信『日本経済新聞』)

災害時、耳が聞こえない人のために都道府県を越えて手話通訳者を派遣する取り組みが始まっている。難聴を含む聴覚障害者は避難所で食事や物資の配布などについて口頭で説明されても分からず、支援が届かないことが多いためだ。手話通訳で意思疎通を助け、生活の再建を後押しする。 台風19号で被災し避難した武田隆志さん(右端)を支援する鳥取県から派遣されたチームのメンバーら(2019年10月、長野市)「避難所では手話で会話で...

続きを読む

横浜で「IR産業展」開幕 誘致反対派が会場前で抗議活動(2020年1月29日配信『東京新聞』)

IR産業展の会場近くでカジノ誘致反対を訴える人たち=29日午前、横浜市西区で カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す横浜市で二十九日、IR関連産業の見本市「第一回横浜統合型リゾート産業展」が始まった。IR事業に絡む汚職事件が発覚し、国会では推進の是非を問う論戦が改めて行われており、会場前では誘致に反対する市民団体が「人を不幸にするカジノを産業にするなんて許せない」と声を上げ、開催に抗...

続きを読む

焦点採録・予算委2日目 桜を見る会で新事実も(2020年1月29日配信『朝日新聞』)

 衆院予算委員会は28日、2日目の審議を行った。野党は初日に続き「桜を見る会」の問題を取り上げ、安倍晋三首相による「私物化」を追及した。新型肺炎やカジノを含む統合型リゾート(IR)事業と政権との関係のほか、外交・安全保障問題などでも議論があった。桜を見る会 首相「妻の意見を聞くことも」 無所属・小川淳也氏 首相は「招待基準があいまいで、結果として招待者数が膨らんだ」というが、歴代内閣全部同じ基準でやっ...

続きを読む

首相「推薦する人物のチェック、限界ある」 桜を見る会(2020年1月29日配信『朝日新聞』)

参院予算委で質問する立憲民主党の蓮舫副代表=2020年1月29日午前9時20分、国会、越田省吾撮影 参院予算委員会が29日午前に始まり、衆院に続いて「桜を見る会」の問題が焦点となった。会への招待に向けた安倍晋三首相の事務所による推薦をめぐり、ふさわしい人物か確認していたのかと問われ、首相は「事務所においてチェックすると言っても限界がある」と述べた。 一方で、首相は「事務所でいろんな方々に推薦も頂くが、(地元選...

続きを読む

事務所推薦者の調査せず 首相、桜招待客増は「反省」(2020年1月29日配信『東京新聞』)

 安倍晋三首相は29日午前の参院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」を巡り、自身の議員事務所による推薦者の調査を拒否した。「個人情報に関わることで、誰を推薦し、招待したかは申し上げられない。そうしたことを行う考え方はない」と述べた。招待基準に関しては「あいまいだったから人数が膨れたことを反省している」と答弁した。 桜を見る会の飲食物提供業務を請け負ってきた「ジェーシー・コムサ」(東京)について、...

続きを読む

首相、巨額政治資金「報告ない」 自民幹事長が運用、参院予算委(2020年1月29日配信『共同通信』」)

 安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で、自民党の河井案里参院議員側に昨年の参院選前、党本部が計1億5千万円の政治資金を支出したことに関し「全て党の執行部に任せている。報告は受けていない」と関与を重ねて否定した。 自身が党幹事長を務めた当時について「全て任されていた」と振り返り、政治資金運用は党幹事長に委ねられていると強調した。 同時に「党総裁として日々、各選挙区の活動、党勢拡大の状況について報告...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ