FC2ブログ

記事一覧

「感染症は『偏見』も連れてくる」 新型コロナで広がる差別、HIV陽性者向けカフェが危機感(2020年5月5日配信『京都新聞』)

キャプチャ
メッセージを発信したバザールカフェ。狭間さん(左)や松浦さんらスタッフが文言を練り上げた=京都市上京区

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、エイズウイルス(HIV)陽性者や外国人住民らの居場所として活動してきた京都市上京区のカフェ「バザールカフェ」が、メッセージをホームページ(HP)に掲げた。感染症を巡って差別が繰り返された過去の教訓を踏まえ、生きづらさを抱える人と伴走を続けるスタッフたちが文言を練り上げた。

 感染症は(中略)「病気」だけでなく「不安」と「偏見」も引き連れてきます。今回もまた、そんな状況が起きていると感じます。

 新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす差別への危機感がにじむ。スタッフの狭間明日実さん(27)は、開示された感染者情報を悪用して個人を特定し、特定の属性に中傷の矛先が向く動きを案じる。「排除の対象を明確化させて自らを安心させる。そんな危うい言説は今も存在する」

 バザールカフェの活動は1998年、HIV陽性者らが病気や仕事について安心して語れる場をつくろうと、キリスト教関係者やアーティスト、医療従事者などが始めた。就労の場を提供するために翌年には、同志社大近くの宣教師館でカフェ営業を始めた。
 「病気」であるはずのHIVが、「不安」に煽(あお)られた人々によって、特定の人たちや地域に対する「偏見」のまなざしを生み排除や差別につながりました

 文中では、HIV感染者の多かった中米ハイチの人や同性愛者、薬物使用者が、それぞれひとくくりに危険視され、差別に結び付いたと説明する。

 当時の感染者が置かれた厳しい状況も反映している。治療に伴う失職や解雇。身近な人にさえ言えない孤独。マスコミ報道が世間に植え付ける恐怖心。カフェは、同じ立場同士で集まれる場所がなかった患者会の集いに、スペースを提供していた。

 カフェは今も、依存症など生きづらさを抱えた人が寄り合う拠点になっている。長年運営に携わる松浦千恵さん(38)は「当たり前に隣にいる多様な背景を持つ人と、一緒に生きるためのチャレンジをずっと続けてきた」と語る。

 しかし、同店も感染拡大を踏まえ、苦渋の選択で4月上旬から営業を休止した。「人と人のつながりが断たれ、孤立に追い込まれる恐怖を、いかに想像できるのか。私たちもまた問われている」。居場所として役割を果たせるように準備を進めている。

 宛先を「世界中の皆さまへ」と記したメッセージは後段で、こう提言する。

 でき得る限りの感染予防を心がけていても、何らかの形でウイルスに感染してしまうことは起こり得る。

 今こそ、自分はどのように行動したらいいのか、感染した人に対してどのように接したらよいのかということを一人ひとりが考えなければならないと思います。

 メッセージ作成の過程や活動の方向についてホームページで発信する予定。問い合わせはバザールカフェ075(411)2379。

キャプチャ

公式サイト➡ここをクリック



- お知らせ -

​​世界中の皆さまへ②

バザールカフェは引き続き5月30日(土)まで休業いたします。

 食堂と喫茶は休業しますが、行き場所を必要としている人のために、場所をオープンいたします。バザールカフェが今できることは、人とのつながりを絶やさないために、最善だと考える安全策をとりながら「場」を開けることだと考えました。

●居場所が今こそ必要

 外国人、障害をもつ人、人をなかなか信じられない人、何らかの理由でその日の調子が良くない人…私たちは様々な人たちと、対面し、言葉以外のコミュニケーションを交わし、「時間を共にする」「一緒にいる」ことを通して、少しずつ関係をつくってきました。

 今、バザールカフェも例外ではなく、人と対面しないことが求められています。しかし平常時から人とのつながりを続けることが難しい人が、さらに行く場所を閉じられ、人に相談できる機会を失ったとき、孤独に追いやられる姿は容易に想像できます。私たちは、普段から誰かの生活や命に近い立場にいるからこそ、今この「場」を閉じることに危機を感じています。場を開け、時間を共にし、一緒にいる。そのために、以下のきまりを設けていますので、どうぞご理解ください。

●居場所のきまり

 ・場を開ける時間は、木・金・土曜日の10:00~15:00
 ・人数は1日あたり10名まで(雨天の場合は7名)
  ※スタッフの人数を含む
​  ※人数の把握のため、来られる際は事前連絡をお願いします。
​   (TEL : 075-411-2379)
 ・公共交通機関を使わずに来る
 ・人との間隔を1.5m以上あける
 ・扉と窓を常時開けて換気し、できるだけ屋外で過ごす
 ・マスクの着用、手洗い、うがい、アルコール消毒、トイレの適切な使い方を徹底する
 ・バザールカフェに来た時点で検温し、体温と体調を申告する
  (発熱、咳やのどの痛み、下痢、味覚障害などがある方は来場をご遠慮ください。)

●来ている人たちの過ごし方

 場所の維持のために、カフェスペースの掃除、お庭の手入れ、布マスクの製作などの作業をしてくださる方もいれば、日光浴や読書などをして思い思いに過ごされる方もいます。また、政府や行政の動き、気になっていること、お役立ち情報などの情報交換をしています。そして、冗談を言い合って大笑いすることも忘れません。

 6月2日(火)以降の運営については、あらためて更新いたします。

 今後もバザールカフェの取り組みを見守り、応援いただけましたら幸いです。

2020年5月2日

バザールカフェ
代表 マーサ メンセンディーク



キャプチャ




スポンサーサイト



プロフィール

gogotamu2019

Author:gogotamu2019
障害福祉・政治・平和問題の最新ニュース・論説紹介

最新記事

カテゴリ