FC2ブログ

記事一覧

<新型コロナ>非正規雇用は減らして正規は維持…雇用の格差なぜ広がる?(2021年1月30日配信『東京新聞』)

 2020年の雇用は、企業が景気の悪化で非正規労働者を大きく減らす一方、将来に向けた人材確保などを理由に正規労働者を維持する特徴がみられました。新型コロナウイルスの感染拡大が生み出したとも言える雇用の格差は、なぜ広がっているのでしょうか。 Q 昨年の雇用はどのような状況でしたか。 A 非正規の雇用者数は4月に緊急事態宣言が出てから急減し、7月は前年同月比131万人減と過去最大の減少幅でした。移動制...

続きを読む

感染広がる福島・南会津町 介助必須、特養クラスターの現場苦慮(2021年1月30日配信『毎日新聞』)

県内最大のクラスターが発生した田島ホーム=福島県南会津町で2021年1月28日午後2時25分、三浦研吾撮影 福島県南会津町で1月に入ってから、新型コロナウイルス感染が拡大している。28日時点の感染者数は111人で、県内では会津若松市(132人)に次いで5番目に多い。特別養護老人ホーム「田島ホーム」で60人以上の感染が確認されており、県内最大のクラスター(感染者集団)となった。専門家チームが支援に入...

続きを読む

私権制限への懸念浮き彫り コロナ法案、異例のスピード審議(2021年1月30日配信『時事通信』)

 新型コロナウイルス対策の実効性向上を目指す特別措置法や感染症法などの改正案審議が29日、衆院で始まった。 自民、立憲民主両党は刑事罰撤回などの修正で事前に合意しているが、初日の審議では私権制限などへの懸念が解消されていないことが浮き彫りになった。与党は2021年度予算案の審議入りを急ぐ都合上、改正案を4日間という異例のスピード審議で成立させる方針だ。 「一定の理解はするが、運用は慎重であるべきだ」。公...

続きを読む

「身内にも他言しない」文言削除 市教委コロナ感染口止め文書 鹿児島市長「誤解を生む」(2021年1月30日配信『南日本新聞』)

鹿児島市教育委員会の文書について「誤解のある表現で、配慮が足りなかった」と釈明する下鶴隆央市長=鹿児島市役所 新型コロナウイルス感染者を確認した学校に対し、鹿児島市教育委員会が、その事実やPCR検査受診を児童生徒や保護者に口外しないよう文書で伝えていた問題で、市教委は29日、「身内にも他言しない」旨の文言を削除すると発表した。過度な情報統制と批判が上がっていた。下鶴隆央市長は「誤解を生む表現だった...

続きを読む

公明党・遠山氏に学会婦人部激怒! 銀座クラブ通いに続いてキャバクラ支出バレた(2021年1月30日配信『東スポWeb』)

隠れて深夜営業するキャバクラ店で飲んでいた(写真はイメージ) 公明党の遠山清彦幹事長代理(51)の資金管理団体が、一昨年にキャバクラ代を支出していたことが29日判明し、非難ごうごうだ。清廉潔白、公明正大を信条とする同党だけに遠山氏の処遇はどうなるのか――。遠山清彦氏 遠山氏の資金管理団体「遠山平和政策研究所」の収支報告書によると2019年6月に中州のキャバクラ店で、飲食代2万8080円が支出されてい...

続きを読む

国内感染】新型コロナ 96人死亡 3534人感染確認 (29日20:50)(2021年1月29日配信『NHKニュース』)

29日はこれまでに全国で3534人の感染が発表されています。また、神奈川県で18人、東京都で17人、兵庫県で10人、千葉県で10人、大阪府で10人、愛知県で6人、福岡県で4人、京都府で2人、北海道で3人、山口県で2人、福井県で2人、茨城県で2人、三重県で1人、埼玉県で1人、広島県で1人、徳島県で1人、栃木県で1人、滋賀県で1人、福島県で1人、長野県で1人、香川県で1人、鹿児島県で1人、の合わせて96人の死亡の発表がありました。国内...

続きを読む

二階幹事長が自民党全職員のPCR検査実施指示…ネット上は大荒れ「上級国民の集まりか!」(2021年1月29日配信『東スポWeb』)

自民党・二階幹事長 自民党は29日、PCR検査を受けた組織運動本部所属の20代男性職員が新型コロナウイルスに感染し、保健所の指示に従い、自宅療養中であることを明かした。 同男性職員は直近の1週間で国会内や衆参議員会館への入館歴はなく、党職員に濃厚接触者はいないという。これを受けて二階俊博幹事長らの指導に基づいて、党本部に勤務する全職員約200人を対象にPCR検査を今週から開始。来週までにすべて終了...

続きを読む

掲示板に集う方々の層別/コメント欄オープン/wao!65点(本人の許可を得て掲載)/はい、起きました加納みよさんブログ (2021年1月28・29日)

掲示板に集う方々の層別2021-01-29 08:45:35テーマ:選挙戦略もともと、みよblogとSNS掲示板との関係は良好でした。私がblogを書く。行動するすると掲示板の書き込みが反応。とはいってもその書き込みは、応援であっても批判的であっても、「みよにいい意味で関心を持ってくださっている方」でありました。時にからかったりいじったりしながらも注視しいろんな意味で期待し、育てようとしてくださっていました。私も悪ふざけにのっ...

続きを読む

「深夜の銀座クラブ」で相次ぎ役職辞任、公明幹事長は「国民に申し訳ない」(2021年1月29日配信『読売新聞』)

記者団を前に謝罪する松本純衆院議員(29日午後、自民党本部で) 緊急事態宣言下に銀座のクラブに深夜まで滞在していた自民党の松本純・元国家公安委員長と公明党の遠山清彦衆院議員が29日、党の役職である国会対策委員長代理と幹事長代理を相次いで辞任した。不適切な行動に対する世論の反発は強く、新型コロナウイルス対応で批判を受ける政府・与党には厳しい局面が続いている。 松本氏は29日、自民党の二階幹事長に辞表...

続きを読む

低姿勢、陳謝、発信強化…「鉄壁のガースー」姿勢に変化?(2021年1月29日配信『産経新聞』)

衆院本会議で新型コロナ特措法改正案について答弁する菅義偉首相=29日午後、国会(春名中撮影) 菅義偉(すが・よしひで)首相の答弁姿勢に変化が生じている。新型コロナウイルス対策への批判や与党議員の不祥事に低姿勢で応対し、官房長官時代に多用した「答弁は控える」などと突き放すような回答も減った。休日にはインターネット上の発信力強化に向け自民党議員にアドバイスを求めるなど、変身を図っているようだ。【比較】...

続きを読む

“入院拒否で刑罰”反対意見を黙殺? 菅総理は反論(2021年1月29日配信『テレビ朝日系(ANN)』)

 刑事罰は削除されましたが、法案の作成過程を巡って野党が調査チームを立ち上げました。 立憲民主党・黒岩衆院議員:「(専門家は)刑罰を入れることに反対、ないしはこれは逆効果がある。政府として黙殺したのかと」 感染症法改正案の議論を巡って立憲民主党などの野党は、専門家の会議では刑事罰に慎重な意見が大半だったにもかかわらず、政府は国会で説明せずに法案を提出したとして、問題視しています。 これについて菅総...

続きを読む

丸山穂高氏、深夜のクラブ滞在で役職辞任の与党議員2人に「糾弾決議マダー?」(2021年1月29日配信『デイリースポーツ』)

丸山穂高氏(2017年撮影) 丸山穂高衆院議員が29日、ツイッターに新規投稿。自民党の松本純国対委員長代理と公明党の遠山清彦幹事長代理がこの日、緊急事態宣言再発令中の深夜に東京・銀座のクラブを訪れた責任を取り、それぞれ役職を辞任したことを受け、自身の体験に照らし合わせて「離党からの除名から糾弾決議マダー?」と皮肉を込めた。 丸山氏は「ワロタ、松本・遠山両議員、“役職だけ”辞めるとか、公明婦人部はそれ...

続きを読む

自民幹部、本会議場で携帯通話 衆院、立民抗議「情けない」

 立憲民主党は29日、自民党の山口泰明選対委員長が衆院の本会議場で電話に出たとして自民側に抗議した。議院運営委員会の与党理事が、着信音と通話を確認した。本会議での携帯電話利用は禁止すると申し合わせており、議運委の野党筆頭理事で立民の小川淳也氏は記者団に「飲み歩きをはじめ、与党はどうなっているのか。情けない」と批判した。 議場内での電話使用を巡っては、公明党の井上義久副代表が18日の本会議で留守番電話を...

続きを読む

「指導熱心」な教員、女児7人にわいせつ行為繰り返す…「学校の死角」で5年半 [見えない被害]<上>(2021年1月29日配信『読売新聞』)

あなたは何も悪くない…相談窓口は➡ここをクリック わいせつ行為で処分される教員が増えている。立場を利用し、言葉巧みに言い寄り、その言動で児童や生徒の心と体に傷を負わせる。5年半にわたり、二つの小学校で女子児童7人にわいせつな行為を繰り返し、懲役14年の実刑判決を受けた教員の男は、校長や同僚からは「指導熱心」と信頼されていた反面、学校には特異な行動への苦情も寄せられていた。「顔」を使い分け、「学校の死...

続きを読む

消えた「はだ色」、聖徳太子の名称変更 小学校の「新常識」(2021年1月29日配信『AERA.com』)

サクラクレパスの商品 (c)朝日新聞社© AERA dot. 提供 サクラクレパスの商品 昭和・平成・令和と三つも元号が変われば、世の「常識」もガラリと変わり、気づけば浦島太郎状態に──。なかでも教育現場は、そんな「新常識」のオンパレードだ。たまには、子や孫の教科書をめくり、学校の話を聞いてみてはどうだろう。*  *  *「はだ色のクレヨン、取ってちょうだい」 東京都内在住の女性は、小学1年生の娘が学校で使うクレ...

続きを読む

1都3県の知事“緊急事態宣言延長なら財政措置を” 国に求める(2021年1月29日配信『NHKニュース』)

首都圏の1都3県の知事は、来月7日が期限となっている緊急事態宣言が延長された場合、休業要請などの強い措置を検討せざるをえないとして、国に対して事前の十分な協議や必要な財政措置などを求めていくことを確認しました。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県の知事は、オンラインで意見交換し、昼間や休日の人の流れは十分に抑制されず、新型コロナウイルスの感染確認は依然として高い水準だという認識で一致しました。そして、緊...

続きを読む

飯泉知事、大人数会食を陳謝 「深く反省する」(2021年1月29日配信『徳島新聞』)

昨年12月に大人数で会食していたことについて陳謝する飯泉知事=29日午前10時すぎ、県議会本会議場 徳島県の飯泉嘉門知事は29日の県議会臨時会の所信表明で、昨年12月に県議会2会派と大人数でそれぞれ会食していたことについて、「深く反省する」と陳謝した。 知事は、県内の累積感染者数が全国で少ない方から4番目となっている状況を説明し、「医療や福祉事業者、従業員をはじめ、県民の皆さまの厳しい行動変容のお...

続きを読む

コロナ対応で風評被害…赤字でボーナス減額の病院「職員の臨時手当に」クラファンに目標の5倍の4800万円(2021年1月29日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルス診療の影響で赤字になった茨城県守谷市の医療法人「慶友会」が、ボーナス減額を強いられた全職員に臨時手当を出すため、クラウドファンディング(CF)で支援金を募った結果、目標額の5倍近い約4800万円が集まった。現場の医師らは「全ての医療機関への応援と受け止め、今後も診療を頑張りたい」と話している。 (宮本隆康)◆プレハブで発熱外来開設…1700人を診察防護服姿で慎重に感染者の入院着などを...

続きを読む

休業要請を検討、1都3県知事 緊急事態宣言延長時(2021年1月29日配信『日本経済新聞』)

 東京都は29日、神奈川、千葉、埼玉の3県と共に2月7日まで発令されている緊急事態宣言が延長された場合、休業要請を検討するとした共同宣言を取りまとめた。政府には財政措置を求める。1都3県の知事によるテレビ会議で合意した。 1都3県には1月8日から2月7日まで緊急事態宣言が発令されている。4都県は飲食店などを対象に午後8時閉店の時短営業を要請しており、今後休業要請などのより強い措置に踏み切るのか注目されていた。共...

続きを読む

東京都、新たに868人感染 新型コロナ(2021年1月29日配信『日本経済新聞』)

東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに868人確認されたと発表した。重症者は前日から3人減って147人、都内の感染者は累計9万8439人となった。年代別にみると20代の172人が最多で、次いで30代の140人、50代の119人。重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は225人だった。都は緊急事態宣言の対象期間にあり、飲食店などに午後8時までの時短営業を求めるほか、都民に不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。東京都 新型...

続きを読む

自民党青年局で手話の自民党青年局で手話の党歌を収録を収録(2021年1月29日配信『選挙ドットコム・自見はなこ』)

自民党青年局で手話の党歌を収録しました!心一つになる素晴らしい手話となりました。ご期待ください!青年局で党歌『われら』(1番)に手話をつけました!!青年局では、今回、党の歌『われら』に手話をつけることにいたしました。私たちは、多様性を大切にする政策を実践し、青年局自体が多様な人材の受け皿となることを目指しています。きこえない・きこえにくい人々と共に生きる社会を実現するため、より一層、手話言語の理解、...

続きを読む

公明・遠山議員の銀座豪遊 支持者が最も許せないのは“スーダラ節”な迷釈明(2021年1月29日配信『日刊ゲンダイ』)

公明党の“ホープ”も…(遠山清彦・前財務副大臣) 国民に不要不急の外出自粛や会食を控えるよう呼び掛けながら、所属する国会議員による大人数の会食や深夜のクラブ通いなどが相次いで発覚している自民党。「国民には自制を求め、自分たちは税金で好き勝手に飲み食いか」といった世論の声は日増しに高まるばかりだ。 自民批判に隠れて目立ってはいないものの、公明党の“ホープ”も大ピンチにさらされている。緊急事態宣言下の深夜...

続きを読む

発達障害に差別的発言 佐賀市長と神埼市長、知事との意見交換(2021年1月29日配信『西日本新聞』)

佐賀市の秀島敏行市長(左)と佐賀県神埼市の松本茂幸市長 26日に佐賀市であった佐賀県知事と県内20市町長が意見交換する会議で、佐賀市の秀島敏行市長(78)と神埼市の松本茂幸市長(70)が発達障害者への差別と受け取られかねない発言をした。秀島氏は「少子高齢化で、お年寄りを支える側に回り切れない子どもたちが増えていく実態をどうするのか心配だ」と述べた。松本氏は「原因究明されると、そう(発達障害に)ならない子ど...

続きを読む

"病院長解任"騒動で増加…コロナ対応めぐり旭川医大学長解任求める署名1000人分超(2021年1月29日配信『UHB 北海道文化放送』)

吉田学長の解任を求める請願書 旭川医科大学の学長が、新型コロナウイルスが確認された市内の医療機関をめぐり「無くなるしかない」などと発言したことが不適切だとして、大学の元助教授ら有志グループが始めた学長の解任を求めて始めた署名運動で、開始から10日間で1000人を超えました。 旭川医大の元助教授・水元俊裕医師が代表を務める有志グループでは、新型コロナウイルスのクラスターが確認された北海道旭川市の吉田病院を...

続きを読む

東京のコロナ感染者は減ったか 厚労省の方針で検査も2割以上減少(2021年1月29日配信『リテラ)

和歌山県知事は「崩壊招く」と警告東京都公式HPより  今週に入って、東京都で1月25日月曜日に発表された新規感染者数が618人と激減。26日(火)も1026人、27日(水)も973人、28日(木)1064人、本日29日(金)は868人と、減少トレンドにあるとして、多くのメディアで楽観ムードが漂っている。 たしかに、前週は、18日(月)が1204人、19日(火)が1240人、20日(水)が1274人、21日(木)が1471人、22日(金)が1175人だったの...

続きを読む

特別支援学校設置基準 シンポで交流(2021年1月29日配信『しんぶん赤旗』)

「今すぐ教室不足解消を」全教など 全日本教職員組合、教組共闘連絡会、「障害児学校の設置基準策定を求め、豊かな障害児教育の実現をめざす会」、民主教育研究所は28日、オンラインでシンポジウムを開き特別支援学校の設置基準について意見交流しました。 近年、生徒数が増加している特別支援学校には設置基準がないため、教室の過密化や不足が起き、子どもたちの学習環境が悪化しています。全教や「めざす会」などは過大・過...

続きを読む

参院予算委 小池書記局長の質問 コロナ対策 政治の責任果たすとき(2021年1月29日配信『しんぶん赤旗』)

 日本共産党の小池晃書記局長は28日の参院予算委員会で、新型コロナ患者や飲食店への罰則を盛り込んだ関連3法の改定案、中小事業者や文化芸術への不十分な支援、生活保護の「扶養照会」など政府のコロナ対策・支援策の問題点をただし、75歳以上の高齢者の医療費窓口負担増、官房機密費の巨額かつ不透明な支出についても追及しました。罰則“異論の排斥”撤回迫る 小池氏は、入院措置に応じない人や入院先から逃げ出した人への...

続きを読む

罰則撤回 十分な補償を(2021年1月29日配信『しんぶん赤旗』)

審議会でも反対多数 感染症法改定案に抗議参院予算委 小池氏、首相を追及 日本共産党の小池晃書記局長は28日の参院予算委員会で、政府が新型コロナウイルス対応の特措法、感染症法等を改定し、罰則規定を盛り込もうとしていることについて、「密告や相互監視を進め、差別や偏見を生み、感染症対策に逆行する」として、罰則をすべて撤回するよう主張。感染拡大を防止するなら、「休業や時間短縮をしても、事業を続けることがで...

続きを読む

「不織布マスクがおすすめ」続々 布は、ウレタンは? 専門家の提案(2021年1月29日配信『毎日新聞』)

飛沫の拡散防止効果が比較的高い傾向がある不織布マスク=2020年12月、石田奈津子撮影 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「不織布マスク」の着用を推奨する学校や店舗が増えている。昨春、不織布マスクが品薄になり、見た目もいいことから布マスクやウレタンマスクが普及した。ところが、不織布の方が飛沫(ひまつ)を抑える効果が高いという研究結果が出たことで再評価されているのだ。専門家は「その日の体調やリスク、費...

続きを読む

陳謝繰り返しつつも対応遅れは否定、決めた方針は譲らず 予算委員会で浮かんだ菅首相の頑迷さ(2021年1月29日配信『東京新聞』)

28日、参院予算委員会に臨む菅首相 28日まで4日間にわたった衆参両院の予算委員会は、新型コロナウイルス対応が主要な論戦テーマとなった。菅義偉首相は医療体制の逼迫ひっぱくなどについて陳謝する一方、緊急事態宣言発令などの対応の遅れは否定し続けた。野党が求めた2020年度第3次補正予算案の組み替えにも応じず、宣言発令前に編成した予算案にこだわった。◆体制不備や支給遅れ「申し訳ない」 「必要な検査を必要...

続きを読む

新型コロナ関連法案 修正しても私権制限に懸念残る 多忙な保健所にはさらなる負担(2021年1月29日配信『東京新聞』)

 新型コロナウイルス対策の関連法改正案を巡る自民、立憲民主両党の修正協議は28日、最大の焦点だった刑事罰の導入を見送ることで合意に達した。早期成立を目指す自民が立民の要求の多くを受け入れて「政治決着」を図った格好だが、罰則が設けられることには変わりなく、緊急事態宣言発令前から行政の権限を強化する「まん延防止等重点措置」の創設もそのままだ。感染拡大への国民の不安を背景に、行きすぎた私権制限が横行する...

続きを読む

自民県議のパワハラ問題再調査へ 議会事務局が聞き取り実施(2021年1月30日配信『秋田魁新報』)

 自民党の工藤嘉範県議から男性県職員が昨年、パワーハラスメントを受けた問題で、加藤鉱一県議会議長は28日、他にもパワハラがなかったか再調査することを決めた。2月15日までに県議会事務局が男性職員への聞き取りを行う。 同日開かれた議会運営委員会で、第2会派・みらいの三浦英一県議と佐藤正一郎県議が提案した。 男性職員は、自身の私的なボランティア活動を巡り工藤氏から自民党会派控室に呼び出されるなどして精...

続きを読む

家事は女性に? 英政府がコロナ予防啓発の広告撤回(2021年1月29日配信『共同通信』)

取り下げられた英政府の広告(英PA通信=共同) 新型コロナウイルス感染を防ぐために外出自粛を呼び掛ける英政府の広告の絵が、家事や育児は女性の役割という固定的な考えに基づいて描かれていると批判を受け、英政府が広告を取り下げた。英メディアが28日、報じた。 「家にいよう。命を守ろう」というメッセージを伝える広告は、並んだ4軒の家の内部を描写。うち3軒で幼児を抱く女性、掃除する女性、子どもに勉強を教える...

続きを読む

問われる度量 首相が“精一杯やっている”とムキになる驚愕(2021年1月29日配信『日刊ゲンダイ』)

「私は寝てないんだ!」――。 今なお歴史に残る“逆ギレ”を覚えている方は多いだろう。2000年6月末に発生した雪印乳業の集団食中毒事件。最終的に被害者は大阪を中心に約1万5000人に上る戦後最悪の事態に発展した。 同年7月4日に会見を行った当時の雪印社長は、記者からの質問攻めに冒頭の言葉を吐き捨てた。食中毒の公表や製品回収が後手に回り、被害を拡大させたと批判される中、およそ大企業のトップとは思えない捨...

続きを読む

(論)国会議員銀座高級クラブ訪問(2021年1月29・30日)

銀座の夜(2021年1月30日配信『高知新聞』-「小社会」) 東京の銀座はちょっと緊張する街だ。当地勤務だった若いころ、人に呼び出された高級クラブ。スーツと靴が安物と見破られたか。ドアマンに「うちは高いですよ」と心配された。 かと思えば、人情味ある風景にも出合う。老舗のカウンターバー。午後11時を回ると、満員の客が示し合わせたように席を立つ。蝶(ちょう)ネクタイでにこやかな高齢のマスターが少し認知...

続きを読む

コロナ感染情報、身内にも秘密に 鹿児島市教委が口止め文書 児童生徒や保護者対象に学校へ連絡(2021年1月29日配信『南日本新聞』) 

 新型コロナウイルスを巡り、鹿児島市教育委員会が、感染者が確認された学校に対し、その事実やPCR検査受診を「身内にも口外しない」旨を児童生徒や保護者に伝えるよう文書で連絡していたことが28日、南日本新聞の取材で分かった。学校現場からは「過度な情報統制は不安の増大につながる」と対応を疑問視する声が上がっており、市教委は「誤解を招いたのなら改める」として文書見直しを検討する考えを示した。 市教委による...

続きを読む

「私はおもちゃ」河井案里氏有罪……長い判決文にあった“気になる一文”(2021年1月29日配信『文春オンライン』)

「被告人を懲役1年4月に処する。この裁判確定の日から5年間、その刑の執行を猶予する」 1月21日、公選法違反(買収)罪に問われた河井案里参院議員(47)に有罪判決が言い渡された。昨年11月11日、保釈後初出廷する案里氏 1カ月ぶりに法廷に現れた案里氏は前回より髪を短くしていたが、毛髪は痩せ、完璧主義の彼女らしからぬハネも寝癖みたいに目立ち、顔や体はむくんでいた。黒のパンツスーツに紫色のシャツを合わせ、左胸には...

続きを読む

(論)予算案(2021年1月26・27・28・29日)

3次補正成立 感染対策が置き去りだ(2021年1月29日配信『北海道新聞』-「社説」) 19兆円超の追加経済対策を盛り込んだ本年度第3次補正予算がきのう、成立した。 だが新型コロナウイルス感染の急拡大と緊急事態宣言の再発令を想定しておらず、感染防止策の費用は4兆3千億円余にすぎない。 より多くの予算を振り向けるのは、コロナ後を見据えた経済構造転換や国土強靱(きょうじん)化関連だ。補正は3月末までの...

続きを読む

学術会議の会員候補、6名全員の任命求める声明…梶田隆章会長ら(2021年1月29日配信『読売新聞』)

 日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅首相が拒否した問題で、学術会議は28日、4月に予定される次の総会までに全員の任命を求める声明を出した。 梶田隆章会長ら幹部が、記者会見で発表した。声明では、6人の欠員で「(学術会議の)運営や職務の遂行に支障をきたす事態となっている」とし、政府側の説明や対応が不十分だと指摘。次の総会は学術会議の組織のあり方を議論する重要な場になるとして、それまでに任命拒...

続きを読む

【国内感染】新型コロナ 過去最多113人死亡 感染4132人(19:30)(2021年1月28日配信『NHKニュース』)

28日は、これまでに全国で4132人の感染が発表されています。また、東京都で20人、大阪府で15人、神奈川県で11人、兵庫県で10人、埼玉県で9人、愛知県で9人、千葉県で4人、福岡県で4人、茨城県で4人、京都府で3人、北海道で3人、山口県で2人、福島県で2人、長崎県で2人、長野県で2人、青森県で2人、静岡県で2人、岩手県で1人、愛媛県で1人、栃木県で1人、滋賀県で1人、石川県で1人、福井県で1人、群馬県で1人、高知県で1人、検疫で1...

続きを読む

旧優生保護法訴訟 小島さんが控訴(2021年1月28日配信『北海道新聞』)

判決を前に札幌地裁に向かう原告の小島さん(前列左から2人目)ら(15日午後)=共同 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、札幌市北区の小島喜久夫(きくお)さん(79)が国に1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、小島さんが28日、請求を棄却した一審札幌地裁判決を不服とし札幌高裁に控訴した。 小島さんは取材に「手術を受けさせられた被害者全員の苦しみが裁判で認められるよう、もう少し...

続きを読む

全ての会見に手話通訳を導入、米ホワイトハウス(2021年1月28日配信『CNNニュース』)

定例の記者会見を行うホワイトハウスのサキ大統領報道官/Drew Angerer/Getty Images(CNN) サキ米大統領報道官は28日までに、ホワイトハウスで開かれる全ての記者会見で米国式手話言語の通訳が会見内容を同時に伝える方式を導入すると発表した。バイデン政権はより包括的、より公正で全ての国民がより接しやすいような米国を築くことを決意していると主張。身体に障害を持つ国民やその家族もこれに含まれるとした。手話通訳...

続きを読む

28年前教え子に性的行為 男性教諭を懲戒免職 札幌市教育委員会(2021年1月28日配信『NHKニュース』)

札幌市の中学校の男性教諭が、28年前から翌年にかけて当時の教え子の女子生徒に性的な行為を繰り返していたと民事裁判で認定されたことを受け、札幌市教育委員会は、改めて調査を行ったうえで、この教諭を懲戒免職処分にしました。教諭は、性的な行為を行ったことを否定しているということです。懲戒免職処分となったのは、札幌市内の中学校に勤める56歳の男性教諭です。この教諭が勤めていた中学校に通っていた石田郁子さん(43)...

続きを読む

<新型コロナ>自宅療養中、気づかないまま容体悪化 「ハッピー・ハイポキシア」の可能性も(2021年1月28日配信『東京新聞』)

 自宅で療養中に死亡する新型コロナウイルスの患者が相次いでいる。医師が注意を促すのが「ハッピー・ハイポキシア(幸せな低酸素症)」だ。無症状や軽症だと思い込み、本人が気付かないまま重篤になることもあるという。(土屋晴康)救急隊によって病棟に搬送されてきた新型コロナ患者(写真は一部加工済み)=横浜市金沢区で 「搬送直後にコンピューター断層撮影(CT)検査をしたら、肺が真っ白だった患者もいる。保健所によ...

続きを読む

自民・金田勝年元法相が高級ホテルで「4人会食」 本人直撃すると「2人」と“ウソ”(2021年1月28日配信『AERA.com』)

「4人会食」の後、会計を済ませる金田勝年・衆院予算委員長(撮影・上田耕司) 1月27日の正午過ぎ、国会に近い都内の高級ホテルのレストランに赤いネクタイを締めた自民党の金田勝年・衆院予算委員長が現れた。秘書らと4人で会食する金田勝年氏(右手前)(撮影・上田耕司) レストランのランチは人気らしく、入り口には席を待つ人たちの行列ができている。そんな混雑した店内で、2つのテーブルを囲んで座ったのは金田氏を含む男...

続きを読む

菅首相「最終的には生活保護」に“怒りのウイルス”拡散中!(2021年1月28日配信『日刊ゲンダイ』)

国民が生活保護に陥らないようにするのが政治の役割ではないのか(菅義偉首相=27日、参院予算委)「#もういらないだろ自民党」 SNS上でこんな声が全国に拡散している。広がり始めたのは27日夕方ごろ。2020年度第3次補正予算案をめぐる参院予算委の質疑が終わった直後からだ。世論の“怒り”に火をつけたとみられているのが菅義偉首相の答弁だ。 この日の予算委では参考人として、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長...

続きを読む

「『孤独担当相』は田村厚労相」 菅首相が突然“指名” 本人も驚く(2021年1月28日配信『産経新聞』)

質問する伊藤孝恵議員=28日午後、国会・参院第1委員会室答弁する菅義偉首相=28日午後、国会・参院第1委員会室答弁する田村憲久厚労相 菅義偉首相が28日の参院予算委員会で、孤独問題を担当する閣僚に田村憲久厚生労働相を突然、“指名”した。事前の根回しはなかったようで、田村氏は「えっ」と驚きの声を上げた。 「ワクチン担当相を数日で決められた首相だ。『孤独担当相』も検討してもらえるのではないかと期待する」...

続きを読む

コロナワクチン接種 全国市長会がマイナンバー利用に懸念(2021年1月28日配信『日刊ゲンダイ』)

市区町村にとって、未経験の大事業だ(厚労省と川崎市が実施した新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種の初訓練) 全国市長会の立谷秀清会長(福島県相馬市長)らは27日、首相官邸で菅義偉首相と会談し、新型コロナウイルスワクチンの接種を巡って自治体への財政支援を要請した。首相は前向きに検討する姿勢を示したという。 市長会は首相に対し、集団接種する場合の医師らの人件費や、会場使用料への支援を要望。ワクチ...

続きを読む

「銀座クラブはしご酒」まさか公明党議員まで 現役創価学会員から怒りの声が続出(2021年1月28日配信『AERA.com』)

公明党の遠山清彦衆院議員  緊急事態宣言下、与党幹部2人による深夜の「銀座クラブ通い」が大きな波紋を呼んでいる。報道を受けて、自民党の松本純・国対委員長代理(70)と公明党の遠山清彦・前財務副大臣(51)は事実を認めて謝罪したが、自粛を強く要請している与党幹部の行動だけに、国民の不信感は頂点に達している。特に、公明党議員による「クラブ通い」が発覚したことには、支持母体である創価学会内部からも、怒りと不満...

続きを読む

菅首相、罰則導入は「おおむね了承、問題ない」 感染症法改正、厚労省部会で懸念相次ぐも<新型コロナ>(2021年1月28日配信『東京新聞』)

 菅義偉首相は28日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス対策の感染症法改正案を巡り、厚生労働省感染症部会で罰則導入への懸念が相次いでいたことに関し、「おおむね了承が得られたので(改正案を)提出した。審議会でそういう方向であれば問題ない」と述べた。参院予算委で答弁する菅首相  改正案の概要を審議した15日の同部会の議事録が27日に公開され、出席者らの発言も記載されていた。 共産党の小池晃氏は参院予...

続きを読む

プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ