FC2ブログ

記事一覧

馳氏セクハラ 団体側「直接謝罪なく不誠実」 首相、国会で陳謝(2020年4月30日配信『東京新聞』)

 虐待や性暴力などの被害を受け行き場のない少女らを支援する一般社団法人「Colabo(コラボ)」(東京都)が視察に来た自民党議員のセクハラなどに抗議した問題で、安倍晋三首相は29日の参院予算委員会で「皆さんの気持ちを傷つけ、自民党総裁として申し訳ない」と陳謝し、視察した議員を厳重注意する意向を示した。 

 視察したのは、自民党の「ハウジングファースト勉強会」会長の馳浩(はせひろし)元文科相、阿部俊子議員、鈴木隼人議員、井出庸生議員、朝日健太郎議員の5議員と3人の新宿区議、議員秘書の計10人。

 馳氏らは22日、コラボが運営する移動式カフェを視察した際、予定を大幅に上回る人数で視察した上、テント設営で大声を出したり、写真を許可なく撮影、SNSに「ボランティアした」などとアップした。

 コラボによると、支援現場のカフェを訪れる少女たちは、幼少時から虐待を受けて家出を繰り返したり、帰れる家がなかったり、性暴力を受けたりするなど、心身が傷つき、大人への強い不信感を抱いていることが多い。

 視察希望者がいる場合も、少女たちが怖がらないよう最大でも5人に人数を制限するなど、コラボは少女たちが少しでも自分の居場所だと感じられるよう対等な関係で支援をしてきた。

 しかし、テントを設置する際、馳氏は「早く来い!」と大声で秘書をよび付け、少女らを差し置き、若手議員らに設営の指示をしたり、手伝う少女に「ちょっとどいて」と言いながら、両手で腰を触るセクハラ行為もしたという。

 安倍首相は29日の参院予算委で「困難な方々に最大限配慮すべきだった。大変なご迷惑をおかけした」と陳謝し、5議員に「厳重注意したい」と述べた。橋本聖子男女共同参画担当相は「被害者への配慮にかける対応やセクハラと受け止められる対応があってはならない」と答えた。

 5議員は連名で28日、謝罪を含む抗議文への回答をメールで送った。これに対し、仁藤夢乃代表理事は「メールは届いたが、内容には事実と違う点も多々あり、全く納得できない。議員たちの口から直接の説明や謝罪はない。不誠実な対応で、少女たちも含めさらに傷ついた」と話す。



キャプチャ

キャプチャ2

キャプチャ3




仁藤 夢乃
18時間前 ·
今日の国会。
蓮舫さんが自民党視察団によるセクハラなどの問題行動について質問されました。蓮舫さんは、抗議文を出す前、SNSで被害を公表してから、すぐに、メディアの方々よりもいち早く、連絡をくれ状況の聞き取りをして、女の子たちに寄り添ってくださいました。

蓮舫議員の質問に対して、安倍首相、「自民党総裁として申し訳ない。問題行為を行った議員らに厳重注意を行う。行き場を失った子どもたち、方々は社会として政府として守っていかなければならない」と答弁。

‪今まで散々問題を無視し、なかったことにしてきたしわ寄せが今の状況。早急に対策してください。‬

女性活躍担当大臣の橋本聖子議員は、自民党としてヒアリングと被害にあった少女のケアを行うと。また、そうした方々を支援する団体を支援していくと。

総務大臣の高市早苗議員は、虐待などで家にいられない子どもたちにも10万円の給付金を受け取れるようにするという趣旨で
「施設の代理申請で給付金が行き渡るようにしている」と答弁してましたが、そんな連絡、私たちには来てません。他の団体には来ていますか?
できるなら早く教えて欲しいです。

自民党視察団による回答書には嘘ばかりで、誠実さや反省の姿勢を全く感じられませんでした。

それどころか、以下に公開された回答書には、安全への配慮が必要なColaboが連絡のために議員に教えたメールアドレスが掲載されていました。
https://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-12593133973.html

しかも、この回答書がメールで送られてきたあと、そのメールに返信される形で、視察に来た国会議員らの内輪のやりとりがColaboにも届きました。

そのメールは、馳議員の事務所から
「あべ先生からの先方へのメール送付を受けて、今ほど、馳のブログ(はせ日記)を更新させて頂きました。」とまず届き、
次に、阿部議員の事務所から、「鈴木先生からのご指示は『他の先生方はSNSで馳先生の当該記事のリンクを貼る』ということでしたので、
https://ameblo.jp/hase-hiroshi/entry-12593133973.html
を、阿部のSNSに貼らせていただきます。」というメールが届きました。
こんな情報管理もできない人たちが国会議員だなんて。

現政権が本当に、困難な状況に置かれた少女たちを大切にするつもりがあるのかは、これからの具体的な対応でチェックしていかなければなりません。




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ